年間50泊キャンプ

年間50泊キャンプに行っています

レビュー!テントにコットだけだと痛む?保護に敷物を敷いて下さい!キャンプでおすすめ。

 

 

 

「年間50泊程、キャンプをする我が家」

 

真夏の暑い時期や真冬の寒い季節まで、春夏秋冬キャンプを楽しんでいます。

 

 

 

 

「年間50泊もすると、ほぼ毎週がキャンプ」

 

キャンプに行く時間が増えれば増える程、快適に過ごしたいと思います。

 

 

 

 

「春や秋のキャンプは寒暖差で、昼間は気温が上がりますが、朝晩が冷え込みます」

 

冬のキャンプは、1日を通して気温が下がったまま。

 

夏キャンプを除く、春・秋・冬キャンプに寒さ対策は必要。

 

 

 

 

「快適にキャンプをするなら寒さ対策は、とても重要です」

 

 

 

 

「キャンプの寒さ対策は、石油ストーブ・ホットカーペット・湯たんぽ・電気毛布など、いろいろとあります」

 

いろいろある寒さ対策の中で、重要なひとつが地面からの冷気対策。

 

気温が下がると必ず発生するのが、地面からの冷気。

 

 

 

 

「手で触ると冷たいのが冷気で、テントの床部分からも冷気が発生します」

 

テントに何も敷かず寝転がってみると、冷たく感じるのが冷気。

 

快適にキャンプをするなら、地面からの冷気対策は必ず必要。

 

 

 

 

「就寝する時に、地面からの冷気対策と快適に就寝する為によく使われているのがコット寝スタイル」

 

コットは地面から距離があるので、冷気対策は必要ありません。

 

寒い季節も暑い時期も快適に就寝ができるのが、コットを使用するメリット。

 

 

 

 

「気をつけてほしいのが、テントでコットを設置する場合」

 

テントに何も敷かずコットを設置してしまうと、コットの脚には体重がかかっている為、床部分の生地が痛むことがあります。

 

 

 

 

「最悪破れてしまうリスクもあるので、テントにコットを設置する場合、敷物が必要になってきます」

 

我が家は、テントにコットを設置する場合、必ずオールウェザーブランケットを敷きます。

 

 

 

 

今回は、テントにコットを設置する場合、必ず敷くオールウェザーブランケットについて、詳しくブログで紹介したいと思います。

 

 

 

 

*タイトル
レビュー!テントにコットだけだと痛む?保護に敷物を敷いて下さい!キャンプでおすすめ

 



 

「寒くなると必ず発生するのが、地面からの冷気」

 

地面を手で触ると冷たいのが冷気で、テントの床からも冷気が発生します。

 

テントに何も敷かずに寝転がってみると、冷たく感じるのが冷気。

 

 

 

 

「キャンプで冷気対策をしないと、快適には就寝できません」

 



 

「我が家は、就寝する時の冷気対策と快適に就寝する為に、コット寝をよくします」

 

春や秋のキャンプは、寒暖差で昼間は気温が上がりますが、朝晩が冷え込みます。

 

冬キャンプは、1日を通して気温が下がったまま。

 

 

 

 

「夏を除く春・秋・冬キャンプは、気温が下がり地面から冷気が発生するので、コット寝がおすすめ」

 

コットは、地面から距離があるので地面からの影響を受けません。

 

冷気対策に、コット寝は有効です。

 

 

 

 

「キャンプ場の地面は、コンディションの良い芝サイトだけではありません」

 

コンディションの悪い砂利や土サイトもあります。

 

地面の状態がよくないコンディションの悪い場所でも活躍してくれるのが、コット寝スタイル。

 

 

 

 

「ソロやデュオキャンプをよくされる方は、手軽にできるコット寝スタイルがおすすめ」

 

 

 

 

 

テントにコットを敷く場合
 

 

「地面に直接コットを設置する場合は、敷物は必要ありません」

 

 

 

 

「テントにコットを設置する場合のみ、テントの床の保護に敷物があれば安心」

 

何も敷かずテントにコットを設置してしまうと、コットの脚には体重がかかっている為、床部分の生地が痛むことがあります。

 

最悪破れてしまうリスクもあるので、テントにコットを設置する場合、敷物が必要になってきます。

 

 

 

 

「我が家は、テントでコットを使用する場合、テントのボトム保護に、オールウェザーブランケットを使用しています」

 

オールウェザーブランケットは、かなり丈夫なシートなので、コットを設置しても破れることはありません。

 

 

 

 

 

オールウェザーブランケット
 

 

「オールウェザーブランケットは、プラスチックフィルム・アルミニウム・ポリエチレン繊維、そしてプラスチックフィルムという4層からなる構造」

 

