選び方ぶろぐ

日本酒を300日&年間50泊キャンプを楽しんでいます

【レビュー】獺祭 純米大吟醸は甘口か辛口どっち?評判も紹介

 

 

 

「年間300日、日本酒を飲む我が家」

 

真夏の暑い時期や真冬の寒い季節まで、春夏秋冬日本酒を楽しんでいます。

 

 

 

 

「日本酒は自宅だけではなく、年間50泊行くキャンプにも必ずいただいています」

 

我が家にとって日本酒は、なくてはならないお酒。

 

 

 

 

今回は、旭酒造から発売されている獺祭は、甘口なのか?辛口か?詳しくブログで紹介したいと思います。

 

 

 

 

 

 


 

 
 
*タイトル
【レビュー】獺祭 純米大吟醸は甘口か辛口どっち?評判も紹介

 

 

 

 

「獺祭を発売している旭酒造は、山口県岩倉市にある醸造ブランド」

 

"酔うため、売るためではなく、味わう酒を求めて"というコンセプトをもとに、日本酒造りを行っています。

 

1948年に設立された旭酒造は、普段飲みを製造する小さな酒蔵でした。

 

旭酒造株式会社

 

 

「1984年に旭酒造の三代目当主が、山田錦100%で造られた獺祭ブランドを開発」

 

現在は日本だけにとどまらず、世界で人気の愛される獺祭をつくりあげました。

 

 

 

 

「旭酒造から発売されている獺祭は、磨き二割三分・磨き三割九分・45があります」

 

 

 

 

獺祭は甘口?辛口のどっち

 

 

 

 

 

獺祭純米大吟醸三割九分

 

「獺祭純米大吟醸三割九分は、よく磨かれた日本酒で、苦味や渋味のような雑味が一切ありません」

 

匂いは梨の香りがして、甘くてフルーティー。

 

ふくよかで、米の味もしっかりと楽しめます。

 

 

 

 

「雑味がなくフルーティーなので、どんどん飲めてしまえる日本酒」

 

飲みやすいけど味わい深く、味に重量感もあります。

 

 

獺祭純米大吟醸三割九分

甘くてフルーティーな日本酒

 

 

 

「獺祭純米大吟醸三割九分の口コミと評判は、下記のような感じ」

 

 

●日本酒特有の甘くてフルーティーな香りはそのままに、普通の日本酒より飲みやすい味でした。
 
●純米大吟醸としての旨みがありながら少しすっきりとした味わい。それでいて爽やかな甘さを堪能できます。
 
●呑みやすく香りも良いですが、甘い。
 
●獺祭はほどよく甘く飲みやすい日本酒です。
 
●程よい甘さで美味しかったです。また機会あれば購入しようと思います。
 
●甘く口当たりも良く、これは飲み過ぎてしまうのが分かる。
 
●香りは華やか、味は上品に甘い。
 
●フルーティーな感じがして甘い酒です。
 
●獺祭特有の甘く香る米の味と飲みやすさは健在です。
 
●甘さがあってまろやかで、でもしつこさとかはないです。

 

 


 

 

 

 

 

 

獺祭純米大吟醸45 

 

「獺祭純米大吟醸45は、甘い梨の香りがする日本酒」

 

飲んでみると、甘くてフルーティー。

 

甘さもちょうどよく、抑えられています。

 

 

 

 

「後味に若干苦味がしますが、それ程気にならないレベル」

 

甘味の中に若干の苦味が調和されて、味のバランスがとても良いです。

 

 

 

 

「フルーティーさだけではなく、米の味もしっかりと楽しめます」

 

 

 

 

「口当たりがよく芳醇で、飲みやすいのが特徴」

 

飲みやすいので、日本酒が初めての方にもおすすめ。

 

 

 

 

「フルーティーで程よい甘味のある獺祭純米大吟醸45は、とでも美味しい日本酒」

 

 

獺祭純米大吟醸45

フルーティーで程よい甘さ

 

 

 

「獺祭純米大吟醸45の口コミと評判は、下記のような感じ」

 

 

