選び方ぶろぐ

年間50泊キャンプに行っています

バーベキューの炭の処理方法と持ち帰り方は超簡単!後片付けの仕方も詳しくブログで紹介。

 

 

 

「年間50泊程、キャンプをする我が家」

 

真夏の暑い時期や真冬の寒い季節まで、春夏秋冬キャンプを楽しんでいます。

 

 

 

 

「キャンプの楽しみは、人それぞれにいろいろとあります」

 

我が家のキャンプの楽しみは、夫婦でゆったりとお酒を飲むこと。

 

お酒をいただきながら、キャンプでゆったりと過ごしています。

 

 

 

 

「キャンプでお酒を楽しく美味しくいただくには、いろいろなものが必要」

 

例えば、真夏でも氷が溶けにくいタンブラーやボトルがないと、常に冷たいお酒が飲めません。

 

 

 

 

 

「お酒に合うおつまみや料理も大事で、おつまみや料理がないとお酒が進みません」

 

暑い時期は、クーラーボックスでキーンと冷えたビールや、氷をたくさん入れた冷え冷えのレモンサワーを飲むことが多い我が家。

 

冷たいお酒は、焼肉とよく合うんです。

 

 

 

 

「冷たいお酒を美味しくいただきたいということで、暑い時期は必然的にバーベキューが多くなってしまいます」

 

焼肉を一番美味しく食べる方法は炭火焼き。

 

炭火焼きにすると、表面をすばやく焼き上げるので、旨味を一瞬で閉じ込めることができます。

 



 

「我が家も肉を焼く時は、よく炭火焼肉をします」

 

炭でバーベキューをすると困るのが、炭の灰や燃えカスの後処理。

 

 

 

 

「キャンプ場でバーベキューをする場合、大抵はキャンプ場で灰や燃えカスを処分してくれます」

 



 

「ただ、無料のキャンプ場などは、灰や燃えカスを処分できない所がほとんど」

 

我が家もよく無料キャンプ場を利用しますが、バーベキューで出た灰や燃えカスは捨てられず、持ち帰ります。

 

 

 

 

「一昔前は、炭の燃えカスや灰を持ち帰るのに、よく火消し壺が使われていました」

 

火消し壺は、丈夫にはつくられているのですが、その分大きいので持ち運びに不便。

 

最近の主流は、火消し壺から火消し袋に変わってきました。

 

 

 

 

「火消し袋がよく選ばれる理由は、折りたたむとコンパクトになるから」

 

コンパクトに収納できるので、常に持ち運べます。

 

 

 

 

「我が家が使用しているZEN Campsから発売されているアッシュキャリーは、畳むと手のひらサイズになる優れもの」

 

手のひらサイズになるので、車に常に入れっぱなしにしています。

 

 

 

 

「最近は、いろいろなブランドから火消し袋が発売されています」

 

いろいろある火消し袋の中で、ZEN Campsのアッシュキャリーは、一番人気があり売れている商品。

 

ZEN Campsのアッシュキャリーの人気があり売れているのは、それだけの理由があると思います。

 

 

 

 

今回は、ZEN Campsのアッシュキャリーを、詳しくブログで紹介したいと思います。

 

 

 

 

*タイトル
バーベキューの炭の処理方法と持ち帰り方は超簡単!後片付けの仕方も詳しくブログで紹介

 



 

「一昔前は、炭の燃えカスや灰を持ち帰るのに、火消し壺がよく使われていました」

 

火消し壺は、燃えカスや灰を入れるのに便利ですが、サイズが大きいので収納と持ち運びに不便。

 

最近は、コンパクトに収納でき持ち運べる火消し袋が、よく使われています。

 

 

 

 

「火消し袋を販売するブランドも増え、火消し袋を選ぶ選択の幅も増えました」

 

いろいろある火消し袋の中で、一番人気があり売れているのが、ZEN Campsのアッシュキャリー。

 

ZEN Campsのアッシュキャリーが売れていて人気があるのは、いろいろな良い所があるからです。

 

 

 

 

「ZEN Campsのアッシュキャリーは、炭だけではなく、焚き火の燃えカスや灰も入れられます」

 

バーベキューや焚き火の後始末にも、便利に使用できます。

 

 

 

 

 

ZEN Campsのアッシュキャリーのおすすめな所

 

 

 

 

燃えカスや灰が入れやすい
 

 

「ZEN Campsのアッシュキャリーは、自立することができるので、1人でも燃えカスや灰を入れる作業がやりやすいです」

 



 

「入り口が大きいので、燃えカスや灰が入れやすいのもZEN Campsのアッシュキャリーの良い所」

 

 

 

 

 

つくりがしっかり
 

 

「素材に厚みがありしっかりとしているので、耐久性が高いのが特徴」

 

しっかりとしたつくりなので、痛むことなく長く使用できます。

 

チクチク感がなく、質感がとても良いですよ。

 

 

 

 

 

コンパクト
 

 

「折りたたむと手のひらサイズになるので、持ち運びや収納に便利」

 

我が家は車に常に入れていて、使いたい時にパッと出して使用しています。

 

 

 

 

 

水は使わない
 

 

「ZEN Campsのアッシュキャリーは、水を使わず空気を遮断し、完全に鎮火させます」

 

