選び方ぶろぐ

年間50泊キャンプに行っています

キャンプでピザの作り方!冷凍ピザを使うと下準備なし!詳しくブログで紹介。

 

 

 

「年間50泊ほど、キャンプに行く我が家」

 

真夏の暑い時期や真冬の寒い季節まで、春夏秋冬キャンプを楽しんでいます。

 

 

 

 

「キャンプの楽しみは、人それぞれにいろいろとあります」

 

我が家のキャンプの楽しみは、ゆったりと過ごすこと。

 

キャンプでは、お酒を飲みながらゆったりと過ごしています。

 

 

 

 

「キャンプで、美味しく楽しくお酒を飲むならおつまみはとても重要」

 

それにおつまみがないと、お酒が進みません。

 

今回、我が家が使用したのが冷凍のピザ。

 

 

 

 

「冷凍のピザを使用すると下準備がいらず、あっという間に美味しいピザが出来上がります」

 

 

 

 

今回は、簡単で美味しいピザの作り方を、詳しくブログで紹介したいと思います。

 

 

 

 

*タイトル
キャンプでピザの作り方!冷凍ピザを使うと下準備なし!詳しくブログで紹介

 

 

 

 

「最近の冷凍食品は、以前に比べて美味しさがだいぶん向上しました」

 

冷凍ピザも以前に比べて、美味しくなったと思います。

 

そのまま食べても十分ですが、より冷凍ピザを美味しく食べるには、トッピングが大事。

 



 

「トッピングをすることで、かなり美味しくピザが出来上がります」

 

 

 

 

「トッピングは、チーズ・シャウエッセン・ピーマンの3種類」

 

 

 

 

「シャウエッセンとピーマンは、オピネルナイフで食べやすい大きさに切ります」

 

 

 

 

 

「オピネルナイフは、キャンプで人気の今もかなり売れているナイフ」

 

 

 

 

「オピネルナイフの人気があり売れている理由は、おしゃれなデザインとカッコ良いつくり」

 

グリップが、木製のブナ材を使用しており、見た目の良さと温かさを感じさせてくれます。

 



 

「オピネルナイフは、一時期人気があり過ぎて供給が追いつかず、購入できない時もありました」

 

現在は落ち着いて、Amazon・楽天・ヤフーからも購入できます。

 

 

 

 

「オピネルナイフのブレードは、カーボンスチール製とステンレス製の2種類があります」

 

画像:楽天市場

 

 

「ブレードがカーボンスチール製は、サビやすいので、メンテナンスが割と面倒」

 

画像:楽天市場

 

 

「ステンレス製のオピネルナイフは、サビないのでメンテナンスがゼロ」

 

自宅で使用するステンレス製の包丁と、扱いは一緒です。

 

どちらかというと、人気があり売れているのが、ステンレス製のオピネルナイフ。

 

 

 

 

「我が家もブレードが、ステンレス製のオピネルナイフを使用しています」

 

 

 

 

「オピネルナイフには、2番〜12番のサイズがあります」

 

2番〜12番までのサイズで、人気があるのが8番・9番・10番の大きさ。

 

 

 

 

「8番のオピネルナイフは、一味や七味の瓶よりすこし小さなブレードとグリップのサイズ」

 

 

 

 

 

「こじんまりしたサイズなので、ソロキャンパーに人気」

 

我が家もソロでキャンプに行く時は、8番のオピネルナイフを使用しています。

 

 

 


 

 

 

 

 

「2番〜12の中で一番売れているサイズが、9番のオピネルナイフ」

 

9番のオピネルナイフは、一番人気のあるサイズだけに、ブレードとグリップのバランスが良いです。

 

一番売れているのには、それだけの理由があると思います。

 

画像:楽天市場

 

 


 

 

 

 

 

「10番のオピネルナイフは、カレーやシチューの箱の縦の長さが、ブレードとグリップと一緒」

 

 

 

 

 

「ブレードがある程度ある為、食材がスムーズにストレス無しで切れます」

 

キャンプで、よく料理をする方におすすめ。

 

 

 

 

「我が家もキャンプでよく料理をするので、10番のオピネルナイフを使用」

 

 

 


 

 

 

 

 

「今回は、冷凍のピザをスキレットを使って焼いていきます」

 



 

「スキレットは、チャムスのスキレットを使用」

 

 

 

 

「チャムスのスキレットは、今売れていて人気のある商品」

 

