選び方ぶろぐ

日本酒を300日&年間50泊キャンプを楽しんでいます

【比較】キャンプで使う最強のアイスコンテナはどれ?おすすめを紹介

 

 

 

「年間50泊ほど、キャンプをする我が家」

 

真夏の暑い時期や真冬の寒い季節まで、春夏秋冬キャンプを楽しんでいます。

 

 

 

 

「我が家のキャンプの楽しみは、ゆったりと過ごすこと」

 

キャンプでは夫婦で、お酒をいただきながらゆったりと過ごしています。

 

 

 

 

「夏キャンプに行くと、常に気温が高い状況が続きます」

 

気温が高い夏場で、お酒を美味しく飲むには氷が必要です。

 

氷があれば、常に冷たいお酒を飲むことが可能。

 

 

 

 

「気温が高い夏場は、氷を長時間保管するアイスコンテナの選び方が重要」

 

 

 

 

今回は、夏キャンプで必要なアイスコンテナを、詳しくブログで紹介したいと思います。

 

 

 


 

 
 
*タイトル
【比較】 キャンプで使う最強のアイスコンテナはどれ?おすすめを紹介

 

 

 

 

最強のアイスコンテナー

 

 

 

 

VASTLANDのアイスコンテナ
 

 

「VASTLANDのアイスコンテナをおすすめする理由は、手軽な値段で販売していること」

 

他のブランドのアイスコンテナより、比較的手軽に購入ができます。

 



 

「カラーは、シルバー・ブラック・タン ・オリーブの4色があります」

 

サイズも1.9Lと3.8Lの2種類があり、自分好みのカラーと必要なサイズを選ぶことが可能。

 



 

「外気の熱の影響を受けにくい真空二重構造で、長時間氷をキープ」

 

内径が85mmあるので、大きな氷も入ります。

 



 

「VASTLANDのアイスコンテナは、タイミングによっては、購入できない人気の商品」

 

購入者の口コミも高いので、安心して選べます。

 




 

 

 

 

 

ノーザンクーラーアイスボトル
 

 

「ノーザンクーラーアイスボトルは、フィールドアから発売されている氷を持ち運び保存できるボトル」

 

容量が3.8Lあり、市販のロックアイスが2kg入ります。

 

 

 

 

「口部分の内径は直径12cmと広く、大きな氷をそのまま入れることが可能」

 



 

「外気温の影響を受けにくい、保冷に優れた真空二重構造」

 

大きめの水筒としても使用でき、保温としても活躍します。

 

 

 


 

 

 

 

 

ヴェントラクスのアイスジャグ
 

 

「ヴェントラクスのアイスジャグは、口径が9cmと広く、大きな氷の出し入れや使用後の洗浄がやりやすい設計」

 



 

「真空二重構造で、長時間保冷力を維持」

 

暖かい飲み物を保温することも可能。

 



 

「サイズは、ハーフガロンサイズの1.9Lと、1ガロンサイズの3.8Lがあります」

 



 

「ハーフガロンサイズの1.9Lは、コンビニなどで売られている1kgのブロックアイスが1袋入ります」

 

1ガロンサイズの3.8Lは、コンビニなどで売られている2kgの氷を入れることが可能。

 

 

 

 


【公式】VENTLAX ICE JUG ヴェントラクス アイスジャグ 1/2ガロン 約1.9L 保冷 保温

 

 

 


【公式】VENTLAX ICE JUG ヴェントラクス アイスジャグ 1ガロン 約3.8L 保冷 保温

 

 

 

 

 

アレジアのアイスコンテナジャグ
 

 

「アレジアのアイスコンテナジャグは、氷の持ち運びに便利な真空アイスコンテナボトル」

 

好みの角度で止まる、紛失しない可動式のキャップを採用。

 



 

「広口ボトルなので、氷が取り出しやすくなっています」

 

飲み物を入れて、ウォータージャグとしても使えるので便利。

 

長時間の保冷はもちろん、保温もすることが可能。

 

 

 

 

「容量は1.8Lと3.5Lから選べ、蓋のカラーもブラックとサンドベージュの2種類があります」

 



 

「市販のバラ氷1kg入るのが1.8Lサイズ」

 

3.5Lサイズは、市販のバラ氷が2kg入ります。

 




 

 

 

 

 

イエティのランブラー(ワンガロン/ハーフガロン)ジャグ
 

 

