選び方ぶろぐ

年間50泊キャンプに行っています

キャンプで揚げ物!クッカーや鍋はこれが絶対におすすめ!

 

 

 

「自宅で揚げ物をすると、カーテンや洋服に油の匂いが染みついたり、油はねをしてキッチンが汚れたりします」 

 

自宅で揚げ物は、結構やりにくいです。

 

我が家は、自宅で揚げ物をするより、どちらかというとキャンプですることの方が多いです。

 

 

 

 

「キャンプで揚げ物をするメリットは、外で揚げるので匂いがこもらず、油はねもカセットコンロを拭くだけなので簡単」

 

揚げたての熱々の揚げ物が食べたい時は、キャンプに行った時によく作ります。

 

 

 

 

「最近は、キャンプ人気ということもあり、いろいろなブランドからクッカーが発売されています」 

 

そのいろいろあるクッカーから我が家が選んで使用しているのが、コールマンから発売されているダブルパンクッカー。

 

もちろん揚げ物をする時も、ダブルパンクッカーを使用しています。

 



 

「最近は、ホットサンドメーカーで作るキャンプ飯が流行っています」 

 

キャンプをされる方なら、ホットサンドメーカーをひとつは持っておられると思います。

 

今あるホットサンドメーカーの形は、四角いものがほとんど。

 

 

 

 

 「四角い形のホットサンドメーカーが主流の中、我が家が使用するダブルパンクッカーは丸い形」 

 

丸型で深さが4cmあるので、フライパンとして使用できます。

 



 

今回は丸型のホットサンドメーカー、コールマンのダブルパンクッカーで揚げ物をして食べました。

 

ダブルパンクッカーは、とても便利なクッカーなので、ぜひ参考にして下さいね。

 

 

 

 




お気軽にフォローして下さいね^^
Instagram


 

*タイトル
キャンプで揚げ物 

 



 

ダブルパンクッカー
 

 

「ホットサンドメーカーは、四角い形が主流の中、コールマンから発売されているダブルパンクッカーは丸い形」 

 

丸い形のダブルパンクッカーは、フライパンとして使用できます。

 

 

 

 

 「ダブルパンクッカーは、2つのミニフライパンになるので、いろいろな料理を作ることが可能」 

 

 

 

 

160×380mmで、深さ40mmのダブルパンクッカーのサイズ

 

 

 

「ダブルパンクッカーは、他のホットサンドメーカーより深さががあるので、深さ4cmのダブルパンクッカーでいろいろな料理を作ることができます」

 

揚げ物やアヒージョも作りやすいです。

 

 

 

 

「おすすめは、ホットケーキやお好み焼き」

 

ホットケーキやお好み焼きは、四角い形より丸型の方が上手に作ることが可能。

 

 

 

 

「ダブルパンクッカーは、ハンドルを取り外すと皿としても使えます」

 

 

 

 

「焼き立ての熱々のお好み焼きを、鉄板の上でいただけるので、いつまででも覚めません」 

 

 

 

 

「我が家がダブルパンクッカーを購入した理由のひとつに、ランタン焼き印があります」 

 

本体に、コールマンのランタン印があり、挟んで食材を焼くとコールマンの焼き印がつきます。

 

 

 

 

 

「例えば、肉まんや今川焼きを焼くと、下記のようなきれいなランタンの焼き印」 

 

そのコールマンの焼き印が見たくて、ダブルパンクッカーの購入を決めました。

 

 

 

 

 

「内側は、ノンスティック加工されているので、焦げ付くことがありません」  

 

 

 

 

 「ハンドルを取ることでコンパクトになり、収納袋も付属されています」 

 

 

 

 

 

 

「丸型のダブルパンクッカーは、2つのフライパンになる優れもの」 

 

 

 

 

「ダブルパンクッカーは、年間50泊キャンプに行く我が家のおすすめのホットサンドメーカー」 

 

 

 


 

 

 

 

 

用意するもの
 

 

「我が家は揚げ物をするのに、2Lのペットボトルを使用します」 

 

お茶や水などが入っている2Lのペットボトルを、10cmぐらいの所で切ります。

 

切ったら洗って乾かしておいて下さい。

 

 

 

 

「小麦粉・卵・パン粉を入れるので3個必要」

 

 

 

 

 

下ごしらえ
 

 

「今回はキャンプで、とんかつとエビフライを作ります」

 

 

材料は、豚肉とんかつ用・エビ・卵・パン粉。

 

 

 

 「エビは皮をむき、キッチンペーパーで水分を取ります」

 



 

 「豚肉を、オピネルナイフで筋切りします」 

 

 

 

 

「オピネルナイフは、キャンプで使うナイフで、1番人気があり売れているナイフ」 

 

オピネルナイフの人気がある理由は、見た目のかっこよさ。

 

 

 

 

 「グリップは、木製のブナ林が使われていておしゃれ」 

 

 

 

 

