選び方ぶろぐ

年間50泊キャンプを楽しんでいます

【検証】キャンプで銀マットは本当に必要?使い方がわかればテント内が超快適になる

 

 

 

「年間50泊ほど、キャンプに行く我が家」

 

真夏の暑い時期や真冬の寒い季節まで、春夏秋冬キャンプを楽しんでいます。

 

 

 

 

「年間50泊もキャンプをすると、ほぼ毎週がキャンプ」

 

キャンプに行く時間が長ければ長いほど、快適に過ごしたいと思います。

 

 

 

 

キャンプで快適に過ごす方法はいろいろありますが、今回はテントに銀マットは必要か?いらないのか?使い方も含めて詳しくブログで紹介したいと思います。

 

 

 

 


 

 
*タイトル
【検証】キャンプで銀マットは本当に必要?使い方がわかればテント内が超快適になる

 



 

春夏秋冬の銀マットの敷き方

 

 

 

 

銀マットには、銀の面と銀ではない面の裏表あります」

 

裏表を間違えると、銀マットの効果を最大限得られません。

 



 

夏キャンプの銀マットの敷き方
 

 

「夏場は、銀マットの銀の面を下にして下さい」

 



 

「銀マットの銀の面を下にすることで、地面に蓄えられた地熱や湿気をカットします」

 

体温を反射させる効果もないので、涼しく過ごせます。

 



 

「夏キャンプは地面の地熱と湿気対策に、銀マットの銀の面を下にして下さい」

 

 

夏キャンプ

銀マットの銀の面を下にする

 

 

 

春・秋・冬キャンプの銀マットの敷き方
 

 

「春や秋は昼間は気温が上がりますが、朝晩が冷え込みます」

 

冬キャンプは、1日を通して寒いまま。

 

夏キャンプを除く、春・秋・冬キャンプに寒さ対策は必要です。

 



 

「気温が下がると必ず発生するのが地面からの冷気」

 

地面を手で触ると冷たいのが冷気で、テントの床部分からも冷気が発生します。

 



 

「テントの床に何も敷かずに寝転がってみると冷たく感じます」

 



 

「銀マットを敷くことで、地面からの冷気を遮断します」

 



 

「春・秋・冬キャンプは、銀マットの銀の面を上にして下さい」

 

銀の面を上にすることで、地面からの冷気を遮断し体温を反射させて暖かくなります。

 



 

「料理を作る時、アルミホイルを蓋代わりにすると、料理が早く出来上がります」

 

それはアルミホイルが熱を反射させ、食材に熱を通しやすくし保温性も高めます。

 



 

「銀マットも同じで、銀の面は保温効果があり、体温を反射させるので暖かくなります」

 

 

春・秋・冬キャンプ

銀マットの銀の面を上にする

 

 

 

「我が家は、8mm厚の銀マットを使用」

 

8mm厚の銀マットがあれば、地面の硬さを吸収しクッション性も高めます。

 

 

 

 

銀マットのみで就寝する

 

 

 

 

「インフレーターマットやエアーマットを敷かず、銀マットのみで就寝する場合、銀マットの厚みを増して下さい」

 



 

「我が家がインフレーターマットやエアーマットを使わず就寝する時は、分厚い銀マットを2枚重ねにしています」

 

8mm厚の分厚い銀マットを2枚重ねにすることで、地面からのゴツゴツ感や硬さを吸収します。

 

めちゃくちゃ快適さはありませんが、十分に就寝はできます。

 

 

 

 

 

 

 

「15mm厚の銀マットを使うと、重ねずにすみます」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

電気毛布の使い方

 



 

「電気毛布は、インフレーターマットの上に敷いて、その上にシュラフを敷きます」

 

 

電気毛布の敷き方

インフレーターマット→電気毛布→シュラフ

 

 

 

「電気毛布をシュラフの中に入れると、より暖かさを感じますが、マミー型シュラフの場合、電気毛布がシュラフの中に入りません」

 

