選び方ぶろぐ

年間50泊キャンプに行っています

最強の研ぎ方!キャンプのナイフをこれで手入れすると切れ味がよくなる。

 

 

 

「年間50泊程、キャンプをする我が家」 

 

真夏の暑い時期や真冬の寒い季節まで、春夏秋冬キャンプを楽しんでいます。

 

 

 

 

 「キャンプの楽しみは、人それぞれにいろいろあると思います」 

 

年間50泊キャンプに行く我が家の楽しみは、夫婦でゆったりと過ごすこと。

 

夫婦共にお酒を飲むので、お酒を飲みながらキャンプでゆったりと過ごしています。

 

 

 

 

「我が家は、夫婦共にお酒を飲むので、必然的にキャンプ飯もお酒に合うメニューにします」 

 

簡単な料理ですが、我が家はキャンプでよく料理を作る方だと思っています。

 

 

 

 

 「キャンプで料理を作る時に必要なのが、食器や台所用品」

 

食器や台所用品は、できるだけおしゃれでかっこいいものを使おうと、いつも心がけています。

 

 

 

 

「我が家が、キャンプ用品を購入する時は、昔から今も人気があるロングヒット商品を選びます」 

 

その理由は、流行り廃りがないので、いつまでも飽きずに長く使用できるから。

 

長くキャンプ用品を使おうと思ったら、メンテナンスがすごく大事。

 



 

 「今回紹介するオピネルナイフも、昔から今も人気のあるロングヒット商品」 

 

今も昔も変わらず、多くの人に愛されています。

 

 

 

 

「オピネルナイフもオピネルナイフ意外のどんなナイフも、使っているとメンテナンスが必要になります」

 

 

 

 

「食材を切っていると、ブレードが丸くなり、切れなくなっていきます」

 

切れなくなるナイフを使うと、使い勝手が悪く危険。

 

よく食材を切れるようにするのには、研ぐ作業が必要になってきます。

 

 

 

 

 「ナイフを研ぐ時、皆さん何を使用されていますか? 以前我が家は、砥石を使用していました」

 

砥石は角度調整が難しく、研ぐ時間もけっこうあいまい。

 

自己流の研ぎ方になり、切れ味も完璧には復活しません。

 

 

 

 

 「我が家のおすすめは、京セラから発売されているロールシャープナー」

 

ロールシャープナーは、いろいろあるシャープナーの中で1番人気があり売れている商品。

 

 

 

 

「ロールシャープナーが売れていて、人気があるのには、それだけの理由があります」

 

 

 

 

今回は、ナイフを研ぐ時におすすめなロールシャープナーの使い方を、詳しくブログで紹介したいと思います。

 

オピネルナイフにも使えるのでおすすめ。

 

 

 

 




お気軽にフォローして下さいね^^
Instagram


 

*タイトル
最強の研ぎ方!キャンプのナイフをこれで手入れすると切れ味がよくなる

 

 

 

 

「今キャンプで圧倒な人気で、売れているのがオピネルナイフ」 

 

オピネルナイフの人気がある理由は、見た目のカッコ良さ。

 

 

 

 

 「グリップは木製になっていて、ブナ材が採用されています」

 

 

 

 

 「グリップにブナ材を採用しているオピネルナイフは、とてもおしゃれ」

 

 

 

 

 「オピネルナイフのブレードは、カーボンスチール製とステンレス製の2種類」 

 

https://item.rakuten.co.jp/ruuruu/op-s-4/

 

 

「カーボンスチール製は、研ぎやすく切れ味がいいのが特徴」 

 

デメリットは、サビやすいのでメンテナンスが大変。

 

https://item.rakuten.co.jp/brooklynmuseum/130808/

 

 

「ステンレス製は、カーボンスチール製より切れ味が落ちますが、サビないのでメンテナンスはなし」 

 

自宅で使うステンレス製の包丁と、扱いは一緒。

 

カーボンスチール製より、メンテナンスがいらないステンレス製の方がかなりの人気。

 

 

 

 

「オピネルナイフのステンレス製は、我が家も愛用しています」

 

 

 

 

 「オピネルナイフには、2番から12番のサイズがあり、売れているのは8番・9番・10番の3種類」

 

8番以下だと小さ過ぎて食材が切りにくく、12番だと大き過ぎて持ち運びにくいです。

 

 

 

 

「8番のオピネルナイフは、こじんまりとしたサイズ」 

 

ブレードとグリップは、一味と七味の瓶より少し小さな感じ。

 

 

 

 

 

「こじんまりしたサイズなので、主にソロキャンパーに人気」 

 

 

 

 

「我が家もソロでキャンプに行く時は、よく使用します」 

 

 

 


 

 

 

 

 

「9番のオピネルナイフは、2番から12番の全サイズで一番人気」

 

バランスが取れていて、一番使いやすいサイズ。

 

人気があるのには、それだけ使いやすいという理由があります。

 

https://item.rakuten.co.jp/kmglobalworks/op09-12211/

 

