選び方ぶろぐ

日本酒を300日&年間50泊キャンプを楽しんでいます

レビュー!アルフェイムのレイアウト・グランドシート・ストーブ・ラグ!12.6&19.6におすすめ



 

「年間50泊ほど、キャンプをする我が家」

 

真夏の暑い時期や真冬の寒い季節まで、春夏秋冬キャンプを楽しんでいます。

 

 

 

 

「年間50泊もキャンプをすると、ほぼ毎週がキャンプ」

 

キャンプをする時間が増えれば増える程、快適に過ごしたいと思います。

 

 

 

 

「快適にキャンプを過ごす為に、その季節にあったテントを選ぶのもとても重要」

 

夏キャンプは気温が上がるので、出来るだけ風通しの良いテントを選びます。

 

風通しがよくなることで、夏の暑さが軽減できます。

 

 

 

 

「夏キャンプのおすすめテントは、TCタープの下にインナーテントを張るカンガルースタイル」

 

フライシートを張らずインナーテントのみなので、風通しがとても良いです。

 

TCタープがテントのフライシート代わりになり、雨が降っても影響を受けることがありません。

 

 

 

 

「冬場暖かいテントはTC素材のテントで、フロアと壁が一体型になっているテント」

 

 

 

 

「フロアがないフロアレステントは、シェルターとも呼ばれていて、フロアがないので下部から隙間風が入ってきます」

 

 

 

 

「冬場に暖かく過ごすなら、TC素材でフロアと壁が一体型になっているテントを選んで下さい」

 

 

 

 

「今回紹介するノルディスクのアルフェイムは、フロアと壁が取り外せるようになっていて、フロアありでもフロア無しでも使えます」

 

フロアと壁は、ジッパーで繋げるようになっています。

 



 

「我が家は、ノルディスクのアルフェイムを使用する時は、床と壁を繋げた状態で使用しています」

 

フロアと壁が繋がっているので、全く隙間風が入ってきません。

 

尚且つTC素材の幕質が分厚いので、ストーブで暖めた空気が外に逃げにくくなっています。

 



 

「ノルディスクのアルフェイムは、寒い季節に暖かく過ごせるテントです」

 

 

 

 

今回紹介するのは、寒い季節にメインで使用するノルディスクのアルフェイムのレイアウト・ストーブ・ラグ・グランドシートを詳しくブログで紹介したいと思います。

 

 

 


 

 
*タイトル
レビュー!アルフェイムのレイアウト・グランドシート・ストーブ・ラグ!12.6&19.6におすすめ

 



 

サイズ
 

 

「ノルディスクのアルフェイムは、12.6と19.6の2種類のサイズがあります」

 

 

 

 

「400×400×275cmのアルフェイム12.6のサイズ」

 

 

ノルディスクアルフェイム12.6

収容人数:最大6人

サイズ(縦・横・高さ):   

400×400×275cm

テント素材:

65%ポリエステル・35%コットン

フロア素材:    

ターポリン100%

重量:

12㎏・8.3㎏(フロア)

防水性:350mm

 

 


 

 

 

 

 

「500×500×350cmのアルフェイム19.6のサイズ」

 

 

ノルディスクアルフェイム19.6

収容人数:最大10人

サイズ(縦・横・高さ):   

500×500×350cm

テント素材:

65%ポリエステル・35%コットン

フロア素材:    

ターポリン100%

重量:

18㎏・13.2㎏(フロア)

防水性:350mm

 

 


 

 

 

 

 

「我が家はアルフェイム19.6を使用してますが、荷物を入れなければ大人6人が余裕で就寝できる広さがあります」

 

ワンポールテントは、三角形の形状からデッドスペースが多いですが、アルフェイム19.6に関してはサイズが大型な為に、デッドスペースを感じず広く使えます。

 

500×500cmで、高さ350cmある巨大なワンポールテント。

 

 

 

 

「幕内は広々としていて、350cmの高さがあるので全く圧迫感がありません」

 

 

 

 

「アルフェイム12.6か19.6のどっちらがいいのか悩んでおられる方は、サイズが大きい19.6を選ばれることをおすすめします」

 



 

「ソロやデュオキャンプで使用されるならアルフェイム12.6がおすすめ」

 

 

商品名:

ノルディスクアルフェイム12.6

収容人数:最大6人

サイズ(縦・横・高さ):   

400×400×275cm

テント素材:

65%ポリエステル・35%コットン

フロア素材:    

ターポリン100%

重量:

12㎏・8.3㎏(フロア)

防水性:350mm

 

 


 

 

 

 

 

「3人〜5人家族ならアルフェイム19.6がおすすめ」

 

大人2人・子供2人の4人家族で、荷物を入れても余裕で就寝できます。

 

 

