選び方ぶろぐ

日本酒を300日&年間50泊キャンプを楽しんでいます

【検証】ソロベースのおすすめレイアウトは地べたスタイル

 

 

 

「最近は、キャンプ人気が落ち着いてきましたが、それでもいろいろなブランドからテントが発売されています」

 

いざ購入しようと思ってもたくさんあり過ぎて、どのブランドのテントを選んだらいいか迷います。

 

今回紹介するのが、パップテントの中で圧倒的な人気を誇るソロベース。

 



 

「ソロベースの人気があり売れている理由は、手軽に購入できる値段と使い勝手の良さ」

 



 

「ソロベースは、ソロキャンプで使い勝手が良いテントですが、背が低いというデメリットがあります」

 

より幕内で広く快適に過ごすには、イススタイルより地べたスタイル。

 

地べたスタイルにすることで、圧迫感や窮屈さも解消されます。

 



 

「ソロベースで地べたスタイルにするなら、グランドシートが必要」

 



 

今回は、ソロベースでおすすめのレイアウトで、地べたスタイルにする際のシートを、詳しくブログで紹介したいと思います。

 

 

 

 

 

 


 

 
*タイトル
【検証】ソロベースのおすすめレイアウトは地べたスタイル

 



 

地べたスタイルでおすすめのシート

 



 

 

バンドックグランドシート

 

「バンドックグランドシートは、ソロベースやソロティピーに対応した純正のグランドシート」

 

Amazonでも人気の商品で、ソロベースのグランドシートとして使う方がかなり多いです。

 

 

 

 

「サイズが190×190cmで、ソロベースにシンデレラフィットするグランドシート」

 

専用だけにぴったりと収まるので、使用しやすいです。

 

バンドックグランドシートの口コミと評判は、下記のような感じ。

 

 

●ソロベースのサイズにピッタリなので、位置決めに使ってます。
 
●バンドックソロベーステントと共に購入しました。雨の使用でもテント内が染み込んだりしませんでした。
 
●ソロベースEXのグランドシートとして使用。190x190cmと絶妙なサイズは他には無く、純正ならでは。迷ったらこれを買うべし。
 
●ループが一辺に3箇所付いているので中心線が分かりやすく、2本のメインポール設営時にループにポールを通す様にすれば綺麗に、楽に張れます。耐水性も十分満足しています。
 
●ソロベースには必要の無いソロティピー用の穴ですが、使用していて気に成った事はないです。
 
●浸水もなく問題なく使用出来ました。
 
●一辺が190㎝という長さがソロベースには良い。メインポール間が190㎝なので。
 
●ソロベース用グラウンドシートにピッタリですね。
 
●地面からの湿気を完全に防いでくれている。
 
●大雨で使用したが全く滲みてくることなく一晩耐えられた。耐水5000mmは伊達じゃない。

 

 


 

 

 

 

 

 

ジーメンスのグランドシート

 

「ジーメンスのグランドシートは、120×200cmでソロベースに収まるサイズ」

 

 

 

 

「素材が1000Dポリエステルオックスフォードとなっており、極厚のグランドシート」

 

表面はポリウレタンコーティングされていて、地面からの湿気を遮断。

 

撥水性が高いので、雨が降っても安心です。

 

 

 

 

「ジーメンスのグランドシートの口コミと評判は、下記のような感じ」

 

 

●バンドックソロベースに購入!地面からの湿気をシャットアウト。デコボコも緩和してくれるので収納は大きいが、この位の厚みがある方が使い勝手は抜群に良い!無骨スタイルにも合う色合い。
 
●これはとてもいいです。厚くて丈夫で水も弾いて長持ちしそう。
 
●全体的な作りや縫い目も綺麗で満足です。
 
●途中雨が降って来たのでシートを被せると撥水の良さが分かりました。
 
●生地がしっかりしているので耐久性もありそうです。収納袋も付いているので助かってます。
 
●水が染み込んたりする心配もなく、キャンプ場で装備を置けるのはありがたい。
 
●撤収の荷物置きとしてテント内のグランドシートとして大活躍。
 
●軽いしたたみやすいし丈夫で安い!!完璧です。
 
●耐水性は最高だと思います。
 
●大きさ、デザイン、価格、総合的に考えてバランスが取れている商品だと思います。

 

