選び方ぶろぐ

日本酒を300日&年間50泊キャンプを楽しんでいます

これがワンポールテントのメリットとデメリット!3幕愛用する我が家が徹底レビュー



 

「年間50泊ほど、キャンプをする我が家」

 

真夏の暑い時期や真冬の寒い季節まで、春夏秋冬キャンプを楽しんでいます。

 

 

 

 

「最近は、キャンプ人気が落ち着いてきましたが、それでもいろいろなブランドからテントが発売されています」

 

いざ購入しようと思ってもたくさんあり過ぎて、どんな形のテントを選んだらいいか迷います。

 

ラーテルワークス|RATEL WORKS

 

 

「テントの流行りは毎年変わっていきますが、最近のトレンドはドームシェルターといわれている形のもの」

 

特にブラック色が、よく売れています。

 

MINIMAL WORKS 

 

 

「我が家はいろいろなテントを保有してますが、現在保有している形の中で一番多いのがワンポールテント」

 

ワンポールテントは、ポール1本で立ち上げるため設営撤収が簡単。

 



 

「カンガルースタイル・お座敷スタイル・シェルターなど、いろいろなスタイルで楽しめます」

 



 

「我が家は、アルフェイム・サーカスTC・サーカスSTDXの3幕を保有」

 

 

 

 

 

 

今回は、現在3幕ワンポールテントを保有する我が家が、メリットとデメリットを詳しくブログで紹介したいと思います。

 

 

 

 

 

*タイトル
これがワンポールテントのメリットとデメリット!3幕愛用する我が家が徹底レビュー

 



 

ワンポールテントのデメリット

 

 

 

 

シングルウォールが多い
 

 

「全てのワンポールテントがそうではありませんが、比較的シングルウォール構造が多いです」

 

シングルウォールは1枚の生地で、外気温を遮断します。

 

ダブルウォール構造に比べて、内側に結露が発生しやすいというデメリットがあります。

 



 

デッドスペースがある
 

 

「ワンポールテントは縦に三角の構造の為、隅に行くほど天井が低くなります」

 

壁の勾配もきつく、デッドスペースが多くなってしまいます。

 

デッドスペースが多い為、表示されているサイズより、実感として狭く感じてしまいます。

 



 

センターにポールがある
 

 

「ワンポールテントは、真ん中にセンターポールがあります」

 

ポールが中央にある為、テーブルなどの設置が難しくなります。

 



 

「センターポールが気になる方は、二又ポールを用意して下さい」

 

二又ポールに変えることで、幕内をかなり広く使うことが可能。

 



 

設営後に動かすのが大変
 

 

「ワンポールテントは、ドーム型テントなどの自立式テントと違い非自立式テント」

 

テントの周りをペグで固定し、ポール1本を使って設営します。

 

 



 

「周りをペグで固定する為、設営後に移動させる場合は、ペグを抜いてまた初めから設営し直さなければいけません」

 

動かさなくてもいいように、設営する前にしっかりとテントの場所と位置を決めておく必要があります。

 



 

レイアウトが難しい
 

 

「ワンポールテントは、隅に行くほど天井が低くなります」

 

隅に背の高いものを置く場合、セッティングしにくくなります。

 

家族でキャンプをされる際、荷物も増えるので広く使えるレイアウトの工夫が必要です。

 



 

雨の日に使いにくい
 

 

「ワンポールテントは壁の勾配がきつい為、出入りする時に雨がテント内に入り込みます」

 

フロアがあるワンポールテントの場合は、床が濡れてしまうことがあります。

 



 

「雨の日は、サイドフラップのあるワンポールテントがおすすめ」

 

ひさしがあると、出入りに濡れず横からの雨も入りにくいです。

 



 

カンガルーテントのサイズ
 

 

「ワンポールテントは中央にポールがある為、大きなサイズのインナーテントをインできません」

 

カンガルーテントを選ぶ場合、ポールに当たらないようなインナーテントのサイズを選ぶ必要があります。

 



