選び方ぶろぐ

日本酒を300日&年間50泊キャンプを楽しんでいます

【超簡単】鰻の炙り方はガスバーナー!市販の鰻を美味しく食べる方法

 

 

 

「年間50泊程、キャンプに行く我が家」

 

真夏の暑い時期や真冬の寒い季節まで、春夏秋冬キャンプを楽しんでいます。

 

 

 

 

「キャンプの定番飯といえばバーベキュー」

 

バーベキューは定番飯ということもあり、キャンプでバーベキューをする方は多いと思います。

 

 

 

 

「バーベキューは簡単手軽でおいしいので、我が家もキャンプでよくいただきます」

 

ただ連泊をした時など、連続でバーベキューだと飽きてしまいます。

 

 

 

 

「我が家のおすすめは、メスティンで熱々のご飯を炊いて、その上に炙ったうなぎをのせるうな丼」

 

メスティンとガスバーナーさえあれば、手軽に作れます。

 

 

 

 

 

「うなぎは暑い時期のスタミナ食で、夏バテをした時にもおすすめ」

 

 

 

 

今回は、メスティンを使った美味しいうな丼の作り方を、詳しくブログで紹介したいと思います。

 

 

 

 

 

 


 

 
*タイトル
【超簡単】鰻の炙り方はガスバーナー!市販の鰻を美味しく食べる方法

 

 

 

 

「我が家は夏場、オープンタープとテントの組み合わせが多いので、タープの下でよくバーベキューをします」

 

タープの下なので日除けになって匂いもこもらず、バーベキューがとてもやりやすいです。

 

 

 

 

「冬場はワンポールテントやシェルターを使うことが多く、キャンプ飯は鍋をいただくことが多くなります」

 

ただ毎回決まったメニューだと、やはり飽きてきます。

 

 

 

 

「先日我が家が作ったキャンプ飯がうな丼」

 

 

 

 

「うな丼は、メスティンとガスバーナがあれば作れるので、とても簡単」

 

ご飯さえ炊けば、サッとうなぎを炙るだですぐに出来上がります。

 

 

 

 

「我が家は自宅でもうなぎをガスバーナで炙って、よくうな丼を作ります」

 

電子レンジを使うと楽ですが、皮がパリッとしないのであまり好きではありません。

 

 

 

 

「ガスバーナーで炙ることで、うなぎの皮がパリッとします」

 

網焼きをしたかのような感じになるので、かなり美味しくいただけます。

 

 

 

 

「うなぎを炙ることで皮がパリッとし温まるので、一石二鳥効果もあります」

 



 

うな丼の作り方

 

 

 

 

 

ご飯の炊き方

 

「メスティンで、ご飯を炊いていきます」

 

 

 

 

白米をメスティンに移し研ぎます

 

 

 

 

研いだ白米に適量の水を加える

 

水が少ないとご飯の炊き具合が硬くなり、水が多いと柔らかくなってしまうので、水の量はかなり重要。

 

 

 

水の量

米1合:水200ml

米1.5合:水300ml

米2合:水400ml

米2.5合:水500ml

米3合:水600ml

米3.5合:水700ml

米4合:水800ml

米4.5合:水900ml

米5合:水1000ml

 

 

 

米を水に浸します

 

米の浸水時間は、夏場は30分でそれ以外の季節は1時間を目安にして下さい。

 

 

 

 

水に浸した米を炊き上げる

 

 

 

 

火加減は炊き始めから炊き終わりまで弱火にし、20分ぐらいするとチリチリと音が鳴るか焦げ臭い匂いがします

 

チリチリした音か、少し焦げ臭い匂いがしたら炊き上がりのサイン。

 

 

 

 

⑥炊き上がった米を10分ほど蒸らす

 

米を蒸らすことで、米に含まれる水分が均一になり、美味しくご飯が炊き上がります。

 

 

 

 

 

 

ガスバーナで炙る

 

「ガスバーナーで炙ることで、うなぎの皮がパリッとします」

 

網焼きをしたかのような感じになるので、かなり美味しくいただけます。

 

 

 

 

「耐熱性があるテーブルの上に、アルミホイルを敷きます」

 



 

「アルミホイルの上にうなぎを置き、ガスバーナで炙ります」

 

 

 

 

