選び方ぶろぐ

日本酒を300日&年間50泊キャンプを楽しんでいます

レビュー!キャンプで焼きそばを作る鉄板は絶対イワタニ!簡単な作り方も紹介

 

 

 

「年間50泊ほど、キャンプをする我が家」

 

真夏の暑い時期や真冬の寒い季節まで、春夏秋冬キャンプを楽しんでいます。

 

 

 

 

「キャンプの楽しみは、皆さんいろいろあると思います」

 

我が家のキャンプの楽しみは、ゆったり過ごすこと。

 

キャンプでは夫婦で、ゆったりとお酒をいただきながら過ごしています。

 

 

 

 

「お酒を美味しくいただくには、お酒に合う料理やおつまみが必要」

 

我が家はキャンプで、いろいろな料理やおつまみを作ってきました。

 

 

 

 

「今回はお酒に合う料理として、焼きそばを作ってみました」

 

焼きそばとビールは最高の相性。

 

 

 

 

「我が家は焼きそばを作るのに、いつもイワタニの鉄板焼プレートを使用しています」

 

イワタニの鉄板焼プレートは、タフまるやそれ以外のカセットコンロにも使えます。

 



 

今回は、焼きそばを作る鉄板でおすすめのイワタニの鉄板焼プレートと、焼きそばの簡単な作り方を詳しくブログで紹介したいと思います。

 

 

 


 

 

*タイトル
レビュー!キャンプで焼きそばを作る鉄板は絶対イワタニ!簡単な作り方も紹介

 



 

焼きそばを作るおすすめの鉄板

 

 

 

 

「鉄板を使用するメリットは、熱伝導に優れており、焼きそばが美味しく作れること」

 

耐久性に優れていて、強い火力で調理できます。

 

鉄板を使うと焼きそばは美味しく作れますが、麺がくっついてしまいます。

 

 

 

 

「焼きそばをうまく作るには、麺がくっつくことがないフッ素加工されたプレートがおすすめ」

 



 

「我が家のおすすめは、イワタニから発売されている鉄板焼プレート」

 

イワタニ鉄板焼プレートはフッ素加工されていて、焼きそばの麺が鉄板にくっつくことがありません。

 

イワタニの鉄板焼プレートとカセットコンロがあれば、簡単で美味しい焼きそばが作れます。

 

 

 

 

「焚き火とは違いカセットコンロなので、火が調整しやすいです」

 

 

 

 

「我が家は、イワタニの鉄板焼きプレートとタフまるの組み合わせで、焼きそばをいつも作っています」

 

 

 

 

「イワタニの鉄板焼プレートは、どんなカセットコンロとも合いますが、特にタフまると相性が良いです」

 

タフまるは、ダブル風防ユニットと多孔式バーナーで風に強いつくり。

 

風に影響されることなく、焼きそばを作ることが可能。

 

 

 

 

タフまる

 



 

「今回焼きそばを作るのにタフまるを使用」

 

 

 

 

「タフまるは、タフまるJr.の一回り大きなサイズ」

 

 

 

 

「タフまるJr.で使うことができなかった大きな鍋やフライパンを使用することができます」

 

サイズの大きな鍋やフライパンを使う時は、タフまるJr.よりタフまるがおすすめ。

 



 

「タフまるは、風防が2重になっているダブル風防ユニットを搭載し風の影響を軽減」

 

ダブル風防ユニット搭載で、外で使いやすくなっています。

 

 

 

 

「炎長が短く風の影響で炎が消えにくい多孔式バーナー」

 

 

 

 

「専用ケースも付属されており、持ち運びに便利」

 

 

 

 

「耐火荷重は20kgあり、ダッチオーブンものせることが可能」

 

 

 

 

「見た目がおしゃれなので、置いておくだけでインテリアにもなります」

 

 

 

 

「使い勝手がよくおしゃれなタフまるは、キャンプでおすすめのカセットコンロ」

 

 

 


 

 

 

 

 

イワタニの鉄板焼プレート

 

 

 

 

「今回、焼きそばを作るのに使用した鉄板が、イワタニから発売されている鉄板焼プレート」

 

イワタニの鉄板焼プレートなら、焼きそばを3人前まで焼くことができ、家族でシェアしていただけます。

 

家族で焼きそばを作られるなら、イワタニから発売されている鉄板焼プレートがおすすめ。

 

 

 

 

「イワタニ鉄板焼プレートは、タフまるにぴったりな鉄板」

 

 

 

 

「タフまるとぴったりと合う鉄板なので、タフまるを使っている方にもおすすめ」

 

見た目もよくとても相性が良いです。

 

 

 

 

「イワタニの鉄板焼プレートは、イワタニのカセットコンロだけではなく、イワタニ以外のカセットコンロにも合います」

 

 

 

 

「脚に窪みがあるので、カセットコンロの五徳にセットすると、しっかりと固定されます」

 

しっかりと固定される為、調理中にひっくり返すことがないので安心。

 



 

「320cm×290cmのイワタニ鉄板焼プレートのサイズ」

 

 

 

 

「我が家はイワタニ鉄板焼プレートで、焼きそば・お好み焼き・焼肉・焼き鳥・ペッパーライス・チヂミなど、いろいろなキャンプ飯を作ってきました」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「鉄板はフッ素加工されており、食材がくっつくことがありません」

 

 

 

 

「イワタニ鉄板焼プレートがあれば、カセットコンロを使いキャンプで手軽に鉄板焼きができます」

 

3千円までで販売されており、手軽に購入できるのもイワタニ鉄板焼プレートの良さ。

 

 

 

 

「イワタニ製のカセットコンロで、専用の鉄板だけあって使いやすいです」

 

 

 


 

 

 

 

 

