選び方ぶろぐ

年間50泊キャンプを楽しんでいます

【検証】焚き火リフレクターのベストな高さは60cm

 

 


「年間50泊程、キャンプをする我が家」

 

真夏の暑い時期や真冬の寒い季節まで、春夏秋冬キャンプを楽しんでいます。

 

 

 

 

「キャンプの楽しみは、人それぞれいろいろとあります」

 

我が家のキャンプの楽しみは、ゆったりとお酒を飲むこと。

 

焚き火をしながらいただくお酒は、最高の贅沢。

 

 

 

 

「我が家が夏以外の季節、焚き火をする時に使用しているのが焚き火リフレクター」

 

焚き火リフレクターを夏以外、春・秋・冬キャンプに使っています。

 



 

今回は、焚き火リフレクターのベストな高さは?60cmが売れ筋ですが使い勝手はいいのか?サイズの選び方も詳しくブログで紹介したいと思います。

 

 

 


 

 
 
*タイトル
【検証】焚き火リフレクターのベストな高さは60cm
 



 

焚き火リフレクターの効果は?
 

 

「我が家は、焚き火リフレクターを夏以外の春・秋・冬キャンプに使用しています」

 



 

「特に気温が下がる冬キャンプは、焚き火リフレクターの効果は絶大です」

 

焚き火にリフレクターを囲むことで、焚き火から出る熱を反射し、前方に送り出します。

 

熱を前方に送ることで、より正面が暖かくなります。

 



 

「リフレクター効果で、焚き火の炎が安定し薪の節約にもなります」

 

火の粉をガードし、安心して焚き火をすることが可能。

 



 

「風を防いで熱を反射させるリフレクターの効果は絶大です」

 

 

リフレクターの効果

焚き火をリフレクターで囲むことで熱が反射し、より暖かい輻射熱を感じることができます

炎が安定するので薪の節約と火の粉をガード

 

 

 

焚き火リフレクターのベストな高さ
 

 

「定番の焚き火台といえば、スノーピークの焚き火台や、ユニフレームのファイアグリルがあります」

 

スノーピークの焚き火台やファイアグリルの高さは30cmぐらい。

 



 

「売られている薪の長さは30cm〜40cmぐらいなので、焚き火台で薪を立ても風からガードしてくれます」

 

 



 

「薪は寝かせると弱火でじっくりと燃焼時間が長くなります」

 

 



 

「薪は立てる程よく燃え燃焼時間も短くなります」

 



 

「薪を立て燃やす時もあるので、焚き火台+30cmがベストな高さ」

 

使用されている焚き火台+30cmが使いやすいリフレクターの高さだと思います。

 

 

リフレクターの高さ

焚き火台+30cmの高さがベスト

 

 

 

「スノーピークの焚き火台やファイアグリルの高さは30cmぐらいなので、使用されている方はリフレクターの高さ60cmが1番使いやすいサイズ」

 



 

「焚き火リフレクターが60cmあれば、レインボーストーブ・フジカハイペット・パセコストーブ・アルパカストーブ・グローストーブなどの、小型石油ストーブの風防としても使用できます」

 



 

「イスに座るとちょうど顔あたりに熱を感じるのが、リフレクターの高さ60cmサイズ」

 



 

「リフレクターの高さ60cmは、いろいろあるサイズの中で1番人気がある高さ」

 

人気があり売れているのは、それだけの理由があります。

 

横幅も120cmあれば、焚き火リフレクターの役割を果たしてくれます。

 

 

 

 

キャンプグリーブ 大型風防板
 

 

「キャンプグリーブの大型風防板は、焚き火で使うリフレクターで1番人気があり売れている商品」

 

1番人気があり売れているのには、それだけの理由があります。

 




「キャンプグリーブの大型風防板は、重さと厚みがあるので、ペグダウンの固定のみで安定します」

 

付属のOリングを取り付けると、鍛造ペグで固定することが可能。

 

 ペグダウンすると、大型風防板が倒れることがありません。

 

 

 

 

「ずっしりとしているので、弱い風ならペグダウンは必要ありません」

 



 

「キャンプグリーブの大型風防板は、非常によくできたリフレクターだと我が家は思います」

 

しっかりとしたつくりで、丈夫で曲がることがないのもキャンプグリーブの大型風防板の良い所。

 



 

「キャンプグリーブの大型風防板を使用すると、炎が安定+火の粉のガード+薪が長持ちします」

 



 

「特殊加工によって、他のリフレクターより反射率がアップ」

 

