選び方ぶろぐ

日本酒を300日&年間50泊キャンプを楽しんでいます

【レビュー】キャンプでたこ焼きの鉄板は絶対イワタニ!たこ焼き器を紹介



 

「年間50泊ほど、キャンプをする我が家」

 

真夏の暑い時期や真冬の寒い季節まで、春夏秋冬キャンプを楽しんでいます。

 

 

 

 

「我が家は年間50泊行くキャンプに、いろいろなキャンプ飯を作ってきました」

 

今回紹介するのが、キャンプでいただくたこ焼き。

 

 

 

 

「我が家はイワタニのカセットコンロを使っているので、たこ焼きの鉄板もイワタニにしました」

 

イワタニのタフまると相性がよくジャストサイズ。

 

 

 

 

「カラーも同じブラック色なので、統一感もあり見た目も良いです」

 

タフまるを保有されている方に特におすすめ。

 



 

今回は、イワタニから発売されているたこ焼きプレートを、詳しくブログで紹介したいと思います。

 

 

 


 

 

*タイトル
【レビュー】キャンプでたこ焼きの鉄板は絶対イワタニ!たこ焼き器を紹介

 

 

 

 

「たこ焼きを作る鉄板は、いろいろなメーカーから発売されています」

 

購入する際、どのメーカーのものを選んだらいいか迷います。

 

 

 

 

「キャンプで使っているカセットコンロがイワタニなら、同製品のたこ焼きプレートをおすすめします」

 

同製品のメーカーなので、ぴったりと収まり使い勝手もかなり良いです。

 



 

「イワタニたこ焼きプレートは裏面にくぼみがあり、カセットコンロの五徳にはまり込むつくり」

 

カセットコンロの五徳にしっかりとはまり込んでいる為、たこ焼きをひっくり返す時などずれないので安心。

 



 

「我が家は以前、鋳物製のたこ焼きプレートを使用していました」

 

鋳物製はたこ焼きがおいしく作れるのですが、生地がくっついてしまいます。

 

油が馴染むまで上手に作れないので、かなり大変でした。

 

 

 

 

「イワタニたこ焼きプレートは、フッ素加工されているので、生地がくっつくことがありません」

 

後片付けや手入れもかなり楽。

 



 

「切り溝があることで、たこ焼きの生地を流し込んだ後、串を溝に合わせて切ることができ、きれいな大玉のたこ焼きが作れます」

 



 

「たこ焼きプレートはガス火を使って焼くので、外はカリッと中はトロッとしたたこ焼きが出来上がります」

 

イワタニたこ焼きプレートがあれば、キャンプで手軽にカセットコンロを使ってたこ焼きが作れます。

 



 

「種類は、たこ焼きプレートとジュニアたこ焼きプレートの2種類あります」

 

タフまるJr.などジュニアコンロを使用されている方は、ジュニアたこ焼きプレートがおすすめ。

 




 

 

 

 

 

「ジュニアコンロ以外は、我が家も使用しているたこ焼きプレートの方が使いやすいです」

 

たこ焼きプレートの方が、大玉のたこ焼きが作れます。

 

 

 


 

 

 

 

 

「イワタニのタフまるは、ダブル風防ユニットと多孔式バーナーで風に強いカセットコンロ」

 

キャンプなどたこ焼きを外で作るなら、風に強いイワタニのタフまるがおすすめ。

 

 

 


 

 

 

 

 

たこ焼きのレシピ

 



 

ペットボトルで下準備
 

 

「使用後のペットボトルを使い、キャンプ前日にたこ焼きの生地は作ってきました」

 

ペットボトルに入れて生地を作ることで、キャンプ当日に洗い物が減ってかなり楽。

 

ボトルに水・たこ焼きミックス・卵を入れ混ぜ、生地を作ったらペットボトルに移します。

 



 

「キャンプ当日はペットボトルを使うことで、そのまま生地を流し込むことができます」

 

 

材料

たこ焼き粉1袋

卵2個

水500cc

たこ約160g

青ねぎ

たこ焼きソース

マヨネーズ

サラダ油

 

 

 

事前に生地を作りペットボトルに入れておく

 



 

たこ焼きプレートを温めてサラダ油をしいてタコを入れる

 



 

生地が混ざるようにペットボトルを振って流し込みます

 



 

青ねぎ・天かす・紅しょうがを加える

 

 

