選び方ぶろぐ

日本酒を300日&年間50泊キャンプを楽しんでいます

【検証】凍ったペットボトルは保冷剤代わりになる?長持ちさせる方法も紹介

 

 

 

「年間50泊ほど、キャンプをする我が家」

 

真夏の暑い時期や真冬の寒い季節まで、春夏秋冬キャンプを楽しんでいます。

 

 

 

 

「気温が高くなると、クーラーボックスの保冷に気をつけなければいけません」

 

特に暑くなる夏場は、食材が痛む原因にもなるので、しっかりとした保冷対策が必要。

 

f:id:MAAKATU:20240708172050j:image

 

 

 

「クーラーボックスの保冷で、一般的によく使われているのが保冷剤」

 

保冷剤があると、長時間クーラーボックスを冷やすことができます。

 

クーラーボックスと保冷剤は、セットで使うと効果的。

 

 

 

 

「1泊するキャンプなど長時間冷やすなら保冷剤は必要ですが、短時間ならペットボトルを保冷剤代用として使うことも可能です」

 

 

 

 

今回は、凍ったペットボトルは保冷剤代わりになるのか?詳しくブログで紹介したいと思います。

 

 

 

 

 

 


 

 
 
*タイトル
【検証】凍ったペットボトルは保冷剤代わりになる?長持ちさせる方法も紹介

 

 

 

 

「クーラーボックスは、断熱効果が高いボックス」

 

断熱効果が高いボックスですが、クーラーボックスのみで、中に入れている食材や飲み物を冷やすことはできません。

 

 

 

 

「クーラーボックスで食材や飲み物を冷やすには、保冷効果のあるものが必要」

 

保冷効果のあるものがないと、クーラーボックスの温度は上昇してしまいます。

 

 

 

 

凍ったペットボトルは保冷剤代わりになる?

 

 

 

 

「凍ったペットボトルは、保冷剤の代わりとして使用できます」

 

 

 

 

「1.5Lや2Lのペットボトルに水を入れて、2〜3日しっかりと冷凍庫で凍らします」

 

冷凍時間が短いと完璧に凍らず、保冷効果が短くなってしまいます。

 

 

 

 

「我が家は50Lのクーラーボックスに、春や秋なら凍ったペットボトルを2本」

 

夏場だと凍ったペットボトルを4本入れています。

 

凍ったペットボトルは、クーラーボックスのサイズによって変わってきます。

 

 

 

 

「気をつけてほしいのが、クーラーボックスに入れたペットボトルの水は頻繁に捨てること」

 

溶けた水を捨てないと、あっという間にペットボトルの水が溶けてしまいます。

 

 

 

 

「気温が高い季節でも、クーラーボックスに凍ったペットボトルを入れておけば、1日くらいなら十分に保冷できます」

 

 

凍ったペットボトルは保冷剤代わりになる?

1.5Lや2Lのペットボトルを凍らすと保冷剤代わりに使える

 

 

 

キャンプなど長時間保冷効果が必要な場合

 

 

 

 

「キャンプなど長時間保冷効果が必要な場合は、凍ったペットボトルより保冷剤があると安心」

 

 

 

 

「我が家もキャンプなど、長時間クーラーボックスで食材や飲み物を冷やす場合、保冷剤を使用しています」

 

特に気温が高い夏場などは、しっかりと冷やしておかないと、食材が痛む原因にもなります。

 

f:id:MAAKATU:20240617195347j:image

 

 

 

「我が家は、最強の保冷剤と言われているロゴスの倍速凍結・氷点下パックを使用」

 

 

 


 

 

 

 

 

クーラーボックスを長持ちさせる方法

 

 

 

 

 

ハードクーラーボックスの中にソフトクーラーを入れる

 

「ソフトクーラーの中に、食材と凍ったペットボトルを入れます」

 

ハードクーラーボックスとソフトクーラーを二重にすることで、保冷効果と保冷時間が上がります。

 

