選び方ぶろぐ

日本酒を300日&年間50泊キャンプを楽しんでいます

徹底検証!キャンプでタープはいらない?必要?詳しく紹介

 

 

 

「年間50泊ほど、キャンプをする我が家」

 

真夏の暑い時期や真冬の寒い季節まで、春夏秋冬キャンプを楽しんでいます。

 

 

 

 

「夏キャンプは1日を通して気温が高く、場所によっては熱帯夜になることもあります」

 



 

「春や秋は寒暖差で、昼間は気温が上がりますが朝晩が冷え込みます」

 

冬キャンプは1日を通して寒いまま。

 

 

 

 

「年間50泊もキャンプに行くと、いろいろな環境でキャンプをします」

 



 

今回は、キャンプでタープが必要?いらない?詳しくブログで紹介したいと思います。

 

 

 


 

 

*タイトル
徹底検証!キャンプでタープはいらない?必要?詳しく紹介

 



 

夏場はタープが必要
 

 

「キャンプをするサイトが、1日を通して木陰とは限りません」

 

林間サイトでも太陽の位置で、時間帯によっては強い日差しが差す場合があります。

 

 

 

 

「夏場で全く木陰がないサイトでは、日除け対策にタープは必要になります」

 

タープを張ることで、強い日差しを軽減し風通しをよくします。

 

 

 

 

「2ルームテントやシェルターなどに比べて、周りに壁がないタープの下が、夏場は一番涼しく過ごせます」

 

暑い時期にキャンプをされるならタープは、1枚保有されていた方が安心。

 

 

 

 

冬場はタープがいらない
 

 

「テントでリビングスペースを作ることができれば、冬場はタープがいりません」

 

幕内でおこもりスタイルを楽しめます。

 

リビングスペースができれば、荷物もリビング内に入れることができます。

 

 

 

 

「冬場は日差しが弱く寒いので、タープの下で過ごす時間は減ります」

 

おこもりスタイルができるテント内が、タープの下に居るより暖かいです。

 



 

「2ルームテントを使用している方も同様に、幕内にリビングスペースを作ることができるので、寒い時期はタープが必要ありません」

 

 

 

 

夜間に雨が降る場合もある
 

 

「昼間晴れていても、夜間に雨が降る場合もあります」

 

就寝する際、テント内に荷物を片付けるスペースがあれば問題はありません。

 

ただ荷物を片付けるスペースがない場合は、外に荷物を置かなければいけません。

 



 

「テーブル・イス・クーラーボックスなど、外に置いたままで寝ると、夜間雨が降る場合があり濡れます」

 

テント内に荷物を片付けるスペースがない場合は、雨対策としてタープが必要になります。

 



 

夜露防止
 

 

「夜露は夜に降る露のこと」

 

空気中の水蒸気によって起きる現象です。

 

屋根がある場所に荷物をおかず、夜出しっぱなしにして就寝すると、朝起きて荷物が濡れていることがあります。

 

VISIONPEAKS

 

 

「夜露は秋頃から冬にかけて発生しやすく、10月から2月は特に夜露の発生が多い時期」

 

テントの中に荷物を片付けるスペースがない場合、夜露対策にタープは必要です。

 

 

 

 

風の強い日にタープを張ると危険
 

 

「風の強い日にタープを張ると、タープの下に風が入り込み、あおられる形になります」

 

タープがあおられると、ペグが抜けやすくなります。

 

 

 

 

「タープはテントに比べて風に弱いので、風によって崩壊してしまうと、破れたりダメージになることもあります」

 

崩壊したタープがペグやポールと一緒に飛んでいけば、車を傷付けたり物を壊してしまう危険性もあります。

 

タープは風に弱い特性があるので、強風の時は張らない方が安心。

 



 

スペースがない
 

 

「自由にスペースを確保できるフリーサイトなら問題はありませんが、オートサイトは場所やスペースが決められています」

 

決められた区画内にテントを張る場合、テントのサイズが大きいとタープも一緒に張れません。

 

タープは張り綱を使って設営するので、張り綱の長さも必要になります。

 



 

「オートサイトは、スペース的にタープが張れない場合があるので注意が必要です」

 

 

 

 

プライバシーの確保
 

 

「タープは、ポールの数を増やしたり減らしたり、いろいろなバリエーションで張ることができます」

 

例えば下記のように、ポールの数を減らして片面を下せば目隠しになります。

 

 

 

 

「いろいろなバリエーションを使って目隠しをつくり、プライバシーの確保もできます」

 

炊事場やトイレの近くにテントを張ると、人通りが増えます。

 

タープを張ることで目隠しになり、プライベート空間を充実させることが可能。

 

 

 

 

タープは雨対策にならない場合がある
 

 

「風がない時はタープを張っても問題ないですが、風があり強く雨が降ると、横から雨が入り込みます」

 

横から雨が入り込むことで、荷物が濡れてしまいます。

 

風があって雨の日は、周りに壁があるシェルターや2ルームテントの方が、雨が吹き込んでも荷物が濡れません。

 

 

 

 

我が家の場合

 

 

 

 

