選び方ぶろぐ

日本酒を300日&年間50泊キャンプを楽しんでいます

【検証】イワタニ焼肉プレートの洗い方と煙が出ない訳!タフまるとの相性も紹介



 

「年間50泊ほど、キャンプをする我が家」

 

真夏の暑い時期や真冬の寒い季節まで、春夏秋冬キャンプを楽しんでいます。

 

 

 

 

「キャンプの楽しみは、皆さんいろいろあると思います」

 

我が家のキャンプの楽しみは、ゆったり過ごすこと。

 

キャンプでは夫婦で、お酒をいただきながらゆったりと過ごしています。

 

 

 

 

「お酒を美味しく飲むには、お酒に合う料理やおつまみが必要」

 

我が家はキャンプで、お酒に合う料理やおつまみをいろいろ作ってきました。

 

 

 

 

「いろいろある料理やおつまみの中で、お酒と相性が良いのが焼肉」

 

キンキンに冷やしたビールと焼肉は最高です。

 



 

「我が家が焼肉をする時に、よく使っているのがイワタニから発売されている焼肉プレート」

 

焼肉プレートは、我が家がキャンプでよく使用しているタフまると相性が抜群。

 

見た目もとても良い感じです。

 



 

今回は、イワタニから発売されている焼肉プレートの洗い方と煙が出ない理由、タフまるとの相性も詳しく紹介したいと思います。

 

 

 


 

 

*タイトル
【検証】イワタニ焼肉プレートの洗い方と煙が出ない訳!タフまるとの相性も紹介

 



 

煙は出るの?
 

 

「焼肉プレートをキャンプも含めて自宅でも使用することがあります」

 

自宅でも焼肉プレートを使っていますが、ほぼ煙は出ないです。

 

 

 

 

「煙がほぼ出ないので、煙に対する心配はありません」

 

自宅で焼肉をしてもほぼ煙が出ないので、安心して使用して下さい。

 



 

「煙が出ない訳は、プレートの下に水受皿があるから」

 

プレートの下には水受皿があって、260cc程の水を注ぎます。

 



 

「水受皿があることで、肉の脂が水に落ちて煙をシャットアウトしています」

 

肉の脂が水の中に落ちるので、ほぼ煙は出ません。

 

 

イワタニ焼肉プレートは煙が出るの?

ほぼ煙は出ないので安心して自宅で使用できる

 

 

 

ヘルシーに食べれる
 

 

「プレートには無数の穴があいており、肉の脂が穴から落ちます」

 

肉の脂がプレートに溜まることがないので、ヘルシーにいただけます。

 

焼肉プレートを使うと、余分な肉の脂が落ちてヘルシーに食べれるのでおすすめ。

 



 

洗い方
 

 

「イワタニ焼肉プレートは、フッ素コートされています」

 

フッ素コートされているおかげで、こびりつきが少なく手入れがかなり楽。

 

使用後はスポンジに洗剤をつけて、サッとこするだけできれいになります。

 



 

「洗うのはプレートと水受皿のみ」

 

網がない分、かなり楽に洗えます。

 



 

「洗剤で洗ってきれいになったら、キッチンペーパーで水分を拭き取るだけで片付けは終了」

 

鉄板ではないので、サビ止めの油も塗る必要がありません。

 



 

「焼肉プレートを使って焼肉をすると、片付けが楽にできます」

 

面倒な後片付けが必要ないので、かなり重宝します。

 



 

焼肉プレートの違い
 

 

「イワタニの焼肉プレートには、SサイズとLサイズの2種類があります」

 

焼肉プレートのSサイズとLサイズの違いは、サイズと取っ手の有無

 

 

 

 

「Lサイズには、持ち運びが便利な取っ手が付属されています」

 

 

 

 

「SサイズかLサイズのどちらを購入するか悩んでおられる方は、焼肉する人数で選んで下さい」

 



 

「焼肉プレートSのサイズは276×46mmで、プレートの直径は250mm」

 

1人〜2人で焼肉をするならSサイズがおすすめ。

 

 



 



 

 

「焼肉プレートLのサイズは337×50mmで、プレートの直径は305mm」

 

3人以上で焼肉をするならLサイズがおすすめ。

 

 

 


 

 

 

 

 

タフまるとの相性

 

 

 

 

