年間50泊キャンプ

年間50泊キャンプに行っています

レビュー!キャンプでこたつ!天板の自作方法とロールテーブルを詳しくブログで紹介。

 

 

 

「年間50泊程、キャンプをする我が家」

 

真夏の暑い時期や真冬の寒い季節まで、春夏秋冬キャンプを楽しんでいます。

 

年間50泊もキャンプをしていると、過ごしやすい季節と過ごしにくい季節がわかります。

 

 

 

 

「1年で最も過ごしにくいのが、夏のキャンプ」

 

平地だと昼間は高温になり、夜は熱帯夜になることもあります。

 

キャンプで不快に感じることがあるのが、夏キャンプの特徴。

 

 

 

 

「1年で最も過ごしやすいのが、春や秋のキャンプ」

 

冬場程寒くはなく、夏場ほど暑くならないので、重装備でなくてもキャンプができます。

 

焚き火だけでも暖が取れ、焚き火が最も楽しめる季節。

 

 

 

 

「冬キャンプは、しっかりとした装備をすれば、自宅に居るより快適に過ごせます」

 

装備選びの難しいのが、冬キャンプの特徴。

 

 

 

 

「夏キャンプを除く、春・秋・冬キャンプに寒さ対策は必要です」

 

 

 

 

「寒さ対策は、石油ストーブ・ホットカーペット・湯たんぽ・電気毛布など、他にもいろいろあります」

 

いろいろある寒さ対策の中で、こたつがあります。

 



 

「こたつは、寒さ対策になり尚且つゆったりと過ごせます」

 

寒い季節、暖かくゆったりと過ごせるのでおすすめです。

 

 

 

 

今回は、キャンプでこたつの自作方法と、テーブルや天板について、詳しくブログで紹介したいと思います。

 

 

 

 

*タイトル
レビュー!キャンプでこたつ!天板の自作方法とロールテーブルを詳しくブログで紹介

 



 

「気温が下がる季節、おすすめなのがこたつ」

 

こたつがあれば、寒さ対策になり尚且つゆったりとテント内で過ごせます。

 

 

 

 

「キャンプは、車に積載して道具を運ぶので、自宅で使用しているようなこたつは、キャンプでは使いにくいです」

 

できる限りコンパクトになる方が、良いと思います。

 

 

 

 

「我が家は、こたつ本体にアルミの折りたたみテーブルを使用し、天板は自作をしています」

 

こたつ本体を、折りたたみのアルミテーブルにすることで、持ち運びがコンパクトになります。

 

 

 

 

 

天板の自作方法とテーブル

 



 

アルミの折りたたみテーブル
 

 

「キャンプでこたつを作るには、こたつ本体になるテーブルが1個・天板になるテーブルが1個」

 

合計2個のテーブルが、必要になります。

 

我が家は、こたつ本体代用に、アルミの折りたたみテーブルを使用しています。

 

 

 

 

「120×60cmの折りたたみテーブルを使用することで、家族でゆったりできるようなスペースを確保できます」

 

折りたためるので、コンパクトに運べるのもメリット。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

天板の自作方法
 

 

「こたつ本体が120×60cmなので、天板サイズも同じ120×60cmになります」

 

我が家は、ホームセンターでベニア板を購入し、120×60cmサイズに、ホームセンターで切ってもらいました。

 

 

 

 

「ダイソーで、紙やすり・ハケ・水性ニスを購入します」

 

我が家は、水性ニスにケヤキ色を使用しました。

 

 

 

 

「ホームセンターでカットしてもらったベニア板を軽く紙やすりで磨き、水性ニスで色を塗ったら完成」

 

 

 

 

 

 

「ベニア板を使用すると、簡単に手軽にこたつの天板ができます」

 

 

 

 

「ベニア板は、厚みはありませんが、折りたたむことができません」

 

 

 

 

「天板にロールテーブルを使用すると、コンパクトに持ち運びができます」

 

ハイランダーのバンブーロールトップテーブルなら、120×60cmのサイズを販売しています。

 

120×60cmのサイズがあれば、家族で使用しても狭くはありません。

 

VISIONPEAKS

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こたつの熱源

 

 

 

 

「こたつの熱源は、電源サイトだとホットカーペット」

 

電源なしサイトは、湯たんぽor電気毛布になります。

 

 

 

 

ホットカーペット
 

 

「ホットカーペットは、キャンプで使う最強の暖房器具と言われていています」

 

電源サイトを利用される場合は、ホットカーペットがおすすめ。

 



 

「ホットカーペットは、メーカーによってサイズが異なります」

 

1辺の長さが違ったり、形も正方形や長方形がありさまざま。

 

下記が、ホットカーペットの一般的なサイズになります。

 

 

1畳から4畳までのホットカーペットのサイズ

1畳用:88×176cm

1.5畳用:125×180cm

2畳用:176×176cm

3畳用:195×235cm

4畳用:200×310cm

 

