年間50泊キャンプ

年間50泊キャンプに行っています

レビュー!キャンプで電気毛布!ファミリーで最強の敷き方を紹介!家族で使用すると快適に過ごせる。

 

 

 

「年間50泊程、キャンプに行く我が家」

 

真夏の暑い時期や真冬の寒い季節まで、春夏秋冬キャンプを楽しんでいます。

 

年間50泊もしていると、ほぼ毎週キャンプ。

 

 

 

 

「キャンプに行く時間が増えれば増える程、快適に過ごしたいといつも思います」

 

 

 

 

「春や秋のキャンプは、朝晩が冷え込みます」

 

冬のキャンプは、1日を通して寒いまま。

 

夏キャンプを除く、春・秋・冬のキャンプに寒さ対策は必要です。

 

 

 

 

「寒さ対策をきっちりとしなければ、快適には過ごせません」

 

 

 

 

「寒さ対策は、電源サイトと電源がないサイトで違ってきます」

 

電源サイトは、キャンプの暖房器具で最強と言われているホットカーペットが使用できます。

 

 

 

 

「ホットカーペットがあれば、高価なダウンシュラフは必要ありません」

 

真冬のキャンプでも、化繊の分厚いシュラフで就寝ができます。

 

 

 

 

「電源がないサイトでは、電気毛布がおすすめ」

 

ポータブル電源があれば、電源がないサイトでも電気毛布が使用できます。

 

 

 

 

「今回ブログで紹介するのが、電気毛布2枚を使用して、家族で暖かく就寝する方法です」

 

ポータブル電源の容量が小さい方や、電気毛布が家族分の枚数ない方におすすめします。

 

 

 

 

「1人1枚の電気毛布を使用するより快適さは落ちますが、それなりに暖かく就寝できるのでおすすめ」

 

 

 

 

今回は、電気毛布2枚を使用して、暖かく就寝する方法を詳しくブログで紹介したいと思います。

 

 

 

 

*タイトル
レビュー!キャンプで電気毛布!ファミリーで最強の敷き方を紹介!家族で使用すると快適に過ごせる

 



 

「春や秋のキャンプは、寒暖差で昼間は気温が上がりますが、朝晩が冷え込みます」

 

冬のキャンプは、1日を通して寒いまま。

 

夏を除く春・秋・冬キャンプに、寒さ対策は必要です。

 

 

 

 

「電気サイトと電源がないサイトでは、寒さ対策が変わってきます」

 



 

「電源サイトの場合は、ホットカーペットがおすすめ」

 

ホットカーペットは、キャンプで使う最強の暖房器具と言われています。

 

ホットカーペットがあるのとないのとでは、暖かさが全く違ってくるので、電源サイトではホットカーペットが絶対におすすめ。

 

 

 

 

「ホットカーペットがあると、高価なダウンシュラフは必要ありません」

 

真冬のキャンプでも化繊のシュラフで、十分に暖かく就寝ができます。

 

 

 

 

「ホットカーペットのサイズは、1辺の長さが違ったり、正方形や長方形の形もあります」

 

一般的なホットカーペットのサイズは、下記のような感じ。

 

 

 

1畳から4畳までのホットカーペットのサイズ

1畳用:88×176cm

1.5畳用:125×180cm

2畳用:176×176cm

3畳用:195×235cm

4畳用:200×310cm

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

電気毛布の敷き方
 

 

「電源がないサイトの寒さ対策で、おすすめなのが電気毛布」

 

ポータブル電源があれば、電源がないサイトでも電気毛布が使えます。

 

 

 

 

「ポータブル電源のバッテリー容量が小さくて、家族分の電気毛布が使えない方」

 

電気毛布が家族分ない方は、下記のような電気毛布の敷き方をして下さい。

 

最低でも電気毛布は、2枚必要になってきます。

 

 

 

 

「電気毛布2枚、分厚い銀マットの上に敷くことで、家族で暖かく就寝できます」

 

 

 

 

「銀マットの上に電気毛布敷くことで、暖かさ反射して、より快適に就寝ができます」

 

 

 

 

「よくある電気毛布の敷き方は、インフレーターマットとシュラフの間に敷きます」

 

今回は、家族で電気毛布を使用するのに、ホットカーペットみたいな使い方をするので、インフレーターマットは敷きません。

 

 

 

 

 

オールウェザーブランケット
 

 

「テントの床に、オールウェザーブランケットを敷きます」

 

 

 

 

「オールウェザーブランケットは、プラスチックフィルム・アルミニウム・ポリエチレン繊維、そしてプラスチックフィルムという4層からなる構造」

 

NASAが開発した多目的シートで、軽量・コンパクト・防水・防風・保温性に大変すぐれています。

 

