選び方ぶろぐ

日本酒を300日&年間50泊キャンプを楽しんでいます

【レビュー】コットの下に敷くシートは絶対これがおすすめ!詳しく紹介

 

 

 

「年間50泊ほど、キャンプをする我が家」

 

真夏の暑い時期や真冬の寒い季節まで、春夏秋冬キャンプを楽しんでいます。

 

 

 

 

「年間50泊もすると、ほぼ毎週がキャンプ」

 

キャンプに行く時間が長ければ長いほど、快適に過ごしたい思います。

 

 

 

 

「快適なキャンプを過ごす為には、寝床の作り方も大事」

 

 

 

 

「気温が下がると必ず発生するのが地面からの冷気」

 

地面を手で触ると冷たいのが冷気で、快適に暖かく就寝するなら地面からの冷気対策は不可欠。

 

虫の発生が少ない冬場は、地面からの冷気対策にコットを使うことが多いです。

 

 

 

 

「コットを使うと、地面からのゴツゴツ感や硬さを気にせずに就寝できます」

 



 

「コットを使って寝ると、テントの床が凹む時があります」

 

テントの床が凹む理由は、コットの脚に全体重が集中する為。

 

 

 

 

「コットの下にシートを敷くことで、テントの床の保護になります」

 

 

 

 

「フロアレステントの場合も、我が家はコットの下にシートを敷いています」

 

シートを敷くことで、ちょっとした荷物を置けたり、防水性が高まり地面からの底冷え対策にもなります。

 

 

 

 

今回は、我が家がコットの下に敷いているシートを、詳しくブログで紹介したいと思います。

 

 

 


 

 

*タイトル
【レビュー】コットの下に敷くシートは絶対これがおすすめ!詳しく紹介

 

 

 

 

コットの下にシート

 

 

 

 

「コットの下にシートを敷かないと、テントの床が凹みます」

 

テントの床が凹む理由は、体重がコットの脚に集中する為。

 

凹むことで、テントの床がダメージになることもありえます。

 

 

 

 

「実際、自宅の畳の上でコットを使って寝転がってみて、どれだけ凹みが出るか試してみました」

 

コットを使って寝転んだのが数分でしたが、畳は確実に凹みました。

 

 

 

 

「畳はテントの床と違って、上方向からの力に弱く凹みやすい素材」

 

凹みやすい素材ですが、数分で凹みがでました。

 

 

 

 

「コットで就寝する場合、長時間コットの脚に全体重が集中します」

 

長時間コットの脚に全体重が集中することで、テントの床が、より凹みやすい状態になります。

 

 

 

 

「キャンプ場の地面は、コンディションの良い芝サイトだけではありません」

 

コンディションの悪い砂利や石ころが多い土サイトなどもあります。

 

砂利や石ころが多いサイトで、コットの下に何も敷かず寝ると、凹みだけではなくダメージになるリスクもあるので注意して下さい。

 

 

 

 

「長年同じテントを使っておられる方は、経年劣化でテントの床の耐久性も落ちています」

 

耐久性が落ちている床の上に、何も敷かずコットのみを設置すると、よりダメージになるリスクが高くなります。

 

 

 

 

「フロアレステントにも、コットの下にシートがあると役立ちます」

 

シートを敷くことで、地面からの底冷えと防水対策。

 

コットの下に、荷物を置くこともできます。

 

 

 

 

「シートを敷くことでテントの床を守り、防水性を高め地面からの冷気も軽減できます」

 

 

コットの下にシートシートは必要か?