簡単な焼きそばの作り方

 

 

 

 

「今回は簡単に焼きそばを作るということで、焼きそばの袋麺を購入してきました」

 

焼きそばの袋麺は生麺タイプなので、乾麺とは違いモチモチ食感で美味しくいただけます。

 

 

 

 

「ソースも付いており、別途用意する必要もありません」

 

 

 

 

「焼きそばを作る材料は、焼きそば袋麺・豚バラ肉・エビ・焼きそば用野菜」

 

 

焼きそばの材料

焼きそば袋麺(生麺)

豚バラ肉

エビ

焼きそば用野菜

 

 

 

豚バラ肉をオピネルナイフで、食べやすいサイズに切ります

 

 

 

 

「今回は焼きそば用の野菜を購入してきたので、カットする必要がありません」

 

キャベツ・玉ねぎ・にんじん・ピーマンなどが、バランスよく入っています。

 

焼きそばの下ごしらえは、豚肉のカットだけなのでとても楽でした。

 

 

 

 

油をひいて熱します

 

 

 

 

豚バラを入れてある程度火が通るまで焼きます

 



 

豚肉が焼けてきたらエビを加えます

 



 

野菜を入れて炒める

 

 

 

麺を加えて水を入れ、ほぐしながら炒めます

 

 

 

 

 

ソースを加えて混ぜ合わせます

 



 

お好みで青のり・鰹節・紅しょうがなどを加えて出来上がり

 

 

 

 

「出来上がった焼きそばは、シェラカップに入れていただきました」

 

 

 

 

「今回は焼きそばの袋麺を購入したので、ソースも付いています」

 

ソースが付いているので、味に関しては大きな失敗はありません。

 

 

 

 

「エビや豚肉を多めに入れており、けっこう食べ応えはありました」

 

 

 

 

 

「焼きそばといえばビール」

 

ビールを飲みながらの焼きそば最高で、美味しくいただけました。

 



 

オピネルナイフ

 

 

 

 

「オピネルナイフは、キャンプで使うナイフで一番人気があり売れている商品」

 



 

「オピネルナイフの人気があり売れている理由は、おしゃれなデザインとかっこいい雰囲気」

 

グリップにブナ材などが採用されており、木製のグリップで温かみも感じられます。

 



 

「オピネルナイフには、カーボンスチールとステンレスの2種類あります」

 

楽天市場

 

 

「カーボンスチール製は、サビやすいのがデメリットでメンテナンスが大変」

 

水分がついていると、一晩で錆びつくこともあります。

 

楽天市場

 

 

「ステンレス製はサビないので、メンテナンスがゼロ」

 

自宅で使っている包丁と扱いは同じ。

 

洗ったらサッとキッチンペーパーなどで水気を拭き取るだけでメンテナンスは完了。

 



 

「どちらかというとカーボンスチール製より、ステンレス製のオピネルナイフの方が人気」

 

我が家もステンレス製のオピネルナイフを使っています。

 

 

 

 

「オピネルナイフには、2番から12番までのサイズがあります」

 

2番から12番までのサイズで、よく売れているのが8番・9番・10番。

 

オピネルナイフを選ばれるなら8番・9番・10番が使いやすいと思います。

 

 

 

 

「8番のオピネルナイフは一味や七味の瓶より、すこし小さなブレードとグリップ」

 

 

 

 

 

「こじんまりしたサイズなので、持ち運びに便利」

 

主にソロキャンパーに人気で、我が家もソロでキャンプに行く時によく使っています。

 

 

 


 

 

 

 

 

「9番のオピネルナイフは、2番〜12番の中で人気のサイズ」

 

ブレードとグリップが絶妙な大きさで、使いやすく持ち運びしやすいです。

 

一番人気ということは、それだけの使い勝手の良さがあります。

 

 

 


 

 

 

 

 

「10番のオピネルナイフは、カレーやシチューの箱の縦の長さと同じ」

 

 

 

 

 

「ブレードがある程度ある為、食材がスムーズに切れます」

 

 

 

 

「食材が切りやすいサイズなので、キャンプでよく料理をする方におすすめ」

 

我が家もキャンプでよく料理を作るので、10番のオピネルナイフを使用しています。

 




 

 

 

 

 

まとめ

 



 

鉄板を使用するメリットは、熱伝導に優れており、料理が美味しく作れること。

 

耐久性に優れていて、強い火力で料理も作れます。

 

鉄製は料理を美味しく作れますが、麺がくっついてしまいます。

 

焼きそばをうまく作るには、麺がくっつくことがないフッ素加工されたプレートがおすすめ。

 

我が家のおすすめは、イワタニから発売されている鉄板焼プレート。

 

イワタニ鉄板焼プレートはフッ素加工されていて、焼きそばの麺が鉄板にくっつくことがありません。

 

イワタニの鉄板焼プレートとカセットコンロがあれば、簡単で美味しい焼きそばが作れます。

 

焚き火とは違いカセットコンロなので、火が調整しやすいです。

 

我が家は、イワタニの鉄板焼きプレートとタフまるの組み合わせで、焼きそばを作っています。

 

イワタニの鉄板焼プレートは、どんなカセットコンロとも合いますが、特にタフまると相性が最高です。

 

タフまるは、ダブル風防ユニットと多孔式バーナーで風に強いつくり。

 

風に影響されることなく、焼きそばを作ることが可能。

 

以上、「レビュー!キャンプで焼きそばを作る鉄板は絶対イワタニ!簡単な作り方も紹介」でした。

 

 

 

キャンプ用品セール:ナチュラムCheck! 

 
 

 

 

 

 

 

 

キャンプ用品セール(Amazon)Check! 

 
 

 

 

 

 

キャンプ用品セール(楽天)Check!