選び方ぶろぐ

年間50泊キャンプに行っています

徹底レビュー!特別純米十水仕込 雨垂れ石を穿つはまずいのか?おいしいのか?詳しくブログで紹介。

 

 

 

「年間50泊程、キャンプに行く我が家」

 

真夏の暑い時期から真冬の寒い季節まで、春夏秋冬キャンプを楽しんでいます。

 

 

 

 

「キャンプの楽しみは、人それぞれにあると思います」

 

我が家のキャンプの楽しみは、夫婦でゆったりと過ごすこと。

 

普段仕事で忙しいので、週末のキャンプは、夫婦でゆったりとキャンプ場で過ごしています。

 

 

 

 

「夫婦共にお酒を飲むので、キャンプには必ずお酒を持っていきます」

 

我が家が自宅も含め、キャンプでも必ず飲むのが日本酒。

 

 

 

 

「日本酒はいろいろな銘柄があり、いろいろある日本酒の中から自分好みの銘柄を探すのが楽しみ」

 

お店で選ぶ時、この日本酒はどんな風味なんだろ!というワクワク感もあります。

 

今回、我が家がチョイスしたのが、特別純米酒の雨垂れ石を穿つ。

 

 

 

 

「雨垂れ石を穿つということわざが、そのまま日本酒の銘柄になっているので、面白いと思い選びました」

 

 

 

 

今回は、特別純米酒の雨垂れ石を穿つを飲んだ感想を、詳しくブログで紹介したいと思います。

 

 

 

 

*タイトル
雨垂れ石を穿つ

 

 

 

 

「特別純米酒の雨垂れ石を穿つは、滋賀県高島市の福井弥平商店が製造販売しており、特別純米酒になっています」

 

特別純米酒とは、精米歩合60%以下か特別な醸造方法で醸すという条件を満たした日本酒のこと。

 

 

 

 

「ちなみに、精米歩合が低い程、すっきりとして雑味のないクリアな味わいになると言われています」

 

純米酒は精米歩合の決まりがなく、精米歩合60%以下で作られるのが、特別純米酒ということになります。

 

 

 

 

「雨垂れ石を穿つは、十水仕込みで作られた日本酒」

 

十水仕込みとは、十石の米に対して十石の水で仕込んだことを意味します。

 

現在の日本酒は、米1石150kgに対し水200〜220Lで仕込むのに対し、十水仕込みは米1石150kgに対し水180Lを使用します。

 

 

 

 

「十水仕込みで仕込む方が、現在より1割〜2割程少ない水を使うことになります」

 

水の量が少ないということは、それだけ濃厚になり贅沢なつくりの日本酒だと言えます。

 

 

 

 

「常温やぬる燗酒にしても美味しくいただけますが、今回は夏場のキャンプだということもあり、クーラーボックスに冷やして、冷酒でいただきました」

 

 

 

 

「雨垂れ石を穿つを飲んだ感想は、辛口で濃厚、苦味と酸味があり奥深い味」

 

 

 

 

「口に含むと辛口で、すぐ甘味がきて、後味に酸味と苦味が少しあります」

 

飲むと、すぐ後に旨味がやってくるので、とても奥深い味だと感じました。

 

 

 


 

 

 

 

 

アヒージョ
 

 

「今回は、雨垂れ石を穿つのおつまみに、アヒージョを作ってみました」

 



 

「海鮮を使ったアヒージョは、主に白ワインと合うと言われていますが、雨垂れ石を穿つとも十分にマッチします」

 

 



 

「最近は、ホットサンドメーカーで作るキャンプ飯が流行っています」

 

ホットサンドメーカーの主流は、四角い形。

 

丸型のホットサンドメーカーは、珍しい感じがします。

 

 

 

 

「丸型のホットサンドメーカーで人気のあるのが、コールマンから発売されているダブルパンクッカー」

 

コールマンのダブルパンクッカーは、ホットサンドメーカーながら、2つのフライパンになる優れもの。

 

 

 

 

「もちろん丸型ですが、パンを挟みホットサンドを作ることも可能」

 

 

 

 

 

「丸型のホットサンドメーカーは、ホットケーキやお好み焼きも作ることができます」

 

ハンドルを外すと皿として使え、鉄板なので熱々のお好み焼きが食べれます。

 

 

 

 

 

 

「ダブルパンクッカーは、ランタン印が内部にあり、食材を挟んで焼くとランタンの焼き印が出来上がります」

 

例えば、肉まんや今川焼きを挟むと、下記のようにランタンの焼き印がつきます。

 

 

 

 

 

「我が家は、このランタンの焼き印が見たくて、購入を決めました」

 

 

 

 

 

「160×380mmのサイズがあり、厚みが40mmと他のホットサンドメーカーと比べて深さがあります」

 

深さがある分、揚げ物やアヒージョを作ることができます。

 

 

 

 

 

 

 

「今回は、ホタテ・エビ・アスパラガス・ミニトマトのアヒージョ」

 

 

 

 

作り方
 

 

「オリーブオイルを入れ、ニンニクと鷹の爪を加えます」

 

 

 

 

 



 

「ニンニクの香りがしてきたら、ホタテ・エビを加えて10分程加熱します」

 

 

 

 

 

 

「最後に、アスパラガスとトマトを入れ、火が通ったら出来上がり」

 

 



 

「今回は、フランスパンと一緒にいただきました」

 

 

 

 

 

「雨垂れ石を穿つとアヒージョは、意外なマッチで美味しくいただきました」

 

ぜひ、試してみて下さいね。

 

 

 


 

 

 

 

 

「コールマンのダブルパンクッカーがあれば、いろいろな物が作れるのでとても便利」

 

 

 


 

 

 

 

 

まとめ

 

 

 

 

今回は、キャンプに行って雨垂れ石を穿つを飲みました。

 

我が家が想像していた味とは違い、日本酒の奥深さを感じました。

 

雨垂れ石を穿つは、辛口で濃厚、苦味と酸味がある日本酒。

 

味の評価は賛否両論ありますが、我が家はとても好きな風味。

 

なんと言っても、奥深い味にとても惹かれました。

 

我が家が住んでいる滋賀の地酒なので、親しみを感じながらいただくことができました。

 

この日は、真夏の暑い時期なので、雨垂れ石を穿つを冷酒にして飲みましたが、常温やぬる燗酒にしても美味しくいただけると思うので、ぜひ試してみて下さいね。

 

以上、「徹底レビュー!特別純米十水仕込 雨垂れ石を穿つはまずいのか?おいしいのか?詳しくブログで紹介」でした。