選び方ぶろぐ

年間50泊キャンプに行っています

キャンプで冷凍たこ焼きを使うと準備なし!カセットコンロで超簡単!

 

 

 

「年間50泊ほど、キャンプに行く我が家」

 

真夏の暑い時期や真冬の寒い季節まで、春夏秋冬キャンプを楽しんでいます。

 



 

「キャンプ飯で、撤収前の朝食やちょっと小腹が空いた時など、手軽に食べたい時があります」

 

そんな時、我が家がおすすめするのが、スキレットで焼くたこ焼き。

 

たこ焼きは冷凍を使用しているので、簡単でお手軽。

 



 

「スキレットを使用することで、外はカリッと中はトロッとした、たこ焼き専門店でいただくようなたこ焼きに仕上がります」

 

 

 

 

今回は、冷凍たこ焼き+スキレット+カセットコンロで、美味しいたこ焼きの作り方を、詳しくブログで紹介したいと思います。

 

 

 

 

*タイトル
キャンプで冷凍たこ焼きを使うと準備なし!カセットコンロで超簡単!

 



 

タフまるJr.
 

 

「我が家は、カセットコンロにタフまるJr.を使用」

 

タフまるJr.は、キャンプで使うカセットコンロで、一番売れている商品。

 

 

 

 

「タフまるJr.が売れている理由は、おしゃれなデザインと使い勝手の良さ」

 

 

 

 

「従来モデルより60%小型化したことで、収納がコンパクト」

 

 

 

 

「収納ケースも付属していて、持ち運びに便利」

 

 

 

 

 

「内側と外側にあるダブル風防ユニットで、風の影響を軽減」

 

 

 

 

「炎長が短い多孔式バーナーで、風があっても炎が消えない仕組み」

 

 

 

 

「耐荷重が10kgあるので、ダッチオーブンを置くことも可能」

 

画像:イワタニ

 

 

「タフまるJr.は、見た目がおしゃれなので、置いておくだけでインテリアにもなります」

 

使い勝手がよく、コンパクトでおしゃれなタフまるJr.は、キャンプで使うカセットコンロで、一番売れている商品。

 

 

 


 

 

 

 

 

チャムスのスキレット
 

 

「我が家がチャムスのスキレットを使用する理由は、使い勝手が良くおしゃれだから」

 

 

 

 

「チャムスのスキレットは、シーズニング作業は必要ありません」

 

 

出荷前に、植物性食用油を全体に塗って梱包されているので、使用前のシーズニング作業は必要ありません。

 

 

 

「届いたらすぐに使用できるのが、チャムスのスキレットの良い所」

 

 

 


「チャムスのスキレットは、シリコンクリア塗装がされているので、洗剤を使用して洗うことができます」

 

 

 

 

「スキレットの底には、ブービーバードの刻印がされているのでおしゃれ」

 

 

 

 

「持ち手には、チャムスのロゴ」

 

 

 

 

「黒くて無骨なデザインのスキレットですが、チャムスのスキレットは、ロゴやブービーバードの刻印がされていて、見た目がとてもおしゃれ」

 

他のスキレットにはないおしゃれな雰囲気が、チャムスのスキレットにはあります。

 

 

 

 

「チャムスのスキレットは、3.5インチ・6インチ・8インチの3種類のサイズがあります」

 

 

 

 

「3.5インチは、手のひらサイズの大きさ」

 

目玉焼きや、ウインナーなら3つほど焼けます。

 

バーニャカウダソースやチーズフォンデュなどを作るのに便利。

 

 

 


 

 

 

 

 

「6インチは、直径15.5cmのサイズ」

 

こじんまりした大きさなので、1人分の料理を作るのにベストサイズ。

 




 



 

 

「8インチは、我が家も使用しているサイズ」

 

直径20.5cmのサイズで、2〜3人分の料理を作るのにちょうど良いサイズ。

 

今回のたこ焼きは、8インチサイズのスキレットを使用しました。

 

 

 


 

 

 

 

 

冷凍のたこ焼き
 

 

「今回、我が家が使用するのが冷凍たこ焼き」

 

冷凍たこ焼きは、味は美味しいのですが、レンジで温めることで、たこ焼きがしんなりとなってしまいます。

 

カリッと出来上がらないのが、冷凍たこ焼きのデメリット。

 

 

 

 

「今回、スキレットを使用したことで、外はカリッと中がトロッとしたたこ焼きが出来上がります」

 

冷凍のたこ焼きを使用しているので、準備をする必要もありません。

 

さっと出してパッと作れるのが、冷凍たこ焼きの良いところ。

 

 

 

 

「スキレットで温める前に、冷凍たこ焼きをある程度解凍させておくと、早く出来上がります」

 

 

 

 

 

作り方
 

 

①スキレットに油を入れて温めます。

 

油は、オリーブオイルでもサラダ油でも、どちらでもOK。

 

 

 



 

②ある程度自然解凍させておいたたこ焼きを、スキレットに入れます。

 

 

 

 

③ピックでコロコロと転がして、まんべんなく焦げ目を付けます。

 

ピックがなければ、箸を使っても大丈夫。

 

 

 

 

④少し焦げ目がついてきたら、追い油をします。

 

追い油をすることで、たこ焼きがカリッとなります。

 

 

 

 

⑤たこ焼きが、自分好みの焼き加減になったら出来上がり。

 

 

 

 

⑥ソース・マヨネーズ・鰹節を振りかけたら出来上がり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「追い油+スキレットでたこ焼きを焼いているので、外はカリッと中はトロッとしたたこ焼きに仕上がります」

 

 

 

 

「たこ焼き専門店に近い味が楽しめるのでおすすめです」

 

この日は、焚き火をしながらお酒を飲んで、たこ焼きを食べてゆったりと過ごしました。

 

 

 

 

「冷凍たこ焼きを使用しているということで、簡単手軽にできるので、忙しい撤収前の朝食や小腹が空いた時におすすめ」

 



 

「我が家は、チャムスのスキレット8インチを使用」

 

チャムスのスキレットは、シーズニング作業が必要なく、洗剤で洗うことができます。

 

洗剤で洗えるスキレットということで、いつまでも清潔を保てます。

 

 

 


 

 

 

 

 

まとめ

 

 

 

 

今回は、冷凍のたこ焼きを使用して、スキレットで温めていただきました。

 

冷凍のたこ焼きを使用しているので、簡単手軽に食べれるのが冷凍たこ焼きのメリット。

 

簡単手軽に作れるので、撤収前の忙しい朝食にもおすすめ。

 

我が家は、小腹が空いた時やお酒のおつまみによく作ります。

 

スキレットを使用していることで、外はカリッと中はトロッとしたたこ焼きに仕上がります。

 

たこ焼き専門店の味になるので、ぜひ試してみて下さいね。

 

以上、「キャンプで冷凍たこ焼きを使うと準備なし!カセットコンロで超簡単!」でした。

 

 

 

 

キャンプ用品セール:ナチュラム
 
 

 

キャンプ用品セール(Amazon)
 
 

 

キャンプ用品セール(楽天)