選び方ぶろぐ

日本酒を300日&年間50泊キャンプを楽しんでいます

タフスクリーン2ルームハウスは後悔するの?デメリットはある?ダサいのか?詳しく紹介



 

「年間50泊ほど、キャップをする我が家」

 

真夏の暑い時期や真冬の寒い季節まで、春夏秋冬キャンプを楽しんでいます。

 

 

 

 

「最近はキャンプ人気が落ち着いてきましたが、それでもいろいろなブランドからテントが発売されています」

 

いざ購入しようと思ってもたくさんあり過ぎて、どのブランドのテントを選んだらいいか迷います。

 

RATEL WORKS

 

 

「現在流行っているのが、ドームシェルターという形のもの」

 

特にブラック色がよく売れています。

 

MINIMAL WORKS 

 

 

「人気のドームシェルターですが、家族で使用するには狭さがあります」

 

家族で使いやすいサイズと形が2ルームテント。

 

2ルームテントは、寝室とリビングに分かれているので使いやすく、タープとは違い壁があるので寒い季節でも重宝します。

 

 

 

 

「夏はキャノピーを使いフルオープンにすると涼しく過ごせます」

 

 

 

 

「最近は、たくさんのブランドから2ルームテントが発売されています」

 

たくさんのブランドから発売されいる中、昔から形が変わらず人気のあるのがタフスクリーン2ルームハウス。

 

 

 

 

「タフスクリーン2ルームハウスは、今までカラーの変更はありましたが、大きなモデルチェンジはありません」

 

流行り廃りがないのもタフスクリーン2ルームハウスの良さ。

 

 

 

 

今回はタフスクリーン2ルームハウス/MDXはダサいのか?後悔するのか?デメリットも含め詳しくブログで紹介したいと思います。

 

 

 


 

 

*タイトル
タフスクリーン2ルームハウスは後悔するの?デメリットはある?ダサいのか?詳しく紹介

 

 

 

 

流行り廃りがないので古臭さを感じない

 



 

「2ルームテントで今のトレンドは、ドーム型テントとトンネル型テントを融合させた下記のような商品」

 

RATEL WORKS

 

 

「一時期爆発的によく売れていたカマボコテントのような形は、あまり見なくなりました」

 

DOD

 

 

「テントは流行り廃りがあります」

 

流行りでテントを購入してしまうと、トレンドが過ぎ去ったらダサい雰囲気を醸し出すかもしれません。

 

DOD

 

 

「テントは値段が安価ではなく、キャンプギアの中では高価な部類に入ります」

 

長くテントを使おうと考えておられるなら、流行り廃りがないテントの方が無難。

 

流行りのテントを選ばないことで、流行り廃りを感じず長くテントを使うことができます。

 

 

 

 

「タフスクリーン2ルームハウスは、昔から今も大きなモデルチェンジはありません」

 

カラーの変更はありましたが、ほぼ形が変わらず同じ。

 

昔から大きなモデルチェンジがなく形も変わっていないタフスクリーン2ルームハウスは、流行り廃りがないテントといえます。

 



 

「タフスクリーン2ルームハウスは、現在のトレンドのテントではないですが売れています」

 

楽天のテントランキングでも、タフスクリーン2ルームハウスが複数ランキングしています。

 

タフスクリーン2ルームハウスは、手頃な値段で販売されていて無難な2ルームテント。

 



 

「タフスクリーン2ルームハウスを選んでおけば大きな失敗はありません」

 

多くの方が使われているということで、使用する安心感もあります。

 

 

 


 

 

 

 

 

後悔する?

