選び方ぶろぐ

日本酒を300日&年間50泊キャンプを楽しんでいます

【検証】キャンプで寝る時に腰が痛い!腰痛の原因はマット



 

「年間50泊ほど、キャンプをする我が家」

 

真夏の暑い時期や真冬の寒い季節まで、春夏秋冬キャンプを楽しんでいます。

 

 

 

 

「最近はキャンプ人気が落ち着いてきましたが、それでもいろいろなアウトドアブランドからたくさんのキャンプギアが発売されています」

 

購入する際、どのブランドのキャンプギアを選んだらいいか迷います。

 

 

 

 

「今回紹介するマルチマットレスは、昔から人気があるロングヒット商品」

 

昔から人気があり売れているということは、それだけの理由があります。

 

 

 

 

今回は、我が家が自宅でもキャンプでも使用しているマルチマットレスを、詳しくブログで紹介します。

 

マルチマットレスは、低反発ウレタンと高反発ウレタンの2層構造で、腰への負担も軽減します。

 

 

 


 

 
 
*タイトル
【検証】キャンプで寝る時に腰が痛い!腰痛の原因はマット

 



 

「朝起き上がる時に、腰に痛みを感じることがあります」

 

腰に痛みを感じる理由は、マットレスが体に合っておらず、睡眠中に腰への負担が大きくなっているから。

 

マットレスによっては、寝返りがうちにくいものがあり、同じ姿勢で就寝することも腰痛の原因になります。

 

 

 

 

「柔らかすぎるマットレスを選ぶと、腰が沈んでしまい体圧が分散できず、腰に負担がかかり腰痛の原因にもなります」

 

硬すぎるマットレスも要注意で、体の一部だけに負担がかかり、腰痛が悪化する場合があります。

 

 

 

 

高反発ウレタンマットレス
 

 

「高反発ウレタンマットレスは適度な反発力がある為、腰をしっかりと支えてくれます」

 

適度な反発力があるので寝返りもうちやすく、睡眠中の腰などにかかる負担を軽減します。

 



 

低反発ウレタンマットレス
 

 

「低反発マットレスは高反発マットレスに比べて、反発力が弱く柔らかい為、包み込むようなフィット感があります」

 

反発力が弱く柔らかすぎる低反発マットレスは、体が深く沈みこんでしまい、寝返りがうちづらくなることもあります。

 

寝返りがうちづらくなるとずっと同じ体勢になり、体にかかる負担を分散させることができなくなり、腰痛の原因にもなってしまいます。

 



 

マルチマットレス

 



 

「マルチマットレスは、低反発タイプと高反発タイプの長所を合わせた二層構造のマットレス」

 

二層構造により、柔らかすぎず適度な反発力を持ち、体に沈み込みすぎず適切にフィットします。

 



 

「マルチマットレスの特徴は、低反発ウレタン1cmと高反発ウレタン3cmの二層構造になっています」

 

低反発ウレタンが柔らかく沈み込み、その下にある適度な硬さの高反発ウレタンで跳ね返すことで、最高の寝心地を実現。

 



 

「マルチマットレスを使用することで、スムーズな寝返りができ体の負担も和らげてくれます」

 

窮屈感もなく、腰痛が悪化しにくくなります。

 



 

「マルチマットレスは、高反発タイプと低反発タイプの2層構造で反発力ができ、寝返りがしやすくなり、腰への負担が軽減されます」

 



 

 

 

 

 

 

へたりにくい
 

 

「買ったばかりの時は寝返りがしやすくても、すぐにへたってしまうと睡眠の姿勢が保てなくなります」

 

我が家はマルチマットレスをキャンプや自宅でも4年ほど使用してますが、へたっていません。

 

長期間にわたって反発製や厚みを維持してくれます。

 



 

「夫婦共に腰が弱いので、我が家はマルチマットレスを夫婦で使用しています」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

持ち運びしやすい
 

 

「マルチマットレスはクルっと丸めることができ、持ち手が付いているので持ち運びに便利」

 

丸めることでコンパクトになります。

 

使う時はサッと広げるだけなので、面倒なことは一切ありません。

 



 

「片付ける時の丸め方は、下記のように行います」

 



 

バンドのある方向にクルクルと丸めます。

 



 

バンドで固定して完成

 

 



 

「重量が1.4kgで、持ち運びしやすいです」

 



 

カバーは洗濯可能
 

 

「カバーはパイル素材になっていてボックス仕様」

 

脱着はファスナーで簡単にでき、取り外して洗濯することが可能。

 

