選び方ぶろぐ

日本酒を300日&年間50泊キャンプを楽しんでいます

【検証】夏キャンプはテント内のマット対策で涼しく!暑すぎて寝れない夜を快適に

 

 

 

「年間50泊ほど、キャンプをする我が家」

 

真夏の暑い時期や真冬の寒い季節まで、春夏秋冬キャンプを楽しんでいます。

 

 

 

 

「年間50泊もキャンプに行くと、ほぼ毎週がキャンプ」

 

キャンプに行く時間が長ければ長いほど、快適に過ごしたいと思います。

 

 

 

 

「春や秋は真夏程気温が上がらず、真冬程寒くならないので重装備でなくてもキャンプができます」

 

焚き火で暖が取れ、焚き火が最も楽しめる季節。

 

 

 

 

「冬キャンプは、しっかりとした装備をすれば快適に過ごせます」

 

 

 

 

「1年で最も過ごしにくいのが夏キャンプ」

 

昼間は高温になり、場所によっては夜が熱帯夜になることもあります。

 

夏キャンプを少しでも快適にするには、しっかりとした暑さ対策が必要。

 

 

 

 

今回は、夏キャンプでマットの敷き方や暑くて寝れない対策を詳しくブログで紹介したいと思います。

 

 

 


 

 
 
*タイトル
【検証】夏キャンプはテント内のマット対策で涼しく!暑すぎて寝れない夜を快適に

 



 

銀マットの正しい敷き方

 

 

 

 

「銀マットには銀の面とそうではない面の裏表があり、夏キャンプと冬キャンプでは敷き方が違ってきます」

 

裏表を間違えると、銀マットの効果が得られないので注意して下さい。

 

 

 

 

冬キャンプの銀マットの敷き方
 

 

「気温が下がると必ず発生するのが地面からの冷気」

 

地面を手で触ると冷たいのが冷気で、テントの床部分からも冷気が発生します。

 



 

「寒い季節、テントに何も敷かず寝転ぶと、冷気で冷たく感じます」

 



 

「銀マットを敷くことで、地面からの冷気を遮断します」

 

 

 

 

「冬場の寒い季節は、銀マットの銀の方を上にして下さい」

 

銀の方を上にすることで、体温を反射させ保温性を高めます。

 

 

 

 

「料理を作る時、アルミホイルを蓋代わりにすると料理が早く出来上がります」

 

アルミホイルが熱を反射させて、食材に熱を通しやすくします。

 



 

「銀マットも同じ原理で、銀の方は保温効果があり、体温を反射させるので暖かくなります」

 

 

冬キャンプ

銀マットの銀の方を上

 

 

 

夏キャンプの銀マットの敷き方
 

 

「夏場は、銀マットの銀の方を下にして下さい」

 

 

 

 

「銀マットの銀の方を下にすることで、地面に蓄えられた地熱や湿気をカットします」

 

体温を反射する効果もないので、涼しく過ごせます。

 

 

 

 

「夏キャンプは地面の地熱と湿気対策に、銀マットの銀の方を下にして下さい」

 

 

夏キャンプ

銀マットの銀の方を下

 

 

 

銀マットの2枚重ね
 

 

「夏場、インフレーターマットやエアーマットを使わず就寝したいという方は、銀マットを2枚重ねにするか極厚銀マット1枚敷いて下さい」

 

我が家は、インフレーターマットやエアーマットを使わず就寝する時は、分厚い銀マットを2枚重ねにしています。

 

8mm厚の銀マットを2枚重ねにすることで、地面のゴツゴツ感や硬さを吸収。

 

 

 

 

「分厚い銀マットを2枚重ねに敷くと、めちゃくちゃ快適さはありませんが十分に寝れます」

 

 

 


 

 

 

 

 

「15mm厚の極厚銀マットを使用すれば、重ねずにすみます」

 

 

 


 

 

 

 

 

冷寒マット+インフレーターマット

 

 

 

 

「我が家は夏キャンプで少しでも快適に寝る為に、インフレーターマットの上に冷寒マットを敷いています」

 



 

「インフレーターマットの上にクールマットの強力接触冷感Q-MAX0.5を使用」

 

強力接触冷感Q-MAX0.5は、楽天ランキングで4冠を達成した脅威のクールパット。

 

人気がありかなり売れています。

 

 

 

 

「強力接触冷感Q-MAX0.5は、ポリエチレンの高い熱伝導性を損なわず、接触冷感性と持続性を実現した新しい素材」

 

パットに触れた肌の熱を生地が奪ってくれる為、触るとヒヤッと感じます。

 

メーカー最強クラスのひんやり値、Q-MAX0.542素材を採用した強力なパット。

 

 

 

 

「強力接触冷感Q-MAX0.5は、リバーシブルタイプになっており、夏以外の季節も使えます」

 

 

 

 

「表面はひんやりQ-MAX0.542の接触冷感生地」

 

裏面はワッフル調生地のリバーシブルタイプ。

 

暑い時期はひんやりクール面、寒い時はふわっとワッフル面で、春夏秋冬1年中使えます。

 

 

 

 

「強力接触冷感Q-MAX0.5は、抗菌防臭機能を搭載」

 

敷きパットの中綿には、ニオイのもとになる菌の増殖を抑制する抗菌防臭わたを採用。

 