「荷物を屋根のある場所におかず、出しっぱなしにして就寝すると、夜露や雨で朝起きたら濡れていることがあります」

 

実はタープを張らなくても夜露や雨対策はできます。

 

我が家は夜間の雨や夜露対策に、荷物の上にシートを敷いて就寝します。

 

 

 

 

「荷物をまとめて上からシートをしておけば、雨や結露で荷物が濡れません」

 

ハトメをペグダウンしておくと、風のある日でも安心

 

 

 

 

「タープを使わない場合、夜間の雨や夜露対策にシートがおすすめ」

 

 

 

 

「我が家はニュアンスカラーブルーシートを使用しています」

 

 

 

 

「ニュアンスカラーブルーシートは、ブルーシートの国内生産量No. 1の岡山県に拠点を置くブルーシート生産工場の直販店が販売」

 

ありそうでなかった自然色のブルーシートでとてもおしゃれ。

 



 

「カラーは、ノーブルウッド・オータムリーフ・ミスティフォレスト・スプリングハーブの4種類の色があります」

 

4種類の色があるので、自分好みのカラーをチョイスできます。

 



 

「我が家は、お座敷スタイルをする際のシートとして使用」

 

 

 

 

「テント下のグランドシートとしても使えます」

 

 



 

「ニュアンスカラーブルーシートの特徴は、銀イオン抗菌で目に見えない細菌の繁殖を抑制」

 

シートの表面に、銀系抗菌剤を織り込んだ防菌加工が施してあります。

 



 

「銀イオンによって目に見えない細菌の発生や増殖を抑え、シート表面を衛生的に保ちます」

 

抗菌効果があるので、安全で安心して使用できます。

 

 

 

 

「シート隅にはハトメがあり、鍛造ペグで固定することも可能」

 

 



 

「生地は#3000で約0.25mmの厚みがあり、強度もあります」

 

シルバーシートのような分厚さはありませんが、しっかりとつくられているので長く使用できます。

 

 

 

 

「ニュアンスカラーブルーシートをおすすめする理由は、サイズが15種類もあること」

 

サイズが15種類とたくさんあるので、必要とする長さが見つけやすいです。

 

 

 

 

「ニュアンスカラーブルーシートが1枚あれば、いろいろな場面で活躍するのでおすすめ」

 

 

 

 


 

 

 

 

 

タープはいらない?必要?

 

 

 

 

「キャンプは屋外で楽しむものなので、どんな環境の変化が起きるかわかりません」

 

晴れていても急に通り雨が降ったり、曇り予報でも晴れ間が出て暑くなったり、タープが必要になる場合もあります。

 

タープを使わなくても持っておけば、便利で安心してキャンプができます。

 

 

キャンプでタープはいらないのか?必要か?

使うか使わないかは別として、持っておくと便利で安心してキャンプができる

 

 

 

タトンカタープ
 

 

「最近はキャンプ人気が落ち着いてきましたが、それでもいろいろなブランドからタープが発売されています」

 

いろいろあるタープの中で、我が家がおすすめするのがタトンカタープ。

 

我が家もタトンカタープを使用しています。

 



 

「タトンカタープは、軽量ポリコットンながら高い遮光性があるのが特徴」

 

ポリコットン素材なので、夏の強い日差しも軽減。

 

 

 

 

「強度があり丈夫なつくりで、設営時の強いテンションにも耐えることができます」

 

 

 

 

「タトンカタープは、白っぽいカラーのシルバーグレー色」

 

シルバーグレー色のタトンカタープは、他にはないカラーで見た目がおしゃれ。

 



 

「肌触りは布感が強く、とても気持ちが良い素材」

 



 

「タトンカタープ1TCは425×445cmのサイズ」

 

大型のタープになっており、6人でも使用可能です。

 

 

 


 

 

 

 

 

まとめ

 



 

今回は、キャンプでタープが必要か?いらないか?紹介しました。

 

キャンプは屋外で楽しむものなので、どんな環境の変化が起きるかわかりません。

 

晴れていても急に通り雨が降ったり、曇り予報でも晴れ間が出て暑くなったり、タープが必要になる場合もあります。

 

タープを使わなくても持っておけば、便利で安心してキャンプができます。

 

我が家はタトンカタープを使用しています。

 

タトンカタープは、軽量ポリコットンながら高い遮光性があるのが特徴。

 

ポリコットン素材なので、夏の強い日差しも軽減。

 

強度があり丈夫なつくりで、設営時の強いテンションにも耐えることができます。

 

タトンカタープは、白っぽいカラーのシルバーグレー色。

 

シルバーグレー色のタトンカタープは、他にはないカラーで見た目がおしゃれ。

 

肌触りは布感が強く、とても気持ちが良い素材。

 

タトンカタープ1TCは425×445cmのサイズ。

 

大型のタープになっており、6人でも使用可能です。

 

以上、「徹底検証!キャンプでタープはいらない?必要?詳しく紹介」でした。

 

 

 

キャンプ用品セール:ナチュラムCheck! 

 
 

 

 

 

 

 

 

キャンプ用品セール(Amazon)Check! 

 
 

 

 

 

 

キャンプ用品セール(楽天)Check!