 

 

 

 

直射日光の下にクーラーボックスを置かない

 

「クーラーボックスを直射日光の下に配置すると、クーラーボックス本体の温度が上昇してしまい、内部の保冷力が落ちます」

 

保冷力が落ちるので、クーラーボックスは必ず日陰に設置して下さい。

 

 

 

 

 

クーラーボックスを直接地面に置かない

 

「気温が上がってくると、それに伴い地面の温度も上がってきます」

 

熱い地面に直接クーラーボックスを置くと、クーラーボックス内の温度が上がってしまい保冷力が落ちます。

 

クーラーボックスは直接地面には置かず、地面との距離ができるように、スタンドやメッシュテーブルなどを使って下さい。

 

 

 

 

「メッシュテーブルは、熱がこもらないのでおすすめ」

 

 

 

 


 

 

 

 

 

最強の保冷剤

 

 

 

 

「保冷剤は徐々に経年劣化していきますが、基本長く使うことができます」

 

すぐに痛むことがないので、できれば保冷剤の使用をおすすめします。

 

 

 

 

「気温が高い夏場は、クーラーボックスでしっかりと冷やしておかないと、中に入っている食材が痛む原因になってしまいます」

 

我が家は、ロゴスの倍速凍結・氷点下パックを4つ保有。

 

 

 

 

「夏キャンプは飲み物が増えるので、クーラーボックスを2個使っています」

 

4つ保冷剤があると、クーラーボックスの数を増やしても保冷できます。

 

 

 

 

「最近はキャンプ人気が落ち着いてきましたが、それでもいろいろなブランドから保冷剤が発売されています」

 

いろいろある保冷剤の中で、最強と言われているのが、ロゴスから発売されている倍速凍結・氷点下パック。

 

 

 

 

「ロゴスの倍速凍結・氷点下パックを使うことで、大幅に保冷力が向上します」

 



 

「真夏にクーラーボックスを使って食材を保存されるならロゴスの倍速凍結・氷点下パックを選ぶべき」

 

 

 

 

「ロゴスの倍速凍結・氷点下パックは−16℃を長時間維持できる保冷剤」

 



 

「一般的な保冷剤に比べて8倍の保冷力があり、食べ物や飲み物はもちろん、アイスクリームや冷凍食品まで保冷できます」

 

ロゴスの倍速凍結・氷点下パックは、保冷力の強い最強の保冷剤と言われています。

 



 

「最強の保冷力があるロゴスの倍速凍結・氷点下パックは、気温が高い夏場にぜひ使ってほしい保冷剤」

 



 

「ロゴスの倍速凍結・氷点下パックは、M・L・XLのサイズがあります」

 

 

 


 

 


 

 

 

 

 

「我が家はロゴスの倍速凍結・氷点下パックXLサイズを使っています」

 

 

 


 

 

 

 

 

まとめ

 

 

 

 

凍ったペットボトルは、保冷剤の代わりとして使用できます。

 

1.5Lや2Lのペットボトルに水を入れて、2〜3日しっかりと冷凍庫で凍らします。

 

冷凍時間が短いと完璧に凍らず、保冷効果が短くなってしまいます。

 

凍ったペットボトルは、保冷剤代用として使えます。

 

我が家は50Lのクーラーボックスに、春や秋なら凍ったペットボトルを2本。

 

夏場だと凍ったペットボトルを4本入れています。

 

凍ったペットボトルは、クーラーボックスのサイズによって変わってきます。

 

気をつけてほしいのが、クーラーボックスに入れたペットボトルの水は頻繁に捨てること。

 

溶けた水を捨てないと、あっという間にペットボトルの水が溶けてしまいます。

 

以上、「【検証】凍ったペットボトルは保冷剤代わりになる?長持ちさせる方法も紹介」でした。

 

 

 

     

【ナチュラム】セール開催中