肌触りもとても良いです。

 



 

サイズ
 

 

「マルチマットレスは60×180cmのサイズがあるので、大柄な方でも快適」

 

寝返りも問題なくうつことができます。

 

1人分のマットとしてはちょうど良く、マルチマットレスを敷いて狭いということはありません。

 



 

「コットの上にも敷くことが可能で、コット寝スタイルの時もおすすめ」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

冬キャンプ

 

 

 

 

「気温が下がると必ず発生するのが地面からの冷気」

 

地面を触ると冷たいのが冷気で、テントの床からも発生します。

 

寒い季節、テントに何も敷かず寝転がってみると、冷気で冷たく感じてしまいます。

 

 

 

 

「マルチマットレスは、高反発ウレタン&低反発ウレタンの二層構造で、厚みが4cmあるので地面からの冷気を遮断」

 

地面からの冷気を遮断するので、快適に就寝することが可能。

 

マルチマットレスを敷くだけで、地面からの冷気を遮断しクッション性をアップさせます。

 



 

「高反発タイプと低反発タイプの2層構造で、反発力ができ寝返りがしやすくなり、腰への負担も軽減されます」

 



 

「カラーはクリーミーホワイトと、ブラウンの2色から選べます」

 

 

カラー

クリーミーホワイト・ブラウン

サイズ

60cm×180cm×4cm

材質(マットレス)

1cm低反発ウレタン / 3cm高反発ウレタン

材質(カバー)  

ポリエステル100%

重量   

1.4kg

 

 

 

「マルチマットレスの口コミと評判は、下記のような感じ」

 

 

●キャンプ用に購入しました。早速、寝心地を確認しましたが、腰の痛みなく眠れそうです。今度のキャンプで、ぐっすり眠れることを期待しています。

 

●リビングでテレビを見る際にお尻が痛くなるのを防止と、ゴロ寝用に購入。うたた寝しても、腰が痛くならなくなりました。

 

●ホットカーペットの上でごろ寝するときにいいと思い購入しました。背中や腰が痛くならなくてとても快適です。

 

●程よい硬さが心地良いです。腰が痛くて目が覚めていたのですが、朝までぐっすり眠れます。

 

●寝心地も良く、朝起きた時の腰の痛みもほぼない感じです。枕が薄くても肩に負担がかからないと思いました。

 

●薄くて大丈夫かなと不安に思いましたが、想像以上にしっかり支えてくれるので驚きました。ソファで寝ることになり腰を痛めましたが、こちらを敷いて快適に眠れるようになりました。軽くて扱いやすく、お安くて、なかなかないこのサイズで本当に助かりました。

 

●普段あまり広くない所で布団で寝ているのですが幅がちょうど良く、ごろ寝ではなくマットレス代わりに使っています。4㎝の厚みとは思えないほどクッション性も良く腰痛持ちの私にはぴったりです。

 

 

 

 

 

 

 

 

まとめ

 



 

マルチマットレスは、低反発タイプと高反発タイプの長所を合わせた二層構造のマットレス。

 

二層構造により、柔らかすぎず適度な反発力を持ち、体に沈み込みすぎず適切にフィットします。

 

マルチマットレスの特徴は、低反発ウレタン1cmと高反発ウレタン3cmの二層構造になっています。

 

低反発ウレタンが柔らかく沈み込み、その下にある適度な硬さの高反発ウレタンで跳ね返すことで、最高の寝心地を実現。

 

マルチマットレスを使用することで、スムーズな寝返りができ体の負担も和らげてくれます。

 

窮屈感もなく、腰痛が悪化しにくくなります。

 

マルチマットレスは、高反発タイプと低反発タイプの2層構造で反発力ができ、寝返りがしやすくなり、腰への負担が軽減されます。

 

買ったばかりの時は寝返りがしやすくても、すぐにへたってしまうと睡眠の姿勢が保てなくなります。

 

我が家はマルチマットレスをキャンプや自宅でも4年ほど使用してますが、へたっていません。

 

長期間にわたって反発製や厚みを維持してくれます。

 

夫婦共に腰痛がひどくなることがあるので、我が家はマルチマットレスを夫婦で使用しています。

 

以上、「【検証】キャンプで寝る時に腰が痛い!腰痛の原因はマット」でした。

 

 

 

キャンプ用品セール:ナチュラムCheck! 

 
 

 

 

 

 

 

 

キャンプ用品セール(Amazon)Check! 

 
 

 

 

 

 

キャンプ用品セール(楽天)Check!