 



 

「タフスクリーン2ルームハウスは、流行り廃りがなく、選んで大きな失敗がない無難な2ルームテント」

 

多くの方が使われているので、使用するのに安心感もあります。

 

手頃な値段で購入できるのもタフスクリーン2ルームハウスの良さ。

 



 

「アウトドア最大手のコールマンだからこそ、アフターフォローもしっかりとされています」

 

 



 

「実は我が家もコールマンのテントは保有しています」

 

以前はスクリーンタープとテントを連結して使っていました。

 

家族で使いやすい形でしたが、子供が大きくなるにつれてオーバースペックになり、使わなくなりました。

 



 

「最近は夫婦でしかキャンプをしていないこともあり、それほど大きなテントは必要ありません」

 



 

「タフスクリーン2ルームハウスは、大型2ルームテントではないので、子供が大きくなってキャンプに行かなくても、奥さんと行くデュオキャンプには使えます」

 



 

「タフスクリーン2ルームハウスは、よく売れているので使用されている方も多く安心して購入できます」

 

流行りを求めるならタフスクリーン2ルームハウスを購入して後悔しますが、トレンドがあまり気にならなければ選んで後悔はないと思います。

 

 

 


 

 

 

 

 

ダサい?

 



 

「現在流行っているのが、ドームシェルターという形のもの」

 

特にブラック色がよく売れています。

 

MINIMAL WORKS 

 

 

「2ルームテントで今のトレンドは、ドーム型テントとトンネル型テントを融合させた下記のような商品」

 

RATEL WORKS

 

 

「古臭さはありませんが、今のトレンドではないタフスクリーン2ルームハウスは、ダサいと思われるかもしれません」

 

見た目がダサいと思われるなら今流行りのカラーでブラック系を選ぶのも一つの方法。

 

ブラック系のタフスクリーン2ルームハウスを選ぶと、雰囲気がガラリと変わります。

 




 

 

 

 

 

タフスクリーン2ルームハウスのデメリット

 

 

 

 

「どんなテントもそうですが、タフスクリーン2ルームハウスにもメリットとデメリットがあります」

 

タフスクリーン2ルームハウスを選ぶ際は、メリットとデメリットを踏まえた上で購入する必要があります。

 

メリットとデメリットがわかっていれば、後悔するリスクが減ります。

 

 



 

スカートにハトメがない
 

 

「風が強い日に役に立つのが、スカートのペグダウン」

 

スカートにペグダウンすることで、幕内に隙間風が入り込むのを軽減できます。

 

タフスクリーン2ルームハウスは、スカートにハトメが付いていないのでペグダウンできません。

 

 

 

 

全周スカートが付いていない
 

 

「タフスクリーン2ルームハウスは、リビング部分にスカートはありますが、寝室側にスカートがありません」

 

寒い季節で風が強い日は、寝室側から冷たい隙間風が入ってくることがあります。

 

春や秋キャンプは、それほど気温が下がらないので問題はありませんが、冬キャンプは多少使いづらさが出てきます。

 

 

 

 

ルーフフライがない
 

 

「タフスクリーン2ルームハウスには、ルーフフライがありません」

 

ルーフフライの役割は、暑さ・寒さ・結露・天井部分の劣化などの軽減。

 

 

 

 

重量がある
 

 

「タフスクリーン2ルームハウスの重さは16kg」

 

2ルームテントなのて、その分重さも出てきます。

 

 

 

 

かぶりやすい
 

 

「タフスクリーン2ルームハウスは、定番の2ルームテントだけに、使用されている方が多いです」

 

使用されている方が多いということは、キャンプ場でよくかぶります。

 

 

 


 

 

 

 

 

タフスクリーン2ルームハウスのメリット

 

 

 

 

設営が短時間
 

 

「タフスクリーン2ルームハウスは、リビングと寝室が一体型なので、別々に設営撤収するより短時間でできます」

 

特に気温が高い夏場は、短時間で設営できる方がありがたいです。

 



 

コスパが最高
 

 

「最近は資源高や為替の影響もあり、テントの価格も昔に比べて上がってきています」

 

そのような環境の中で、手軽な値段で購入できるのがタフスクリーン2ルームハウスの良さ。

 

 

 

 

組み立てがわかりやすい
 

 

「ポールや差し込み口など色分けしてあるので、初めて設営する方でも迷いません」

 

わかりやすい構造で、迷うことがなく設営できます。

 

 

 

 

雨の日でも問題なし
 

 

「タフスクリーン2ルームハウスは、耐水圧が1,500mmあるので、雨の日でも安心して使うことが可能」

 

テントの耐水圧の目安として、1,500mmあれば強い雨でも耐えられるとされています。

 

