選び方ぶろぐ

年間50泊キャンプを楽しんでいます

徹底検証!クーラーボックスの保冷剤の入れ方!最強に長持ちさせる方法も紹介

 

 

 

「年間50泊ほど、キャンプをする我が家」

 

真夏の暑い時期や真冬の寒い季節まで、春夏秋冬キャンプを楽しんでいます。

 

 

 

 

「最近はキャンプ人気が落ち着いてきましたが、それでもいろいろなブランドからクーラーボックスが発売されています」

 

昔に比べて種類も増えたので、クーラーボックスを選ぶ選択の幅も増えました。

 

BROOKLYN 

 

 

「今よく売れているのが、高性能と呼ばれる保冷力の高いクーラーボックス」

 

高性能なクーラーボックスは、保冷力に優れているのが特徴。

 

エイアンドエフ

 

 

「保冷力を向上させるには、クーラーボックスの選び方だけではなく、使用する保冷剤と入れ方も大事」

 

 

 

 

今回は年間50泊キャンプに行く我が家が、保冷剤の入れ方と長持ちさせる方法を、詳しくブログで紹介したいと思います。

 

 

 


 

 

*タイトル
徹底検証!クーラーボックスの保冷剤の入れ方!最強に長持ちさせる方法も紹介

 



 

最強の保冷剤

 

 

 

 

「クーラーボックスの保冷力を上げ維持させるには、使う保冷剤が最も大事」

 

冷やす能力が高い保冷剤を選ばないと、入れ方に注意しても保冷力が上がりません。

 



 

「いろいろある保冷剤の中で、最強と言われているのがロゴスの倍速凍結・氷点下パック」

 

ロゴスの倍速凍結・氷点下パックは−16℃を長時間維持できる保冷剤。

 



 

「一般的な保冷剤に比べて8倍の保冷力があり、食べ物や飲み物はもちろん、アイスクリームや冷凍食品まで保冷できます」

 

ロゴスの倍速凍結・氷点下パックは、保冷力の強い最強の保冷剤と言われています。

 



 

「最強の保冷力があるロゴスの倍速凍結・氷点下パックは、気温が高い夏場にぜひ使ってほしい保冷剤」

 



 

「ロゴスの倍速凍結・氷点下パックは、M・L・XLのサイズがあります」

 

 

 


 

 


 

 

 

 

 

「我が家はロゴスの倍速凍結・氷点下パックXLサイズを使っています」

 

 

 


 

 

 

 

 

クーラーボックスの保冷剤の入れ方

 



 

保冷剤の入れ方は上下がベスト
 

 

「まず知っておきたいのが、冷たい空気は下に行くこと」

 

冷たい空気は上から下に移動する為、保冷力をアップさせるには保冷剤を上に置く必要があります。

 



 

「クーラーボックスのサイズが大きいと、上に置いた保冷剤の冷気が、下まで到達しない場合があります」

 

サイズの大きなクーラーボックスを使用する場合、保冷剤は上下に配置して下さい。

 

保冷剤を上下に配置することで、クーラーボックス全体に冷気が行き渡ります。

 



 

保冷剤の入れ方は上と横でもOK
 

 

「野菜やフルーツなど冷やし過ぎがよくないものをクーラーボックスに入れる場合、保冷剤に近づけすぎないようにすることが大事」

 

保冷剤は、直接食材に当たらないようにセットして下さい。

 

保冷剤を下に置いてしまうと、ペットボトルなど背の高いものが入れにくくなってしまいます。

 

 

 

 

「クーラーボックスに配置する保冷剤は、上下だけではなく、上と横に入れてもOKです」

 

側面に保冷剤をセットしても、効率よくクーラーボックスを冷やしてくれます。

 

 

クーラーボックスの保冷剤の入れ方

保冷剤は上下に配置する

上と横に保冷剤を設置してもOK

 

 

 

「クーラーボックスの蓋に保冷剤が設置できるものがあれば便利」

 

ソフトクーラーボックスなどは、蓋に保冷剤を設置できるものがあります。

 

蓋に設置することで、食材を干渉せずに保冷剤を固定できます。

 



 

「冷たい空気は上から下に移動する為、クーラーボックスに保冷剤を入れる場合は上に設置」

 

サイズの大きなクーラーボックス使う時は、下まで冷気が行き渡らないので、保冷剤は上下か上横に設置して下さい。

 