 


 

 

 

 

 

 「10番のオピネルナイフは、キャンプでよく料理をする方におすすめ」

 

ブレードとグリップは、カレーやシチューの箱の縦の長さと同じ。

 

 

 

 

 

 「ブレードがある程度のサイズがある為、食材が切りやすいです」

 

食材がスムーズに切れるのが、10番のオピネルナイフの良い所。

 

 

 

 

 「我が家もキャンプでいろいろな料理を作るので、食材がスムーズに切れる10番サイズを選びました」

 

 

 


 

 

 

 

 

ロールシャープナー

 

 

 

 

 「キャンプで使うどんな包丁でも、使っている内に切れなくなっていきます」 

 

切れないまま使用していると、使いにくく扱いも危険。

 

 

 

 

「以前我が家はナイフを研ぐのに、砥石を使用していました」 

 

砥石を使うと、角度調整や研ぐ時間も様々。 あいまいな感じで研いでいるので、中々切れ味がよくなりません。

 

 

 

 

 「我が家は、砥石からロールシャープナーに変更」

 

ロールシャープナーを使うと、簡単手軽で完璧にナイフが研げるので、かなり重宝しています。

 

 

 

 

「ロールシャープナーは、いろいろあるシャープナーの中で、一番人気があり売れている商品」

 

昔から今も人気があるので、安心して使用できます。

 

 

 


 

 

 

 

 

おすすめな理由
 

 

「ロールシャープナーの特徴は、荒研ぎと仕上げ研ぎの両方ができること」

 

砥石の部分には、荒研ぎする溝と仕上げ研ぎをする平らな面があります。

 

回転することで、荒研ぎと仕上げ研ぎの両方ができるので、素早く簡単に切れ味が回復。

 



 

「セラミック砥石が、回転しながら研ぐので、手作業で砥石を使うのと同様に、縦方向に研げます」

 

縦方向に研ぐことができるので、切れ味が回復し、切れ味が持続します。

 

ロールシャープナーでナイフを研ぐことで、砥石で研ぐような切れ味と切れ味の持続力がアップ。

 

 

 


 

 

 

 

 

使い方
 

 

 「ナイフを本体のガイド溝に入れ、前後に10回程往復させたら完了」

 

水を使わず、素早く切れ味が回復して、切れ味が持続するのがロールシャープナーの特徴。

 

 



 

 「我が家は、オピネルナイフやオピネルナイフ意外のナイフも、ロールシャープナーを使って研いでいます」

 

 

 

 

 「もちろん自宅で使う包丁も、ロールシャープナーを使用」 

 

 

 

 

「実際に、ロールシャープナーで研いだ後、キャベツを切りましたが、とてもいい切れ味」

 

サクサクと、キャベツが切れました。

 

 

 

 

 

 

 

 「食材を切る時、少し切りにくいと思ったらロールシャープナーがおすすめ」

 

ロールシャープナーを使うと、ナイフや包丁が完全復活します。

 

 

 


 

 

 

 

 

まとめ

 

 

 

 

ナイフは、使っている内に必ず切れ味が落ちます。

 

切れ味が落ちたナイフを使用していると、使いにくいし危険。

 

ナイフを研ぐのに砥石を使っておられる方もいますが、砥石ってけっこう難しいんですよね。

 

角度調整やどのタイミングで研げているのか、後いろいろと難しいことばかり。

 

結局は、わからないまま自己流になってしまいます。

 

我が家も以前、砥石でナイフを研いでいた時は、完全復活にはならなかったです。

 

砥石からロールシャープナーに変えたことで、ナイフの切れ味が復活しました。

 

ロールシャープナーは、回転することで、荒研ぎと仕上げ研ぎの両方ができます。

 

切れ味アップと切れ味が持続するのが、ロールシャープナーを使用するメリット。

 

ロールシャープナーを我が家は2個保有していて、キャンプ用と自宅用に分けています。

 

キャンプ用のロールシャープナーは、道具箱に入れっぱなしにしていて、必ずキャンプに持っていきます。

 

こじんまりしたサイズなので、持ち運びしやすいのがロールシャープナーの特徴。

 

キャンプで切れ味が悪くなったら、ロールシャープナーを出して、さっとナイフを研いでいます。

 

 

ロールシャープナー本体の溝にナイフを入れ、10回前後に往復するだけなので、とても簡単。

 

水を使うこともありません。 簡単手軽にナイフを研げるのが、ロールシャープナーの良い所。

 

値段も安く、手軽に購入できるので、我が家みたいに自宅用とキャンプ用に分けると便利です。

 

ロールシャープナーは、年間50泊キャンプに行く我が家がおすすめする商品。

 

以上「最強の研ぎ方!キャンプのナイフをこれで手入れすると切れ味がよくなる」でした。

 

 

 

キャンプ用品セール:ナチュラム
 
 

 

キャンプ用品セール(Amazon)
 
 

 

キャンプ用品セール(楽天)