選び方ぶろぐ

年間50泊キャンプに行っています

キャンプでスキレットは必要?保管の仕方は?洗剤が使えるスキレットが超便利!

 

 

 

「年間50泊ほど、キャンプをしている我が家」

 

真夏の暑い時期や真冬の寒い季節まで、春夏秋冬キャンプを楽しんでいます。

 

 

 

 

「キャンプの楽しみは、人それぞれにいろいろとあります」

 

我が家のキャンプの楽しみは、夫婦でゆったりとお酒を飲んで過ごすこと。

 

 

 

 

「春や秋のキャンプは、焚き火を囲んでお酒をいただいています」

 

 

 

 

「冬のキャンプは、石油ストーブで暖めた、暖かい幕内でお酒を飲んでいます」

 

 

 

 

「夏キャンプは、林間サイトをよく利用するので、林間サイトの木陰でお酒をいただいています」

 

木陰なので風が吹くと心地よく、ゆったりとお酒を飲めます。

 

 

 

 

「お酒を楽しく美味しく飲むには、いろいろなものが必要」

 

 

 

 

「例えば、お酒に合うおつまみも、お酒を楽しく美味しく飲むのになくてはならないもの」

 

我が家が、お酒のおつまみによく使用するのが、スキレット。

 

 

 

 

「スキレットは、熱伝導や蓄熱製に優れているので、おつまみや料理を美味しく作ることが可能」

 

我が家は、キャンプでおつまみや料理を作るのに、スキレットは必要だと思っています。

 

 

 

 

今回は、スキレットの保管や洗剤が使用できるスキレットを、詳しくブログて紹介したいと思います。

 

 

 

 

*タイトル
キャンプでスキレットは必要?保管の仕方は?洗剤が使えるスキレットが超便利

 

 

 

 

「スキレットは、熱伝導や蓄熱製に優れています」

 

自宅でよく使うテフロン加工のフライパンより、スキレットの方が美味しく料理が作れます。

 



 

「我が家は、キャンプでお酒を飲むのに、お酒に合うおつまみをよくスキレットで作ります」

 

我が家がよくおつまみを作るのにスキレットを使う理由は、美味しく作れるから。

 

 

 

 

「スキレットは、熱伝導に優れているので、一度温めると温度が下がりにくくなっています」

 

食材を入れても温度が下がらず、常に一定の温度で焼けるので、例えば肉を焼く時など、外はカリッと中はジューシーに仕上がります。

 

我が家は、よくスキレットで焼肉をします。

 

 

 

 

「スキレットは、鉄板と同じ効果があるので、鉄板で肉を焼くのと同様に、肉が美味しく焼けます」

 

 

 

 

「いろいろなお酒のおつまみを作る我が家にとって、キャンプでスキレットは必要だと思います」

 

 

 

 

 

シーズニング
 

 

「スキレットは、手入れが大変と思われがちですが、我が家が使用するチャムスのスキレットは、使い方が簡単」

 

チャムスのスキレットは、シーズニングをする必要はありません。

 

 

 

 

生産工場で植物性食用油を全体に塗り、シーズニングをされてから出荷されているので、使用前にシーズニングする必要はありません

 

 

 

「シーズニングをする必要がないので、注文して届いたらすぐに使用できます」

 

 

 

 

「シーズニングがいらないチャムスのスキレットは、扱いがとても楽ですよ」

 

 

 

 

「使用前は、お湯とたわしで軽く洗ってから使用して下さい」

 

 

 

 

 

洗剤
 

 

「チャムスのスキレットが、他のスキレットと違う所は、シリコンクリア塗装されていること」

 

 

 

 

シリコンクリア塗装されたチャムスのスキレットは、洗剤を使って洗うことができます。

 

 

 

「洗剤を使って洗えるので、常に清潔な状態が保てます」

 

使用後、洗剤を使わずに洗うと、匂いが取れずに気になることがありました。

 

チャムスのスキレットは、洗剤を使えるので、匂いや汚れが完璧に取れます。

 

 

 

 

「シリコンクリア塗装の良い所は、食材が焦げ付きにくいこと」

 

チャムスのスキレットは、食材が焦げ付きにくので、いろいろな料理が作れます。

 

作る料理の幅が広がるのは、嬉しいことです。

 

 

 

 

 

