選び方ぶろぐ

日本酒を300日&年間50泊キャンプを楽しんでいます

【違いと比較】タフまると風まる3を徹底検証!どっちがいいの?詳しく紹介

 

 

 

「年間50泊ほど、キャンプをする我が家」

 

真夏の暑い時期や真冬の寒い季節まで、春夏秋冬キャンプを楽しんでいます。

 

 

 

 

「キャンプの楽しみは、人それぞれにいろいろとあります」

 

我が家のキャンプの楽しみは、ゆったりと過ごすこと。

 

キャンプでは夫婦で、お酒をいただきながらゆったりと過ごしています。

 

 

 

 

「お酒を美味しくいただくには、お酒に合う料理やおつまみが必要」

 

キャンプではお酒に合う料理やおつまみを、いろいろと作ってきました。

 

 

 

 

「キャンプで料理を作るのに必要なのがカセットコンロ」

 

料理を作るのに、シングルバーナーやフラットバーナーという選択もありますが、昔から使い慣れたカセットコンロの方が、我が家は使用しやすいです。

 



 

「キャンプなど屋外で使うカセットコンロで人気なのが、イワタニから発売されているタフまる・タフまるJr・風まる」

 

 

 

 

今回はその3台のカセットコンロの中で、タフまると風まるの違いと比較、キャンプで使いやすいのはどっちかなど、詳しくブログで紹介したいと思います。

 

 

 


 

 
*タイトル
【違いと比較】タフまると風まる3を徹底検証!どっちがいいの?詳しく紹介

 

 

 

 

「カセットコンロには、屋外用と屋内用の2種類があります」

 

屋外用と屋内用の大きな違いは、屋外用のカセットコンロは、風に強い構造で持ち運びやすさがあります。

 

 

 

 

「下記のように、屋内用には五徳の周りに風防がついていません」

 

 

 

 

「屋外用のカセットコンロには、五徳の周りに風防がついています」

 

カセットコンロに風防がついていることで、風があっても炎が安定します。

 

アウトドアで使いやすいのは、屋外用ということになります。

 



 

「屋外用のカセットコンロで、人気があるのがイワタニから発売されている3大カセットコンロ」

 

イワタニの3大カセットコンロは、タフまる・タフまるJr・風まるがあります。

 



 

「タフまるJrは風まるやタフまると比べて、コンパクトなカセットコンロ」

 

通常サイズのカセットコンロを選ばれるなら、タフまるか風まるという選択になります。

 



 

タフまると風まるの違いと比較

 

 

 

 

「タフまると風まるの大きな違いは、多孔式バーナー・最大発熱量・連続燃焼時間・カラー・値段・耐荷重」

 

タフまると風まるは、6つの違いがあります。

 

 

タフまると風まるの違い

多孔式バーナー

最大発熱量

連続燃焼時間

カラー

値段

耐荷重

 

 

 

多孔式バーナー
 

 

「タフまるには多孔式バーナーが搭載されていますが、風まるにはついていません」

 

多孔式バーナーは、ガスの炎が出てくる火口に無数にあいた細かな穴。

 

ひとつひとつの火口を小さくすることで、風の影響で炎が消えにくい仕組みになっています。

 

 

 

 

「風の影響を受けにくいカセットコンロはタフまる」

 

キャンプや屋外で使うことが多い場合は、タフまるの方が使いやすいです。

 

 

タフまる

多孔式バーナー搭載

風まる

多孔式バーナー無し

 

 


 

 

 

 

 

最大発熱量
 

 

「タフまると風まるは、最大発熱量が違います」

 

風まるが3,000kcal/hに対してタフまるが2,800kcal/h。

 



 

「最大発熱量は、ガスが完全燃焼する時に発生する最大熱量のこと」

 

発熱量が高いほど、高火力なカセットコンロといえます。

 

火力の高さで選ばれるなら風まる。

 

 

最大発熱量

風まる3,000kcal/h

タフまる2,800kcal/h

 

 


 

 

 

 

 

連続燃焼時間
 

 

「カセットコンロの特徴として、発熱量と燃焼時間は反比例の関係にあります」

 

発熱量が高いほど、その分燃焼時間は短くなります。

 

風まるが3,000kcal/hに対して、タフまるが2,800kcal/hの最大発熱量。

 



 

「発熱量の低いタフまるの方が、風まると比べて燃焼時間が長いということになります」

 

風まるの連続燃焼時間は66分で、タフまるの連続燃焼時間は75分になっています。

 

燃焼時間で選ばれるならタフまるになります。

 

 

連続燃焼時間

風まる66分

タフまる75分

 

 


 

 

 

 

 

カラー
 

 

「カラーは風まるがサンドベージュ1種類に対して、タフまるがブラックとオリーブの2種類」

 

風まるは、軽やかで柔らかな印象が感じられるサンドベージュ。

 

 

 

 

「タフまるは、深みや温かみを感じられるオリーブ色と、ブラック色は高級感や重厚感がありシックな感じがします」

 