「イエティのジャグは、二重壁真空断熱材で中の温度をしっかりとキープ」

 

18/8ステンレス鋼で、サビに強く耐久性が高くなっています。

 

 

 

 

「2.54cmの蓋断熱材が、ロック時の温度を保持」

 

 

 

 

「ゴム製のグリップが付いたステンレス鋼のハンドルは、丈夫で持ち運びがしやすい形」

 



 

「容量は1ガロンの3.8Lとハーフガロンの1.9Lの2種類があります」

 

 



 

 


 

 

 

 

 

ブルックリンワークスのウォータージャグ
 

 

「高い保冷力と保温力を持つ大容量ジャグ」

 

温かいものは温かいままで、冷たいものは冷たいままで、長時間入れることが可能。

 



 

「直径11cmの広口になっており、氷の出し入れがしやすいのが特徴」

 



 

「3層構造の真空壁になっており、12時間保温・48時間保冷を維持することが可能」

 



 

「サイズは、2.5Lと3.8Lの2種類があります」

 

 

 


 

 

 

 

 

ローバーのアイサー
 

 

「アイサーは、1.36kgの氷がたっぷり入り、長時間の保冷が可能」

 

ステンレス製の真空二重構造で、長時間保冷をキープ。

 



 

「水漏れを防止してくれる内蓋付きで、保冷力がアップ」

 

気温が上がる真夏のキャンプでも、氷が溶けにくくなっています。

 



 

「広い開口部で氷が入れやすく、シャンパンなどを冷やすボトルクーラーとしても使用可能」

 

取っ手付きなので、移動や持ち運びにも便利。

 




 

 

 

 

 

アイスコンテナ
 

 

「無名のメーカーですが、楽天のランキング上位で、氷を入れるのに売れているジャグ」

 

人気があり売れている理由は、4千円で購入できる値段の安さ。

 



 

「氷の出し入れがしやすい広口設計」

 

ロック付きの飲み口があるので、飲み物も入れることが可能。

 

真空2重構造で、外気の熱の影響を受けず、長時間氷をキープ。

 



 

「底部には、滑り止めのラバーが付いています」

 



 

「サイズは3.8Lと2Lの2種類があります」

 

ファミリーで使われるなら3.8Lサイズ。 ソロキャンプメインで使用されるなら2Lサイズを選んで下さい。

 

 



 

 

 

 

 

スタンレーグロウラー
 

 

「我が家が、夏キャンプに冷たいお酒が飲みたいと思い使用しているのが、スタンレーから発売されているスタンレーグロウラー」

 

スタンレーグロウラーは、氷を入れる最強の水筒と言われていて、真夏のキャンプでも1泊2日なら氷が溶けません。

 



 

「氷が溶けないのは、スタンレー独自の真空断熱構造」

 

スタンレー独自の真空断熱構造で、長時間氷が溶けずにキープ。

 

 

 

 

「1.9Lの大容量と口径が60mmあり、市販の大きな氷を入れることも可能」

 

 

 

 

 

「掛金付きでしっかりと密閉し、冷気を外に逃しません」

 

 

 

 

 

「大型ハンドルで持ちやすく、氷を入れる時にしっかりとホールド」

 

 

 

 

「蓋が180度開くので、氷が入れやすいです」

 

 

 

 

「スタンレーグロウラーがあれば夏の暑い時期、いつでも氷が用意でき、冷たいお酒を飲むことができます」

 

無骨なデザインで、置いておくだけでもインテリアになるおしゃれさ。

 

 

 


 

 

 

 

 

まとめ

 

 

 

 

今回は、今人気の最強アイスコンテナを紹介しました。

 

気温が上がる夏場に、美味しくお酒を飲むには、アイスコンテナが必要。

 

最近は、キャンプ人気が落ち着いてきましたが、それでもさまざまなアウトドアブランドからアイスコンテナが発売されています。

 

いろいろ発売されているアイスコンテナの中から今回は、我が家がおすすめする商品を紹介しました。

 

以上、「【比較】 キャンプで使う最強のアイスコンテナはどれ?おすすめを紹介」でした。

 

 

キャンプ用品セール:ナチュラムCheck! 

 
 

 

 

 

 

 

 

キャンプ用品セール(Amazon)Check! 

 
 

 

 

 

 

キャンプ用品セール(楽天)Check!