燃えカスや灰をZEN Campsのアッシュキャリーに入れ、袋の口を閉じて空気を遮断させます。

 

空気を遮断することで、完全に鎮火することができ安全で安心。

 

 

 

 

「灰や燃えカスを入れて5分ぐらいは熱いですが、15分程経つと完全に鎮火できています」

 

 

 

 

 

水洗いができる
 

 

「ZEN Campsのアッシュキャリーは、汚れたら水を使って洗えるので、常にきれいな状態を保てます」

 

我が家は汚れたら叩いて取り、汚れが酷い場合は水洗いをしています。

 

水洗いをしてきれいにできるので、とても清潔感がありますよ。

 

 

 

 

 

 

かっこいい
 

 

「キャンプ道具を長く使用するコツは、見た目の良さもあります」

 

見た目がよくてかっこいいのが、ZEN Campsのアッシュキャリーの良い所。

 

カラーが黒色なのでスタイリッシュ、見た目がおしゃれなので、火消し袋ですがインテリアにもなります。

 

 



 

 

注意すること
 

 

「炎が上がっているものや非常に高温のものは、入れない方が無難」

 

我が家は、燃えカスや灰の温度が少し落ち着いた状態で入れ、5分ぐらいは熱いですが、15分程で完全に鎮火します。

 

 

 

 

 

鎮火の仕方
 

 

「ZEN Campsのアッシュキャリーは、耐熱性素材でつくられていて、少し熱をもった使用後の薪・炭・燃えカス・灰を入れることができます」

 

袋の入り口を縛ることで、空気を完全に遮断し鎮火させます。

 

空気の遮断で完全鎮火できるので、安全で安心。

 

 

 

 

 

アッシュキャリーの使い方

 

 

 

 

①ZEN Campsのアッシュキャリーを自立させます。

 

 

 

 

②灰や燃えカスが入れやすいように、入り口を折り曲げます。

 

 

 

 

③ある程度温度が落ち着いた灰や燃えカスを入れ、2〜3回程折り曲げて紐で縛ります。

 

折り曲げて縛ることで空気を遮断し、完全に鎮火できるので安全で安心。

 

 

 

 

「カラビナが付属されているので、カラビナで固定してもOK」

 

 

 

 

④5分程は熱いですが、15分もすると完全に鎮火できます。

 

 

 

 

「汚れは叩くとある程度取れますが、汚れが酷くなってくると、我が家は水洗いをしてきれいにします」

 

 



 

 

アッシュキャリーのサイズ

 

Olive SENDAI WEST

 

 

「ZEN Campsのアッシュキャリーは、Sサイズ・Mサイズ・Lサイズの3種類があります」

 

Olive SENDAI WEST

 

 

Sサイズは幅24×高さ25cm

Mサイズは、幅29cm×高さ32cm

Lサイズは、幅34cm×高さ38cm

 

 

 

「Sサイズは、小さなバーベキューコンロや焚き火台でバーベキューをされる方におすすめ」

 

Sサイズなので、よりコンパクトに収納と持ち運びができます。

 

ZEN Camps

 


 

 

 

 

 

「Mサイズは3種類の中で、一番人気のサイズ」

 

入り口が大きいので、灰や燃えカスが入れやすいです。

 

2回分の灰や燃えカスが入れることができます。

 

 

 

 

「家族でよくバーベキューをされる方や、中型のバーベキューコンロや焚き火台を使用されている方におすすめ」

 

 

 


 

 

 

 

 

「Lサイズは、火消し袋の使い方だけではなく、芝を熱から守る焚き火シートにもなる優れもの」

 

入り口がかなり大きいので、灰や燃えカスが入れやすいです。

 

炭やバーベキューをする小物なども入れられるので便利。

 

Olive SENDAI WEST

 

 

「グループでよくバーベキューをされる方にもおすすめ」

 

Olive SENDAI WEST

 


 

 

 

 

 

まとめ

 



 

今回は、バーベキューをした時の炭の持ち帰り方法を、詳しくブログで紹介しました。

 

キャンプ場でバーベキューをする時は、使用後の炭を処分してもらえるので問題はありません。

 

困るのが、無料のキャンプ場など使用後の炭が処分できない場合。

 

使用後の炭が処分できない場合は、持ち帰る必要があります。

 

そんな時便利なのが、使用後の炭を入れられる火消し袋。

 

火消し袋を使用するメリットは、折りたたむとコンパクトに収納と持ち運びができること。

 

我が家の使用するZEN Campsのアッシュキャリーは、折りたたむと手のひらサイズになるので便利。

 

我が家は、焚き火やバーベキューをした時の、薪や炭の灰・燃えカスをZEN Campsのアッシュキャリーに、いつも入れています。

 

ZEN Campsのアッシュキャリーに、頻繁に灰や燃えカスを入れてますが、痛みなどはなく丈夫。

 

丈夫なつくりなので、長く使用できるのがZEN Campsのアッシュキャリーの良い所。

 

以上、「バーベキューの炭の処理方法と持ち帰り方は超簡単!後片付けの仕方も詳しくブログで紹介」でした。

 

 

 

 

キャンプ用品セール:ナチュラムCheck! 

 
 

 

 

 

 

 

 

 

キャンプ用品セール(Amazon)Check! 

 
 

 

 

 

 

 

キャンプ用品セール(楽天)Check!