商品名:

ノルディスクアルフェイム19.6

収容人数:最大10人

サイズ(縦・横・高さ):   

500×500×350cm

テント素材:

65%ポリエステル・35%コットン

フロア素材:    

ターポリン100%

重量:

18㎏・13.2㎏(フロア)

防水性:350mm

 

 


 

 

 

 

 

ジップインフロア
 

 

「アルフェイムは、フロアと壁をジッパーで簡単に繋げることができます」

 

 

 

 

「本体とフロアは別売りになっています」

 

フロアは4万円〜5万円程してかなり高価ですが、アルフェイムを購入の際は、ぜひ一緒に選んで下さい。

 

 

 

 

「白色のテントなのでフロアなしで張ると、地面の土や草の緑で汚れてしまいます」

 

虫の侵入も防げるので、アルフェイムを購入の際は、値段が上がりますがジップインフロアも一緒に買われることをおすすめします。

 

ジップインフロアの生地はかなり分厚く丈夫で、もし石ころの上に張ったとしても、破れることはありません。

 

 

 

 

重さ
 

 

「アルフェイム12.6の重量は、本体が12kgでフロアが8.3kg」

 

アルフェイム19.6の重量は、本体が18kgでフロアが12.5kgになっています。

 

本体とフロアは別々の収納袋で持ち運びはできますが、かなり重たいです。

 

 

 

 

 

ベンチレーション
 

 

「換気をするベンチレーションは、天井部分にあります」

 

ベンチレーションには、ロープ・自在金具・フックが付いていて、メインポールの輪っかに引っ掛けて固定することができます。

 

自在金具が付いているので、無段階でベンチレーションの大きさを調整することが可能。

 

 

 

 

 

 

雨の日
 

 

「アルフェイムを雨の日に使用しても雨漏りはありません」

 

ただ、白色の幕ということで、雨の跳ね返りで泥がついて幕がかなり汚れます。

 

靴を置ける屋根のようなスペースもないので、雨に濡れた靴を幕内に入れなければいけないのでけっこう面倒。

 

ノルディスク

 

 

グランドシート

 

 

 

 

「アルフェイム12.6と19.6共に、専用のグランドシートは発売されていません」

 

グランドシートは、別途代用として用意する必要があります。

 

我が家は、アルフェイム19.6のグランドシートとして、グリーンシートを使っています。

 

 

 

 

「グリーンシートを中に折り込むことで、グリーンシートを敷いているということはわかりません」

 

 

 

 

 

「グリーンシートは厚みがそれ程ないので、コンパクトに畳めます」

 

500×500cmのアルフェイム19.6のサイズなので、グリーンシートは5.4×5.4のサイズ。

 



 

グリーンシート
 

 

「グリーンシートを使うメリットは、手軽な値段で購入できること」

 

手頃な値段で販売されているので、ガンガン使うことが可能。

 

 

 

 

「グリーンシートは見た目がおしゃれなので、特に芝サイトだと周りに溶け込みます」

 

シルバーシートよりかは厚みが落ちますが、しっかりとテントのボトムの保護ができます。

 

 

 

 

「グリーンシートは、ハサミでカットしてもほつれることがありません」

 

ほつれることがないので、必要とする長さに切れ自作がやりやすいです。

 

 

 

 

 

「おしゃれなグリーンシートは、我が家も使っています」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ストーブ

 



 

「アルフェイム12.6も19.6も大型なワンポールテントで背が高い為、フジカハイペット・パセコストーブ・アルパカストーブなどの小型石油ストーブで、幕内を暖めるのは無理」

 

 

 

 

「我が家は、レインボーストーブ・フジカハイペット・コロナ対流型ストーブの3種類の石油ストーブを持っていますが、アルフェイムに使う石油ストーブはコロナ対流型ストーブを使っています」

 

 

 

 

 

 

「アルフェイムのような大型ワンポールテントを暖めるのは、大型石油ストーブしかありません」

 

キャンプで人気の大型石油ストーブといえば、コロナ対流型ストーブとトヨトミKS-67H。

 

 

 

 

コロナ対流型ストーブ
 

 

「コロナ対流型ストーブは、キャンプで使う最強の石油ストーブと言われています」

 

暖房出力が6.59kwあり、パセコストーブやアルパカストーブが3.0kwの暖房出力から比べると2倍以上の暖かさがあります。

 

 

 

 

暖房出力

暖房出力はkwで表示されており、数字が高ければ高いほど暖房能力が高い石油ストーブ

 

 

 

「我が家がアルフェイム19.6を使用する時は、必ずコロナ対流型ストーブを使っています」

 

 

コロナ対流型ストーブ

暖房出力:6.59kw

タンク容量:7L

連続燃焼時間:10.9時間

高さ598×幅460×奥行き460mm

 

