選び方ぶろぐ

年間50泊キャンプを楽しんでいます

【検証】焚き火リフレクターが倒れる!固定と立て方で防げる

 

 

 

「年間50泊程キャンプをする我が家」

 

真夏の暑い時期や真冬の寒い季節まで、春夏秋冬キャンプを楽しんでいます。

 

 

 

 

「年間50泊もすると、ほぼ毎週がキャンプ」

 

キャンプに行く時間が長ければ長い程、快適に過ごしたいと思います。

 

 

 

 

「春や秋キャンプは昼間気温が上がりますが、寒暖差で朝晩が冷え込みます」

 

冬キャンプは、1日を通して寒いまま。

 

夏キャンプを除く、春・秋・冬キャンプに寒さ対策は必要です。

 

 

 

 

「我が家は夏以外の季節、春・秋・冬キャンプに焚き火をします」

 

春や秋は焚き火だけでも暖が取れますが、気温が下がる冬キャンプは、焚き火で暖かく過ごすなら何かしらの対策が必要。

 

冬キャンプの朝晩は特に冷え込むので、焚き火だけで暖を取るのは厳しいです。

 



 

「我が家は、焚き火台の周りに焚き火リフレクターを設置しています」

 

焚き火台の周りにリフレクターを設置することで、輻射熱効果がプラスされ、冬場の気温が下がる朝晩でも快適に暖かく焚き火ができます。

 

リフレクターがあれば、冬キャンプで1番気温が下がる朝晩でも、焚き火だけで暖が取れます。

 



 

「リフレクターは、風がある日でも焚き火ができるので重宝しますが、あまりにも風が強いと倒れてしまいます」

 

最近のリフレクターは、ペグで固定するものがほとんどですが、風が強い日はペグの配置に工夫が必要。

 



 

今回は、焚き火のリフレクターが倒れる時の固定の仕方と、キャンプグリーブの大型風防板についても詳しくブログで紹介したいと思います。

 

 

 


 

 
 
*タイトル
【検証】焚き火リフレクターが倒れる!固定と立て方で防げる

 



 

焚き火リフレクターの効果

 



 

「焚き火台の周りにリフレクターを設置することで、風を遮断し炎が安定するので薪の節約になります」

 

火の粉もガードできるので、安心して焚き火をすることが可能。

 



 

「リフレクターを使う1番のメリットは、輻射熱効果で暖かくなること」

 

焚き火から出る熱をリフレクターが反射し前方に送り出す為、正面がより温かくなります。

 

 

リフレクターを使用するメリット

炎が安定

火の粉をガード

薪が長持ち

輻射熱効果で暖かい

 

 

 

「春や秋キャンプでリフレクターがあれば、より暖かく快適に焚き火ができます」

 

冬キャンプで気温が下がる朝晩に、焚き火だけで暖を取るならリフレクターは必要。

 



 

キャンプグリーブの大型風防板

 



 

「最近はキャンプ人気に伴い、いろいろなブランドから焚き火リフレクターが発売されています」

 

いざ購入する際、たくさんあり過ぎてどのブランドのリフレクターを選んだらいいか迷います。

 

我が家は、キャンプグリーブの大型風防板を使用。

 



 

「キャンプグリーブの大型風防板は、焚き火のリフレクターで1番人気があり売れている商品」

 

シリーズ累計販売10万件を突破した、かなり売れている焚き火のリフレクター。

 



 

「キャンプグリーブの大型風防板の人気があり売れている理由は、使い勝手がよく暖かいから」

 

焚き火の周りにセットすることで、風が遮断されて炎が安定し薪の節約にもなります。

 

背面の火の粉をガードしてくれるので、安心して焚き火ができます。

 



 

「焚き火から発生する熱をリフレクターが反射し前方に送り出すことで、より正面が温かくなります」

 



 

「我が家も焚き火を使って料理をすることがあります」

 

特にご飯を炊く時は、風の遮断が大事。

 



 

「風の影響を受けてしまうと、炊き上がりに失敗してしまうリスクが発生します」

 

ご飯を炊く時は、必ずキャンプグリーブの大型風防板を使用しています。

 

キャンプグリーブの大型風防板を使用することで、風を遮断し失敗なくご飯を炊くことが可能。

 

 



 

「キャンプグリーブの大型風防板には、耐水ペーパーが付属されており、バリがあってもきれいに磨くことができます」

 

我が家の購入したものは、バリは全くなかったですが、耐水ペーパーが付いているので、もしバリがあっても安心。

 



 

「収納袋は、避けにくく厚手の600Dの生地を採用」

 

幅が大きいので、収納袋に入れやすく便利。

 



 

「開閉部をダブルフェイス生地に改良」

 

Oリングが付属されていて、最大8ヶ所をペグダウン可能。

 

 

キャンプグリーブの大型風防板

風に強い

ペグで固定可能

複数連結できる

Oリングが14個付属

#400耐水ペーパー付き

特殊加工により反射率アップ

亜鉛メッキでサビにくい

 