保管
 

 

「チャムスのスキレットに限らず、鋳鉄製のスキレット全部にいえることですが、使用後は必ずサビ止め油を塗って下さい」

 

サビ止め油をスキレットに塗らないと、サビるリスクが高くなります。

 

 

 

 

「水分を拭かず、そのままにしていると、一晩でサビてしまいます」

 

 

 

 

「サビ止め油は、サラダ油かオリーブオイルを薄く塗って下さい」

 

油が多いと、油でベタついてしまいます。

 

我が家は、オリーブオイルをスキレットの表面のみに薄く塗っています。

 

 

 

 

「スキレットの裏と持ち手は、油を塗らなくても大丈夫」

 

 

 

 

「スキレットの保管の仕方は、下記の通りおこなって下さい」

 

 

 

 

①汚れを取ったスキレットを、火にかけて空焼きをします。

 

空焼きをすることで、水分を完全に除去します。

 

水分があるとサビの原因になるので、スキレットを空焼きして完全に水分を取り除いて下さい。

 

 

 

 

②表面に、軽く薄く油を塗ります。

 

油を塗ることで、スキレットのサビを防ぎます。

 

 

 

 

「油を塗るのは表面だけでOKで、裏と持ち手は油を塗らなくても大丈夫」

 

 

 

 

 

「油を塗ったスキレットは、キッチンペーパーを巻き、ラップに包んで保管しています」

 

 

 

 

 

 

 

チャムスのスキレット
 

 

「チャムスのスキレットは、他のスキレットにはないおしゃれさがあります」

 

黒くて無骨なスキレットですが、チャムスのスキレットにはおしゃれさがあるのでおすすめ。

 

 

 

 

「スキレットの底には、チャムスのキャラクター、ブービーバードの刻印」

 

 

 

 

「持ち手には、チャムスのロゴ」

 

 

 

 

「ブービーバードと、チャムスのロゴの刻印でとてもおしゃれな見た目です」

 

 

 

 

 

サイズ
 

 

「チャムスのスキレットには、3.5インチ・6インチ・8インチの3種類のサイズがあります」

 

 

 

 

「3.5インチは、手のひらサイズの大きさ」

 

目玉焼きを焼くのにちょうどで、ウィンナーなら3本焼けます。

 

バーニャカウダソースやチーズフォンデュを作るのに便利。

 

 

 


 

 

 

 

 

「6インチは、直径15.5cmのサイズ」

 

1人分の料理を作るのに、ちょうどいい大きさ。

 




 



 

 

「8インチは、直径20.5cmのサイズ」

 

2〜3人分の料理を作るのに、ちょうどいいサイズ。

 

 

 

 

「我が家は、夫婦2人分の料理を作るので、8インチサイズを使用しています」

 

8インチは、ある程度の大きさがあるので、我が家はフライパン代わりに使用しています。

 

 

 


 

 

 

 

 

まとめ

 

 

 

 

今回は、スキレットは必要かということで、我が家にとってスキレットはなくてはならないもの。

 

熱伝導や蓄熱製に優れているので、食材が美味しく焼けます。

 

我が家は、キャンプでおつまみを作るのに、スキレットを使用しています。

 

スキレットの保管は、水分を飛ばして油を薄ります。

 

水分があると、サビるリスクが高くなるので、火を付け空焼きをおこなって下さい。

 

空焼きをおこなった後に、表面のみ薄く軽くサビ止め油を塗ります。

 

我が家のおすすめは、洗剤が使えてシーズニングをする必要がないチャムスのスキレット。

 

チャムスのスキレットは、シリコンクリア塗装されているので、洗剤が使えます。

 

使用後の汚れを洗剤で落とせるので、常に清潔に保てます。

 

チャムスのスキレットは、シーズニングがされて梱包されているので、使用前のシーズニングは必要ありません。

 

シーズニング作業はいらないので、注文して届いた状態ですぐ使用できます。

 

使い勝手がよく、おしゃれなのがチャムスのスキレットの良さ。

 

以上、「キャンプでスキレットは必要?保管の仕方は?洗剤が使えるスキレットが超便利!」でした。

 

 

 

 

キャンプ用品セール:ナチュラム
 
 

 

キャンプ用品セール(Amazon)
 
 

 

キャンプ用品セール(楽天)