選び方ぶろぐ

日本酒を300日&年間50泊キャンプを楽しんでいます

【検証】11月キャンプはストーブなしでも大丈夫?詳しくブログで紹介



 

「年間50泊程、キャンプに行く我が家」

 

真夏の暑い時期から真冬の寒い季節まで、春夏秋冬キャンプを楽しんでいます。

 

 

 

 

「1年を通してキャンプに行っていると、それぞれその季節にあった寒さ対策がわかってきます」

 

 

 

 

今回は、11月のキャンプでストーブなしでも大丈夫か?詳しくブログで紹介したいと思います。

 

 

 


 

 
 
*タイトル
【検証】11月キャンプはストーブなしでも大丈夫?詳しくブログで紹介

 

 

 

 

「11月は真冬の寒さはありませんが、だんだんと気温が下がってきます」

 

早朝は一桁台まで気温が下がり、昼間でも暖房器具がないと肌寒いくらいです。

 

11月のキャンプは、しっかりとした暖房器具が必要になってきます。

 



 

「ストーブがない場合の暖房器具は、電化製品を使うか焚き火で暖を取るかになります」

 

 

 

 

セラミックヒーター

 



 

「電化製品でおすすめは、セラミックヒーター」

 

ストーブを使用しなくてもセラミックヒーターで暖が取れます。

 

 

 

 

「キャンプでセラミックヒーターを使用するメリットは、クリーンな暖房器具なので換気が必要ないこと」

 

電気を熱源にしているセラミックヒーターは、一酸化炭素が発生しないので換気をする必要がありません。

 

換気をせずテント内を締め切って使用できるので、温度が上がりやすいです。

 

 

 

 

「セラミックヒーターがあると、とても暖かいです」

 

 

 


 

 

 

 

 

「我が家は、ミニセラミックヒーターの2台体制にしています」

 

ミニセラミックヒーターを2台体制にすることで、より暖かくキャンプができます。

 

 

 


 

 

 

 

 

焚き火リフレクター

 



 

「焚き火で、より暖かく暖を取る為には、焚き火リフレクターが必要」

 

焚き火リフレクターを使用することで、ストーブがなくてもキャンプができます。

 



 

「焚き火のリフレクターを使用すると、冬場で最も冷え込む朝晩でも焚き火で暖が取れます」

 

 

 

 

「焚き火のリフレクターは、寒い季節に焚き火をする最強のアイテム」

 

 

 

 

「焚き火の周りにリフレクターを囲むことで、風が遮断され炎が安定する為、薪の節約にもなります」

 

火の粉をガードするので、安心して焚き火ができます。

 

 

 

 

「焚き火から発生する熱を反射させ、前方に送り出すことで、より正面が温かくなります」

 

風を防いで輻射熱アップするのが、焚き火リフレクターの効果。

 

 

 

 

キャンプグリーブの大型風防板

 

 

 

 

「キャンプグリーブの大型風防板は、焚き火で使うリフレクターで1番人気があり売れている商品」

 

1番人気があり売れているのには、それだけの理由があります。

 




「キャンプグリーブの大型風防板は、重さと厚みがあるので、ペグダウンの固定のみで安定します」

 

付属のOリングを取り付けると、鍛造ペグで固定することが可能。

 

 ペグダウンすると、大型風防板が倒れることがありません。

 

 

 

 

「ずっしりとしているので、弱い風ならペグダウンは必要ありません」

 



 

「キャンプグリーブの大型風防板は、非常によくできたリフレクターだと我が家は思います」

 

しっかりとしたつくりで、丈夫で曲がることがないのもキャンプグリーブの大型風防板の良い所。

 



 

「キャンプグリーブの大型風防板を使用すると、炎が安定+火の粉のガード+薪が長持ちします」

 



 

「特殊加工によって、他のリフレクターより反射率がアップ」

 

キャンプグリーブの大型風防板があれば、真冬のキャンプでも焚き火だけで暖が取れます。

 

 

キャンプグリーブの大型風防板

風に強い

ペグで固定可能

複数連結できる

Oリングが14個付属

#400耐水ペーパー付き

特殊加工により反射率アップ

亜鉛メッキでサビにくい

 

 

 

「耐水ペーパーが付属されており、バリがあってもきれいにできます」

 

我が家の購入したものはバリがなかったですが、バリがあっても磨けるので安心。

 



 

「収納袋は、避けにくくて丈夫な600Dの生地を採用」

 

幅が広いので入れやすく、とても便利。

 



 

「我が家は、キャンプグリーブの大型風防板の60cmサイズを使用」

 

ファイアグリル・スノーピークの焚き火台・ファイアーディスクなど、大型の焚き火台にちょうどいい高さ。

 



 

「キャンプグリーブの大型風防板の60cmサイズが、1番売れているサイズ」

 

 

 


 

 

 

 

 

「内側がシルバーで外面がマットブラック塗装してあるキャンプグリーブの大型風防板も販売されています」

 

 

 


 

 

 

 

 

まとめ

 



 

秋キャンプは、真冬ほどの寒さはありませんが、朝晩が冷え込むことが多いので、しっかりとした暖房器具が必要。

 

初心者の方で、11月のキャンプが不安なら、電源サイトを利用されるのも、ひとつの選択。

 

電源サイトなら、自宅で使用している家電が使えるので、自宅と似たような環境で過ごせます。

 

以上、「【検証】11月キャンプはストーブなしでも大丈夫?詳しくブログで紹介」でした。

 

 

 

 

キャンプ用品セール:ナチュラムCheck! 

 
 

 

 

 

 

 

 

キャンプ用品セール(Amazon)Check! 

 
 

 

 

 

 

キャンプ用品セール(楽天)Check!