選び方ぶろぐ

年間50泊キャンプに行っています

使用レビュー!火消し袋か火消し壺どっちを購入したらいいの?使い方も詳しくブログで紹介。

 

 

 

「年間50泊程、キャンプをする我が家」

 

真夏の暑い時期や真冬の寒い季節まで、春夏秋冬キャンプを楽しんでいます。

 

 

 

 

「キャンプの楽しみは、人それぞれにいろいろとあります」

 

我が家のキャンプの楽しみは、ゆったりと過ごすこと。

 

キャンプでは、夫婦でゆったりとお酒を飲んで過ごしています。

 

 

 

 

「お酒を楽しく美味しくいただくには、いろいろなものが必要」

 

お酒に合うおつまみや料理も大事で、おつまみや料理があるとお酒も進みます。

 

 

 

 

 

「お酒に最高に合うおつまみや料理は、バーベキューだと我が家は思います」

 

特に暑い時期、キーンと冷えたビールや冷え冷えのレモンサワーは、焼いた肉とかなり合います。

 

 

 

 

 

「シチュエーションが良ければ、お酒も楽しく美味しく飲むことができます」

 

我が家は、お酒を飲みながら焚き火をすることがほとんどで、焚き火をしながら飲むお酒は、最高の贅沢。

 

 

 

 

「バーベキューや焚き火をすると、必ず燃えカスや灰が発生します」

 

有料のキャンプ場だと、燃えカスや灰を処分できる所が多いので、あまり気にしなくても大丈夫。

 

 

 

 

「無料のキャンプ場を利用する場合、我が家が行く無料のキャンプ場は、燃えカスや灰を捨てられる所が少ないです」

 

燃えカスや灰を捨てられなければ、自宅に持って帰る必要があります。

 

 

 

 

「燃えカスや灰を持って帰るのに便利なのが火消し壺なんですが、今の主流は火消し袋」

 

一昔前は、火消し壺をよく使われていたと思いますが、現在は火消し袋の方が主流でよく使われています。

 

 

 

 

「火消し袋がよく使われている理由は、火消し袋を発売するブランドが増えたことで、選びやすくなったこと」

 

後、コンパクトに収納できるからだと思います。

 



 

「我が家も火消し壺から火消し袋に代わり、かなり重宝しています」

 

 

 

 

今回は、火消し袋と火消し壺どっちが良いのか、詳しくブログで紹介したいと思います。

 

 

 

 

*タイトル
使用レビュー!火消し袋か火消し壺どっちを購入したらいいの?使い方も詳しくブログで紹介

 

 

 

 

「キャンプやバーベキューをする方なら、あった方が絶対便利なのが火消し袋」

 

一昔前までは、燃えカスや灰を入れるのに、火消し壺をよく使われていたと思います。

 

現在は主流が、火消し壺から火消し袋になりつつあります。

 

 

 

 

「火消し袋が現在の主流になった訳は、火消し袋を販売するブランドが増えて、選びやすくなったこと」

 

後、コンパクトに収納できるからだと思います。

 

折り畳むことで、手のひらサイズになる優れもの。

 

 

 

 

「手のひらサイズになるので、我が家は車に入れっぱなしにしています」

 

必要な時に、車からパッと出して使うという感じになります。

 

火消し袋は、手のひらサイズの大きさになるので、かなり使い勝手が良いですよ。

 



 

「我が家も火消し壺から火消し袋に変わって、すごく便利に使用しているので、もし今購入されるなら火消し袋を絶対おすすめします」

 

 

 

 

 

ZEN Campsのアッシュキャリー
 

 

「最近はキャンプブームということで、いろいろなブランドから火消し袋が発売されています」

 

いざ購入しようと思ってもたくさんあり過ぎて、どのブランドの火消し袋を選んだらいいか迷います。

 

我が家は、ZEN Campsのアッシュキャリーを使用。

 

 

 

 

「ZEN Campsのアッシュキャリーは、火消し袋で一番人気があり、かなり売れている商品」

 



 

「ZEN Campsのアッシュキャリーが人気で売れている理由は、下記の通りです」

 

 

 

 

 

しっかりとしたつくり
 

 

「生地に厚みがあり、しっかりとしたつくりで、耐久性が高いのが特徴」

 

触った感じのチクチク感がないので、質感もかなり良いです。

 

しっかりとしたつくりで、痛むことなく長く使用できます。

 

 

 

 

 

入れやすい
 

 

「ZEN Campsのアッシュキャリーは、自立をする火消し袋で、燃えカスや灰を1人で簡単に入れられます」

 

入り口も広いので、燃えカスや灰を入れる時に便利。

 

 

 

 

 

コンパクト
 

 

「使用しない時は、折り畳むと手のひらサイズになり、持ち運ぶと収納に便利」

 

コンパクトなサイズなので、我が家は常に車に入れている状態で、必要な時にパッと取り出しています。

 



 

 

水を使わない
 

 

「焚き火や炭の鎮火は、空気の遮断によっておこないます」

 

鎮火させるのに、水は一切使いません。

 

