年間50泊キャンプ

年間50泊キャンプに行っています

ベアーズロックのシュラフをレビュー!ふわ暖EXは冬キャンプにおすすめ!評価も詳しくブログで紹介。

 

 

 

「年間50泊程、キャンプをする我が家」

 

真夏の暑い時期や真冬の寒い季節まで、春夏秋冬キャンプを楽しんでいます。

 

 

 

 

「年間50泊も行っていると、毎週がキャンプ」

 

キャンプに行く時間が増えれば増えるほど、快適に過ごしたいといつも思います。

 

 

 

 

「春や秋のキャンプは寒暖の差で、昼間は気温が上がりますが、朝晩が冷え込みます」

 

冬のキャンプは、1日を通して気温が下がったまま。

 

夏キャンプを除く、春・秋・冬のキャンプに、寒さ対策は必要です。

 

 

 

 

「寒さ対策をしなければ、キャンプで快適には過ごせません」

 

 

 

 

「キャンプの寒さ対策といえば、いろいろとあります」

 

例えば、ホットカーペット・電気毛布・湯たんぽなどが、寒さ対策の主流。

 

寒さ対策で最も大事なのが、シュラフの選び方だと思います。

 

 

 

 

「春や秋のキャンプは、朝晩が冷え込みます」

 

冬のキャンプは、1日を通して寒いまま。

 

春・秋・冬のキャンプは、しっかりとしたシュラフが必要。

 

 

 

 

「我が家は、ベアーズロックのふわ暖EXを使用」

 

ふわ暖EXは、使用限界温度が−32度となっていて、かなり暖かいシュラフ。

 

 

 

 

今回は、ベアーズロックのふわ暖EXを含めて、ベアーズロックのシュラフを、詳しくブログで紹介したいと思います。

 

 

 

 

*タイトル
ベアーズロックのシュラフをレビュー!ふわ暖EXは冬キャンプにおすすめ!評価も詳しくブログで紹介

 



 

「ベアーズロックは、広島県に拠点を置くアウトドアブランド」

 

”熊が安心して冬を越せる寝袋”がコンセプトに開発されています。

 

利用する人が気持ちよくアウトドアを楽しんで、良い体験と良い思い出ができるように、製品作りをしています。

 

 

 

 

「ベアーズロックのシュラフの特徴は、とにかく暖かいこと」

 

化繊のシュラフですが、ダウンシュラフに負けない暖かさがあります。

 



 

 

ふわ暖EXを購入した理由
 

 

「我が家がふわ暖EXを、購入して使用している理由は、ふわふわしてモコモコで暖かいから」

 

布団のようなふかふか感があり、シュラフの中に入っていると、包まれるみたいに暖かいです。

 



 

「布団のように綿がたくさん入っておりふかふかなので、その分収納が大きいです」

 

ただ我が家は、キャンプツーリングや登山などもやりません。

 

オートキャンプがメインで、荷物は車で運ぶので、大きさはあまり気にならないです。

 

 

 

 

「−3度ぐらいまでなら毛布も中に入れず、湯たんぽや電気毛布も必要ないので、ふわ暖EXだけで暖かく就寝できます」

 

寒い日でもふわ暖のみで就寝できるので、荷物の削減にもなります。

 

 

真冬のキャンプでも、−3度ぐらいまでなら何も使わず、ふわ暖EXのみで暖かく就寝ができます。

 

 

 

 

使用限界温度が−32度
 

 

「ふわ暖EXは、使用限界温度が−32℃と記載されていますが、−32度で就寝するのはさすがに無理」

 

−32度は無理ですが、−3度ぐらいの気温で、少し厚着で暖かく寝れます。

 

冬キャンプをされるなら、ふわ暖EXがあれば快適で、安心して使用できます。

 

 

 

 

 

ふわ暖EXの特徴
 

 

「ふわ暖EXの特徴は、綿がかなり入っているので、ふわふわでモコモコして、布団みたいに暖かく快適に就寝できること」

 

その暖かさは、朝まで続きます。

 

 

 

 

「ふわ暖EXの中に入って就寝していると、包み込まれるみたいに暖かいので、朝まで起きることもありません」

 

我が家は、ふわ暖EXを夫婦で使用しており、夫婦共に気に入っています。

 

 

 

 

「我が家が、ふわ暖EXを気に入っている所は、シュラフに入ってすぐに暖かいこと」

 

よくある化繊のシュラフは、中に入って暖まるまで、結構な時間がかかります。

 

焚き火や石油ストーブで体が温まっても、シュラフの中が冷たいと体も冷えてしまいます。

 



 

「ふわ暖EXは、中に入ってすぐに暖かさが伝わってくるので、熟睡するまでそれ程時間がかかりません」

 



 

 

ゆったり感
 

 

「マミー型のシュラフといえば、窮屈で寝返りができないというイメージがあります」

 

我が家もマミー型シュラフの窮屈感や寝返りができないのが苦手で、筒型シュラフを好んで使用していました。

 

 

 

 

「ふわ暖EXは、マミー型シュラフなのに寝返りができるゆったりとしたシュラフ」

 

ゆったりとしているので、初心者の方でも扱いやすいです。

 

マミー型によくある足元がしぼられた感じではなく、足元がゆったりとしていて、全長も長め。

 

 

 

 

「ゆったりとしたサイズなので、大柄な男性でも特に問題はありません」

 