 

 

キャンプグリーブの大型風防板が倒れる

 

 

 

 

「キャンプグリーブの大型風防板は、重さと厚みがあるので、地面が平らで弱い風ならペグダウンの必要がなく自立します」

 



 

「風がある日でも8ヶ所あるOリングにペグダウンすることで倒れることがなく安定します」

 

ある程度風がある日でも、Oリングにペグダウンすればキャンプグリーブの大型風防板は倒れることがありません。

 

 



風の強い日や地面が平らではない
 

 

「サイトの周りに何もなく、他の人に迷惑がかからない状況だと、やや風が強い日でも焚き火をします」

 



 

「風が強くなると、Oリングの固定では倒れることがあります」

 

地面が平らではない場合も、リフレクターが安定しません。

 

焚き火のリフレクターが倒れなくする為には、ペグの置き方と配置に工夫が必要。

 



 

ペグの置き方と配置
 

 

「リフレクターを倒れなくする為には、リフレクターを固定する必要があります」

 

固定することで、風の強い日や平ら地面でなくてもリフレクターが安定します。

 

 

リフレクターを安定させるには固定がとても重要

 

 

 

「リフレクターの固定には、鍛造ペグを使用します」

 

少し面倒な作業なので、Oリングにペグダウンして倒れるようならおこなって下さい。

 

鍛造ペグを挟み込む感じでペグダウンすると、リフレクターが安定して倒れません。

 

 




鍛造ペグで固定
 

 

「鍛造ペグは、スノーピークのソリッドステーク30や村の鍛冶屋のエリッゼステーク28cmを使用」

 

リフレクターに対して、下記のように挟み込む感じでペグダウンします。

 



 

「リフレクターと平行にペグダウンし、ペグでリフレクターを挟み込んで下さい」

 

ペグを平行にし挟み込むことで、リフレクターが安定し、倒れることがありません。

 



 

「我が家はリフレクターを合計4ヶ所固定し、合計8個の鍛造ペグを使用します」

 



 

「鍛造ペグが平行にペグダウンできない場合は、斜めにペグダウンし、手で動かすとある程度平行になります」

 



 

「リフレクターを倒れなくするには、鍛造ペグで挟み込むことが大事」

 

鍛造ペグで挟み込むこで、リフレクターが安定し倒れることがありません。

 

 

 

リフレクターが倒れる

鍛造ペグで合計4ヶ所を固定し合計8個の鍛造ペグを使用

 

 

 

「我が家は、鍛造ペグで1番売れているソリッドステーク30を使用

 

ソリッドステーク30は、スノーピークから発売されている鍛造ペグ。

 

 

 


 

 

 

 

 

「村の鍛冶屋のエリッゼステーク28cmは、スノーピークのペグと強度は同じで値段が安いのが特徴」

 

我が家もエリッゼステーク28cmを使用しています。

 




 

 

 

 

 

キャンプグリーブの大型風防板

 



 

「我が家は、キャンプグリーブの大型風防板を使用」

 



 

「キャンプグリーブの大型風防板は、焚き火のリフレクターで1番人気があり売れている商品」

 

特殊加工により他のリフレクターより暖かく感じます。

 

 

 


 

 

 

 

 

「内側がシルバーで外面がマットブラック塗装してあるキャンプグリーブの大型風防板も販売されています」

 

 

 


 

 

 

 

 

「我が家は、黒色のキャンプグリーブの大型風防板も使用」

 



 

「黒色のキャンプグリーブの大型風防板は、熱を吸収するブラックカラーなので、反射板としての効果はありません」

 

風を防ぐ風防板としての役目が大きく、気温がそれ程下がらない春や秋のキャンプにおすすめ。

 

 

 


 

 

 

 

 

まとめ

 



 

今回は、焚き火のリフレクターが倒れる時の固定の仕方と、キャンプグリーブの大型風防板について詳しくブログで紹介しました。

 

焚き火のリフレクターが倒れる場合は、鍛造ペグを挟み込む感じで固定して下さい。

 

鍛造ペグで挟み込む感じで固定することで、焚き火のリフレクターが倒れることがありません。

 

我が家も地面が平らではない場合や、風の強い日に鍛造ペグでリフレクターを挟み込んでいます。

 

キャンプグリーブの大型風防板は、焚き火のリフレクターで1番人気があり売れている商品。

 

特殊加工により他のリフレクターより暖かく感じます。

 

まだ焚き火のリフレクターを選んでいない方は、キャンプグリーブの大型風防板をおすすめします。

 

以上、「【検証】焚き火リフレクターが倒れる!固定と立て方で防げる」でした。

 

 

 

キャンプ用品セール:ナチュラムCheck! 

 
 

 

 

 

 

 

 

キャンプ用品セール(Amazon)Check! 

 
 

 

 

 

 

キャンプ用品セール(楽天)Check!