 


 

 

 

 

 

 

オレゴニアンキャンパーのグランドシート

 

「ソロベースの定番グランドシートといえば、オレゴニアンキャンパーのグランドシート」

 

SNSを見ていると、非常に使っている方が多いです。

 

 

 

 

「200×140サイズで、ソロベースのグランドシートに使うとちょうどいいサイズ」

 

シンプルなデザインで、とても人気があります。

 

裏面には防水加工が施されており、湿気や雨水をシャットアウト。

 

 

 

 

「オレゴニアンキャンパーのグランドシートの口コミと評判は、下記のような感じ」

 

 

●ソロベースexに使っています。二股にしてるのもあり、広げて使っても十分な大きさ。使いやすかったです。
 
●しっかりした生地なので安心して荷物を置いています。
 
●耐久性や耐水性に文句はありません。かなり分厚いので、重さはあります。
 
●思っていたよりしっかりしていた。
 
●厚みもあって使いやすいです。一枚あれば色々使えます。耐久性ももちろんあります。
 
●総合的に良いシートだと思います。
 
●布がしっかりしていて、色合いが気に入りました。
 
●生地がしっかりしているので風があっても吹き飛びにくいです。
 
●生地が丈夫そうで長く使えそうです。
 
●シート裏面の防水加工は、しっかりしてます。表面は布の肌触りで使い込めばしっかりしてきそうです。

 

 


 

 

 

 

 

 

FUTURE FOXのグランドシート

 

「FUTURE FOXのグランドシートは、風合いがよい頒布生地のグランドシート」

 

12オンスの頒布生地を採用している為、分厚くしっかりとしていて丈夫。

 

汚れに強いパラフィン加工も施されています。

 

 

 

 

「カラーは、定番色のオリーブとブラックから選べます」

 

サイズが208×135cmあるので、ソロベースに敷いて若干大きいサイズ。

 

 

 

 

「FUTURE FOXのグランドシートの口コミと評判は、下記のような感じ」

 

 

●バンドックのソロベースに使ってみましたが、少々グランドシートの方が大きい位でした。折り目につく後も、味が出ていい感じです。
 
●しっかりした作りで意外と汚れも簡単に落ちます。
 
●コットの下に敷いて使ってます。生地が厚いので破れる心配が無さそうです。汚れても気になりません。
 
●しっかりした商品でした。大事に使います。
 
●生地がしっかりして、ファミキャンでは荷物置きに、ソロではグランドシートにちょうどいいサイズでいい感じです。
 
●濡れたら乾かすのに時間かかりそうですが、火の粉には強いので安心です。
 
●しっかりした生地でシートの上に座ったときに床の凹凸感がかなり緩和されました。
 
●柔らかさもあり非常に取り回しも良い。ハトメもあって気にいりました。
 
●サイズも良く使いやすい。汚れは気にせずタフな所が最高です。
 
●カラーはもちろんのこと生地の厚さもあり丈夫です!無骨な雰囲気がとても気に入ってます。

 

 


 

 

 

 

 

まとめ

 



 

ソロベースの人気があり売れている理由は、手軽に購入できる値段と使い勝手の良さ。

 

ソロベースは、ソロキャンプで使い勝手が良いテントですが、背が低いというデメリットがあります。

 

より幕内で広く快適に過ごすには、イススタイルより地べたスタイル。

 

地べたスタイルにすることで、圧迫感や窮屈さも解消されます。

 

以上、「【検証】ソロベースのおすすめレイアウトは地べたスタイル」

 

 

 

 

キャンプ用品セール

Check! 【楽天市場】

 

 

 

 

キャンプ用品セールCheck! 【ナチュラム】

 

 

 

 

キャンプ用品セール

Check! 【Amazon】