選び方ぶろぐ

年間50泊キャンプを楽しんでいます

タフスクリーン2ルームハウスのスカートは自作より石油ストーブが重要



 

「年間50泊ほど、キャンプをする我が家」

 

真夏の暑い時期や真冬の寒い季節まで、春夏秋冬キャンプを楽しんでいます。

 

 

 

 

「最近はキャンプ人気が落ち着いてきましたが、それでもいろいろなテントが発売されています」

 

いざ購入しようと思ってもたくさんありすぎて、どのブランドのテントを選んだらいいか迷います。

 

今回紹介するのが、コールマンから発売されているタフスクリーン2ルームハウス。

 



 

「コールマンのタフスクリーン2ルームハウスは、昔から今も人気の2ルームテント」

 

今までカラーなどの小さな変更はありましたが、形が変わるような大きなモデルチェンジはありません。

 

タフスクリーン2ルームハウスは、流行り廃りがなく、今も昔も変わらない2ルームテント。

 

 

 

 

「2ルームテントの定番商品なので、購入しても大きな失敗はありません」

 

 

 

 

「タフスクリーン2ルームハウスは、人気の2ルームテントですが、大きなデメリットがあります」

 

タフスクリーン2ルームハウスのデメリットは、全周にスカートが付いていないこと。

 



 

今回は、タフスクリーン2ルームハウスのスカートについて、詳しくブログで紹介したいと思います。

 

 

 


 

 

*タイトル
タフスクリーン2ルームハウスのスカートは自作より石油ストーブが重要
 

 

 

 

「タフスクリーン2ルームハウスのデメリットのひとつに、スカートが全周付いていない問題があります」

 

リビング側にはスカートが付いていますが、寝室側にはスカートがありません。

 

 

 

 

「テントにスカートが付いている理由は、隙間風や冷気を軽減する為」

 

風がない時は問題ありませんが、冬場で風が強い日は冷たい隙間風が寝室側の隙間から入ってきます。

 

多少の隙間風なら換気の為に必要ですが、冷たい隙間風がたくさん入ると、幕内の温度が下がってしまいます。

 



 

「寝室はフルクローズできるため就寝する時は問題ありませんが、リビングで過ごす時にスカートがないと寒く感じます」

 



 

「スカートをシートなどで自作される方もおられますが、テントの素材が違う為、見た目もよくありません」

 

タフスクリーン2ルームハウスのスカートを自作するより高出力の石油ストーブがおすすめ。

 



 

高出力の石油ストーブ

 

 

 

 

「高出力の石油ストーブは、暖房力が高く隙間風が入ってきても幕内の温度が下がりません」

 

スカートを自作されるより、高出力の石油ストーブを選ばれることをおすすめします。

 

 

 

 

「キャンプで使う石油ストーブで最強と言われているのがコロナ対流型ストーブとトヨトミKS-67H」

 

コロナ対流型ストーブとトヨトミKS-67Hがあれば、スカートが全周ないタフスクリーン2ルームハウスでも暖かく過ごせます。

 

 

 

 

「キャンプで使う最強の石油ストーブと言われているのが、トヨトミKS-67Hとコロナ対流型ストーブの2種類」

 

2種類の石油ストーブは、他の石油ストーブに比べて暖房出力が圧倒的に上回っています。

 

 

暖房出力

暖房出力はkwで表示されており、数字が高ければ高いほど暖房能力が高い石油ストーブ

 
 

 

「コロナ対流型ストーブの暖房出力は6.59kw」

 

 

 

 

「トヨトミKS-67Hは6.66kwの暖房出力」

 

 

 

 

「例えばレインボーストーブの暖房出力が2.50kw」

 

比べるとコロナ対流型ストーブとトヨトミKS-67Hの暖房出力の高さがわかります。

 

 

 

 

「トヨトミKS-67Hは、シリーズ化されて販売しており、いろいろなカラーがあります」

 

丸みの帯びた形が特徴で、キャンプ最強の石油ストーブと言われるだけありとても暖かいです。

 

 

 


 

 

 

 

 

「我が家はノルディスクのアルフェイム19.6で、コロナ対流型ストーブを真冬のキャンプで使用しています」

 

アルフェイム19.6は、500×500×350cmある大型幕。

 

 

 

 

「大型幕で使える暖かさがあるので、タフスクリーン2ルームハウスなら十分に幕内が暖かくなります」

 

 

 


 

 

 

 

 

「タフスクリーン2ルームハウスは、2ルームテントの定番商品」

 

2ルームテントの定番商品だけに、購入して大きな失敗は少ないです。

 

 

 


 

 

 

 

 

まとめ

 



 

タフスクリーン2ルームハウスのデメリットのひとつに、スカートが全周付いていない問題があります。

 

リビング側にはスカートが付いていますが、寝室側にはスカートがありません。

 

テントにスカートが付いている理由は、隙間風や冷気を軽減する為。

 

風がない時は問題ありませんが、冬場で風が強い日は冷たい隙間風が寝室側の隙間から入ってきます。

 

多少の隙間風なら換気の為に必要ですが、冷たい隙間風がたくさん入ると、幕内の温度が下がってしまいます。

 

スカートをシートなどで自作される方もおられますが、テントの素材が違う為、見た目もよくありません。

 

タフスクリーン2ルームハウスのスカートを自作するより高出力の石油ストーブがおすすめ。

 

以上、「タフスクリーン2ルームハウスのスカートは自作より石油ストーブが重要」でした。

 

 

 

キャンプ用品セール:ナチュラムCheck! 

 
 

 

 

 

 

 

 

キャンプ用品セール(Amazon)Check! 

 
 

 

 

 

 

キャンプ用品セール(楽天)Check!