チャムスのスキレットが人気のある理由は、見た目のおしゃれさ。

 

 

 

 

「底部分には、チャムスのキャラクターのブービーバード」

 

 

 

 

「持ち手には、チャムスのロゴ」

 

 

 

 

「黒くて無骨なスキレットですが、チャムスのスキレットにはおしゃれさがあります」

 

 

 

 

「チャムスのスキレットをおすすめする理由のひとつに、シーズニングがあります」

 

工場の出荷前に、すでにシーズニング作業がされているので、チャムスのスキレットはシーズニングする必要はありません。

 

シーズニングする必要がないので、注文して届いたらすぐに使用できます。

 

 

 

 

「チャムスのスキレットには、3.5インチ・6インチ・8インチの3種類のサイズがあります」

 

 

 

 

「3.5インチは、手のひらサイズの大きさ」

 

目玉焼きを焼くのにちょうどいいサイズで、ウィンナーなら3本焼けます。

 

 

 


 

 

 

 

 

「6インチのスキレットは、直径15.5cmのサイズ」

 

こじんまりしたサイズなので、1人分の料理を作るのにちょうどいい大きさ。

 




 



 

 

「8インチサイズは、直径20.5cmのサイズ」

 

2〜3人分の料理を作るのに、大きさがベスト。

 



 

「ある程度の大きさがある為、我が家はフライパン代わりとして使用しています」

 

今回はピザを焼くのに、8インチのスキレットを使用。

 

 

 


 

 

 

 

 

ピザの作り方
 

 

①スキレットにオリーブオイルを入れ、温めます。

 

 

 

 

②冷凍ピザを入れ、裏面に焦げ目がつくくらい焼きます。

 

 

 

 

③食べやすいサイズに切ったシャウエッセンとピーマンをのせ、ガスバーナーで炙ります。

 

 

 

 

 

 

 

④シャウエッセンとピーマンを炙り火が通ったら、追いチーズをたっぷりのせます。

 

 

 

 

⑤再度、チーズに焦げ目がつくくらいガスバーナーで炙ったら出来上がり。

 

 

 

 

 

 

「我が家は、ガスバーナーにSOTOのフィールドチャッカーを使用」

 

 

 

 

「SOTOのフィールドチャッカーは、ガスバーナーで一番売れている商品」

 

 

 

 

「空気調整レバーで、1300℃の集中炎から900℃のソフトな炎まで調整可能」

 

点火直後に逆さにしても生火が出ないので安全。

 

炙り料理から炭起こしまで、幅広く使うことができます。

 

 

 

 

 

「トッピングに、チーズ・シャウエッセン・ピーマンを入れることで美味しさアップ」

 



 

「特に追いチーズをしたことで、かなり美味しいピザが出来上がりました」

 

キャンプで冷凍ピザは、下準備がなく美味しく作れるのでおすすめ。

 

 

 

 

 

まとめ

 

 

 

 

今回は、キャンプでピザの作り方ということで、冷凍ピザを使用しました。

 

冷凍ピザを使用すると、下準備がいらないのでとても楽。

 

市販の冷凍ピザを、そのまま温めて食べても十分ですが、より美味しくいただくならトッピングが必要。

 

我が家はトッピングに、チーズ・シャウエッセン・ピーマンを使用しました。

 

おすすめは、追いチーズをたっぷり。

 

追いチーズをたっぷり入れることで、かなり美味しいピザが出来上がります。

 

我が家は、チャムスの8インチのスキレットを使用。

 

チャムスのスキレットは、スキレットでかなり人気があり売れている商品。

 

チャムスのスキレットが売れている理由は、見た目のおしゃれさ。

 

底には、チャムスのキャラクターのブービーバード。

 

持ち手には、チャムスのロゴ。

 

黒くて無骨なスキレットですが、チャムスのスキレットは他のスキレットよりかなりおしゃれ。

 

チャムスのスキレットは、3.5インチ・6インチ・8インチのサイズがありますが、おすすめは8インチ。

 

8インチのスキレットがあれば、いろいろな料理を作ることが可能。

 

以上、「キャンプでピザの作り方!冷凍ピザを使うと下準備なし!詳しくブログで紹介」でした。

 

 

 

 

キャンプ用品セール:ナチュラム
 
 

 

キャンプ用品セール(Amazon)
 
 

 

キャンプ用品セール(楽天)