我が家は身長175cmですが、めちゃくちゃ広々で快適に就寝ができています。

 



 

 

こだわりの機能

 

 

 

 

足元が自由に動かせる
 

 

「よくあるマミー型シュラフとは違い、足が自由に動かせるので、就寝していてストレスは感じません」

 

 

 

 

 

ドローコードで頭まですっぽり
 

 

「コードロックの付いたドローコードを使用している為、頭部まですっぽりとかぶれて温度調整ができます」

 

 

 

 

 

 

ダブルファスナーで温度調整が可能
 

 

「2個のファスナースライダーで、部分的に解放ができ、温度調整と通気性を確保」

 



 

 

ファスナーガード
 

 

「就寝している時に、ファスナーが勝手に開かないように、ファスナーガード付き」

 

 

 

 

 

ドラフトチューブ
 

 

「ファスナーに沿って隙間ガードが付いていて、中の暖かさを外に逃さず、冷気もシャットアウト」

 

 

 

 

 

ショルダーウォーマー
 

 

「肩の部分に保温材の入ったチューブを付けることで、シュラフの中で温めた空気を外に逃しません」

 

 

 

 

 

しろくま圧縮袋

 

 

 

 

「ふわ暖EXは、ふわふわしモコモコしており、布団のような寝心地」

 

ふわふわモコモコしている分、綿がたくさん入っています。

 

ダウンシュラフではないので、収納は大きいです。

 

 

 

 

「ただ、付属の収納袋が圧縮できる為、小さくはできます」

 



 

 

収納の仕方
 

 

①足元の方から上に向かって、空気を抜きながら巻いていきます。

 



 

②付属のベルトで固定します。

 

 

 

 

③就寝袋に奥までしっかりと入れます。

 

 



 

④最後に、ベルトを締めて圧縮したら完了。

 

 

 

 

 

 

ふわ暖EXの生地の特徴
 

 

「表面生地は、摩耗や裂けに強く耐久性がありしっかりとしたつくり」

 

上質なポリエステル素材を採用し、強度と柔らかさがありソフトな肌触り。

 

 

 

 

「内生地には、吸水性PGポリエステルを採用し、吸水性と通気性がよく、汗をよく吸います」

 

保温性も高く、シュラフに入ってすぐに温もりを感じ暖かいです。

 

 

 

 

「中綿には、3Dファイバー製中空科学繊維を採用し、下記のような特徴があります」

 

 

3Dファイバー製中空科学繊維

シワになりにくい・型崩れしない・洗濯に強い・乾きやすい・虫やカビに強い

 

 

 

「ふわ暖EXは、ふわふわでモコモコした布団のような感じで就寝できるシュラフ」

 

マミー型ですが、ゆったりとしていて寝返りもすることが可能。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「マミー型で、センタージップのふわ暖EXもあります」

 

ファスナーが中央に付いている為、とても便利。

 

Bears Rock

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「筒型のふわ暖EXもあります」

 

フルオープンにすると、布団のように使えます。

 

Bears Rock

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

春秋用のシュラフはふわ暖
 

 

「冬キャンプをされない方は、ふわ暖がおすすめ」

 

使用限界温度は、−15℃になっています。

 

筒型なので、フルオープンにすると布団のように使えます。

 

Bears Rock

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「マミー型ですが、足元・ひざ元・中もゆったりサイズで、寝返りをすることも可能」

 

ふわ暖は、全く窮屈さがないシュラフです。

 

使用限界温度は、−15℃になっています。

 

Bears Rock

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「マミー型で、センタージップのふわ暖もあります」

 

ファスナーが中央に付いている為、とても便利。

 

こちらも使用限界温度は、−15℃

 

Bears Rock

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まとめ

 

 

 

 

今回は、ベアーズロックから発売されているふわ暖EXを紹介しました。

 

使用限界温度が−32℃になっており、めちゃくちゃ暖かいです。

 

−3℃ぐらいなら、少し厚着をすれば朝まで快適。

 

ふわ暖EXを使用すると、朝まで快適に就寝することが可能。

 

春や秋のキャンプなら暑いくらいの保温性の高さがあります。

 

ふかふかでモコモコしているので、布団のような感覚で就寝ができます。

 

ふわ暖EXを使用して、我が家が一番気に入っている所が、中に入ってすぐに暖かいこと。

 

よくある化繊のシュラフは、中に入って暖かくなるまで時間がかかります。

 

焚き火や石油ストーブでせっかく体を温めても、シュラフが冷たいと体がすぐに冷えてしまいます。

 

ふわ暖EXは、中に入ってすぐに暖かいので、すぐに熟睡ができます。

 

化繊シュラフのふわ暖EXの唯一のデメリットは、収納が大きいこと。

 

ふわふわでモコモコし、布団のようなシュラフなので、綿がたくさん入っています。

 

綿がたくさん入っているので、どうしても片付けた時に場所をとってしまいます。

 

付属の収納袋が圧縮型なので、できるだけ小さくはできます。

 

我が家は、オートキャンプで車を使うので、収納が大きいのはあまり気になりません。

 

ふわ暖EXがあると、朝まで快適に就寝できるのでおすすめ。

 

 

 

 

キャンプ用品セール:ナチュラムCheck! 

 
 

 

 

 

 

 

 

 

キャンプ用品セール(Amazon)Check! 

 
 

 

 

 

 

 

キャンプ用品セール(楽天)Check!