選び方ぶろぐ

日本酒を300日&年間50泊キャンプを楽しんでいます

【検証】7月と8月キャンプは寝袋がいらない?必要?詳しく紹介

 

 

 

「年間50泊程、キャンプをする我が家」

 

真夏の暑い時期や真冬の寒い季節まで、春夏秋冬キャンプを楽しんでいます。

 

 

 

 

「年間50泊もすると、ほぼ毎週がキャンプ」

 

キャンプに行く時間が長ければ長い程、快適に過ごしたいと思います。

 

 

 

 

「1年で最も過ごしやすいのが、春や秋のキャンプ」

 

真夏程気温が上がらず、真冬程寒くならないので、重装備でなくてもキャンプができます。

 

1年で最も焚き火を楽しめるのが、春や秋のキャンプ。

 

 

 

 

「冬キャンプは、過ごしにくいと思われがちですが、しっかりとした対策をすれば、快適に過ごせます」

 

 

 

 

「1年の内で最も快適に過ごせないのが夏のキャンプ」

 

昼間は高温になり、場所によっては熱帯夜になることもあります。

 

夏キャンプをできるだけ快適に過ごすには、しっかりとした暑さ対策が必要になります。

 



 

今回は、夏キャンプに寝袋は必要なのか?必要ではないのか?夜が寒い時はどうしたらいいのか?詳しくブログで紹介したいと思います。

 

 

 


 

 
 
*タイトル
【検証】7月と8月キャンプは寝袋がいらない?必要?詳しく紹介

 



 

「我が家は、夏キャンプに標高の高いキャンプ場をよく利用します」

 

標高が100m上がると気温が0.6度下がると言われています。

 

昼間は気温が上がっても朝晩が冷え込むので、標高の高いキャンプ場を利用する場合、寝袋を必ず持っていって下さい。

 

 

標高の高いキャンプ場を利用する場合

昼間が暑くても朝晩が冷え込むので寝袋は絶対必要

 

 

 

「我が家は、夏場に毎年標高700mのキャンプ場によく行きます」

 

標高700mのキャンプ場でも、昼間は暑いのですが朝晩が少し冷え込みます。

 

寝袋がないと、早朝が寒くて寝れません。

 

 

標高700mのキャンプ場を利用する時は寝袋を必ず持っていきます

 

 

 

「標高がそれ程高くない山沿いのキャンプ場でも、サイトの近くに川などがあると、風で川の冷たい冷気が運ばれてきます」

 

川の冷たい冷気で早朝に少し冷え込み、肌寒いということもあります。

 

朝に肌寒いということもあるので、山沿いのキャンプ場に行かれる場合も、寝袋があった方が安心。

 

 

 

寝袋が必要

標高の高いキャンプ場

山沿いのキャンプ場

 

 

 

寝袋がいらない
 

 

「平地のキャンプ場を利用される場合、寝袋は必要ありません」

 

夜は熱帯夜になることが多く、早朝もそれ程冷え込まないので寝袋は持っていかなくても大丈夫。

 

我が家は寝袋の代わりに、薄手の毛布やブランケットを持っていきます。

 

 

平地のキャンプ場

寝袋は必要ないが薄手の毛布やブランケットがあれば安心

 

 

 

夏キャンプの寝床の作り方

 



 

「平地のキャンプ場は熱帯夜になる所が多く、早朝でもそれ程気温が下がりません」

 

基本、平地のキャンプ場を利用する場合、寝袋は必要ないですが、薄手の毛布やブランケットとがあれば安心です。

 



 

「我が家は夏キャンプの寝床に、インフレーターマット→クールパット→ブランケットとの順番で敷いています」

 

 

 



 

「標高の高いキャンプ場や山沿いのキャンプ場を利用する場合、早朝が冷え込むことがあるので、ブランケットの代わりに寝袋を使って下さい」

 

 

夏キャンプの寝床

インフレーターマット→クールパット→ブランケット

標高の高いキャンプ場や山沿いのキャンプ場を利用される場合は寝袋が必要

 