カラーの好みは人それぞれ違いますが、我が家は高級感があるタフまるのブラック色が好きです。

 

 

タフまる

ブラック・オリーブ色

風まる

サンドベージュ色

 

 


 

 

 

 

 

値段
 

 

「現在のAmazonでの値段になりますが、タフまるが7200円に対して風まるが6500円」

 

数百円の差ですが、風まるの方が基本安くなっています。

 



 

「メーカー小売価格もタフまるより風まるの方が安くなっています」

 

値段で決めるなら風まるいうことになります。

 

 

値段

タフまるに比べて風まるの方が安い

 

 


 

 

 

 

 

耐荷重
 

 

「タフまると風まるは耐荷重が違います」

 

風まるの耐荷重が15kgで、タフまるの耐荷重は20kg。

 

鍋底のサイズが共に、24cm以下のものが使えます。

 

 

 

 

「20kgの耐荷重があるタフまるは、ダッチオーブンなども置くことが可能」

 

 

耐荷重

タフまる20kg

風まる15kg

 

 


 

 

 

 

 

タフまると風まるの口コミ
 

 

「タフまるの口コミと評判は、下記のような感じ」

 

 

●つくりが頑丈そうで、防風対策もされているので少々の風では火は消えません。また、火力も高いので鍋のお湯も比較的早く沸きました。
 
●ボンベをセットしたときの重量バランスが良く安定性が高い。ガスなので火力のコントロールが簡単。
 
●屋外で料理するには立ち消えなく使えます。
 
●キャンプ用に購入し使用しています。製品は文句なしです。
 
●安いコンロは沢山ありますが、こちらは見た目もカッコよく、機能も充分です。

 

 

 

「風まるの口コミと評判は、下記のような感じ」

 

 

●野外用に購入しました♪少々の風なら問題ありません!良い買い物でした。
 
●キャンプの時に使用。強風に強く、火力もいい感じ。収納ケースが付いてあるのが有難い。
 
●風が強くても風よけがあるため安定してました。
 
●なかなかの安定感のある火力が風の強い中でも消える事なく、湯を沸かせてくれました♪選んでよかったです。
 
●お手入れも簡単、風にも強い、良い商品です。

 

 


 

 

 

 

 

タフまると風まるどっちがいいの

 



 

「タフまるは熱に強くて頑丈なアルミダイカスト製スタンドと風に強い多孔式バーナーが搭載されています」

 

アルミダイカスト製スタンドがついていることで、グラつかず重い鍋もしっかり支えることができます。

 



 

「多孔式バーナーが搭載されている為、風に強く外で使いやすいつくり」

 

キャンプなどアウトドアで使用されるなら、重たい鍋が置けて風に強いタフまるがおすすめ。

 



 

タフまる
 

 

「タフまるは、タフまるJr.の一回り大きなサイズ」

 

 

 

 

「タフまるJr.で使うことができなかった大きな鍋やフライパンを使用することができます」

 

サイズの大きな鍋やフライパンを使う時は、タフまるJr.よりタフまるがおすすめ。

 



 

「タフまるは、風防が2重になっているダブル風防ユニットを搭載し風の影響を軽減」

 

ダブル風防ユニット搭載で、外で使いやすくなっています。

 

 

 

 

「炎長が短く風の影響で炎が消えにくい多孔式バーナー」

 

 

 

 

「専用ケースも付属されており、持ち運びに便利」

 

 

 

 

「耐火荷重は20kgあり、ダッチオーブンものせることが可能」

 

 

 

 

「見た目がおしゃれなので、置いておくだけでインテリアにもなります」

 

 

 

 

「使い勝手がよくおしゃれなタフまるは、キャンプでおすすめのカセットコンロ」

 

 

 


 

 

 

 

 

まとめ

 



 

屋外用のカセットコンロで、人気があるのがイワタニから発売されている3大カセットコンロ。

 

イワタニの3大カセットコンロは、タフまる・タフまるJr・風まるがあります。

 

タフまるJrは風まるやタフまると比べて、コンパクトなカセットコンロ。

 

通常サイズのカセットコンロを選ばれるなら、タフまるか風まるという選択になります。

 

タフまるは熱に強くて頑丈なアルミダイカスト製スタンドと風に強い多孔式バーナーが搭載されています。

 

アルミダイカスト製スタンドがついていることで、グラつかず重い鍋もしっかり支えることができます。

 

多孔式バーナーが搭載されている為、風に強く外で使いやすいつくり。

 

キャンプなどアウトドアで使用されるなら、重たい鍋が置けて風に強いタフまるがおすすめ。

 

以上、「【違いと比較】タフまると風まる3を徹底検証!どっちがいいの?詳しく紹介」でした。

 

 

 

キャンプ用品セール:ナチュラムCheck! 

 
 

 

 

 

 

 

 

キャンプ用品セール(Amazon)Check! 

 
 

 

 

 

 

キャンプ用品セール(楽天)Check!