選び方ぶろぐ

日本酒を300日&年間50泊キャンプを楽しんでいます

徹底検証!クーラーボックスに入れる保冷剤の量は何個入れたらいいの?詳しく紹介



 

「年間50泊ほど、キャンプをする我が家」

 

真夏の暑い時期や真冬の寒い季節まで、春夏秋冬キャンプを楽しんでいます。

 

 

 

 

「キャンプの楽しみは、皆さんいろいろあると思います」

 

我が家のキャンプの楽しみは、ゆったりとお酒をいただくこと。

 

キャンプでは夫婦で、ゆったりとお酒を飲みながら過ごしています。

 

 

 

 

「お酒を美味しくいただくには、お酒に合う料理やおつまみが必要」

 

我が家はキャンプで、いろいろな料理やおつまみを作ってきました。

 

 

 

 

「料理やおつまみをいただきながら、キャンプでキンキンに冷やしたビールを飲むのは最高の贅沢」

 

キャンプでお酒を冷やすには、保冷剤の量や入れ方も大事。

 

 

 

 

今回は、クーラーボックスに入れる保冷剤の量は、何個入れたらいいのか?など、詳しくブログで紹介したいと思います。

 

 

 


 

 

*タイトル
徹底検証!クーラーボックスに入れる保冷剤の量は何個入れたらいいの?詳しく紹介

 



 

保冷剤の量は何個入れたらいいのか?

 



 

保冷剤の量
 

 

「夏場に、肉や魚など生鮮食品の鮮度を長持ちさせるには、クーラーボックスに入れる保冷剤の量が大事」

 

 

 

 

「食材をしっかりと冷やすのに、保冷剤の量を増やし過ぎてしまうのは間違い」

 

保冷剤の量が多いと、今度は食材を入れるスペースが減ってしまいます。

 

クーラーボックスを効率よく使うには、しっかりと保冷できて、尚且つ食材が入るスペースを確保することが必要です。

 



 

「クーラーボックスに入れる保冷剤は、クーラーボックスのサイズに対して、4分の1程度がベスト」

 

保冷剤4分の1の量が、ちょうどいいバランスです。

 

保冷効果を維持させつつ食材のスペースも確保できます。

 

 

クーラーボックスに入れる保冷剤の量

クーラーボックスのサイズに対して保冷剤の量は4分の1

 

 

 

保冷剤は何個必要か
 

 

「我が家は、コールマンのスチールベルトクーラーとイエティのクーラーボックスを保有」

 

この2つのクーラーボックスを例にあげて、実際に説明していきたいと思います。

 



 

「コールマンのスチールベルトクーラーは容量が51L」

 

51Lあるコールマンのスチールベルトクーラーには、ロゴスの倍速凍結・氷点下パックXLを3個入れています。

 



 

「クーラーボックスの保冷力でも差が出ますが、容量が50L程のクーラーボックスだと、特大サイズの保冷剤を3個入れると、夏キャンプでも1泊2日なら十分に保冷できます」

 

我が家は、保冷剤にロゴスの倍速凍結・氷点下パックXLを使用しています。

 

 

容量が50Lサイズのクーラーボックス

特大サイズの保冷剤3個

 

 


 

 

 

 

 

「イエティのクーラーボックスは容量が20Lサイズ」

 



 

「我が家は、容量が20L程のクーラーボックスには、特大サイズの保冷剤を2個入れています」

 

特大サイズの保冷剤を2個入れておくと、クーラーボックスの性能にもよりますが、真夏のキャンプでも1泊2日なら保冷できます。

 

 

容量が20Lサイズのクーラーボックス

特大サイズの保冷剤2個

 

 


 

 

 

 

 

ロゴスの倍速凍結・氷点下パック

 



 

「いろいろある保冷剤の中で、最強と言われているのがロゴスの倍速凍結・氷点下パック」

 

ロゴスの倍速凍結・氷点下パックは、−16℃を長時間維持できる保冷剤。

 



 

「一般的な保冷剤に比べて8倍の保冷力があり、食べ物や飲み物はもちろん、アイスクリームや冷凍食品まで保冷できます」

 

ロゴスの倍速凍結・氷点下パックは、保冷力の強い最強の保冷剤といわれています。

 



 