 

 

WAQのインフレータブルマット
 

 

「キャンプ場の地面は、コンディションの良い芝サイトだけではありません」

 

コンディションの悪い砂利や、石ころが多い土サイトなどもあります。

 



 

「コンディション悪いサイトでも快適に就寝できるのがインフレーターマット」

 

インフレーターマットは、中にウレタンフォームが入っていて空気で膨らませることができるアウトドア用のマットレス。

 

 

 

 

「我が家は、WAQのインフレータブルマットを使用」

 



 

「WAQのインフレータブル式マットは、キャンプで使うインフレーターマットで人気の商品」

 

累計販売個数12万5千個を突破した脅威のインフレーターマット。

 

 

 

 

「WAQのインフレータブル式マットの人気があり売れている理由は、寝心地と使い勝手の良さ」

 

我が家は夫婦で使用しており、朝まで快適に就寝しています。

 

 

 

 

「マット部分には、ひし形ウレタンフォームを採用」

 

 

 

 

「ウレタンフォームの真ん中をひし形に打ち抜くことで、程よい寝心地を実現」

 

エアーベッドのように体が浮く感じや、低反発マットのように体が沈み込むことがありません。

 

 

 

 

「厚みが8cmあるので、地面のゴツゴツ感や硬さを吸収」

 

 

 

 

「WAQのインフレータブル式マットは、R値が6あるので地面からの冷気を遮断」

 

 

 

 

「R値はどのくらい熱を逃がさないか、断熱力を評価する指数」

 

指数が高ければ高いほど、断熱力が高く暖かいマットということになります。

 

 

R値

R値が高いほど冷気が伝わりにくく断熱性が高いマット

 

 

 

「春や秋はR値が2.1以上、冬場はR値が3.3以上」

 

厳冬期ならR値が5以上あれば、快適に過ごせます。

 

WAQのインフレータブルマットは、R値が6あるので、真冬の寒い時期でも暖かく就寝することが可能です。

 

 

 

 

「WAQのインフレータブル式マットは、特大バルブを2つ搭載」

 

バルブを開いて3分で設置ができます。

 

自動で膨らむので手間が全くかかりません。

 

 

 

 

 

「収納は、バルブを開いて空気を抜きながら巻いていきます」

 

巻き終えたら付属の収納袋に入れて完了。

 

収納もとても簡単にできます。

 

 

 

 

 

 

 

「裏面はマットが滑らない滑り止め加工」

 

 

 

 

「両サイドには連結用のボタンがあり、複数繋げることが可能」

 

 

 

 

「カラーは、ネイビー・タン・オリーブ・ブラックの4色があるので、自分好みの色をチョイスできます」

 

https://waq-online.com/

 

 

「我が家は、夫婦2人でWAQのインフレータブル式マットを使用していて、朝まで快適に就寝しています」

 

 

 

 

「最近は、いろいろなアウトドアブランドからインフレーターマットが発売されていますが、我が家はWAQのインフレータブル式マットがおすすめ」

 

WAQのインフレータブル式マットは、年間50泊のキャンプになくてはならないキャンプギア。

 

 

 


 

 

 

 

 

強力接触冷感Q-MAX0.5
 

 

「インフレーターマットの上には、強力接触冷感Q-MAX0.5を敷いています」

 

強力接触冷感Q-MAX0.5は、楽天ランキングで4冠を達成した脅威のクールパット。

 

人気がありかなり売れています。

 

 

 

 

「強力接触冷感Q-MAX0.5は、ポリエチレンの高い熱伝導性を損なわず、接触冷感性と持続性を実現した新しい素材」

 

パットに触れた肌の熱を生地が奪ってくれる為、触るとヒヤッと感じます。

 

メーカー最強クラスのひんやり値、Q-MAX0.542素材を採用した強力なパット。

 

 

 

 