「ブレードは、カーボンスチール製とステンレス製の2種類あります」

 

https://item.rakuten.co.jp/ruuruu/op-s-4/

 

 

 「カーボンスチール製は、研ぎやすく切れ味はいいのですが、サビやすいというのがデメリット」 

 

サビやすいので、メンテナンスが割と大変。

 

https://item.rakuten.co.jp/brooklynmuseum/130808/

 

 

「ステンレス製は、カーボンスチール製より切れ味が落ちますが、サビないのでメンテナンスがゼロ」 

 

カーボンスチール製より、メンテナンスがいらないステンレス製の方が人気。

 

我が家もステンレス製のオピネルナイフを使用しています。

 

 

 

 

「オピネルナイフは、2番から12番のサイズがあり、売れているのは8番・9番・10番」

 

 

 

 

 「8番のオピネルナイフは、一味や七味の瓶より少し小さなサイズ」

 

 

 

 

 

 「こじんまりとしたサイズなので、ソロキャンパーに人気」 

 

我が家もソロでキャンプに行く時は、必ず使用しています。

 

 

 


 

 

 

 

 

 「9番のオピネルナイフは、2番から12番までで一番人気のサイズ」 

 

人気があるだけに、使い勝手の良いサイズです。

 

https://item.rakuten.co.jp/kmglobalworks/op09-12211/

 

 


 

 

 

 

 

「10番のオピネルナイフは、カレーやシチューの箱の縦の長さと同じ」

 

 

 

 

 

 「ブレードの長さがある程度あるので、スムーズに食材が切りやすくストレスもありません」

 

食材が切りやすいサイズなので、キャンプでよく料理をする方におすすめ。

 

 

 

 

 「我が家も10番のオピネルナイフを使用しています」

 

 

 


 

 

 

 

 

 「エビと豚肉に、下味のマキシマムを振りかけます」 

 

 

 

 

 

 

 

「マキシマムは、キャンプ3大スパイスのひとつ」 

 

他に、ほりにしと黒瀬のスパイスがあります。

 

 

 

 

「マキシマムは、雑誌やテレビで紹介されたことで、一時期人気があり過ぎて供給が追いつかず、購入できない時がありましたが現在は落ち着いています」

 

 

 

 

 「マキシマムは、材料にナツメグとローレルが入っており、肉の臭みを取り除きます」

 

尚且つ、かつおと醤油の旨味成分で、食材に振りかけると、かなり美味しくなります。

 

 

 


 

 

 

 

 

作り方
 

 

「ペットボトルに、小麦粉・卵・パン粉を別々に入れる」 

 

 

 

 

 

 

「下味をつけたエビと豚肉に、小麦粉→卵→パン粉の順番でつけます」 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「油を180℃の温度まで上げ、衣をつけたエビを揚げていきます」

 

 

 

 

 

 

 「きつね色になったら油から上げ、トレイに移し油切りをしたら出来上がり」 

 

 

 

 

 

「シェラカップにエビフライを入れ、タルタルソースをかけていただきます」

 

 

 

 

 

 

 「同じく、油を180℃まで上げ、豚肉を揚げていきます」

 

 

 

 

 

 

 「きつね色になったら油から上げ、トレイで油切り」

 

 

 



 

 「食べやすい大きさに切り、シェラカップに入れていただきます」

 

 

 

 

 「今回は、コールマンから発売されているダブルパンクッカーを使い揚げ物を作りました」 

 

ダブルパンクッカーは、他のホットサンドメーカーより深さがあるので、揚げ物がやりやすいです。

 

 

 

 

「深さがある分、アヒージョも作れます」

 

 

 

 

 「おすすめはお好み焼きで、とても丈夫に作ることが可能」

 

 

 

 

 「コールマンのダブルパンクッカーは、年間50泊キャンプに行く我が家のおすすめのホットサンドメーカー」

 

 

 


 

 

 

 

 

まとめ

 

 

 

 

今回は、キャンプで揚げ物を作ってみました。

 

外で揚げ物をするので匂いもこもらず、油はねをしてもカセットボンベをサッと拭くだけなので、とても手軽。

 

自宅で揚げ物をするより、キャンプの方がやりやすいです。

 

揚げ物をするクッカーは、コールマンのダブルパンクッカーがおすすめ。

 

ダブルパンクッカーは、ホットサンドメーカー&2つのフライパンになる優れもの。

 

深さがあるので、アヒージョや揚げ物もできます。

 

おすすめはお好み焼きで、丸型のホットサンドメーカーなので、簡単手軽に作れます。

 

我が家は年間50泊行くキャンプに、必ずダブルパンクッカーを持っていきます。

 

ダブルパンクッカーは、年間50泊キャンプに行く我が家がおすすめするホットサンドメーカー。

 

以上、「キャンプで揚げ物!クッカーや鍋はこれが絶対におすすめ!」でした。

 

 

 

キャンプ用品セール:ナチュラム
 
 

 

キャンプ用品セール(Amazon)
 
 

 

キャンプ用品セール(楽天)