選び方ぶろぐ

年間50泊キャンプを楽しんでいます

【4個保有レビュー】ロゴス氷点下パックのサイズを徹底比較



 

「年間50泊ほど、キャンプをする我が家」

 

真夏の暑い時期や真冬の寒い季節まで、春夏秋冬キャンプを楽しんでいます。

 

 

 

 

「年間50泊もすると、ほぼ毎週がキャンプ」

 

キャンプに行く時間が長ければ長いほど、快適に過ごしたいと思います。

 

 

 

 

「春や秋は寒暖差で、朝晩が寒くなっても昼間は気温が上がります」

 

夏キャンプは、1日を通して暑いまま。

 

春や秋のキャンプは昼間気温が上がるので、暑さ対策が必要になります。

 

 

 

 

「夏キャンプは、しっかりとした暑さ対策が不可欠」

 

 

 

 

「今回紹介するのが、クーラーボックスに入れる保冷剤について」

 

暑くなってくると、クーラーボックスの保冷はかなり大事になってきます。

 



 

「キャンプで使う保冷剤の中で、一番人気があり売れているのがロゴスの氷点下パック」

 

ロゴスの氷点下パックは、−16℃を長時間維持する強力保冷剤。

 

一般的な保冷剤の約8倍の保冷能力があります。

 



 

「ロゴスの氷点下パックには、氷点下パックGT-16℃と倍速凍結・氷点下パックの2種類があります」

 



 

今回は、氷点下パックGT-16℃と倍速凍結・氷点下パックのサイズや何個必用かなど詳しくブログで紹介したいと思います。

 

 

 


 

 
 
*タイトル
【4個保有レビュー】ロゴス氷点下パックのサイズを徹底比較

 



 

「100円ショップやホームセンター、アウトドアメーカーなど、さまざまなブランドから保冷剤が発売されています」

 

いざ購入しようと思ってもたくさんあり過ぎて、どのブランドの保冷剤を選んだらいいか迷います。

 

キャンプで使う保冷剤で、一番人気があり売れているのがロゴスの氷点下パック。

 



 

「ロゴスの氷点下パックは、−16℃を長時間持続する強力な保冷剤」

 

一般的な保冷剤の約8倍の保冷能力があります。

 

食べものや飲み物、アイスクリームまで保存ができる優れもの。

 



 

ロゴスの氷点下パックの違い

 



 

「ロゴスの氷点下パックには、氷点下パックGT-16℃と倍速凍結・氷点下パックの2種類があります」

 



 

「氷点下パックGT-16℃と倍速凍結・氷点下パックの違いは凍結時間」

 



 

「氷点下パックGT-16℃の凍結時間は36時間〜48時間」

 



 

「それと比べて倍速凍結・氷点下パックは、18時間〜24時間で凍結が可能」

 



 

「氷点下パックGT-16℃に比べて人気があり売れているのが、倍速凍結・氷点下パック」

 

我が家も氷点下パックGT-16℃が1個に対して、倍速凍結・氷点下パックを3個保有しています。

 

両方の種類を保有している我が家ですが、使いやすいのは凍るのが早い倍速凍結・氷点下パックの方です。

 

 

氷点下パックGT-16℃

凍結時間が36時間〜48時間

倍速凍結・氷点下パック

凍結時間が18時間〜24時間

 

 

 

ロゴスの氷点下パックはどっちがいいの 

 

 

ロゴス氷点下パックはどっちがいいの?

ピクニック・デイキャンプ・1泊2日のキャンプによく行かれる方は倍速凍結氷点下パック

連泊のキャンプや夏キャンプをよくされる方は氷点下パックGT-16℃

 

 

 

「氷点下パックGT-16℃と、倍速凍結・氷点下パックの違いは凍結時間」

 

それ以外に公式には発表されていませんが、よく言われていているのが保冷の長さ。

 

倍速凍結・氷点下パックより氷点下パックGT-16℃の方が保冷時間が長いとされています。

 



 

「我が家も試しましたが、倍速凍結・氷点下パックより氷点下パックGT-16℃の方が保冷時間が長かったです」

 



 

「ピクニック・デイキャンプ・1泊2日のキャンプによく行かれる方は、凍結時間が早い倍速凍結・氷点下パックがおすすめ」

 

 

 


 

 

 

 

 

「連泊のキャンプや夏キャンプをよくされる方は、保冷時間の長い氷点下パックGT-16℃が良いと思います」

 

 

 




 

 

 

ロゴス氷点下パックのサイズ

 



 

「ロゴスの氷点下パックには、下記のようなサイズがあります」

 

 

氷点下パックGT-16℃・ソフト

サイズ:550g・900g

倍速凍結・氷点下パックソフト

サイズ:M・L

氷点下パックGT-16℃・ハード

サイズ:550g・900g・1200

倍速凍結・氷点下パックハード

サイズ:M・L・XL

氷点下パックGT-16℃・コンパクト

倍速凍結・氷点下パックコンパクト

 

 

 

ロゴスの氷点下パック何個必要
 

 

「ロゴス氷点下パックを入れる個数は、16Lのクーラーボックスに、倍速凍結・氷点下パック1200g1個が目安」

 

 

16Lのクーラーボックス

氷点下パックGT-16℃1200g1個

倍速凍結・氷点下パックXL1個

32Lのクーラーボックス

氷点下パックGT-16℃1200g2個

倍速凍結・氷点下パックXL2個

48Lのクーラボックス

氷点下パックGT-16℃1200g3個

倍速凍結・氷点下パックXL3個

 

 

 

「我が家は、コールマンのスチールベルトクーラーを使用していて51Lの大容量」

 

夏キャンプに、コールマンのスチールベルトクーラーを使用する場合、ロゴスの倍速凍結・氷点下パックXLを3つ入れています。

 



 

「51Lのスチールベルトクーラーに、ロゴスの倍速凍結・氷点下パックXLを3つ入れておくと、真夏のキャンプでも1泊2日のキャンプなら十分に保冷を維持してくれます」

 



 

「20L〜30Lのクーラーボックスだと、ロゴスの倍速凍結・氷点下パックXLを2個入れるとベスト」

 



 

「ロゴスの倍速凍結・氷点下パックXLを使うと、夏場でも長時間冷たさをキープしてくれます」

 



 

「ロゴスの氷点下パックには2種類の違いがあります」

 



 

「ピクニック・デイキャンプ・1泊2日のキャンプによく行かれる方は、倍速凍結・氷点下パック」

 

 

 


 

 

 

 

 

「連泊のキャンプや夏キャンプをよくされる方は、氷点下パックGT-16℃」

 

 

 




 

 

 

まとめ

 



 

今回は、ロゴスの氷点下パックのサイズや何個必用かをブログで紹介しました。

 

ロゴスの氷点下パックには、氷点下パックGT-16℃と倍速凍結・氷点下パックの2種類があります。

 

氷点下パックGT-16℃は、凍結時間が36時間〜48時間。

 

倍速凍結・氷点下パックは、凍結時間が18時間〜24時間。

 

以上、「【4個保有レビュー】ロゴス氷点下パックのサイズを徹底比較」でした。

 

 

 

 

キャンプ用品セール:ナチュラムCheck! 

 
 

 

 

 

 

 

 

キャンプ用品セール(Amazon)Check! 

 
 

 

 

 

 

キャンプ用品セール(楽天)Check!