「強力接触冷感Q-MAX0.5は、リバーシブルタイプになっており、夏以外の季節も使えます」

 

 

 

 

「表面はひんやりQ-MAX0.542の接触冷感生地」

 

裏面はワッフル調生地のリバーシブルタイプ。

 

暑い時期はひんやりクール面、寒い時はふわっとワッフル面で、春夏秋冬1年中使えます。

 

 

 

 

「強力接触冷感Q-MAX0.5は、抗菌防臭機能を搭載」

 

敷きパットの中綿には、ニオイのもとになる菌の増殖を抑制する抗菌防臭わたを採用。

 

嫌な匂いを軽減し夏の敷きパットに嬉しい防臭抗菌機能。

 

 

 

 

「強力接触冷感Q-MAX0.5があれば、真夏のキャンプでもひんやりと気持ちが良いです」

 

 



 

 

 

 

 

ペンドルトンタオルブランケット
 

 

「我が家はタオルケットに、ペンドルトンタオルブランケットを使用」

 

 

 

 

「ペンドルトンのタオルケットは、キャンプで使うブランケットで人気の商品」

 

 

 

 

「素材に上質なコットン100%を使用」

 

厚手でふんわりと柔らかく織られている為、とても良い質感。

 

肌触りがよく触ると気持ちが良いです。

 

 

 

 

「サイズは102×178cmあり、ゆったりと使うことが可能」

 

 

 

 

「いろいろなカラーがあるので、自分好みの色をチョイスできます」

 

PENDLETON 

 

 

「夏キャンプでは、タオルケット代用として使用しています」

 

 

 

 

「肌寒い季節は、毛布代わりにもなる優れもの」

 

 

 

 

「コットの上にペンドルトンのタオルケットを敷くと、見た目がとてもおしゃれ」

 

 

 

 

「ペンドルトンのタオルケットがあるととても便利で、我が家は春夏秋冬キャンプで使っています」

 

 

 


 

 


 

 


 

 


 

 


 

 

 

 

 

リヴェールのタオルケット
 

 

「Amazonで人気のオルテガ柄のタオルケットを発売しているのがリヴェール」

 

リヴェールは、守谷敷物が製造販売する60年以上も続くブランド。

 

60年以上も寝具を発売しているので、安心して購入できます。

 

https://www.instagram.com/reveur__home/

 

 

「素材は、コットン100%の高級エジプト綿を使用」

 

 

 

 

「素材のエジプト綿は、高い吸収性がありいつでも爽やか」

 

サラッとベタつかない質感で、暑い季節でも快適に就寝できます。

 

 

 

 

「しっかりとした質感なので、夏キャンプだけではなく、春や秋キャンプでも使用可能」

 

カシミヤのような優しい風合いと、シルクのような光沢を持つエジプト綿使用のリヴェールのタオルケットは、Amazonで人気の商品。

 

 

 


 

 

 

 

 

まとめ

 



 

今回は、夏キャンプに寝袋は必要か?必要ではないか?詳しくブログで紹介しました。

 

標高の高いキャンプ場や山沿いのキャンプ場は、夏キャンプでも寝袋は必要。

 

平地のキャンプ場は、寝袋は必要ありませんが薄手の毛布やブランケットがあれば安心。

 

我が家は、薄手の毛布やブランケットの代わりに、ペンドルトンタオルブランケットを使用しています。

 

ペンドルトンタオルブランケットは、コットン100%で肌触りがよくふんわりと柔らかいです。

 

冬場は毛布の代わりに寝袋に入れて、夏場はタオルケットとして使用しています。

 

ペンドルトンタオルブランケットは、春夏秋冬使える便利なブランケット。

 

以上、「【検証】7月と8月キャンプは寝袋がいらない?必要?詳しく紹介」

 

 

 

キャンプ用品セール:ナチュラムCheck! 

 
 

 

 

 

 

 

 

キャンプ用品セール(Amazon)Check! 

 
 

 

 

 

 

キャンプ用品セール(楽天)Check!