選び方ぶろぐ

日本酒を300日&年間50泊キャンプを楽しんでいます

【検証】キャンプでポータブル電源の容量は絶対これだけ必要!目安も紹介

 

 

 

「年間50泊ほど、キャンプをする我が家」

 

真夏の暑い時期や真冬の寒い季節まで、春夏秋冬キャンプを楽しんでいます。

 

 

 

 

「年間50泊もすると、ほぼ毎週がキャンプ」

 

キャンプに行く時間が増えれば増える程、快適に過ごしたいと思います。

 

 

 

 

「春や秋のキャンプは寒暖差があり、昼間は気温が上がりますが朝晩が冷え込みます」

 

冬のキャンプは、1日を通して気温が下がったまま。

 

夏キャンプを除く、春・秋・冬キャンプに寒さ対策は必要です。

 

 

 

 

「最近はキャンプ人気が落ち着いてきましたが、さまざまなブランドから暖房器具が発売されています」

 

さまざまある暖房器具の中で、キャンプで使う最強の暖房器具と言われているのがホットカーペット。

 

 

 

 

「ホットカーペットがあれば、真冬のキャンプでも化繊の少し分厚いシュラフで就寝できます」

 

高価なダウンシュラフなど、ホットカーペットがあれば必要ありません。

 

ホットカーペットがあるのとないのとでは、テントで過ごす快適さが変わってきます。

 

 

 

 

「電源サイトでは寒さ対策に、ホットカーペットを必ず使用してほしいのですが、電源がないサイトでは使いずらさがあります」

 

ホットカーペットは消費電力が高い為、ポータブル電源で長時間使えません。

 

 

 

 

「ポータブル電源と相性が良いのが電気毛布」

 

電気毛布は消費電力が低い為、ポータブル電源が使用しやすいです。

 

寒い季節で電源がないサイトでは、ポータブル電源&電気毛布がおすすめ。

 

 

 

 

「キャンプをしていて、最も過ごしにくいのが夏のキャンプ」

 

平地だと高温になり、夜は熱帯夜になることもありえます。

 

 

 

 

「夏のキャンプを少しでも涼しくするには、扇風機があった方が快適」

 

我が家は自宅の扇風機を、ポータブル電源を使って使用しています。

 

 

 

 

「ポータブル電源があれば、春夏秋冬キャンプで重宝します」

 

今やポータブル電源は、キャンプではなくてはならない必需品だと思います。

 

 

 

 

今回は、キャンプで使うポータブル電源の必要な容量と目安を、詳しくブログで紹介したいと思います。

 

 

 


 

 
*タイトル
【検証】キャンプでポータブル電源の容量は絶対これだけ必要!目安も紹介

 

Jackery

 

 

ポータブル電源と扇風機
 

 

「暑い時期、あった方が快適に過ごせるのが扇風機」

 

車の積載に余裕がある方は、自宅で使用している扇風機を使ってみて下さい。

 

扇風機を使用すると、かなり涼しくキャンプができます。

 

 

 

 

「扇風機には、ACモーターとDCモーターの2種類があります」

 

DCモーター扇風機はACモーター扇風機より、消費電力が小さくなっています。

 

楽天市場

 

 

「扇風機は、メーカーによっても消費電力が異なってきます」

 

一般的な扇風機の消費電力は、下記の通り。

 

 

ACモーター扇風機

25w〜50w

DCモーター扇風機

15w〜20w

 

 

 

「キャンプで扇風機をつける際、ポータブル電源の容量が700wh以上あれば、1泊2日のキャンプで大丈夫だと思います」

 

Jackery

 

 

ポータブル電源と電気毛布
 

 

「キャンプでポータブル電源の一番の使い道は、電気毛布だと思います」

 

電気毛布は、販売するブランドによっても消費電力が異なってきます。

 

 

 

 

「一般的な電気毛布1枚の消費量が下記の通り」

 

 

電気毛布1枚の消費量

中35w

強55w

 

 

 

「1泊2日のキャンプで電源毛布1枚を中の温度で8時間使用すると、消費電力は35w×8=280wh必要になります」

 

 

 

 

「電気毛布3枚を中で8時間使用すると、840wh以上のポータブル電源が必要」

 