 

 

 

メッシュが多い
 

 

「インナーテントはメッシュになる出入り口が2ヶ所」

 

サイドにもメッシュになる小窓が2ヶ所あります。

 

メッシュになる部分が多いので、風通しがよく暑い季節でも使いやすいです。

 

 

 

 

背が高い
 

 

「リビングの高さが215cm、インナーテントの高さは175cmあります」

 

全体的に背が高いタフスクリーン2ルームハウスは、圧迫感や窮屈さがありません。

 

 

 

 

 

4人家族で就寝できる
 

 

「インナーテントは300×250cmのサイズ」

 

サイズが300×250cmあるので、4人家族でも十分に就寝することが可能。

 

コットを使う場合は3台入ります。

 

 

 

 

リビングが割と広い
 

 

「リビング部分は340×260×215(h)cmのサイズがあるので、家族で十分に使用できます」

 

より広く使うならお座敷スタイルがおすすめ。

 

 

 

 

 

タープは必要なし
 

 

「タフスクリーン2ルームハウスの特徴は、3方向にキャノピーがつくれること」

 

3方向にキャノピーがつくれる為、どんなキャンプサイトでも対応できます。

 

キャノピーを張り出すと、タープは必要ありません。

 



 

しっかりとしたつくり
 

 

「生地の厚みは、めちゃくちゃ分厚さは感じませんがしっかりとつくられています」

 

フレームはアルミですが太くて丈夫。

 

生地やフレームがしっかりとつくられているので、痛むことがなく長く使用することができます。

 

 



 

「タフスクリーン2ルームハウスは、2ルームテントの中で定番の商品」

 

手頃な値段で販売されているので選びやすいです。

 

 

 


 

 

 

 

 

まとめ

 



 

タフスクリーン2ルームハウスは、流行り廃りがなく、選んで大きな失敗がない無難な2ルームテント。

 

多くの方が使われているので、使用するのに安心感もあります。

 

手頃な値段で購入できるのもタフスクリーン2ルームハウスの良さ。

 

アウトドア最大手のコールマンだからこそ、アフターフォローもしっかりとされています。

 

実は我が家もコールマンのテントは保有しています。

 

以前はスクリーンタープとテントを連結して使っていました。

 

家族で使いやすい形でしたが、子供が大きくなるにつれてオーバースペックになり、使わなくなりました。

 

最近は夫婦でしかキャンプをしていないので、それほど大きなテントは必要ありません。

 

タフスクリーン2ルームハウスは、大型2ルームテントではないので、子供が大きくなってキャンプに行かなくても、奥さんと行くデュオキャンプには使えます。

 

タフスクリーン2ルームハウスは、よく売れているので使用されている方も多く安心して購入できます。

 

流行りを求めるならタフスクリーン2ルームハウスを購入して後悔しますが、トレンドがあまり気にならなければ選んで後悔はないと思います。

 

現在流行っているのが、ドームシェルターという形のもの。

 

特にブラック色がよく売れています。

 

2ルームテントで、今のトレンドはドーム型テントとトンネル型テントを融合させた商品。

 

古臭さはありませんが、今トレンドではないタフスクリーン2ルームハウスは、ダサいと思われるかもしれません。

 

見た目がダサいと思われるなら今流行りのカラーでブラック系を選ぶのも一つの方法。

 

ブラック系のタフスクリーン2ルームハウスを選ぶと、雰囲気がガラリと変わります。

 

どんなテントもそうですが、タフスクリーン2ルームハウスにもメリットとデメリットがあります。

 

タフスクリーン2ルームハウスを選ぶ際は、メリットとデメリットを踏まえた上で購入する必要があります。

 

メリットとデメリットがわかっていれば、後悔するリスクが減ります。

 

以上、「タフスクリーン2ルームハウスは後悔するの?デメリットはある?ダサいのか?詳しく紹介」でした。

 

 

 

キャンプ用品セール:ナチュラムCheck! 

 
 

 

 

 

 

 

 

キャンプ用品セール(Amazon)Check! 

 
 

 

 

 

 

キャンプ用品セール(楽天)Check!