電気毛布を中の温度にしてシュラフの下に敷くと、じんわりと暖かさが伝わってきます。

 

 

 

 

「家族で電気毛布をシェアされる場合は、インフレーターマット2つで電気毛布を1枚」

 

銀マットで就寝される場合は、電気毛布1枚の上にシュラフ2枚を敷いて下さい。

 

 

家族で電気毛布をシェア

インフレーターマット2つで電気毛布1枚

銀マットで就寝する場合は電気毛布1枚の上にシュラフ2枚

 

 

 

 

 

 

 

 

ポータブル電源

 

 

 

 

「ポータブル電源があれば、電源がないサイトで電気毛布を使用することが可能」

 

電気毛布1枚を中の温度で使用すると、消費電力は35whほどになります。

 

 

電気毛布1枚を中の温度で使用すると消費電力は35kw

 

 

 

「電気毛布1枚の使用時間を7時間として、1泊2日のキャンプなら35kw×7時間=245wh程の消費電力がいります」

 

家族で電気毛布をシェアして2枚使うと、500whのポータブル電源が必要になります。

 

 

電気毛布2枚を中の温度で使用すると500whのポータブル電源が必要

 

 

 

「キャンプのポータブル電源でよく売れているのが、ジャクリのポータブル電源」


ジャクリのポータブル電源は、世界累計販売台数が200万台を突破した販売実績。

 

サポート体制もしっかりとしているので、安心して使用できます。

 

 

 

 

「軽くて持ち運びがしやすく、おしゃれでコンパクトなのがジャクリのポータブル電源の良さ」

 


 

 

「ジャクリのポータブル電源708は、バッテリー容量が708whあるので、電気毛布2枚を1泊2日のキャンプなら余裕で使用できます」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホットカーペットの敷き方

 



 

「ホットカーペットは、銀マットとラグの間に我が家は敷いています」

 

 

ホットカーペットの敷き方

銀マット→ホットカーペット→ラグ

 

 

 

「キャンプでは、ホットカーペットの上で就寝することが多いので、ホットカーペットの上にラグを敷くことで、熱がマイルドになります」

 

銀マットを厚みのあるものにしておけば、インフレーターマットやエアーマットを使わず就寝ができます。

 



 

「我が家は8mm厚の分厚い銀マットを、2枚重ねにしています」

 

 

 

 

 

 

 

「15mm厚の極厚銀マットを使用すれば、重ねずに使えます」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「ホットカーペットの温度は、弱25℃・中35℃・強45℃になります」

 

低温火傷になるリスクは45℃以上と言われており、ホットカーペットを使用する場合は温度調整が大事。

 



 

「ホットカーペットのサイズは、メーカーによっても異なります」

 

1辺の長さが違ったり、正方形や長方形だったりサイズがさまざま。

 

一般的なホットカーペットのサイズは下記の通り。

 

 

1畳から4畳までのホットカーペットのサイズ

1畳用:88×176cm

1.5畳用:125×180cm

2畳用:176×176cm

3畳用:195×235cm

4畳用:200×310cm

 

 

 

 

 

 

 

 

まとめ

 

 

 


今回はテントに銀マットは必要か?いらないのか?使い方も含めてブログで紹介しました。

 

キャンプで快適に過ごすには、銀マットの役割りがかなり大きいです。

 

春や秋は昼間は気温が上がりますが、朝晩が冷え込みます。

 

冬キャンプは、1日を通して寒いまま。

 

夏キャンプを除く、春・秋・冬キャンプに寒さ対策は必要です。

 

特に気温が下がる時期は、地面からの冷気対策をして下さい。

 

地面からの冷気対策をしっかりとして、快適なキャンプを過ごして下さいね。

 

以上、「【検証】キャンプで銀マットは本当に必要?使い方がわかればテント内が超快適になる」でした。

 

 

 

キャンプ用品セール:ナチュラムCheck! 

 
 

 

 

 

 

 

 

キャンプ用品セール(Amazon)Check! 

 
 

 

 

 

 

キャンプ用品セール(楽天)Check!