選び方ぶろぐ

年間50泊キャンプを楽しんでいます

キャンプでテントの浸水対策に我が家はあのシートを敷いてます



 

「年間50泊ほど、キャンプをする我が家」

 

真夏の暑い時期や真冬の寒い季節まで、春夏秋冬キャンプを楽しんでいます。

 

 

 

 

「年間50泊もキャンプをすると、晴れの日だけではなく天候の悪い日もでてきます」

 

雨が強く降る日は、テントの浸水対策も必要になります。

 



 

今回は、我が家のテントの浸水対策について、詳しくブログで紹介したいと思います。

 

 

 

 

 

*タイトル
キャンプでテントの浸水対策に我が家はあのシートを敷いてます

 



 

テントの浸水対策

 

 

 

 

耐水圧をチェック
 

 

「耐水圧は、生地にしみこもうとする水の力を抑える性能数値」

 

数値を見ると、テントの生地がどのぐらいの水圧に対して耐えられる防水性能を持っているのかがわかります。

 

生地の耐水圧が高いほど効果が高く、生地に水がしみ込みにくくなっています。

 



 

「テントを選ぶ基準として、500mmで小雨・1000mmで普通の雨・1500mmで強い雨に耐えられるとされています」

 

耐水圧が1500mmあると安心で、テント内に浸水するリスクがかなり低くなります。

 



 

グランドシートを用意
 

 

「テントの下にグランドシートを敷くことで、浸水や汚れなどを防止できます」

 



 

「グランドシートのサイズは、テントのボトムより一回り小さくして下さい」

 

テントのボトムよりサイズが大きいと、はみ出した所から雨水が入ってきて、シートとボトムの間に水が溜まります。

 

水が長時間溜まると、浸水の原因にもなります。

 



 

「グランドシートを自作される場合は、テントのボトムサイズより10cmほど小さくする必要があります」

 

 

 


「テントを設営する際は、テントの下にグランドシートを敷いて下さい」

 

 

 

 

「我が家は、グランドシート代用にグリーンシートを使用」

 

 

 

 

「グリーンシートをグランドシート代用に使うメリットは、手軽な値段で購入できること」

 

手頃な値段で販売されているので、ガンガン使うことが可能。

 



 

「グリーンシートは見た目がおしゃれなので、特に芝サイトだと周りに溶け込みます」

 

シルバーシートよりかは厚みが落ちますが、しっかりとテントのボトムの保護ができます。

 

 

 

 

 

「グリーンシートは、ハサミでカットしてもほつれることがありません」

 

ほつれることがないので、必要とする長さに切れ自作がやりやすいです。

 

 

 

 

 

「おしゃれなグリーンシートは、我が家も使っています」

 

 

 


 

 

 

 

 

水はけの良い場所を選ぶ
 

 

「水はけの悪い場所を選ぶと水溜りなり、テントの浸水に繋がる場合があります」

 

砂利サイトが最も水はけが良く、テントの浸水に心配がある方はキャンプ場で砂利サイトを選んで下さい。

 



 

「土サイトは水はけが悪い所が多く、ぬかるみのようになることもあるので注意が必要」

 

水が溜まりやすいくぼみのある場所も、避ける必要があります。

 



 

テント内にシートを敷く

 



 

「テントの下が水溜りになってしまうと、浸水になるリスクがかなり高くなります」

 

テント内にブルーシートを使うと効果的ですが、我が家はオールウェザーブランケットを敷いています。

 

 

 

 

オールウェザーブランケット
 

 

「オールウェザーブランケットは、水を弾く防水性の高いシート」

 

テント内に敷くだけで、浸水してきた水をシャットアウトします。

 

水をシャットアウトするので、シュラフや荷物などが濡れません。

 



 

「オールウェザーブランケットをテント内に1枚、インナーシートとして敷いておくと安心です」

 



 

「オールウェザーブランケットは、ポリエチレンシート・ポリエチレンフィルム・ポリエステルメッシュシート・ポリエチレンフィルム・アルミ蒸着PETフィルムからなる5層構造」

 

独自の5層構造と高純度アルミにより、非常に高い熱反射性を実現。

 

 

 

 

「体温の最大80%を反射し、体温の低下を防止」

 

命を驚かす低体温症の予防に有効。

 

 

 

 

「18ヶ月に及ぶ開発期間を経て、ついに誕生した最強のブランケット」

 

 

 

 

「オールウェザーブランケットは、アメリカ軍をはじめ世界中の軍隊で使用され、防衛省・地方公共団体・学校・企業等で採用」

 

防災安全協会の推奨品マーク所得済み。

 

 

 

 

「オールウェザーブランケットは、防水・防風・保温性に大変すぐれています」

 

オールシーズン使えて全天候対応型の多機能ブランケット。

 

 

 

 

「オールウェザーブランケットを敷くことで、冬場は地面からの冷気、夏場は地面からの地熱をシャットアウト」

 

 

 

 

「2〜3人用テントのグランドシートにもなる優れもの」

 

 

 

 

 

 

「4隅に両面補強されたハトメがあり、ペグで固定することも可能」

 

 

 

 

 

「我が家は、荷物を置くシートとしても使用しています」

 

 

 

 

「収納ケースも付いているので持ち運びに便利」

 

 

 

 

「防水性が高いので、雨の日でも安心」

 

 

 

 

「年間50泊キャンプに行く我が家にとって、オールウェザーブランケットはなくてはならないもの」

 

 

 


 

 

 

 

 

まとめ

 



 

テントの下が水溜りになってしまうと、浸水になるリスクがかなり高くなります。

 

テント内にブルーシートを使うと効果的ですが、我が家はオールウェザーブランケットを敷いています。

 

オールウェザーブランケットは、水を弾く防水性の高いシート。

 

テント内に敷くだけで、浸水してきた水をシャットアウトします。

 

水をシャットアウトするので、シュラフや荷物などが濡れません。

 

オールウェザーブランケットをテント内に1枚、インナーシートとして敷いておくと安心です。

 

以上、「キャンプでテントの浸水対策に我が家はあのシートを敷いてます」でした。

 

 

 

キャンプ用品セール:ナチュラムCheck! 

 
 

 

 

 

 

 

 

キャンプ用品セール(Amazon)Check! 

 
 

 

 

 

 

キャンプ用品セール(楽天)Check!