選び方ぶろぐ

日本酒を300日&年間50泊キャンプを楽しんでいます

【レビュー】イワタニ焼肉プレートSとLの違いと比較!口コミも紹介



 

「年間50泊ほど、キャンプをする我が家」

 

真夏の暑い時期や真冬の寒い季節まで、春夏秋冬キャンプを楽しんでいます。

 

 

 

 

「キャンプの楽しみは、皆さんいろいろあると思います」

 

我が家のキャンプの楽しみは、ゆったりと過ごすこと。

 

キャンプでは夫婦で、お酒をいただきながらゆったりと過ごしています。

 

 

 

 

「お酒を美味しくいただくには、お酒に合う料理やおつまみが必要」

 

我が家はキャンプで、お酒に合う料理やおつまみをいろいろ作ってきました。

 

 

 

 

「いろいろな料理やおつまみの中で、お酒と最高に合うのが焼肉だと思います」

 

 

 

 

「焼肉は炭を使って炭火焼きにするのが一番美味しく食べれる方法ですが、ガス火で手軽にいただきたい時もあります」

 

イワタニの焼肉プレートがあれば、カセットコンロで手軽に焼肉をすることができます。

 



 

今回は、手軽に焼肉ができるイワタニの焼肉プレートを、詳しくブログで紹介したいと思います。

 

 

 

 

 

 


 

 
 
*タイトル
【レビュー】イワタニ焼肉プレートSとLの違いと比較!口コミも紹介

 



 

「カセットコンロで手軽に焼肉をするならイワタニから発売されている焼肉プレートがおすすめ」

 



 

「イワタニの焼肉プレートは、タフまるにもジャストサイズ」

 

タフまるを使用している方にもおすすめ。

 



 

「焼肉プレートは、イワタニのカセットコンロやイワタニ以外のカセットコンロにもぴったりサイズ」

 



 

「裏面には窪みがあるので、カセットコンロの五徳にセットすると、しっかりと固定されます」

 

 



 

「しっかりと五徳に固定される為、うっかり焼肉プレートに当たりひっくり返すこともありません」

 

焼肉プレートとカセットコンロが固定されるので、安心して使用できます。

 

 

 

 

「焼肉プレートは、水受皿に水を入れて使います」

 

 



 

 

 

「水受皿があることで、肉の脂が水の中に落ちて煙をシャットアウト」

 

焼肉プレートで肉を焼くと、ほぼ煙は出ません。

 



 

「肉の脂が水受皿に落ちることで、ヘルシーにいただけます」

 

 

 

 

 

「プレートはフッ素コートされていて、スポンジに食器洗剤をつけて、サッとこするだけできれいになります」

 



 

「フッ素コートされているプレートは、こびりつきもありません」

 

 

 

 

「焼肉プレートには、SサイズとLサイズの2種類があります」

 

1人〜2人で焼肉をするなら焼肉プレートSサイズ。

 

275×46mmの大きさでコンパクトサイズ。

 

 



 



 

 

「3人以上で焼肉をするなら焼肉プレートLサイズ」

 

焼肉プレートLサイズには、取っ手が付属されています。

 

 



 

「337×50mmの大きさで、焼き面がとても広いです」

 

 

 


 

 

 

 

 

焼肉プレートSとLの違い

 



 

「焼肉プレートには、SサイズとLサイズの2種類があります」

 



 

「焼肉プレートSサイズとLサイズの違いは、焼き面の大きさと取っ手の有無」

 

焼き面の大きさと取っ手の有無以外は、全て同じつくりになっています。

 

 



 

「焼肉プレートSサイズとLサイズのどちらを購入するか悩んでおられる方は、焼肉をする人数で決めて下さい」

 

 

 

 

 

焼肉プレートSサイズ

 

「1人〜2人で焼肉をするなら焼肉プレートSサイズ」

 

275×46mmの大きさでコンパクトサイズ。

 

コンパクトサイズなので、収納や持ち運びに便利。

 

 



 



 

 

 

焼肉プレートLサイズ

 

「3人以上で焼肉をするなら焼肉プレートのLサイズ」

 

337×50mmの大きさで、焼き面がとても広いです。

 



 

「焼肉プレートLサイズには、取っ手が付属されています」

 

取っ手があると、熱々の鉄板を動かすことができるのでかなり便利です。

 

 



 

「我が家は2人で焼肉をする時でも焼肉プレートLサイズを使用しています」

 

