選び方ぶろぐ

日本酒を300日&年間50泊キャンプを楽しんでいます

【徹底検証】テントにスカートは本当にいらないの?必要か?詳しく紹介



 

「年間50泊ほど、キャンプをする我が家」

 

真夏の暑い時期や真冬の寒い季節まで、春夏秋冬キャンプを楽しんでいます。

 

 

 

 

「年間50泊もしていると、ほぼ毎週がキャンプ」

 

キャンプに行く時間が長ければ長いほど、快適に過ごしたいと思います。

 

 

 

 

「春や秋は寒暖差で、昼間は気温が上がりますが朝晩が冷え込みます」

 

冬キャンプは、1日を通して寒いまま。

 

夏キャンプを除く、春・秋・冬キャンプに寒さ対策は必要です。

 

 

 

 

「特に冬キャンプは、しっかりとした寒さ対策が不可欠」

 

 

 

 

「キャンプで行う寒さ対策はいろいろありますが、今回はテントに付いているスカートについて」

 

テントにスカートが付いている理由は、冷たい隙間風と冷気を防ぐ為。

 



 

「テントにスカートが付いていることで、冷たい隙間風や冷気を防ぎ、寒さ対策になります」

 



 

今回は、テントにスカートは必要か?いらないのか?詳しくブログで紹介したいと思います。

 

 

 


 

 
 
*タイトル
【徹底検証】テントでスカートは本当にいらないの?自作は必要なし

 



 

スカートは必要か?いらない?

 



 

「寒い季節にキャンプをされるなら、スカートは無いよりある方が暖かいです」

 

テントの裾にスカートが付いていることで、隙間風や冷気を防ぎます。

 

特に寒い季節は冷たい風が吹くので、テントにスカートが付いていなければ、冷たい隙間風が幕内に入ってきます。

 

 

 

 

「冬キャンプをされる場合、スカートがないと冷気も幕内に入ります」

 



 

「テントにスカートが付いていないからといって、シートなどを使い自作される方もおられます」

 

スカートをシートなどで自作される方もおられますが、テントの素材が違う為、見た目もよくありません。

 

スカートを自作されるより高出力の石油ストーブがおすすめ。

 

 

 

 

「スカートはある方が暖かいですが、無くても高出力の石油ストーブを使うことで、幕内で暖かく過ごすことが可能」

 

 

 

 

「冷たい隙間風や冷気がリビング内に入ってくる解決策として、暖房出力の高い暖かい石油ストーブがおすすめ」

 

冷たい隙間風や冷気が幕内に入ってきても、暖房出力の高い石油ストーブを使うことで、暖かく過ごすことができます。

 

暖房出力が高くて暖かい石油ストーブでおすすめなのは、トヨトミKS-67Hかコロナ対流型ストーブ。

 

 

 

 

トヨトミKS-67Hとコロナ対流型ストーブ

 

 

 

 

「キャンプで使う石油ストーブで最強と言われているのがコロナ対流型ストーブとトヨトミKS-67H」

 

コロナ対流型ストーブとトヨトミKS-67Hがあれば、スカートがないテントでも暖かく過ごせます。

 

 

 

 

「2種類の石油ストーブは、他の石油ストーブに比べて暖房出力が圧倒的に上回っています」

 

 

暖房出力

暖房出力はkwで表示されており、数字が高ければ高いほど暖房能力が高い石油ストーブ

 
 

 

「コロナ対流型ストーブの暖房出力は6.59kw」

 

 

 

 

「トヨトミKS-67Hは6.66kwの暖房出力」

 

 

 

 

「例えばレインボーストーブの暖房出力が2.50kw」

 

比べるとコロナ対流型ストーブとトヨトミKS-67Hの暖房出力の高さがわかります。

 

 

 

 

「トヨトミKS-67Hは、シリーズ化されて販売しており、いろいろなカラーがあります」

 

丸みの帯びた形が特徴で、キャンプ最強の石油ストーブと言われるだけありとても暖かいです。

 

 

 

 

「トヨトミKS-67Hの口コミと評判は、下記のような感じ」

 

 

●-19℃の冬の北海道で冬キャンプしました。テントの入り口を半分開けてもポカポカ。
 
●キャンプで使うのに購入しました。
 
●北海道の冬キャンプに使用しております。
 
●キャンプ用で購入しました。テントはコールマンの2ルームカーブを使用していますが、火力を1番弱くしても、とても暖かいです。
 
●冬キャンプで使用するために購入。6.6kwと言われても全くピンと来なかったのですが、いざ使ってみたらめちゃくちゃ暖かいです。
 
●外気温2度でのツインクレスタtc、外気温5度でのサーカスtcdxでそれぞれ使用しましたが、寒い思いは全くせずに過ごせました。
 
●とにかく暖かいです。メインはテント内で使っていますが、とても暖まります。
 
●冬キャンプの大型ワンポールテント内で使用。
 
●キャンプでテント内の暖をとるのに購入!実際使ってみて凄く暖かい。
 
●使いやすい。非常に暖かい。

 

 


 

 

 

 

 

「我が家はノルディスクのアルフェイム19.6で、コロナ対流型ストーブを真冬のキャンプで使用しています」

 

アルフェイム19.6は、500×500×350cmある大型幕。

 

 

 

 

「大型幕でも使える暖かさがあるので、スカートがないテントでも十分に幕内が暖かくなります」

 

 

 

 

「コロナ対流型ストーブの口コミと評判は、下記のような感じ」

 

 

●アスガルド19.6で使用しています。すぐに暖かくなります。テントの上に下向きのサーキュレーターをつけるとより暖かくなります。
 
●20畳のリビングダイニングで使ってます。
 
●とにかくあったかいです。満足のいくあたたかさです。
 
●キャンプに使ったのですがかなり暖かく過ごせました。
 
●冬キャンプにも使えるので購入。着火がスムーズですぐ暖かくなった。
 
●キャンプで使用。暖かいです。
 
●タープはコールマンのジョイントタープ。ストーブをつけてあっという間に幕内はポカポカに。
 
●冬キャンプ用に購入し使用しました。外は氷点下だったのですが、8人用のテントも中はぬくぬくでした。
 
●小川のテント、アポロンの中で使いましたが暖かい。広いテントであれば実用的。逆に狭いテントにはオーバースペックになると思います。それ程暖かい
 
●コロナストーブを5.5×5.5の大型ドームテントで使用したところホカホカ快適空間になりました。

 

 


 

 

 

 

 

まとめ

 



 

寒い季節にキャンプをされるなら、スカートは無いよりある方が暖かいです。

 

テントの裾にスカートが付いていることで、隙間風や冷気を防ぎます。

 

特に寒い季節は冷たい風が吹くので、テントにスカートが付いていなければ、冷たい隙間風が幕内に入ってきます。

 

冬キャンプをされる場合、スカートがないと冷気も幕内に入ります。

 

テントにスカートが付いていないからといって、シートなどを使い自作される方もおられます。

 

スカートをシートなどで自作される方もおられますが、テントの素材が違う為、見た目もよくありません。

 

スカートを自作されるより高出力の石油ストーブがおすすめ。

 

スカートはある方が暖かいですが、無くても高出力の石油ストーブを使うことで、幕内で暖かく過ごすことが可能。

 

以上、「【徹底検証】テントにスカートは本当にいらないの?必要か?詳しく紹介」でした。

 

 

 

 

キャンプ用品セール:ナチュラムCheck! 

 
 

 

 

 

 

 

 

キャンプ用品セール(Amazon)Check! 

 
 

 

 

 

 

キャンプ用品セール(楽天)Check!