「キャンプで焼肉プレートを使う場合は、タフまるとの組み合わせがベスト」

 



 

「タフまるはダブル風防ユニットと、多孔式バーナーで風に強いつくり」

 

 

 

 

「風に強いタフまるは、外で焼肉プレートを使って焼肉がやりやすいです」

 

他のカセットコンロの組み合わせだと、風の影響でしっかりと肉が焼けません。

 

外で焼肉プレートを使うことがある場合は、タフまるとの組み合わせがおすすめ。

 

 

 

 

タフまる
 

 

「タフまるは、タフまるJr.の一回り大きなサイズ」

 

 

 

 

「タフまるJr.で使うことができなかった大きな鍋やフライパンを使用することができます」

 

サイズの大きな鍋やフライパンを使う時は、タフまるJr.よりタフまるがおすすめ。

 



 

「タフまるは、風防が2重になっているダブル風防ユニットを搭載し風の影響を軽減」

 

ダブル風防ユニット搭載で、外で使いやすくなっています。

 

 

 

 

「炎長が短く風の影響で炎が消えにくい多孔式バーナー」

 

 

 

 

「専用ケースも付属されており、持ち運びに便利」

 

 

 

 

「耐火荷重は20kgあり、ダッチオーブンものせることが可能」

 

 

 

 

「見た目がおしゃれなので、置いておくだけでインテリアにもなります」

 

 

 

 

「使い勝手がよくおしゃれなタフまるは、キャンプでおすすめのカセットコンロ」

 

 

 


 

 

 

 

 

イワタニの焼肉プレート
 

 

「カセットコンロで、手軽に焼肉をするならイワタニの焼肉プレートがおすすめ」

 



 

「焼肉プレートは、タフまるとの相性も最高」

 

タフまるを使用している方にもおすすめです。

 



 

「裏面には凹凸があり、カセットコンロの五徳にはまり込みます」

 

五徳にはまり込む為、しっかりと固定されます。

 

しっかりと固定されるので、焼肉がやりやすいです。

 

 



 

「焼肉プレートには水受皿があり、水受け皿に水を入れて使います」

 

水受皿に水を入れて焼肉をすることで、煙をシャットアウト。

 

 

 

 

「焼肉プレートで焼肉をすると、煙がほぼ出ません」

 



 

「肉の脂が水受皿に落ちることで、ヘルシーにいただけます」

 



 

「プレートはフッ素コートされているので、スポンジに洗剤をつけて、サッとこするだけで汚れは取れます」

 

 

 

 

「フッ素コートしているプレートは、食材がくっつくこともありません」

 

 

 

 

「カセットコンロを使って、手軽に焼肉ができるのでおすすめ」

 

 

 

 

「イワタニの焼肉プレートは、SサイズとLサイズの2種類あります」

 

焼肉プレートSサイズは276×46mmで、プレートの直径は250mm。

 

1人〜2人で焼肉をするならSサイズ。

 

 



 



 

 

「焼肉プレートLのサイズは337×50mmで、プレートの直径は305mm」

 

3人以上で焼肉をするならLサイズ。

 

 

 


 

 

 

 

 

キャンプで使う

 



 

「我が家はキャンプで、イワタニの焼肉プレートとタフまるの組み合わせでよく焼肉をします」

 

炭火を使って焼肉する方が美味しくはいただけるのですが、炭火を起こすのが面倒な場合や、すぐに食べたい時もあります。

 



 

「焼肉プレートがあると、カセットコンロにセットしたらすぐに焼肉が始められます」

 

サッと出して焼肉をできるのが、イワタニ焼肉プレートを使用するメリット。

 



 

「プレートに穴があいている為、余分な脂が落ちてヘルシーにいただけます」

 



 

「今回の焼肉は、キャンプ3大スパイスを使いました」

 

キャンプ3大スパイスのマキシマム・黒瀬のスパイス・ほりにしを使うと、焼肉がスパイシーにいただけるのでおすすめ。

 



 

マキシマム
 

 

「マキシマムは、キャンプで使う3大スパイスのひとつ」

 

 

 

 

「キャンプ3大スパイスはマキシマムの他、黒瀬のスパイスとほりにしがあります」

 

 

 

 

「マキシマムは、カツオ粉末・醤油・クミン・ローレル・ナツメグなど、全16種類のスパイスを配合」

 

