選び方ぶろぐ

日本酒を300日&年間50泊キャンプを楽しんでいます

【検証】冬のデイキャンプにタープは必要なし!その理由を詳しく紹介

 

 

 

「年間50泊ほど、キャンプをする我が家」

 

真夏の暑い時期や真夏の寒い季節まで、春夏秋冬キャンプを楽しんでいます。

 

 

 

 

「年間50泊もすると、ほぼ毎週がキャンプ」

 

キャンプをメインにしている我が家ですが、キャンプに行く時間がない時はデイキャンプを楽しむこともあります。

 

 

 

 

今回は冬のデイキャンプにタープは必要なのか?詳しくブログで紹介したいと思います。

 

 

 


 

 
 
*タイトル
【検証】冬のデイキャンプにタープは必要なし!その理由を詳しく紹介

 



 

冬のデイキャンプにタープは必要か?

 

 

 

 

「我が家は、冬にデイキャンプをすることがありますが、タープを使用していません」

 

冬のデイキャンプには、タープは必要ないと思います。

 

 

 

 

「タープが必要ない理由は、冬場は気温が下がるので日除けをする必要がないから」

 

むしろ日が当たる方が暖かいので、日除けタープとして張る必要はありません。

 

日除けが必要ないので、タープを張る意味はないです。

 

 

 

 

「冬場はゲリラ豪雨になる確率も低く、予想外の雨も夏場に比べて少ないです」

 

天気予報を確認して、雨が降る日のデイキャンプを除けば、雨避けにもタープを張る必要もありません。

 

 

 

 

「タープを張らないことで時間短縮になり、気軽にデイキャンプができます」

 

 

冬のデイキャンプにタープは必要?

冬のデイキャンプにタープはいらない

 

 

 

焚き火リフレクター

 



 

「冬のデイキャンプにタープは必要ありませが、あると暖かく過ごせるのが焚き火リフレクター」

 

寒い季節に焚き火を楽しむなら、焚き火リフレクターは必要。

 

 

 

 

「冬場でも昼間は、それ程気温が下がらないので、焚き火だけでも暖が取れます」

 

焚き火をしながらゆったりとするのもデイキャンプの楽しみです。

 

より焚き火で暖かく過ごすのにおすすめなのが焚き火リフレクター。

 

 

 

 

「焚き火リフレクターを焚き火台の周りに設置することで、焚き火の熱が反射して輻射熱効果でかなり暖かく過ごせます」

 

風の影響も軽減され、焚き火がやりやすいです。

 

 

 

 

「焚き火リフレクターがあるのと無いのとでは、かなり暖かさが変わってきます」

 

冬のデイキャンプで焚き火をして暖かく過ごすなら、焚き火リフレクターを用意して下さい。

 

 

 

 

キャンプグリーブの大型風防板
 

 

「最近はキャンプ人気が落ち着いてきましたが、それでもいろいろなブランドから焚き火リフレクターが発売されています」

 

いざ購入しようと思ってもたくさんありすぎて、どのブランドの焚き火リフレクターを選んだらいいか迷います。

 

いろいろある焚き火リフレクターの中で、我が家がおすすめするのがキャンプグリーブの大型風防板。

 

 

 

 

「キャンプグリーブの大型風防板は、シリーズ累計販売台数が10万個売れた脅威の焚き火リフレクター」

 

キャンプグリーブの大型風防板の人気があり売れている理由は、使い勝手がよくしっかりとしたつくりだから。

 



 

「厚みがあり重みもあるので、ペグで固定するとしっかり安定します」

 

風がある日でもペグダウンすることで倒れません。

 

 

 

 

「最大8ヶ所にOリングが付いているので、鍛造ペグで固定することも可能」

 



 

「キャンプグリーブの大型風防板を設置すると、焚き火の炎を反射させる為、かなり暖かく過ごせます」

 



 

「炎が安定し、風の影響を軽減するので、薪も長持ちします」

 

 

 

 

「専用ケースも付属されていて、丈夫で裂けにくい厚手の600D生地を採用」

 

 

 

 

「キャンプグリーブの大型風防板があれば、真冬のデイキャンプでも暖かく過ごせます」

 

 

 


 

 

 

 

 

「内側がシルバーで外面がマットブラック塗装してあるキャンプグリーブの大型風防板も販売されています」

 

 

 


 

 

 

 

 

まとめ

 

 

 

 

我が家は、冬にデイキャンプをすることがありますが、タープを使用していません。

 

冬のデイキャンプには、タープは必要ないと思います。

 

タープが必要ない理由は、冬場は気温が下がるので日除けをする必要がないから。

 

むしろ日が当たる方が暖かいので、日除けタープとして張る必要はありません。

 

日除けが必要ないので、タープを張る意味はないです。

 

冬場はゲリラ豪雨になる確率も低く、予想外の雨も夏場に比べて少ないです。

 

天気予報を確認して、雨が降る日のデイキャンプを除けば、雨避けにもタープを張る必要もありません。

 

タープを張らないことで時間短縮になり、気軽にデイキャンプができます。

 

以上、「【検証】冬のデイキャンプにタープは必要なし!その理由を詳しく紹介」でした。

 

 

 

キャンプ用品セール:ナチュラムCheck! 

 
 

 

 

 

 

 

 

キャンプ用品セール(Amazon)Check! 

 
 

 

 

 

 

キャンプ用品セール(楽天)Check!