上下か上横に保冷剤を置くことで、クーラーボックス全体に冷気が行き渡ります。

 



 

保冷剤を長持ちさせる方法

 

 

 

 

ハードクーラーボックスにソフトクーラーを入れる
 

 

「ハードクーラーボックスの中に、食材と保冷剤を入れます」

 

ハードクーラーとソフトクーラーの2重にすることで、保冷を長時間維持し保冷剤が溶けにくくなります。

 

暑い時期に連泊される方や、長時間保冷をキープされたい方におすすめ。

 



 

直射日光の下にクーラーボックスを置かない
 

 

「クーラーボックスを直射日光の下に配置すると、クーラーボックス本体の温度が上がってしまい、内部の保冷力が落ちます」

 

保冷剤が溶けるスピードが早くなる為、クーラーボックスは必ず日陰に設置して下さい。

 

 

 

 

クーラーボックスを直接地面に置かない
 

 

「気温が上昇してくると、それに伴い地面の温度も上がります」

 

熱い地面に直接クーラーボックスを置くと、クーラーボックス内の温度が上がり、保冷剤が溶けるスピードが早まります。

 

保冷剤は直接地面に設置せずに、地面と距離ができるスタンドやメッシュテーブルなどを使って置いて下さい。

 



 

内側にアルミシートや銀マットをセットする
 

 

「クーラーボックスの蓋は側面と比べて、断熱材の厚みが薄い場合があります」

 

食材の上に、アルミシートや銀マットをセットすることで、冷気が逃げにくくなり保冷剤が溶けるスピードが緩やかになります。

 



 

「我が家は、いらなくなった8mm厚の銀マットをカットし使っています」

 

8mm厚の銀マットを設置するだけで、保冷力が長く維持できます。

 



 

最強の保冷剤
 

 

「保冷力を上げ維持させる為には、保冷剤の入れ方などいろいろな工夫も必要」

 

いろいろな工夫をする前におすすめするのが保冷剤。

 



 

「最近はキャンプブームが落ち着いてきましたが、それでもいろいろなブランドから保冷剤が発売されています」

 

いろいろある保冷剤の中で、最強と言われているのが、ロゴスから発売されている倍速凍結・氷点下パック。

 

ロゴスの倍速凍結・氷点下パックを使うことで、大幅に保冷力が向上します。

 



 

「真夏にクーラーボックスを使って食材を保存されるならロゴスの倍速凍結・氷点下パックを選ぶべき」

 

 

 

 

「ロゴスの倍速凍結・氷点下パックは−16℃を長時間維持できる保冷剤」

 



 

「一般的な保冷剤に比べて8倍の保冷力があり、食べ物や飲み物はもちろん、アイスクリームや冷凍食品まで保冷できます」

 

ロゴスの倍速凍結・氷点下パックは、保冷力の強い最強の保冷剤といわれています。

 



 

「最強の保冷力があるロゴスの倍速凍結・氷点下パックは、気温が高い夏場にぜひ使ってほしい保冷剤」

 



 

「ロゴスの倍速凍結・氷点下パックは、M・L・XLのサイズがあります」

 

 

 


 

 


 

 

 

 

 

「我が家はロゴスの倍速凍結・氷点下パックXLサイズを使っています」

 

 

 


 

 

 

 

 

まとめ

 



 

クーラーボックスの蓋に保冷剤が設置できるものがあれば便利。

 

ソフトクーラーボックスなどは、蓋に保冷剤を設置できるものがあります。

 

蓋に設置することで、食材に干渉せずに保冷剤を固定できます。

 

冷たい空気は上から下に移動する為、クーラーボックスに保冷剤を入れる場合は上に設置。

 

サイズの大きなクーラーボックス使う場合は、下まで冷気が行き渡らないので、保冷剤は上下か上横に設置して下さい。

 

上下か上横に保冷剤を置くことで、クーラーボックス全体に冷気が行き渡ります。

 

以上、「徹底検証!クーラーボックスの保冷剤の入れ方!最強に長持ちさせる方法も紹介」でした。

 

 

 

キャンプ用品セール:ナチュラムCheck! 

 
 

 

 

 

 

 

 

キャンプ用品セール(Amazon)Check! 

 
 

 

 

 

 

キャンプ用品セール(楽天)Check!