 

「ワンポールテントのデメリットは、シングルウォールが多い・デッドスペースがある・レイアウトが難しい・センターにポールがある・設営後に動かすことが大変・雨の日が使いにくい・カンガルーテントのサイズ」

 

 

ワンポールテントのデメリット

シングルウォールが多い

デッドスペースがある

レイアウトが難しい

センターにポールがある

設営後に動かすのが大変

雨の日が使いにくい

カンガルーテントのサイズ

 

 

 

ワンポールテントのメリット

 

 

 

 

設営撤収が早くできる
 

 

「ワンポールテントの一番のメリットは、設営と撤収が早くできること」

 

テントの周りをペグダウンして、中央に1本のポールを使って立ち上げるだけで完成。

 

1人でも簡単で短時間に設営することが可能。

 



 

「ポールの数が少ない為、撤収するのも楽です」

 

設営撤収が早くできるので、ソロキャンプをされている方にも人気。

 



 

設営が簡単
 

 

「ワンポールテントの設営は、幕の周りをペグダウンして1本のポールを使って立ち上げます」

 

設営が簡単な為、初心者の方でも扱いやすくなっています。

 

いろいろな形のテントが発売されていますが、比較的設営が簡単とされているのがワンポールテント。

 



 

選択の幅が広い
 

 

「他の形のテントと比べて、ワンポールテントは昔から今も人気の形」

 

人気があり売れていることで、さまざまなブランドからワンポールテントが発売されています。

 

さまざまなブランドから発売されている為、ワンポールテントを選ぶ際、選択の幅が広がります。

 

 

 

 

「自分好みの大きさやサイズ、サイドフラップが付いているかいないかなど、自分好みのものをチョイスしやすいです」

 

TC幕やポリエステル幕など、生地の違いでも選びやすくなっています。

 



 

かっこいい見た目
 

 

「ワンポールテントは背の高いものが多く、遠くからでもよく目立ちます」

 

三角形のシルエットがとても美しいです。

 

TC素材のワンポールテントを選ぶことで、高級感もプラスされます。

 

 

 

 

いろいろなスタイルができる
 

 

「ワンポールテントは、床かないものがたくさん発売されています」

 

床がないワンポールテントを選択すると、さまざまなスタイルでキャンプを楽しめます。

 



 

「虫の発生が少ない冬場は、コットを使ったスタイル」

 

コットを使用することで、楽に設営撤収することが可能。

 



 

「虫が多い夏場は、インナーテントをインしてカンガルースタイル」

 

カンガルースタイルにすることで、虫をシャットアウトして就寝できます。

 



 

「広く幕内を使いたい時はお座敷スタイル」

 

お座敷スタイルにすることで、幕内を広く使えゆったりとキャンプができます。

 



 

「我が家は二又ポールを使って、よくお座敷スタイルにします」

 

二又ポールにすることで、よりテント内を広く使うことが可能。

 



 

「ワンポールテントのメリットは、設営撤収が早くできる・設営が簡単・選択の幅が広い・かっこいい見た目・いろいろなスタイルができる」

 

 

ワンポールテントのメリット

設営撤収が早くできる

設営が簡単

選択の幅が広い

かっこいい見た目

いろいろなスタイルができる。

 

 

 

ワンポールテントを購入して後悔したのか

 

 

 

 

「ワンポールテントは壁に勾配がある為、記載されているスペースより、狭く感じてしまいます」

 

端の方は低く中央にポールがある為、レイアウトが難しくなります。

 

ワンポールテントを使用していて、使いにくさが多少あります。

 



 

「使いにくさが多少ありますが、我が家はワンポールテントを今まで選んできて後悔はしていません」

 



 

「設営撤収が簡単楽なので、気軽に使うことが可能」

 

シルエットがかっこいいのもワンポールテントを気に入っている理由。

 

いろいろなスタイルで、キャンプを楽しめます。

 

 

 

 