我が家は必要だと思う

 

 

 

コットの下に敷くシートでおすすめ

 

 

 

 

「テントの床の保護に、滑り止めシートを使うのもひとつの方法です」

 

滑り止めシートの素材はゴムでできている為、テントの床を保護し滑り止め効果もあります。

 

 

 


 

 

 

 

 

オールウェザーブランケット
 

 

「我が家はテントの床の保護に、オールウェザーブランケットを敷いています」

 

オールウェザーブランケットを敷くことで、テントの床の保護になります。

 

 

 

 

「サイズが210×150cmあるので、コット2台を並べて置ける広さがあります」

 

 

 

 

「フロアレステントの場合も、我が家はコットの下にオールウェザーブランケットを敷いています」

 

オールウェザーブランケットを敷くことで、防水性が高くなり地面からの冷気も軽減。

 

コットの下に荷物を置くことも可能。

 

 

 

 

「こじんまりしたテントならお座敷スタイルのシートとしても使えます」

 

 

 

 

「オールウェザーブランケットは、ポリエチレンシート・ポリエチレンフィルム・ポリエステルメッシュシート・ポリエチレンフィルム・アルミ蒸着PETフィルムからなる5層構造」

 

独自の5層構造と高純度アルミにより、非常に高い熱反射性を実現。

 

 

 

 

「体温の最大80%を反射し、体温の低下を防止」

 

命を驚かす低体温症の予防に有効。

 

 

 

 

「18ヶ月に及ぶ開発期間を経て、ついに誕生した最強のブランケット」

 

 

 

 

「オールウェザーブランケットは、アメリカ軍をはじめ世界中の軍隊で使用され、防衛省・地方公共団体・学校・企業等で採用」

 

防災安全協会の推奨品マーク所得済み。

 

 

 

 

「オールウェザーブランケットは、防水・防風・保温性に大変すぐれています」

 

オールシーズン使えて全天候対応型の多機能ブランケット。

 

 

 

 

「オールウェザーブランケットを敷くことで、冬場は地面からの冷気、夏場は地面からの地熱をシャットアウト」

 

 

 

 

「2〜3人用テントのグランドシートにもなる優れもの」

 

 

 

 

 

 

「4隅に両面補強されたハトメがあり、ペグで固定することも可能」

 

 

 

 

 

「我が家は、荷物を置くシートとしても使用しています」

 

 

 

 

「収納ケースも付いているので持ち運びに便利」

 

 

 

 

「防水性が高いので、雨の日でも安心」

 

 

 

 

「年間50泊キャンプに行く我が家にとって、オールウェザーブランケットはなくてはならないもの」

 

 

 


 

 

 

 

 

まとめ

 



 

コットの下にシートを敷かないと、テントの床が凹みます。

 

テントの床が凹む理由は、体重がコットの脚に集中する為。

 

凹むことで、テントの床がダメージになることもありえます。

 

実際、自宅の畳の上でコットを使って寝転がってみて、どれだけ凹みが出るか試してみました。

 

コットを使って寝転んだのが数分でしたが、畳は確実に凹みました。

 

畳はテントの床と違って、上方向からの力に弱く凹みやすい素材。

 

凹みやすい素材ですが、数分で凹みがでました。

 

コットで就寝する場合、長時間コットの脚に全体重が集中します。

 

長時間コットの脚に全体重が集中することで、テントの床が、より凹みやすい状態になります。

 

キャンプ場の地面は、コンディションの良い芝サイトだけではありません。

 

コンディションの悪い砂利や石ころが多い土サイトなどもあります。

 

砂利や石ころが多いサイトで、コットの下に何も敷かず寝ると、凹みだけではなくダメージになるリスクもあるので注意して下さい。

 

長年同じテントを使っておられる方は、経年劣化でテントの床の耐久性も落ちています。

 

耐久性が落ちている床の上に、何も敷かずコットのみを設置すると、よりダメージになるリスクが高くなります。

 

フロアレステントにも、コットの下にシートがあると役立ちます。

 

シートを敷くことで、地面からの底冷えと防水対策。

 

コットの下に、荷物を置くこともできます。

 

シートを敷くことでテントの床を守り、防水性を高め地面からの冷気も軽減できます。

 

以上、「【レビュー】コットの下に敷くシートは絶対これがおすすめ!詳しく紹介」でした。

 

 

 

キャンプ用品セール:ナチュラムCheck! 

 
 

 

 

 

 

 

 

キャンプ用品セール(Amazon)Check! 

 
 

 

 

 

 

キャンプ用品セール(楽天)Check!