「最強の保冷力があるロゴスの倍速凍結・氷点下パックは、気温が高い夏場にぜひ使ってほしい保冷剤」

 



 

「ロゴスの倍速凍結・氷点下パックは、M・L・XLのサイズがあります」

 

 

 


 

 


 

 

 

 

 

「我が家はロゴスの倍速凍結・氷点下パックXLサイズを使っています」

 

 

 


 

 

 

 

 

保冷剤の入れ方と置く場所

 



 

「保冷力を上げ維持させる為には、保冷剤の入れ方と置く場所が大事」

 

冷たい空気は、上から下に向かって移動します。

 

上から下に向かって冷たい空気は移動するので、保冷剤は食材の上に置くのがベスト。

 



 

「容量が大きいクーラーボックスは、下まで冷気が届かない場合があります」

 

クーラーボックスの容量が大きい場合は、上と下に保冷剤を挟み込んで下さい。

 



 

「上と下に挟み込めない場合は、上と横に保冷剤を設置してもOKです」

 



 

「保冷剤を2ヶ所に設置することで、クーラーボックス全体を長時間冷やすことができます」

 

我が家はロゴスの倍速凍結・氷点下パックXLサイズを使用。

 

 

 


 

 

 

 

 

クーラーボックスの保冷力をアップする

 



 

食材を凍らすと保冷力アップ
 

 

「クーラーボックスに入れる食材を事前に凍らしておくと、凍らした食材が保冷剤の役割を果たします」

 

凍らすことで、食材の鮮度が保たれ痛み防止効果もあります。

 



 

保冷力を強化
 

 

「ペットボトルを凍らして入れると、保冷剤とプラスされて保冷力が強化されます」

 

ミネラルウォータなどを凍らすと、溶けて飲み水として使うことも可能。

 

 



 

保冷剤の持ち時間を長くする
 

 

「クーラーボックスの使い方として、飲み物を頻繁にクーラーボックスから出し入れすることがあっても、食材を取り出すことは少ないです」

 

クーラーボックスの開閉が多いと、それだけ冷気が逃げてしまいます。

 

食材と飲み物を分けてクーラーボックスに入れることで、食材の保冷を長時間維持できます。

 



 

クーラーボックスにはロゴスの倍速凍結・氷点下パック

 



 

「いろいろある保冷剤の中で、最強と言われているのがロゴスの倍速凍結・氷点下パック」

 

ロゴスの倍速凍結・氷点下パックは、−16℃を長時間維持できる保冷剤。

 



 

「一般的な保冷剤に比べて8倍の保冷力があり、食べ物や飲み物はもちろん、アイスクリームや冷凍食品まで保冷できます」

 

ロゴスの倍速凍結・氷点下パックは、保冷力の強い最強の保冷剤といわれています。

 



 

「最強の保冷力があるロゴスの倍速凍結・氷点下パックは、気温が高い夏場にぜひ使ってほしい保冷剤」

 



 

「ロゴスの倍速凍結・氷点下パックは、M・L・XLのサイズがあります」

 

 

 


 

 


 

 

 

 

 

「我が家はロゴスの倍速凍結・氷点下パックXLサイズを使っています」

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

まとめ

 

 

 

 

夏場に、肉や魚など生鮮食品の鮮度を長持ちさせるには、クーラーボックスに入れる保冷剤の量が大事。

 

食材をしっかりと冷やすのに、保冷剤の量を増やし過ぎてしまうのは間違い。

 

保冷剤の量が多いと、今度は食材を入れるスペースが減ってしまいます。

 

クーラーボックスを効率よく使うには、しっかりと保冷できて、尚且つ食材が入るスペースを確保することが必要です。

 

クーラーボックスに入れる保冷剤は、クーラーボックスのサイズに対して、4分の1程度がベスト。

 

保冷剤4分の1の量が、ちょうどいいバランスです。

 

保冷効果を維持させつつ食材のスペースも確保できます。

 

以上、「徹底検証!クーラーボックスに入れる保冷剤の量は何個入れたらいいの?詳しく紹介」でした。

 

 

 

キャンプ用品セール:ナチュラムCheck! 

 
 

 

 

 

 

 

 

キャンプ用品セール(Amazon)Check! 

 
 

 

 

 

 

キャンプ用品セール(楽天)Check!