「ワンポールテントを購入するかどうか迷っておられる方は、選んで後悔はないと思います」

 



 

おすすめワンポールテント

 

 

 

 

ヤドカリテント
 

 

「DODから発売されているのがヤドカリテント」

 

ヤドカリテントの特徴は、出入り口にサイドウォールがあることで、横風を軽減し雨が入るのを防ぎます。

 

 

 

 

「出入り口のサイドウォールにポール4本を使い立ち上げると、巨大な前室を作ることが可能」

 

ヤドカリテントを使用する際、タープを張る必要はありません。

 



 

「フライシートの裾にスカートが付いているので、気温が下がる季節でも使うことができます」

 



 

「インナーテントは出入り口や窓が大きい為、暑い時期でも快適」

 



 

「春夏秋冬オールマイティに使えるのが、ヤドカリテントを選ぶメリット」

 

本体サイズが460×460cmで高さが300cmあるヤドカリテントは、4本のポールを使ってサイドウォール立ち上げることで、かなり広く幕内を使うことができます。

 

 

 

 

「420×290cmで高さが300cmのインナーテントのサイズ」

 

4人家族で使用するには、十分なスペースがあり、圧迫感や窮屈さもありません。

 



 

「ヤドカリテントは、ワンポールテントで人気のテント」

 

口コミと評判は、下記のような感じ。

 

 

●大人二人子供二人で使用していますが、とても余裕がありますし室内の高さも申し分ありません。
 
●設営も楽だし中も広々。何よりインナーがTCなので朝の結露がない。
 
●前を立ち上げるとかなり広くて素晴らしい。インナーも広くTC素材なので快適。
 
●設営が簡単で跳ね上げたタープスペースがとっても広くて感激しました!インナー内も大満足の広さと高さ。
 
●家族4人で使用しました。中はかなり広いです。前部屋をリビングスペースで全開にしましたがこちらも余裕がありました。すごく使いやすいと思います。

 

 


 

 

 

 

 

DODのワンポールテント
 

 

「DODのワンポールテントは、S・M・Lの3種類のサイズがあり、家族の人数で選ぶことができます」

 

S・M・Lサイズ共に手頃な値段で、コスパが良いワンポールテント。

 

 

 

 

「素材はポリエステルになっており、しっかりとしたつくり」

 

メッシュのインナーが標準装備されています。

 

安心なブランドで、コスパが良いワンポールテントを探しておられる方におすすめ。

 

 

 

 

DODのワンポールテントの口コミと評判は、下記のような感じ。

 

 

●テントの強度、防水性は問題なく設置も簡単で良かったです。
 
●思った以上に丈夫で快適。
 
●とても設営しやすく、広くて快適!購入して正解でした。
 
●簡単設営で黒のワンポールにウサギのロゴが可愛い!いつかのタープとの相性も良い感じです。
 
●組み立てやすくてしかも中が広いから余裕。

 

 


 

 


 

 


 

 

 

 

 

まとめ

 



 

ワンポールテントは壁に勾配がある為、記載されているスペースより、狭く感じてしまいます。

 

端の方は低く中央にポールがある為、レイアウトが難しくなります。

 

ワンポールテントを使用していて、使いにくさが多少あります。

 

使いにくさが多少ありますが、我が家はワンポールテントを今まで選んできて後悔はしていません。

 

設営撤収が簡単楽なので、気軽に使うことが可能。

 

シルエットがかっこいいのもワンポールテントを気に入っている理由。

 

いろいろなスタイルで、キャンプを楽しめます。

 

ワンポールテントを購入するかどうか迷っておられる方は、選んで後悔はないと思います。

 

以上、「これがワンポールテントのメリットとデメリット!3幕愛用する我が家が徹底レビュー」でした。

 

 

 

キャンプ用品セール:ナチュラムCheck! 

 
 

 

 

 

 

 

 

キャンプ用品セール(Amazon)Check! 

 
 

 

 

 

 

キャンプ用品セール(楽天)Check!