4層構造で出来ている為、かなり丈夫なつくりになっています。

 

 

 

 

「我が家は、10年以上もオールウェザーブランケットを使用してますが、いまだに大きなダメージはありません」

 

コットの下に敷いても、オールウェザーブランケットが破れることはないです。

 



 

「NASAが開発した多目的シートで、軽量・コンパクト・防水・防風・保温性に大変すぐれています」

 

保温性の高いオールウェザーブランケットをテントのボトムに敷くと、地面からの冷気を軽減して暖かいです。

 

 

 

 

「2〜3人用のテントだと、グランドシートにもなる優れもの」

 

 

 

 

 

「ハトメが付いているので、ペグダウンして固定することも可能」

 

 

 

 

「我が家は便利過ぎて、4枚のオールウェザーブランケットを保有しています」

 

 

 

 

「オールウェザーブランケットがあれば、キャンプでいろいろ場面で活躍してくれます」

 

 

 



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

WAQの2WAYフォールディングコット
 

 

「我が家はコットに、WAQの2WAYフォールディングコットを使用しています」

 

WAQの2WAYフォールディングコットは、キャンプで使うコットで、一番売れていて人気の商品。

 



 

「WAQの2WAYフォールディングコットが、一番売れていて人気のある理由は、快適な寝心地と使い勝手の良さ」

 

軽くて組み立ても簡単なので、とても重宝しています。

 

 

 

 

「300Dナイロン製のベッドシートが、程よく沈み込むことで、朝まで快適に就寝することが可能」

 

固すぎず程よい沈み込みで寝心地がよく、夫婦そろって気に入っています。

 

 

 

 

「ポールの塗装部分を見直すことで、ギシギシ音を軽減」

 

 

 

 

「フレームには、強度の高い超々ジュラルミンを採用」

 

超々ジュラルミンを採用し、フレームの直径と板厚をこだわることで、150kgの重さを支えることが可能。

 

 

 

 

「組み立てはとても簡単で、ベッドシートにフレームを通します」

 

フレームにレッグフレームを3ヶ所取り付けたら完成。

 

慣れると5分もあれば、設置と撤収ができます。

 

 

 

 

 

 

「付属のレッグポールを取り付けることで、ローからハイコットにすることも可能」

 

 

 

 

 

「WAQの2WAYフォールディングコットは、楽天のコットランキングで、上位にある商品」

 

人気があり売れているのは、WAQの2WAYフォールディングコットの寝心地と使い勝手の良さ。

 

 

 

 

「我が家は、夫婦共にWAQの2WAYフォールディングコットを使用していて、とても気に入っています」

 

年間50泊行くキャンプに、WAQの2WAYフォールディングコットは、なくてはならないアイテム。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「オールウェザーブランケットがあれば、キャンプでいろいろ場面で活躍してくれます」

 

 

 



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まとめ

 



 

今回は、テントにコットを設置すると、テントのボトムが痛むか痛まないか?テントのボトムの保護や敷物についても紹介しました。

 

直接地面にコットを設置する場合は必要ありませんが、テントの上にコットを設置する場合のみ敷物があった方が安心。

 

何も敷かずテントにコットを設置してしまうと、コットの脚には体重がかかっている為、床部分の生地が痛むことがあります。

 

最悪破れてしまうリスクもあるので、テントにコットを設置する場合、敷物が必要になってきます。

 

我が家は、コットの下にオールウェザーブランケットを使用。

 

オールウェザーブランケットは、プラスチックフィルム・アルミニウム・ポリエチレン繊維、そしてプラスチックフィルムという4層からなる構造。

 

4層構造のオールウェザーブランケットはかなり丈夫で、コットの下に敷いても破れることはありません。

 

我が家は、オールウェザーブランケットを10年以上使用してますが、いまだに大きなダメージはないです。

 

オールウェザーブランケットは、NASAが開発した多目的シートで、軽量・コンパクト・防水・防風・保温性に大変すぐれています。 

 

保温性の高いオールウェザーブランケットをテント内に敷くことで、冷気を軽減し暖かく過ごせます。

 

年間50泊キャンプに行く我が家にとって、オールウェザーブランケットはなくてはならないもの。

 

以上、「レビュー!テントにコットだけだと痛む?保護に敷物を敷いて下さい!キャンプでおすすめ」でした。

 

 

 

 

キャンプ用品セール:ナチュラムCheck! 

 
 

 

 

 

 

 

 

 

キャンプ用品セール(Amazon)Check! 

 
 

 

 

 

 

 

キャンプ用品セール(楽天)Check!