選び方ぶろぐ

日本酒を300日&年間50泊キャンプを楽しんでいます

【徹底解説】ルミエールランタンのホヤ交換の仕方を紹介



 

「ルミエールランタンは、コールマンから発売されているガスランタン」

 

ガスランタンですが、マントルが不要なので手軽に使えます。

 

サイト全体を照らす能力はなく、雰囲気を楽しむランタンになっています。

 



 

「ルミエールランタンには、本体を入れるケースが付属されていて、ケースに入れることで割れずにホヤを持ち運びできます」

 



 

「ルミエールランタンを落としたり、何かに当たったりするとホヤが割れることがあります」

 

今回我が家がルミエールランタンのホヤを割った理由は、ホヤを持ってOD缶に装着した為。

 

ルミエールランタンをガスカートリッジに装置する際、ホヤを持って回してしまうと、ホヤに負担がかかり割れやすくなります。

 



 

「ホヤを持って回して割れたのが、下記の赤丸部分」

 



 

「ルミエールランタンをOD缶にセットする場合、ホヤを持つのではなく、本体を持って回して下さい」

 

ホヤを持って回すと、我が家みたいに割れる恐れがあります。

 



 

今回は、ルミエールランタンのホヤ交換を、詳しくブログで紹介したいと思います。

 

 

 


 

 
 
*タイトル
【徹底解説】ルミエールランタンのホヤ交換の仕方を紹介

 



 

「ルミエールランタンのホヤ交換は、簡単にできます」

 

簡単にホヤ交換はできますが、割れないように優しく交換することが大事。

 

ホヤ交換で気をつけることは、優しくホヤを扱うこと。

 



 

「ルミエールランタンは、本体からホヤを取り出すことができます」

 



 

「下記の赤丸の所、針金の太い部分がバネになっています」

 



 

「本体を手で持ち、片方の手でホヤを優しく持って、上にホヤをゆっくりと持ち上げて下さい」

 

強く引っ張ると、ホヤを支えているバネが跳ねてしまいホヤを破損させてしまうことがあります。

 

ホヤを上にゆっくりと持ち上げると、ホヤが本体から簡単に離れます。

 

 



 

「ホヤの取り付けは、針金のバネを内部に押さえながらゆっくりとホヤを本体に差し込みます」

 

強く押すとバネが跳ねてしまうことがあるので、注意して下さい。

 

 

 

 

「下記の赤丸の所が、針金の太い部分がバネになっています」

 

 

 

 

「針金のバネを内部に押さえながらゆっくりと本体に差し込むと、簡単にホヤを本体に取り付けることができます」

 

 

 

 

 

「注意することは、ゆっくりとホヤが割れないように、取り外し差し込むこと」

 

ゆっくり取り外し差し込むことで、ホヤが割れることをなくします。

 



 

「我が家は、CARBABYのルミエールランタンのホヤを使用」

 

手頃な値段の割には、厚みがありしっかりとしています。

 

CARBABYのルミエールランタンのホヤの口コミと評判は、下記のような感じ。

 

 

●正規の物が割れたのて購入。綺麗な色で最高の輝き。
 
●雰囲気めっちゃ良い!オイルランタンもいいけど、コールマンのこれオススメ。
 
●コスパが素晴らしい。
 
●透明ガラスの炎もいいが、全体的にほんわかとした雰囲気になります。
 
●取り付けは簡単。つけた時に幻想的で綺麗になります。
 
●価格が安いのと見た目が断然オシャレになるのでオススメです。
 
●この値段でルミエールのオシャレなホヤが買えるなんて。文句無しの5つ星です。
 
●雰囲気作りには良い。

 

 


 

 

 

 

 

「ThousWindsからもルミエールランタンのホヤが発売されています」

 

口コミと評判は、下記のような感じ。

 

 

●雰囲気の出るシェードで気に入っています。キャンプでは気分によって使い分けています。
 
●純正から交換したら雰囲気もガラッと変わりました。他の商品の購入も考えています。
 
●安っぽさもなくかなり良い雰囲気です。
 
●雰囲気有りますね。
 
●クォリティーは想像以上でした。ケースも付属してますし、高級感がありとても良い商品。
 
●とにかくムードは最高です。使いやすく綺麗、作りもよい。
 
●思ったよりしっかりしたものが届き、嬉しいです。

 

 


 

 

 

 

 

まとめ

 



 

ルミエールランタンのホヤ交換は、簡単にできます。

 

簡単にホヤ交換はできますが、割れないように優しく交換することが大事。

 

ホヤ交換で気をつけることは、優しくホヤを扱うこと。

 

ルミエールランタンは、本体からホヤを取り出すことができます。

 

針金の太い部分がバネになっています。

 

本体を手で持ち、片方の手でホヤを優しく持って、上にホヤをゆっくりと持ち上げて下さい。

 

強く引っ張ると、ホヤを支えているバネが跳ねてしまいホヤを破損させてしまうことがあります。

 

ホヤを上にゆっくりと持ち上げると、ホヤが本体から簡単に離れます。

 

ホヤの取り付けは、針金のバネを内部に押さえながらゆっくりとホヤを本体に差し込みます。

 

強く押すとバネが跳ねてしまうことがあるので、注意して下さい。

 

針金のバネを内部に押さえながらゆっくりと本体に差し込むと、簡単にホヤを本体に取り付けることができます。

 

注意することは、ゆっくりとホヤが割れないように、取り外し差し込むこと。

 

以上、「【徹底解説】ルミエールランタンのホヤ交換の仕方を紹介」でした。

 

 

 

キャンプ用品セール:ナチュラムCheck! 

 
 

 

 

 

 

 

 

キャンプ用品セール(Amazon)Check! 

 
 

 

 

 

 

キャンプ用品セール(楽天)Check!