焼き面が広いので、肉と野菜が一緒に焼けてとても便利。

 



 

「少人数でもいろいろな食材を一緒に焼きたい方は、焼肉プレートLサイズがおすすめ」

 

 

 


 

 

 

 

 

焼肉プレートSとLの口コミと評判

 



 

 

焼肉プレートS

 

「焼肉プレートSの口コミは、下記のような感じ」

 

 

●大きさは一見大きそうに見えますが、あれこれ載せると狭いです。2人分くらいがストレスなく焼けるかなって感じですかね。

 

●今まで大きい方を使用してましたがやはり一人暮らしには大きく良いのが無いかと探していたら見つけました。ジャストサイズで助かってます。

 

●2人でお家焼肉しましたが煙は出ないし焦げ付かないしこのお値段で購入して良かった。

 

●一人焼肉するために購入。ホットプレートだと大きすぎるので、カセットコンロで使いやすいです。

 

●キャンプ用にSを。自分宅用にLを買いました。

 



 



 

 

 

焼肉プレートL

 

「焼肉プレートLサイズの口コミは、下記のようになっています」

 

 

●Lサイズですが、3~4人でちょうどいい大きさです。

 

●Lサイズを知らなくて小さいサイズのモノを永年使っていました。もっと早く買えば良かった。

 

●サイズはⅬです。家族3人で使ってるけど最高です。

 

●サイズがLなので焼きやすかった。

 

●Lサイズです。最初はちょっと大きいではないかと思ってたけど、使ったらやっぱり大きい方が良いということです。

 

 


 

 

 

 

 

キャンプで使用する場合

 

 

 

 

「我が家は、焼肉プレートをキャンプで使用することもあります」

 

 

 

 

「キャンプは屋外でするものですがらカセットコンロを使うと、風の影響を受けてしまいます」

 

風の影響を軽減できるカセットコンロが、イワタニから発売されているタフまる。

 

 

 

 

「タフまると焼肉プレートを組み合わせることで、風を軽減し外で焼肉することができます」

 

我が家もキャンプや外で焼肉プレートを使う場合、タフまるとの組み合わせで使っています。

 

 

 

 

 

タフまる

 

「キャンプで焼肉プレートを使う場合は、タフまるとの組み合わせがベスト」

 



 

「タフまるは、タフまるJr.の一回り大きなサイズ」

 

 

 

 

「タフまるJr.で使うことができなかった大きな鍋やフライパンを使用することができます」

 

サイズの大きな鍋やフライパンを使う時は、タフまるJr.よりタフまるがおすすめ。

 



 

「タフまるは、風防が2重になっているダブル風防ユニットを搭載し風の影響を軽減」

 

ダブル風防ユニット搭載で、外で使いやすくなっています。

 

 

 

 

「炎長が短く風の影響で炎が消えにくい多孔式バーナー」

 

 

 

 

「専用ケースも付属されており、持ち運びに便利」

 

 

 

 

「耐火荷重は20kgあり、ダッチオーブンものせることが可能」

 

 

 

 

「見た目がおしゃれなので、置いておくだけでインテリアにもなります」

 

 

 

 

「使い勝手がよくおしゃれなタフまるは、キャンプでおすすめのカセットコンロ」

 

 

 


 

 

 

 

 

まとめ

 



 

我が家は、焼肉プレートをキャンプで使用することもあります。

 

キャンプは屋外でするものですがらカセットコンロを使うと、風の影響を受けてしまいます。

 

風の影響を軽減できるカセットコンロがイワタニから発売されているタフまる。

 

タフまると焼肉プレートを組み合わせることで、風を軽減し外で焼肉することができます。

 

我が家もキャンプや外で焼肉プレートを使う場合、タフまるとの組み合わせで使っています。

 

焼肉プレートには、SサイズとLサイズの2種類があります。

 

焼肉プレートSサイズとLサイズの違いは、焼き面のサイズと取っ手の有無。

 

焼き面のサイズと取っ手の有無以外は、全て同じつくりになっています。

 

焼肉プレートSサイズとLサイズのどちらを購入するか悩んでおられる方は、焼肉をする人数で決めて下さい。

 

以上、「【レビュー】イワタニ焼肉プレートSとLの違いと比較!口コミも紹介」でした。

 

 

 

キャンプ用品セール

Check! 【楽天市場】

 

 

 

 

キャンプ用品セールCheck! 【ナチュラム】

 

 

 

 

キャンプ用品セール

Check! 【Amazon】