選び方ぶろぐ

日本酒を300日&年間50泊キャンプを楽しんでいます

【我が家の本音】対流型石油ストーブのデメリットと危ない理由

 

 

 

「年間50泊ほど、キャンプをする我が家」

 

真夏の暑い時期や真冬の寒い季節まで、春夏秋冬キャンプを楽しんでいます。

 

 

 

 

「年間50泊もすると、ほぼ毎週がキャンプ」

 

キャンプに行く時間が長ければ長いほど、快適に過ごしたいと思います。

 

 

 

 

「春や秋は寒暖差で、昼間は気温が上がりますが朝晩が冷え込みます」

 

冬キャンプは1日を通して寒いまま。

 

夏キャンプを除く、春秋冬キャンプに寒さ対策は必要です。

 

 

 

 

「特に冬キャンプは、しっかりとした寒さ対策が不可欠」

 

 

 

 

「キャンプの寒さ対策はいろいろありますが、最も必要なのが石油ストーブだと思います」

 

 

 

 

「石油ストーブには、反射式石油ストーブと対流型石油ストーブの2種類があります」

 

我が家は、レインボーストーブ・フジカハイペット・コロナ対流型ストーブの3種類の対流型石油ストーブを保有しています。

 

 

 

 

 

 

3種類保有する我が家が、対流型石油ストーブのデメリットと危ない理由を詳しくブログで紹介したいと思います。

 

 

 


 

 
*タイトル
【我が家の本音】対流型石油ストーブのデメリットと危ない理由

 

 

 

 

対流式ストーブは危ない?

 

 

 

 

「対流式ストーブに限らず反射式石油ストーブも、一酸化炭素が発生する場合があるので注意して下さい」

 

一酸化炭素は、どんな石油ストーブでも発生することがあります。

 

 

 

 

「石油ストーブの燃料が燃えると、通常は酸素が燃焼し二酸化炭素が発生します」

 

換気が不十分な場合、酸素が減って不完全燃焼を起こすと、二酸化炭素ではなく一酸化炭素が発生してしまいます。

 

発生した一酸化炭素を体に吸い込んでしまうと、一酸化炭素中毒になります。

 

 

 

 

 

「一酸化炭素は無味無臭で、毒性の強い気体」

 

気づかない内に、一酸化炭素中毒になる恐れがあります。

 

一酸化炭素中毒にならないように、換気を十分にする必要があります。

 

 

 

 

「キャンプで対流式ストーブを使用される場合は、一酸化炭素警報機を設置して下さい」

 

一酸化炭素警報機があると、一酸化炭素中毒のリスクが減ります。

 

 

 


 

 

 

 

 

対流型石油ストーブのデメリット

 

 

 

 

灯油を入れるのが大変
 

 

「反射式石油ストーブは、タンクが取り外せるモデルが多く、給油しやすくなっています」

 

その反面、対流型石油ストーブは、タンクに直接灯油を注ぐモデルが多く、給油時に灯油タンクや本体を持ち運ぶ必要があります。

 

タンク一体型になっているので、灯油を入れる作業が反射式石油ストーブに比べて大変。

 

 

 

 

壁際に置けない

 

 

「反射式石油ストーブは反射板が付いているので、背面や側面に熱が伝わりにくく壁際に置くことができます」

 

対流型石油ストーブは反射板が付いていない為、熱が360度全方向に伝わります。

 

全方向に熱が伝わる為、壁際に置くことができません。

 

 

 

 

近づいてもそれ程暖かくない
 

 

「対流型石油ストーブは、熱した空気を上昇させて対流を起こし、部屋全体を暖める効果があります」

 

部屋全体を均一に、暖めることが可能。

 

部屋全体を暖める能力はありますが、近づいてもそれ程暖かさを感じません。

 

 

 

 

足元が暖まりにくい
 

 

「熱した空気を上昇させて対流を起こし、部屋全体を暖めるのに適していますが、近くに寄ってもそれ程暖かさを感じにくいです」

 

天井付近に熱が対流しがちで、足元が暖まりにくいというデメリットがあります。

 

 

 

 

「対流型石油ストーブのデメリットは、灯油を入れるのが大変・壁際に置けない・近づいてもそれ程暖かくない・足元が暖まりにくいなどがあります」

 

いろいろデメリットがある対流型石油ストーブですが、我が家はレインボーストーブ・フジカハイペット・コロナ対流型ストーブの3台の対流型石油ストーブを保有しています。

 

 

 

 

 

 

「対流型石油ストーブの魅力は、反射式ストーブに比べておしゃれなモデルが多いこと」

 

レインボーストーブ・パセコストーブ・アルパカストーブ・グローストーブなど、どれも見た目がおしゃれ。

 

アルパカ ストーブ

 

 

「対流型石油ストーブのいろいろなデメリットの中で、我が家が思う最も大きなデメリットは、近づいてもそれ程暖かくなく、足元が暖まりにくいこと」

 

近づいてもそれ程暖かくなく、足元が暖まりにくいのが最も大きなデメリットですが、ストーブファンを使用することで解決します。

 

 

 

 

「我が家も対流型石油ストーブを使う時は、ストーブファンを設置しています」

 

 

 

 

「ストーブファンを使用することで、暖かい空気を下まで送ることができます」

 

下まで送ることができるので、足元が温かいです。

 

空気も効率よく循環できるので、暖かい空気が室内の隅々まで広がり、より暖房温度が上昇する効果があります。

 

 

 

 

「ストーブファンの動力源は、電源ではありません」

 

電源ではないので、電源不用で省エネ。

 

 

 

 

おすすめストーブファン

 

 

 

 

FOX-FAN
 

 

「我が家はFUTUREFOXのFOX-FANを使用」

 