 

 

 

「保温性の高いオールウェザーブランケットを敷くと、とても暖かいです」

 

 

 

 

「2〜3人用のテントだと、グランドシートにもなる優れもの」

 

 

 

 

 

「四隅にハトメが付いているので、ペグダウンができます」

 

 

 

 

「我が家は便利過ぎて、4枚のオールウェザーブランケットを保有」

 

 

 

 

「オールウェザーブランケットがあれば、いろいろなことに使えるので、キャンプで重宝します」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

分厚い銀マット
 

 

「オールウェザーブランケットの上には、分厚い銀マットを敷きます」

 

銀マットの銀の部分は、必ず上にして下さい。

 

銀を上にすることで、電気毛布の暖かさを反射させて暖かいです。

 

 

 

 

「通常電気毛布は、インフレーターマットとシュラフの間に敷きます」

 

今回は、少ない電気毛布の枚数で家族が寝るということで、インフレーターマットは使用しません。

 

インフレーターマットを使用しないということで、銀マットの厚みをアップします。

 

 

 

 

「銀マットの厚みアップすると、地面が砂利や土でも固さを吸収してくれます」

 

8mm厚の銀マットを2枚重ねか、15mm厚の銀マットがおすすめ。

 

 

 

 

「銀マットを分厚くすることで、インフレーターマットを使わずに就寝ができます」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

電気毛布
 

 

「電気毛布をホットカーペットみたいに敷くと、少ない枚数で家族で就寝できます」

 

シュラフは、電気毛布の上に直接敷いて下さい。

 

銀マットの厚みをアップすることで、インフレーターマットを敷かずに就寝することが可能。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

電気毛布の消費電力
 

 

「電気毛布の消費電力は、メーカーや気温などによっても異なってきます」

 

一般的な電気毛布の消費電力は、下記のような感じ。

 

 

 

電気毛布の消費電力

弱15wh・中30wh・強50wh

 

 

 

「電気毛布は、中ぐらいで使用すると暖かいので30whの消費電力が必要」

 

睡眠時間が7時間として、最低でも420whのポータブル電源のバッテリー容量が必要になります。

 

 

 

電気毛布中の暖かさ2枚60wh×7時間使用で420wh

 

 

 
 
ジャグリのポーダブル電源
 

 

「キャンプで使うポータブル電源で、一番人気で売れているのがジャグリのポータブル電源」

 

ジャグリのポータブル電源は、世界累計販売が200万台を突破している実績と、サポート体制がしっかりとしているので、安心して購入ができます。

 

Jackery

 

 

「他のポータブル電源より軽くてコンパクトなので、持ち運びに便利」

 

見た目がおしゃれなのも、ジャグリのポータブル電源の良さ。

 

Jackery

 

 

「ジャグリのポータブル電源400は、バッテリー容量が400whあるので、電気毛布を2枚使用することができます」

 

Jackery

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「ジャグリのポータブル電源708は、バッテリー容量が708whあるので、電気毛布を3枚使用することが可能」

 

Jackery

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「ジャグリのポータブル電源1000は、バッテリー容量が1000whあるので、電気毛布を4枚使用することが可能」

 

Jackery

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まとめ
 

 

 

 

今回は、家族でキャンプをする場合の電気毛布の使い方を紹介しました。

 

寒さ対策は、電源サイトと電源がないサイトで変わってきます。

 

電源サイトは、キャンプで使う暖房器具で最強と言われているホットカーペットを使用して下さい。

 

ホットカーペットがあると、高価なダウンシュラフは必要ありません。

 

真冬のキャンプでも、化繊のシュラフで十分に暖かく就寝ができます。

 

電源がないサイトでおすすめは、電気毛布。

 

ポータブル電源があると、電気毛布を電源がないサイトでも使用できます。

 

電気毛布の敷き方で、一番暖かいのは、1人1枚の電気毛布。

 

電気毛布の枚数が家族分ない場合や、ポータブル電源のバッテリー容量が低い場合は、電気毛布をホットカーペットみたいに敷いて下さい。

 

ホットカーペットみたいに敷くことで、家族でシェアができます。

 

電気毛布の下には、必ず分厚い銀マットを敷いて下さい。

 

分厚い銀マットは、クッション性をアップするだけではなく、電源毛布の暖かさを反射させるので、より快適に就寝ができます。

 

以上、「レビュー!キャンプで電気毛布!ファミリーで最強の敷き方を紹介!家族で使用すると快適に過ごせる」でした。

 

 

 

 

キャンプ用品セール:ナチュラムCheck! 

 
 

 

 

 

 

 

 

 

キャンプ用品セール(Amazon)Check! 

 
 

 

 

 

 

 

キャンプ用品セール(楽天)Check!