 

 

「ホットカーペットは、必ず銀マットの上に敷いて下さい」

 

銀マットの上に敷くことで、ホットカーペットの熱を反射させ、より暖かくなります。

 

 

 

 

湯たんぽ
 

 

「キャンプで湯たんぽを使用する場合、2個あると暖かいです」

 

我が家は、マルカの湯たんぽを使用。

 

 

 

 

「マルカの湯たんぽの特徴は、直火ができること」

 

本体に水を入れ、ガスコンロで温めることができます。

 

 

 

 

 

「石油ストーブの上でも温めることができるので、とても便利」

 

 

 

 

「マルカ湯たんぽの表面は、波形をしています」

 

波形にすることで表面積が広くなり、暖房面積が大きくなります。

 

表面を波形にすると、強度が増し丈夫になります。

 

 

 

 

「マルカの湯たんぽの内部には、支柱が入っていて、温度が下がった時にヘコミにくくなっています」

 

 

 

 

「マルカの湯たんぽ2個で、こたつの熱源になるのでおすすめ」

 

我が家は夫婦で、2.5Lのマルカの湯たんぽを使用しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

電気毛布
 

 

「電気毛布でもこたつの熱源になります」

 

 

ソロやデュオキャンプだと、電気毛布1枚。

3人以上だと、電気毛布が2枚必要。

 

 

 

「電源がないサイトで電気毛布を使用する場合、ポータブル電源が必要になってきます」

 

電気毛布の消費電力は、下記の通り。

 

 

電気毛布1枚の消費電力

弱15wh

中30wh

強50wh

 

 

 

「電気毛布を使う場合、中以上で使用しないと暖かくありません」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オーキーのポータブル電源
 

 

「オーキーのポータブル電源は、バッテリー容量が297whあります」

 

電気毛布1枚を中の温かさで、10時間使用可能。

 

 

 

 

「オーキーのポータブル電源を我が家が購入して使用している理由は、値段の安さとおしゃれさ」

 

ポータブル電源によくあるゴツゴツ感はなく、コロンとしていてレトロ。

 

見た目がかわいくておしゃれなのが、オーキーのポータブルの良さ。

 

 

 

 

「オーキーのポータブル電源は、購入日から2年間の保証があるので、安心して選ぶことができます」

 

 

 

 

「本体にはライトが付いており、明かりが必要な時に便利」

 

 

 

 

「ディスプレイが見やすいので、初めての方でも簡単に操作がてきます」

 

 

 

 

「USBポートが4ヶ所、AC出力ポートが2ヶ所など、最大9台を同時に充電可能」

 

 

 

 

「充電は、ACアダプター・シガーソケット・ソーラーパネル・USBからできます」

 

付属のACアダプターだと、フル充電で5時間。

 

 

 

 

 

 

「重さ3.7kgなので、他のポータブル電源より軽くなっています」

 

 

 

 

「A4にすっぽりと収まり、手のひらサイズの大きさ」

 

 

 

 

 

「我が家は、電気毛布を1枚使用する時は、オーキーのポータブル電源を使っています」

 



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ジャグリのポータブル電源
 

 

「ジャグリのポータブル電源は、世界累計販売台数が200万台を突破」

 

サポート体制もしっかりとしているので、安心して購入ができます。

 

他のポータブル電源より軽くてコンパクトなので、持ち運びに便利。

 

Jackery

 

 

「見た目がよくおしゃれなのも、ジャグリのポータブル電源の良さ」

 

Jackery

 

 

「ジャグリのポータブル電源400は、バッテリー容量が400whあります」

 

電気毛布を1枚中の暖かさで、13時間使用可能。

 

Jackery

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「ジャグリのポータブル電源708は、バッテリー容量が708whあります」

 

電気毛布を1枚中の暖かさで、23時間使用可能。

 

Jackery

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「ジャグリのポータブル電源1000は、バッテリー容量が1000whあります」

 

電気毛布を1枚中の暖かさで、33時間使用可能。

 

Jackery

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まとめ

 

 

 

 

春や秋のキャンプは、朝晩が冷え込みます。

 

冬のキャンプは、1日を通して寒いまま。

 

夏キャンプを除く、春・秋・冬のキャンプに寒さ対策は必要。

 

いろいろある寒さ対策の中で、今回紹介したのがこたつ。

 

キャンプでこたつは寒さ対策ができ、尚且つゆったりとできます。

 

我が家は、こたつ本体をアルミの折りたたみテーブルにし、天板にベニア板を使用しました。

 

ベニア板を使用すると、簡単手軽に天板を作ることができます。

 

以上、「レビュー!キャンプでこたつ!天板の自作方法とロールテーブルを詳しくブログで紹介」でした。

 

 

 

 

キャンプ用品セール:ナチュラムCheck! 

 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

キャンプ用品セール(Amazon)Check! 

 
 

 

 

 

 

 

キャンプ用品セール(楽天)Check!