 


 

 

 

 

 

トヨトミKS-67H
 

 

「トヨトミKS-67Hも暖房出力が6.66kwあり、キャンプで使う最強の石油ストーブと言われています」

 

コロナ対流型ストーブと同様に、トヨトミKS-67Hもかなり暖かい石油ストーブ。

 

アマゾン

 

トヨトミKS-67H

暖房出力:6.66kw

タンク容量:6.3L

連続燃焼時間:9.7時間

高さ583×幅482×奥行き482mm

 

 


 

 

 

 

 

おすすめラグ

 

 

 

 

「1970年創業のアメリカテキサス州に本社を置くエルパソサドルブランケット社は、50年以上も続く歴史あるブランド」

 

エルパソサドルブランケット社のラグが、エルパソサドルブランケット。

 

 

 

 

「しっかりとした織りと固めの素材感で丈夫」

 

生地がしっかりとしていて丈夫なので、痛むことがなく長く使用できます。

 

 

 

 

「いろいろな柄とカラーがあるので、自分好みのものを選びやすいです」

 

楽天市場

 

 

「150×250cmサイズで、ゆったりと使うことが可能」

 

見た目がおしゃれで、丈夫なラグを探しておられる方におすすめ。

 

 

 


 

 


 

 

 

 

 

 ユージャック厚手レジャーシート
 

 

「最近、テントの中やお座敷スタイルで敷くラグで人気があり売れているのが、ユージャックから発売されている厚手レジャーシート」

 

https://ujack.co.jp/

 

 

「表面は肌触りの良いフリース素材でありながら、裏面は防水性の高いPVCを採用」

 

汚れてしまっても固く絞った雑巾などで拭くと、簡単に汚れが取れます。

 

https://ujack.co.jp/

 

 

「縦横に付いたマジックテープを連結すれば、複数繋げることも可能」

 

手軽な値段の割には、シートに厚みもあり丈夫。

 

https://ujack.co.jp/

 

 

「サイズは200×150cmで、エジプト柄とナバホ柄の2種類があります」

 

口コミと評判は、下記のような感じ。

 

 

●キャンプで使用しています。秋冬キャンプではテント内に敷いてお座敷スタイルにしてもいい感じです。
 
●しつかりしたマットの為使いやすいのと防寒にも最適。
 
●肌触り良し。適度な厚み良し。大きさ良し。お値段良し。裏の銀のアルミホイルみたいのもしっかりしてます。
 
●サイズが割と大きくとても使い勝手がいいです。気に入ってます。
 
●本当に軽くて素敵な色合いでとても買って良かったと思う商品です。

 

 


 

 

 

 

 

「ソロやデュオキャンプで使用されるならアルフェイム12.6がおすすめ」

 

 

商品名:

ノルディスクアルフェイム12.6

収容人数:最大6人

サイズ(縦・横・高さ):   

400×400×275cm

テント素材:

65%ポリエステル・35%コットン

フロア素材:    

ターポリン100%

重量:

12㎏・8.3㎏(フロア)

防水性:350mm

 

 


 

 

 

 

 

「3人〜5人家族ならアルフェイム19.6がおすすめ」

 

大人2人・子供2人の4人家族で、荷物を入れても余裕で就寝できます。

 

 

商品名:

ノルディスクアルフェイム19.6

収容人数:最大10人

サイズ(縦・横・高さ):   

500×500×350cm

テント素材:

65%ポリエステル・35%コットン

フロア素材:    

ターポリン100%

重量:

18㎏・13.2㎏(フロア)

防水性:350mm

 

 


 

 

 

 

 

まとめ

 

 

 

 

今回は、ノルディスクから発売されているアルフェイムのレイアウト・ストーブ・ラグ・グランドシートを紹介しました。

 

アルフェイムにおすすめの石油ストーブは、コロナ対流型ストーブorトヨトミKS-67H。

 

大型ワンポールテントのアルフェイムは、フジカハイペット・パセコストーブ・アルパカストーブなどの小型石油ストーブで幕内を暖めるのは無理。

 

幕内をしっかりと暖めるには、コロナ対流型ストーブorトヨトミKS-67Hが必要。

 

アルフェイムに敷くラグは、エルパソサドルブランケットがおすすめ。

 

我が家もエルパソサドルブランケットを使用していてとてもおしゃれ。

 

以上、「レビュー!アルフェイムのレイアウト・グランドシート・ストーブ・ラグ!12.6&19.6におすすめ」でした。

 

 

 

 

 

キャンプ用品セール:ナチュラムCheck! 

 
 

 

 

 

 

 

 

キャンプ用品セール(Amazon)Check! 

 
 

 

 

 

 

キャンプ用品セール(楽天)Check!