燃えカスや灰を入れて5分ぐらいは底が熱いですが、15分程で完全に鎮火します。

 

 

 

 

 

水洗いができる
 

 

「ZEN Campsのアッシュキャリーは、汚れると水洗いをすることができます」

 

水洗いをすることで、常にきれいな状態を保てます。

 

 

 

 

「火消し袋なので、燃えカスや灰を入れると必ず汚れてしまいます」

 

燃えカスや灰を入れた汚れは、叩くとある程度はとれます。

 



 

「我が家は、汚れがひどくなったら水洗いをします」

 

 

 

 

 

 

かっこいい
 

 

「ZEN Campsのアッシュキャリーは、見た目がよくスタイリッシュ」

 

黒色のカラーで、とてもかっこいいです。

 

ZEN Campsのロゴも、とてもおしゃれですよ。

 

 

 

 

「かっこよくておしゃれなので、置いておくだけで火消し袋ですが、インテリアにもなります」

 

 

 

 

 

注意すること
 

 

「炎が上がっているものや、非常に高温の状態のものは入れない方が無難」

 

我が家は燃えカス・灰・炭が、ある程度温度が落ち着いた状態で入れます。

 

燃えカス・灰・炭を入れると5分ぐらいは底が熱いですが、15分もすれば完全に鎮火します。

 

 

 

 

 

便利な所
 

 

「耐熱性素材でつくられているので、少し熱をもった使用後の燃えカス・薪・炭などを入れ、袋の口を閉めて空気を遮断させ完全に鎮火させます」

 

完全に鎮火させることができるので、安全で安心して持ち帰ることができます。

 

 

 

 

 

特徴
 

 

「ZEN Campsのアッシュキャリーは、業界最高水準の耐熱性・耐久性・耐火性がある火消し袋」

 

焚き火シートに使われているガラス繊維素材に比べて40%分厚い

 

他の火消し袋より、シリコンコーティング量が43%多い。

 

 

 

 

 

使い方
 

 

①ZEN Campsのアッシュキャリーを自立させ、燃えカスや灰が入れやすいように入り口を折り曲げます。

 

 

 

 

 

②炎が上がっているものや非常に高温のものは避け、少し温度が落ち着いたものを入れます。

 

 

 

 

③2〜3回ほど折り曲げていき、紐で結びます。

 

 

 

 

「カラビナが付属されているので、カラビナで固定することも可能」

 

 

 

 

④5分ぐらい底が熱いですが、15分程すれば完全に鎮火します。

 

 

 

 

「汚れた場合は、水洗いもできるので、常にきれいな状態を保てます」

 

 

 

 

 

 

おすすめサイズ

 

Olive SENDAI WEST

 

 

「ZEN Campsのアッシュキャリーは、Sサイズ・Mサイズ・Lサイズの3種類があります」

 

Olive SENDAI WEST

 

 

Sサイズは幅24×高さ25cm

Mサイズは、幅29cm×高さ32cm

Lサイズは、幅34cm×高さ38cm

 

 

 

「Sサイズは、ソロ用の小さな焚き火台を使用している方におすすめ」

 

コンパクトサイズなので、持ち運びや収納に便利。

 

ZEN Camps

 


 

 

 

 

 

「Mサイズは、3種類の中で一番売れているサイズ」

 

我が家も保有していてすごく便利なので、おすすめします。

 

入り口が大きいので、燃えカスや灰が入れやすいです。

 

 

 

 

「2回分の燃えカスや灰を入れられるので、連泊をよくする方にも使いやすいです」

 

ソロキャンプをされる方で焚き火台のサイズが大きい方やファミリーキャンパーにもおすすめ。

 

 

 


 

 

 

 

 

「Lサイズは、火消し袋だけの使い方ではなく、焚き火シートにも使用できる優れもの」

 

薪や焚き火の小物を入れることもできます。

 

グループで、よくキャンプをされる方にもおすすめ。

 

Olive SENDAI WEST

 


 

 

 

 

 

まとめ

 



 

今回は、焚き火や炭の燃えカス・灰を入れるのに、火消し袋か火消し壺のどっちが良いのかを記事にしました。

 

一昔前までは、火消し壺がよく使われていましたが、現在は火消し袋が主流。

 

最近は、いろいろなブランドから火消し袋が発売されていて選びやすくなったこと、コンパクトに収納できるのですごく便利。

 

我が家は、ZEN Campsのアッシュキャリーを使用。

 

ZEN Campsのアッシュキャリーは、折り曲げることで、手のひらサイズになり圧倒的なコンパクトさ。

 

コンパクトに持ち運びと収納ができるので、我が家は常に車で保管しています。

 

しっかりとした素材とつくりで、痛むことなく長く使用できます。

 

以上、「使用レビュー!火消し袋か火消し壺どっちを購入したらいいの?使い方も詳しくブログで紹介」でした。

 

 

 

 

キャンプ用品セール:ナチュラムCheck! 

 
 

 

 

 

 

 

 

 

キャンプ用品セール(Amazon)Check! 

 
 

 

 

 

 

 

キャンプ用品セール(楽天)Check!