選び方ぶろぐ

日本酒を300日&年間50泊キャンプを楽しんでいます

検証!大関「のものも」は料理酒になるの?料理に使えるの?詳しく紹介



 

「年間300日、日本酒を飲む我が家」

 

真夏の暑い時期や真冬の寒い季節まで、春夏秋冬日本酒を楽しんでいます。

 

 

 

 

「日本酒は自宅だけではなく、年間50泊行くキャンプにも必ずいただいています」

 

我が家にとって日本酒は、なくてはならないお酒。

 

 

 

 

今回は、大関のものもが料理酒としておすすめなのか?詳しくブログで紹介したいと思います。

 

 

 

 

 

 


 

 
 
*タイトル
検証!大関「のものも」は料理酒になるの?料理に使えるの?詳しく紹介

 



 

 

料理酒には食塩が入っている

 

「料理酒に食塩が入っている理由は、お酒として飲めないようにする為」

 

料理酒をお酒として飲めなくする為に、酒税法で塩分を加える処理が定められています。

 

塩分を加えることで、酒税がかからない分手軽な値段で購入でき、お酒の販売免許をもたない店でも販売することが可能になっています。

 



 

「日本酒を料理酒にすると塩分が入っていないので、日頃から減塩に心がけている方にもおすすめ」

 

 

 

 

 

料理酒としての効果

 

「料理酒は旨みをアップさせたり、食材の臭みを取るのに効果的」

 

美味しい料理を作るのに、欠かせないのが料理酒。

 

 

 

 

「料理酒を加えることで、有機物や不快な匂い成分をアルコール効果で揮発させ消します」

 

アミノ酸やコハク酸も含まれており、旨みやコクが増し、煮崩れを防いで味が染み込みやすくなる効果もあります。

 

 

 

 

大関のものもは料理酒としておすすめか?

 



 

「料理酒として日本酒を使うメリットは、アミノ酸が豊富に含まれていること」

 

米由来のアミノ酸が多く含まれていることで、コクや旨みをアップさせてくれます。

 

大関のものもには、醸造アルコールを含め、糖類や酸味料などの添加物が入っています。

 

 

大関のものもの成分

米麹

醸造アルコール

糖類

酸味料

 

 

 

「醸造アルコールを含め、糖類や酸味量が添加されている大関のものもより、純米酒のような米だけの日本酒がおすすめ」

 

 

 

 

「純米酒は、醸造アルコール・糖類 ・酸味量が入っていない純粋な日本酒」

 

醸造アルコール・糖類 ・酸味量が含まれないことで、米の風味をしっかり感じることで、より料理にコクをもたらしてくれます。

 

料理の味を邪魔しない為にも、醸造アルコールや添加物の入っていない純米酒の方がおすすめです。

 

 

料理酒として使うなら

大関のものもより醸造アルコールや添加物が含まれていない純米酒がおすすめ

 

 

 

「醸造アルコールは、主にサトウキビを原料として発酵させた純度の高いアルコール」

 

サトウキビの香りや味はほとんどなく、クリアな味わいをしています。

 



 

「糖類は穀物のでんぷんを分解したもので、日本酒に甘味を与える成分」

 

酸味料は、日本酒が発酵する仮定で自然に発生する有機物と同じで、クエン酸などの有機物を加えています。

 



 

料理酒として使うなら米だけの酒がおすすめ

 

 

 

 

「料理酒としておすすめは、沢の鶴から発売されている米だけの酒」

 

 

 

 

「沢の鶴米だけの酒は、米と米麹のみで造られている純粋な日本酒」

 

醸造アルコール・糖類・酸味料などの添加物が入っていない為、料理の味を邪魔しません。

 

料理の味を邪魔しないので、料理酒として使うのにベスト。

 

 

 

 

「米だけの酒は純米酒ですが、手軽な値段で販売されているので、料理酒として購入しやすいです」

 

料理酒として使わない時は、冷酒でいただいても美味しいです。

 




 

 

 

 

 

 

米だけの酒は冷酒で飲んでも美味しい

 

「米だけの酒は辛口の日本酒で、さっぱりしていてすっきり」

 

辛味がちょうどよく、味が濃くて米の味もしっかり。

 

米の味を楽しみながらいただけます。

 

 

 

 

「米だけの酒はシンプルな日本酒ですが、飲みごたえはあります」

 

甘味がない分、若干飲みにくさを感じる時がありますが、昔ながらの日本酒の味わいで我が家は好きです。

 




 

 

 

 

 

米だけの酒の口コミと評判

 

 

 

 

「米だけの酒の口コミと評判は、下記のような感じ」

 

 

●料理酒用に購入しましたが、その前に味見。あまりの口当たりの良さに晩酌しそうです。
 
●紙パックなので割れる心配もなく、料理酒として使いやすいです。液だれしにくいです。何度もリピートしています。
 
●料理用として、購入しています。料理酒ははじめから食塩が添加されているものが殆どなので、こちらの米だけの酒を使用しています。
 
●添加物はなく、料理の仕上がりに差がでます。
 
●一般的な料理酒と比較しても旨味がぐっと上がるので手放せません。
 
●料理酒のつもりで購入し、届いたのでお試しでちょっと飲んでみたら旨くて一瞬でなくなった。
 
●料理用に使っているが、お魚やお野菜の煮物が美味しく出来る。
 
●そのまま飲んでも美味しいですが、料理にちょっと加えると味を引き立ててくれます。
 
●料理酒としてもアルコール臭がなく、コクがあるので煮物や麺つゆに使ってます。
 
●純米酒で値段とお味のバランスが取れたお酒だと思います。贅沢に料理酒としての使用もOK。いつもの料理の味が引き立ちます。




 

 

 

 

 

まとめ

 

 

 

 

醸造アルコールを含め、糖類や酸味量が添加されている大関のものもより、純米酒のような米だけの日本酒がおすすめ。

 

純米酒は、醸造アルコール・糖類 ・酸味量が入っていない純粋な日本酒。

 

醸造アルコール・糖類 ・酸味量が含まれないことで、米の風味をしっかり感じることで、より料理にコクをもたらしてくれます。

 

料理の味を邪魔しない為にも、醸造アルコールや添加物の入っていない純米酒の方がおすすめです。

 

醸造アルコールは、主にサトウキビを原料として発酵させた純度の高いアルコール。

 

サトウキビの香りや味はほとんどなく、クリアな味わいをしています。

 

糖類は穀物のでんぷんを分解したもので、日本酒に甘味を与える成分。

 

酸味料は、日本酒が発酵する仮定で自然に発生する有機物と同じで、クエン酸などの有機物を加えています。

 

以上、「検証!大関「のものも」は料理酒になるの?料理に使えるの?詳しく紹介」でした。

 

 

 

 

 

 

 累計50万本の大ヒット

【光武酒造場】