キャンプグリーブの大型風防板があれば、真冬のキャンプでも焚き火だけで暖が取れます。

 

 

キャンプグリーブの大型風防板

風に強い

ペグで固定可能

複数連結できる

Oリングが14個付属

#400耐水ペーパー付き

特殊加工により反射率アップ

亜鉛メッキでサビにくい

 

 

 

「耐水ペーパーが付属されており、バリがあってもきれいにできます」

 

我が家の購入したものはバリがなかったですが、バリがあっても磨けるので安心。

 



 

「収納袋は、避けにくくて丈夫な600Dの生地を採用」

 

幅が広いので入れやすく、とても便利。

 



 

「我が家は、キャンプグリーブの大型風防板の60cmサイズを使用」

 

ファイアグリル・スノーピークの焚き火台・ファイアーディスクなど、大型の焚き火台にちょうどいい高さ。

 



 

「キャンプグリーブの大型風防板の60cmサイズが、1番売れているサイズ」

 

 

 


 

 

 

 

 

「内側がシルバーで外面がマットブラック塗装してあるキャンプグリーブの大型風防板も販売されています」

 

 

 


 

 

 

 

 

キャンプグリーブの黒色大型風防板
 

 

「我が家は春や秋のキャンプに、キャンプグリーブの黒色大型風防板を使用しています」

 

両面ブラック色なので、反射板としての効果はありません。

 

ブラック色は熱を反射せず、吸収してしまいます。

 



 

「反射板としての効果はなく、風を防ぐ防風板の役目になります」

 

黒色の大型風防板を使うと、風の影響をなくすことで炎が安定し、薪が長持ちします。

 

火の粉もガードするので、安心して焚き火をすることが可能。

 



 

「付属のOリングを取り付けると、鍛造ペグで固定することができます」

 

ペグダウンすることで安定し、風のある日でも倒れません。

 



 

「収納袋は、避けにくくて丈夫な600Dの生地を採用」

 

幅が広いので入れやすく、とても便利。

 



 

「反射板としての効果は少ないですが、風をガードする防風板の役目があります」

 



 

「キャンプグリーブの黒色大型風防板は、つや消しのブラック色で、両面が耐熱になっています」

 

我が家は、春と秋キャンプにキャンプグリーブの黒色大型風防板を使用しています。

 

ブラックカラーがとてもかっこよく、焚き火台を囲むとおしゃれ。

 

 

 


 

 

 

 

 

片面が黒のViaggio+の大型風防板
 

 

「Viaggio+の大型風防板の特徴は、背面が黒色で正面がシルバー色」

 

背面のブラック塗装がかっこよく、焚き火台の回りにセットするとおしゃれ。

 



 

「内側は亜鉛メッキ加工がされているシルバー色で、熱を効率よく反射させます」

 

Viaggio+の大型風防板で焚き火台を囲むと、風が遮断され炎が安定し薪が長持ちします。

 

火の粉をガードし、輻射熱効果で温かさが倍速。

 



 

「専用の固定金具とペグ付きて、地面にしっかりと設置ができ風の強い日でも安心」

 



 

「背面がブラック塗装されていてとてもおしゃれ」

 

内側は亜鉛メッキ加工+シルバー色で、輻射熱効果が高く温かいです。

 

Viaggio+の大型風防板は、片面がブラック塗装されたおしゃれなリフレクター。

 

 

 




 

 

 

まとめ

 

 

 

 

今回は、焚き火リフレクターのベストな高さを紹介しました。

 

焚き火台の定番といえば、スノーピークの焚き火台やファイアグリル。

 

スノーピークの焚き火台やファイアグリルの高さは30cmぐらい。

 

市販の一般的な薪のサイズは30cm〜40cm程。

 

スノーピークの焚き火台やファイアグリルの中で薪を立たせてもリフレクターが60cmの高さがあれば、風から火の粉をガードしてくれます。

 

高さ30cmの焚き火台を使っている方は、リフレクターの60cmサイズがベスト。

 

今使用されている焚き火台の+30cmが1番使いやすいリフレクターの高さだと思います。

 

我が家もキャンプグリーブの大型風防板の60cmを使用しています。

 

以上、「【検証】焚き火リフレクターのベストな高さは60cm」

 

 

 

 

キャンプ用品セール:ナチュラムCheck! 

 
 

 

 

 

 

 

 

キャンプ用品セール(Amazon)Check! 

 
 

 

 

 

 

キャンプ用品セール(楽天)Check!