 

 



 

生地の周りが固まってきたらピックを使いくるくる回します

 



 

最後にカリカリ感を出す為にハケなどを使い油を薄く塗って出来上がり

 



 

お好みでたこ焼きソース・マヨネーズ・青のり・鰹節を振りかけていただきます

 

 

 

 



 

「自宅では電気のたこ焼き器を使って、よくたこ焼きを作ります」

 

電気のたこ焼器は火力が弱い為、美味しく出来上がりません。

 

イワタニのたこ焼きプレートを使うと、ガス火で作るので、外はカリッと中はトロッとしたたこ焼きに仕上がります。

 



 

「大玉に出来上がるので、ボリュームがあるたこ焼きになります」

 



 

「ペットボトルを使うと、簡単手軽にたこ焼きをキャンプで作れるのでおすすめ」

 



 

「家族でキャンプをされる際、たこ焼き作りはお子さんも喜ばれると思うのでおすすめです」

 

 

 


 

 

 

 

 

タフまる
 

 

「今回たこ焼きを作るのに、タフまるを使用」

 

イワタニのたこ焼きプレートとタフまるの相性はよくジャストサイズ。

 

カラーも共にブラック色なので、見た目も良いです。

 



 

「風に強いタフまるを使用すると、キャンプでたこ焼きが作りやすくなります」

 



 

「タフまるは、タフまるJr.の一回り大きなサイズ」

 

 

 

 

「タフまるJr.で使うことができなかった大きな鍋やフライパンを使用することができます」

 

サイズの大きな鍋やフライパンを使う時は、タフまるJr.よりタフまるがおすすめ。

 



 

「タフまるは、風防が2重になっているダブル風防ユニットを搭載し風の影響を軽減」

 

ダブル風防ユニット搭載で、外で使いやすくなっています。

 

 

 

 

「炎長が短く風の影響で炎が消えにくい多孔式バーナー」

 

 

 

 

「専用ケースも付属されており、持ち運びに便利」

 

 

 

 

「耐火荷重は20kgあり、ダッチオーブンものせることが可能」

 

 

 

 

「見た目がおしゃれなので、置いておくだけでインテリアにもなります」

 

 

 

 

「使い勝手がよくおしゃれなタフまるは、キャンプでおすすめのカセットコンロ」

 

 

 


 

 

 

 

 

まとめ

 



 

キャンプで使っているカセットコンロがイワタニなら、同製品のたこ焼きプレートをおすすめします。

 

同製品のメーカーなので、ぴったりと収まり使い勝手もかなり良いです。

 

イワタニたこ焼きプレートは裏面にくぼみがあり、カセットコンロの五徳にはまり込むつくり。

 

カセットコンロの五徳にしっかりとはまり込んでいる為、たこ焼きをひっくり返す時などずれないので安心。

 

我が家は以前、鋳物製のたこ焼きプレートを使用していました。

 

鋳物製はたこ焼きがおいしく作れるのですが、生地がくっついてしまいます。

 

油が馴染むまで上手に作れないので、かなり大変でした。

 

イワタニたこ焼きプレートは、フッ素加工されているので、生地がくっつくことがありません。

 

後片付けや手入れもかなり楽。

 

切り溝があることで、たこ焼きの生地を流し込んだ後、串を溝に合わせて切ることができ、きれいな大玉のたこ焼きが作れます。

 

たこ焼きプレートはガス火を使って焼くので、外はカリッと中はトロッとしたたこ焼きが出来上がります。

 

イワタニたこ焼きプレートがあれば、キャンプで手軽にカセットコンロを使ってたこ焼きが作れます。

 

種類は、たこ焼きプレートとジュニアプレートの2種類あります。

 

タフまるJr.などジュニアコンロを使用されている方は、ジュニアたこ焼きプレートがおすすめ。

 

ジュニアコンロ以外は、我が家も使用しているたこ焼きプレートの方が使いやすいです。

 

たこ焼きプレートの方が、大玉のたこ焼きが作れます。

 

以上、「【レビュー】キャンプでたこ焼きの鉄板は絶対イワタニ!たこ焼き器を紹介」でした。

 

 

 

キャンプ用品セール:ナチュラムCheck! 

 
 

 

 

 

 

 

 

キャンプ用品セール(Amazon)Check! 

 
 

 

 

 

 

キャンプ用品セール(楽天)Check!