●とても飲みやすくさわやかで、甘く女性でも日本酒初心者の方でも飲めるかと思います。
 
●スッキリして飲みやすい日本酒と思います。甘くフルーティーな香りもご馳走です。またリピします。
 
●甘くまろやかであらゆる雑な刺激が一切なく、日本酒初心者には大変飲みやすい、上品な味だと思います。
 
●口当たりがよく、まろやかで、甘く、ワインのような味がしてどんどんいけそうです。
 
●すごく甘い感じではなく、キリッとしているようにも感じます。
 
●味は甘い感じで、飲みやすいと思います。
 
●口当たりはフレッシュ、香りは洋梨のようにフルーティーで若干甘く、それでいて米の旨味もあって飲みごたえもある。極めて完成度の高い日本酒です。
 
●フルーティーで甘いお酒でした。
 
●飲みやすいけど、味わいがある。甘すぎず辛すぎず丁度良い。香りもちゃんと楽しめます。この値段でこの味なら文句はないでしょう。
 
●スッキリとしと甘めのお酒。すぐになくなりました。また、飲みたいです。

 



 

 

 

 

 

「獺祭純米大吟醸は辛口ではなく、甘口のフルーティーな日本酒」

 

甘口のフルーティーな日本酒なので、飲みやすくなっています。

 

 

 

 

「極限まで米が磨かれた磨き二割三分」

 

 

 


 

 

 

 

 

「手頃な値段で購入できる磨き三割九分」

 

 

 


 

 

 

 

 

「毎日の晩酌にもできるコスパの良さがある45」

 

 



 

 

 

 

 

獺祭純米大吟醸の飲み方

 

 

 

 

「フルーティーで華やかな香味の純米大吟醸を熱燗にしてしまうと、香りが飛んでしまい雑味が出てしまうことがあります」

 

純米大吟醸を美味しくいただくには、熱燗にするより冷酒でいただくのがおすすめ。

 

 

 

 

「獺祭純米大吟醸は、熱燗にするより冷酒で飲んで下さい」

 

熱燗にすることは、おすすめしません。

 

 

 

 

「今回は、獺祭純米大吟醸をロックでもいただきました」

 

 

 

 

「津軽びいどろのロックグラスに、たっぷりと氷を入れます」

 

 

 

 

 

「獺祭純米大吟醸をロックにすると、フルーティーで甘味もちょうどよく、より飲みやすくなり美味しいです」

 

 

 

 

「水のようにぐいぐいいけるので、暑い日や風呂上がりにもおすすめ」

 

さっぱりしてすっきりといただけます。

 

 

獺祭純米大吟醸の飲み方

冷酒◎

常温◎

ぬる燗

熱燗

 

 

 

「極限まで米が磨かれた磨き二割三分」

 

 

 


 

 

 

 

 

「手頃な値段で購入できる磨き三割九分」

 

 

 


 

 

 

 

 

「毎日の晩酌にもできるコスパの良さがある45」

 

 



 

 

 

 

 

獺祭純米大吟醸を美味しく飲むなら津軽びいどろ

 



 

「津軽びいどろは、青森県津軽地方で生産されているガラス細工の伝統工芸品」

 

青森の自然を表現した美しさがあり、ガラス細工特有のきらびやかな印象があります。

 

津軽びいどろ

 

 

「津軽びいどろの魅力は色彩の美しさ」

 

キラキラ輝く宝石のようなガラス材には、100種類以上の着色が行われており、季節に合わせた商品も多数販売されています。

 

津軽びいどろ

 

 

「津軽びいどろの商品を使うと、美しい造りに魅了されます」

 

我が家は津軽びいどろのロックグラスを使用。

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

まとめ

 

 

 

 

獺祭純米大吟醸三割九分は、よく磨かれた日本酒で、苦味や渋味のような雑味が一切ありません。

 

匂いは梨の香りがして、甘くてフルーティー。

 

ふくよかで、米の味もしっかりと楽しめます。

 

雑味がなくフルーティーなので、どんどん飲めてしまえる日本酒。

 

飲みやすいけど味わい深く、味に重量感もあります。

 

獺祭純米大吟醸45は、甘い梨の香りがする日本酒。

 

飲んでみると、甘くてフルーティー。

 

甘さもちょうどよく、抑えられています。

 

後味に若干苦味がしますが、それ程気にならないレベル。

 

甘味の中に若干の苦味が調和されて、味のバランスがとても良いです。

 

フルーティーさだけではなく、米の味もしっかりと楽しめます。

 

口当たりがよく芳醇で、飲みやすいのが特徴。

 

飲みやすいので、日本酒が初めての方にもおすすめ。

 

フルーティーで程よい甘味のある獺祭純米大吟醸45は、とでも美味しい日本酒。

 

以上、「【レビュー】獺祭 純米大吟醸は甘口か辛口どっち?評判も紹介」でした。

 

 

 

(SAKEPOST|ポストに届く「日本酒定期便」)