電気毛布は枚数・時間・温度などで、使うポータブル電源の容量が異なってくるので注意して下さい。

 



 

「電気毛布を中の温度で8時間使用すると、下記のような計算になります」

 

 

電気毛布1枚を中の温度

35wh×8時間=280whの容量が必要

電気毛布2枚を中の温度

70wh×8時間=560whの容量が必要

電気毛布3枚を中の温度

105wh×7時間=735whの容量が必要

電気毛布4枚を中の温度

140wh×8時間=1120whの容量が必要

 

 

 

おすすめポータブル電源

 

 

 

 

ジャクリのポータブル電源
 

 

「ジャクリのポータブル電源は、キャンプで使うポータブル電源で人気があり売れている商品」

 

人気があり売れているのには、それだけの理由があります。

 

Jackery

 

 

「ジャクリのポータブル電源は、世界累計販売台数が300万台を突破しており、販売実績が他のポータブル電源よりあります」

 

サポート体制もしっかりとしているので、安心して選べます。

 

Jackery

 

 

「ジャクリのポータブル電源は、他のポータブル電源と比べて軽くおしゃれなのも特徴」

 

置いておくだけでも、インテリアになります。

 

Jackery

 

 

「使用する電気毛布の枚数で、ポータブル電源の容量は変わってきます」

 

 

 

 

「1泊2日のキャンプで電気毛布を1枚を使用されるなら、ジャクリのポータブル電源400」

 

Jackery

 


 

 

 

 

 

「1泊2日のキャンプで電気毛布を2枚を使用されるなら、ジャクリのポータブル電源708」

 

Jackery

 


 

 

 

 

 

「1泊2日で電気毛布を3枚を使用されるなら、ジャクリのポータブル電源1000」

 

Jackery

 


 

 

 

 

 

電気毛布の敷き方
 

 

「電気毛布は、シュラフの中に入れるのが一番暖かいです」

 

 

 

 

「マミー型のシュラフを使うと電気毛布が入らないことがあります。

 

その場合は、シュラフの下に電気毛布を敷いて下さい。

 

 

インフレーターマット→電源毛布→シュラフ

 

 

 

「封筒型のシュラフは、サイドにあるファスナーを開けと布団のように使えるので、シュラフの中に電気毛布が入ります」

 

電気毛布を使用されるなら、筒型のシュラフの方がおすすめ。

 

 

 

 

「筒型シュラフでおすすめなのがふわ暖EX」

 

我が家は、マミー型のふわ暖EXを使用してますが筒型もあります。

 

 

 

 

「ふわ暖EXは、布団のようにふっくらとふわふわしているので、暖かくて気持ちいいのが特徴」

 

使用限界温度が−30度になっており、電気毛布を入れることでかなり暖かく就寝できます。

 

Bears Rock

 


 

 

 

 

 

「春や秋にキャンプをされるならふわ暖」

 

ふわ暖は使用限界温度が−15度になっており、春や秋のキャンプにおすすめ。

 

布団のようにふかふかで暖かく、電気毛布を使うことで、より暖かく就寝できます。

 

Bears Rock

 


 

 

 

 

 

まとめ

 

 

 

 

今回は、キャンプで使うポータブル電源の必要な容量を紹介しました。

 

キャンプでポータブル電源を使用される一番の目的は電気毛布だと思うので、電気毛布を使用する枚数に合わせて、ポータブル電源を購入されたら良いと思います。

 

ポータブル電源があれば、夏の暑い時期に扇風機も使用できます。

 

我が家は、自宅で使用している扇風機を夏キャンプに持っていきます。

 

車の積載に余裕があるなら、自宅で使用されている大きな扇風機を持って行かれることをおすすめします。

 

扇風機があるのとないのとでは、夏キャンプの居心地がかなり変わってきます。

 

以上、「【検証】キャンプでポータブル電源の容量は絶対これだけ必要!目安も紹介」でした。

 

 

 

 

キャンプ用品セール:ナチュラムCheck! 

 
 

 

 

 

 

 

 

キャンプ用品セール(Amazon)Check! 

 
 

 

 

 

 

キャンプ用品セール(楽天)Check!