「我が家がうなぎを炙るのに使用しているのが、SOTOのフィールドチャッカー」

 

 

 

 

「SOTOのフィールドチャッカーは、点火直後に逆さ使用しても生火が出ないのが特徴」

 

生火が出ないので、食材を炙ったり炭起こしをしても安全。

 

 

 

 

 

「SOTOのフィールドチャッカーは、瞬間気化方式を採用しており点火直後でも安心して使えます」

 

1300℃の強力集中炎から900℃のソフトな炎まで、調整することができ便利。

 

 

 

 

「我が家はいろいろな場面で、SOTOのフィールドチャッカーを使用しています」

 

 

 


 

 

 

 

 

「SOTOのフィールドチャッカーで、裏表焦げ目がつくくらい炙ります」

 

近づけて炙ると、温まらない内に焦げ付いてしまいます。

 

うなぎと少し離した距離で炙ると、温まり方と焦げ具合がちょうどいい感じになります。

 

 



 

「うなぎを炙って焦げ目が付いたら、炊き立てのご飯の上にのせます」

 

 

 

 

「別にうなぎのタレを購入したので、たっぷりとタレをかけて、山椒を振りかけたら出来上がり」

 

 

 

 

 

 

「シェラカップで、シェアしていただきます」

 

 

 

 

「今回は夫婦2人なのに2合の米を炊いてしまい、少し残してしまいました」

 

2人でいただくなら、米1.5合ぐらいがちょうどいい量です。

 

うなぎを炙ったことで皮がパリッとなり、かなりおいしくなります。

 

 

 

 

「電子レンジで温めるより、ガスバーナで炙る方がかなり美味しくなるのでおすすめ」

 

 

 

 

「我が家は自宅で食べる時も、うなぎを炙って皮をパリッとさせていただいています」

 

 

 

 

「我が家は炭起こしや食材を炙るなど、いろいろな場面でSOTOのフィールドチャッカーを使用しています」

 

 

 


 

 

 

 

 

 

カラーメスティン

 

「我が家はカラーメスティンを使用」

 

カラーメスティンは、今人気のアルマイト加工されたメスティンで、もうすでに酸化皮膜されているのでシーズニング作業は必要ありません。

 

届いた状態からすぐに使用できます。

 

 

 

 

「アルマイト加工されたメスティンは、アルミ臭を防ぎ酸化による黒ずみなどを抑えられます」

 

 

 

 

「カラーメスティンは、アルマイト加工されていて尚且つ、見た目が良くおしゃれ」

 

 

 

 

「カラーメスティンは、炊く・煮る・焼く・蒸すができるオールマイティーなクッカー」

 

炒め物をしても焦げ付きにくいので、とても重宝します。

 

 

 

 

 

「カラーは、グリーン・レッド・イエローなどがあり、どれも光沢があって高級感があり見た目がおしゃれ」

 

 

 

 

「サイズは、600ml・850ml・1000mlがあり、我が家はご飯が2.5合まで炊ける1000mlを使用」

 

 

 

 

「カラーメスティンは、アルマイト加工されているので使い勝手がよく、高級感がありおしゃれ」

 

 

 

 

「炊く・煮る・焼く・蒸すができるオールマイティーなクッカーなので、キャンプであると便利」

 

我が家は、カラーメスティンを選んでよかったと思います。

 

 

 


 

 

 

 

 

まとめ

 

 

 

 

今回はキャンプで、うなぎを炙ってうな丼を作ってみました。

 

電子レンジで温めると、皮のパリッと感がイマイチ。

 

うなぎをガスバーナで炙ることで、完全に皮がパリッとします。

 

せっかくうなぎを食べるなら、おいしくいただきたいと思います。

 

ガスバーナは、SOTOのフィールドチャッカーを使用。

 

SOTOのフィールドチャッカーは、我が家が7年間使用しているガスバーナ。

 

SOTOは、燃焼器具を中心に販売されているガス器具メーカーなので、安心して使用できます。

 

フィールドチャッカーがあれば、料理を炙るだけではなくいろいろな場面で活躍するので、かなりおすすめ。

 

以上、「メスティンで鰻丼!キャンプで超おいしい温め方はこの方法!詳しくブログで紹介」でした。

 

 

 

 

初回限定:お野菜定期セット