FOX-FANは、安心の日本製のストーブファン。

 

しっかりとしていて丈夫なつくり。

 

 

 

 

「見た目がおしゃれなのもFOX-FANの良い所」

 

 

 


 

 

 

 

 

フィールドアのストーブファン
 

 

「フィールドアのストーブファン羽根ガード付きの特徴は、羽根部分にメッシュのガードが付いていること」

 

羽根部分にメッシュのガードが備えつけられている為、小さなお子さんやペットがいても危なくはなく安全で安心。

 



 

「ストーブファンに羽根ガードがあるので、何かの拍子で落としても羽根が割れることがありません」

 

危なくはなく安全で安心して使えるのが、フィールドアのストーブファン羽根ガード付きの良い所。

 



 

「フィールドアのストーブファン羽根ガード付きの騒音レベルは約25dB」

 

25dBはどのくらいの騒音かというと、鉛筆の筆記音や木の葉の触れあう音に近くとても静かです。

 

使用しても静かなので、我が家的には騒音は全く気にならないです。

 

 

 

 

「本体上部には、格納てきるハンドルが付いています」

 

ハンドルを引っ張り上げてつまんで持つと、簡単に移動することが可能。

 



 

「フィールドアのストーブファン羽根ガード付きは5枚羽になっており、しっかりと風を送れます」

 

5枚羽で部屋全体に効率よく、暖かい空気を循環させることができます。

 



 

「ゼーベック効果で、ストーブの温度に合わせて羽根の回るスピードが変わります」

 

高温になればなるほど、回転スピードが上がります。

 

 

 

 

「背面にはモーター部分を守る丈夫なカバーを装備」

 



 

「本体が熱くなり過ぎた時に、モーターのオーバーヒートを防ぐためのバイメタルの加熱保護を搭載」

 

バイメタルの加熱保護を搭載しているので、安心して使用できます。

 



 

「フィールドアのストーブファン羽根ガード付きは、値段が手軽な割にはしっかりとつくられているストーブファン」

 

見た目や触った感じも安っぽさが全くありません。

 

持つとずっしりと重く、高級感がある方だと思います。

 



 

「我が家は、フジカハイペット・トヨトミレインボーストーブ・コロナ対流型ストーブに使用してますが、それ以外の石油ストーブにもおすすめ」

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

「首振りタイプのフィールドアのストーブファンも発売されています」

 

 

 


 

 

 

 

 

おすすめの対流式ストーブ

 

 

 
レインボーストーブ
 

 

「レインボーストーブは、気温が下がる冬キャンプより、春や秋のキャンプに使いやすい石油ストーブ」

 

2〜3人用のテントなら幕内がそれ程広くはないので、冬キャンプでも使用できます。

 

こじんまりしたテントを使っている方にも、レインボーストーブはおすすめです。

 

 

 

 

「レインボーストーブの人気がある理由は、圧倒的な燃費の良さ」

 

灯油を満タンに入れてハイパワーにしても、20時間使える燃費の良さがあります。

 

他の石油ストーブと比べて、燃費に優れているのがレインボーストーブの特徴。

 

 

 

 

「我が家は使い勝手と燃費の良さで、レインボーストーブを選びました」

 

 

 

 

「連続燃焼時間が20時間あるレインボーストーブは、自宅で灯油を満タンにすれば、補給用のポリタンクは必要ありません」

 

補給用のポリタンクを持っていく必要がないので、荷物の削減にもなります。

 

 

 

 

「レインボーストーブは、ガラスに特殊なレインボー加工を施しています」

 

燃焼中は40wの明るさで7色に輝き、優しく包み込まれるように照してくれます。

 

 

 

 

 

「レインボーストーブは、圧倒的な燃費と使い勝手の良さ、7色に輝く炎ががとてもきれいです」

 

 

 


 

 

 

 

 

パセコストーブ
 

 

「パセコストーブは、キャンプで使う石油ストーブで一番人気があり売れている商品」

 

1万円台で購入できる手軽さが、パセコストーブにはあります。

 

osakacampal

 

 

「暖房出力が3.0kwあるので、冬キャンプで使っても暖かいです」

 

YKNOT 

 


 

 

 

 

 

アルパカストーブ
 

 

「アルパカストーブは韓国製ですが、PSCマークに加えてJHIAマークも所得しており、日本の石油ストーブと同様に安全で安心」

 

アルパカ ストーブ

 

 

「暖房出力が3.0kwあるので、冬キャンプでも暖かいです」

 

アルパカ ストーブ

 


 

 

 

 

 

まとめ

 

 

 

 

いろいろデメリットがある対流型石油ストーブですが、我が家はレインボーストーブ・フジカハイペット・コロナ対流型ストーブの3台の対流型石油ストーブを保有しています。

 

対流型石油ストーブの魅力は、反射式ストーブに比べておしゃれなモデルが多いこと。

 

レインボーストーブ・パセコストーブ・アルパカストーブ・グローストーブなど、どれも見た目がおしゃれ。

 

対流型石油ストーブのいろいろなデメリットの中で、我が家が思う最も大きなデメリットは、近づいてもそれ程暖かくなく、足元が暖まりにくいこと。

 

近づいてもそれ程暖かくなく、足元が暖まりにくいのが最も大きなデメリットですが、ストーブファンを使用することで解決します。

 

我が家も対流型石油ストーブを使う時は、ストーブファンを設置しています。

 

以上、「【我が家の本音】対流型石油ストーブのデメリットと危ない理由」でした。

 

 

 

キャンプ用品セール:ナチュラムCheck! 

 
 

 

 

 

 

 

 

キャンプ用品セール(Amazon)Check! 

 
 

 

 

 

 

キャンプ用品セール(楽天)Check!