嫌な匂いを軽減し夏の敷きパットに嬉しい防臭抗菌機能。

 

 

 

 

「強力接触冷感Q-MAX0.5があれば、真夏のキャンプでもひんやりと気持ちが良いです」

 

 



 

 

 

 

 

夏キャンプおすすめタオルケット

 



 

「標高の高いキャンプ場に行くと、昼間は気温が上がっても朝晩が肌寒い時があります」

 

我が家は、標高の高いキャンプ場に行く時は、必ず寝袋を持っていきます。

 



 

「平地のキャンプ場は、夜も気温が高く場所によっては熱帯夜になることもあります」

 

朝晩もそれ程気温が下がらないので、夏場平地のキャンプ場を利用する場合、寝袋は使わずタオルケットのみで就寝しています。

 



 

「我が家はタオルケットに、おしゃれで肌触りがいいペンドルトンのタオルブランケットを使用」

 

 

 

 

「ペンドルトンのタオルケットは、キャンプで使うブランケットで人気の商品」

 

 

 

 

「素材に上質なコットン100%を使用」

 

厚手でふんわりと柔らかく織られている為、とても良い質感。

 

肌触りがよく触ると気持ちが良いです。

 

 

 

 

「サイズは102×178cmあり、ゆったりと使うことが可能」

 

 

 

 

「いろいろなカラーがあるので、自分好みの色をチョイスできます」

 

PENDLETON 

 

 

「夏キャンプでは、タオルケット代用として使用しています」

 

 

 

 

「肌寒い季節は、毛布代わりにもなる優れもの」

 

 

 

 

「コットの上にペンドルトンのタオルケットを敷くと、見た目がとてもおしゃれ」

 

 

 

 

「ペンドルトンのタオルケットがあるととても便利で、我が家は春夏秋冬キャンプで使っています」

 

 

 


 

 


 

 


 

 


 

 


 

 

 

 

 

リヴェールのタオルケット
 

 

「Amazonで人気のオルテガ柄のタオルケットを発売しているのがリヴェール」

 

リヴェールは、守谷敷物が製造販売する60年以上も続くブランド。

 

60年以上も寝具を発売しているので、安心して購入できます。

 

https://www.instagram.com/reveur__home/

 

 

「素材は、コットン100%の高級エジプト綿を使用」

 

 

 

 

「素材のエジプト綿は、高い吸収性がありいつでも爽やか」

 

サラッとベタつかない質感で、暑い季節でも快適に就寝できます。

 

 

 

 

「しっかりとした質感なので、夏キャンプだけではなく、春や秋キャンプでも使用可能」

 

カシミヤのような優しい風合いと、シルクのような光沢を持つエジプト綿使用のリヴェールのタオルケットは、Amazonで人気の商品。

 

 

 


 

 

 

 

 

暑くて寝れない時は扇風機が必要
 

 

 

 

「気温が上がる夏キャンプを、少しでも涼しく過ごすなら扇風機がおすすめ」

 

ポータブル扇風機は、サイズが小さくコンパクトなので持ち運びに便利。

 

我が家も夏キャンプでは、必ずポータブル扇風機を使用しています。

 

 

 

 

クレイモアFAN V600+
 

 

「クレイモアFAN V600+は、キャンプで使う充電式の扇風機で、一番人気があり売れている商品」

 

小型扇風機ながらDCモーターを採用し、音が静かで風量があり、消費電力が少なく充電が長持ちします。

 

コンパクトな割には、風量が強いのがクレイモアFAN V600+の特徴。

 

 

 

 

「デザインがよく見た目がかっこいいので、サイトに置いておくだけでインテリアにもなります」

 



 

「丈夫で頑丈なつくりなので、多少雑に扱っても壊れることがありません」

 

カメラの三脚につけられたり、フックで吊り下げることができるのでとても便利。

 

 



 

 

 

 

 

アレジアのアウトドアファン
 

 

「風量調整は、弱・中・強の3段階でき、最長で24時間ファンを使用することが可能」

 

ファンの羽は、5枚羽を採用しています。

 



 

「三脚タイプなので、凹凸のある場所でも安定」

 

場所を選ばす、さまざまな所で使えます。

 

 

 

 

「三脚を外してテントの中で、吊り下げて使用することも可能」

 



 

「ライトを外して、ファンの先端に取り付けることもできます」

 

暗くなってきたら、ライト&ファンとして使えます。

 



 

「10,000mAhの大容量モバイルバッテリーとして、スマホなどの充電に使えて便利」

 



 

「手頃な値段で購入できるのもアレジアのアウトドアファンのおすすめしたいところ」

 

 

 


 

 

 

 

 

まとめ

 



 

今回は、マットの快適に敷き方をブログで紹介しました。

 

夏場に銀マットを使う場合、銀の方を下にして下さい。

 

銀の方を下にすることで、地面からの熱を遮断し、快適に就寝ができます。

 

夏場にインフレーターマットを使う場合は、クールマットと併用して下さい。

 

インフレーターマット+クールマットで、暑い夏場でも少しは涼しく就寝することができます。

 

以上、「【検証】夏キャンプはテント内のマット対策で涼しく!暑すぎて寝れない夜を快適に」でした。

 

 

 

 

 

 

 

累計50万本の大ヒット【光武酒造場】