ローレルやナツメグが入っている為、肉や魚の臭みをとってくれます。

 

 

 

 

「ナツメグが入っているマキシマムは、ハンバーグの種を作る時の下味にも使えます」

 



 

「マキシマムは、原材料にクミンが入っており、少しカレーの風味がします」

 

振りかけてみるとクミンが良い隠し味になっていて、味を引き締めてくれます。

 

 

 

 

「他のスパイスとは違い、原材料に和なスパイスが入っているのが特徴」

 

原材料にかつお粉末や醤油が加わっていて、まろやかな和の風味も楽しめます。

 

 

 

 

「ガツンとしたスパシーさは感じませんが、かつお粉末と醤油などの和な成分で、どんな方でも親しみやすいスパイス」

 

牛肉・鶏肉・豚肉以外にもいろいろな料理に使えるのでおすすめ。

 

 

 

 

「マキシマムは、焼き上がりに振りかけて下さい」

 

焼き上がりに振りかけることで、マキシマムの風味を、より味わうことができます。

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

黒瀬のスパイス
 

 

「黒瀬のスパイスは、キャンプ3大スパイスのひとつ」

 

他には、ほりにしとマキシマムがあります。

 

 

 

 

「黒瀬のスパイスは、胡椒やペッパーが強くスパイシー」

 

原材料に醤油成分が入っているため、醤油の旨味もあります。

 

いろいろな食材に振りかけることができ、美味しくいただけます。

 

 

 

 

「黒瀬のスパイスは、焼き上がりに振りかけて下さい」

 

焼き上がりに振りかけることで、黒瀬のスパイスの風味を、より味わうことができます。

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

ほりにし
 

 

「ほりにしは、キャンプの3大スパイスのひとつ」

 

キャンプ3大スパイスは、ほりにしの他にマキシマムと黒瀬のスパイスがあります。

 



 

「ほりにしはガーリックがよく効いていて、スパイシーなスパイス」

 

パンチの効いたしっかりとした味わいになります。

 

ガーリック風味が好きな方は、特におすすめです。

 



 

「ほりにしは、肉の焼き上がりに振りかけて下さい」

 

焼き上がりに振りかけることで、よりほりにしの香味を味わえます。

 

 

 

 



 

 

 

 

 

「イワタニの焼肉プレートは、SサイズとLサイズの2種類あります」

 

焼肉プレートSのサイズは276×46mmで、プレートの直径は250mm。

 

1人〜2人で焼肉をするならSサイズ。

 

 



 



 

 

「焼肉プレートLのサイズは337×50mmで、プレートの直径は305mm」

 

3人以上で焼肉をするならLサイズ。

 

 

 


 

 

 

 

 

まとめ

 



 

焼肉プレートをキャンプも含めて自宅でも使用することがあります。

 

自宅でも焼肉プレートを使っていますが、ほぼ煙は出ないです。

 

煙がほぼ出ないので、煙に対する心配はありません。

 

自宅で焼肉をしてもほぼ煙が出ないので、安心して使用して下さい。

 

煙が出ない訳は、プレートの下に水受皿があるから。

 

プレートの下には水受皿があって、260cc程の水を注ぎます。

 

水受皿があることで、肉の脂が水に落ちて煙をシャットアウトしています。

 

肉の脂が水の中に落ちるので、ほぼ煙は出ません。

 

イワタニ焼肉プレートは、フッ素コートされています。

 

フッ素コートされているおかげで、こびりつきが少なく手入れがかなり楽。

 

使用後はスポンジに洗剤をつけて、サッとこするだけできれいになります。

 

洗うのはプレートと水受皿のみ。

 

網がない分、かなり楽に洗えます。

 

洗剤で洗ってきれいになったら、キッチンペーパーで水分を拭き取るだけで片付けは終了。

 

鉄板ではないので、サビ止めの油も塗る必要がありません。

 

焼肉プレートを使って焼肉をすると、片付けが楽にできます。

 

面倒な後片付けが必要ないので、かなり重宝します。

 

以上、「【検証】イワタニ焼肉プレートの洗い方と煙が出ない訳!タフまるとの相性も紹介」でした。

 

 

 

キャンプ用品セール:ナチュラムCheck! 

 
 

 

 

 

 

 

 

キャンプ用品セール(Amazon)Check! 

 
 

 

 

 

 

キャンプ用品セール(楽天)Check!