選び方ぶろぐ

日本酒を300日&年間50泊キャンプを楽しんでいます

レビュー!固形燃料が使える卓上コンロ +鉄板!1人用で便利!

 

 

 

「年間50泊程、キャンプをする我が家」

 

真夏の暑い時期や真冬の寒い季節まで、春夏秋冬キャンプを楽しんでいます。

 

 

 

 

「キャンプの楽しみは、人それぞれにいろいろとあると思います」

 

我が家のキャンプの楽しみは、ゆったりと過ごすこと。

 

キャンプでは、夫婦でお酒を飲みながらゆったりと過ごしています。

 

 

 

 

「キャンプでお酒を必ず飲んでいるので、必然的にキャンプ飯もお酒に合う料理になります」

 

我が家は、キャンプでいろいろな料理を作ってきました。

 

いろいろある料理の中でお酒に合うのは、焼肉だと思います。

 



 

「焼肉をいただきながら飲むお酒は、最高の贅沢」

 



 

「今回我が家が紹介するのが、ドウシシャから発売されているじゅーじゅー厚熱鉄焼プレート」

 



 

「ドウシシャの鉄焼プレートは、卓上コンロ +鉄板になっていて、熱源に固形燃料が使える優れもの」

 

ダイソーの固形燃料を使えるので、とても経済的。

 

 

 

 

「鉄板のサイズが10cmあり、1人〜2人で焼肉をする時に使えます」

 

厚みが9mmの鉄板で、肉をかなり美味しく焼くことが可能。

 



 

今回は、ドウシシャから発売されているじゅーじゅー厚熱鉄焼プレートを、詳しくブログで紹介したいと思います。

 

 

 

 

*タイトル
レビュー!固形燃料が使える卓上コンロ +鉄板!1人用で便利

 



 

3つのパーツ
 

 

「ドウシシャの鉄焼プレートは、3つのパーツを乗せて使用します」

 

パーツは3つのみなので、簡単に組み立てることができます。

 



 

「土台は、温かみのある天然木を採用」

 



 

「丸型コンロは、スチール製でしっかり」

 



 

「鉄プレートは、厚みが9mmの鉄板」

 



 

「3つのパーツを組み立てると、とてもおしゃれ」

 

旅館に出てくるような高級感のある見た目で、とても気に入っています。

 



 

 

鉄プレートの厚みが9mm
 

 

「最近は、アウトドアブームということで、いろいろな鉄板が発売されています」

 

いろいろな鉄板が発売されていますが、厚みが9mmある鉄板は、なかなかないような気がします。

 

写真では伝わらないのが残念ですが、厚みが9mmもあるのでかなり分厚く、持つとずっしりと重さが伝わります。

 



 

「厚みが9mmもあるので、総重量は1.1kgになっています」

 



 

「9mm厚の鉄板で、肉を美味しく焼くことが可能」

 

鉄プレートの厚みが9mmもあるので、肉が美味しくなるメリットが下記のようにたくさんあります。

 



 

「鉄板が分厚い為、一度温めるとなかなか冷めない」

 

熱が安定し、熱ムラがなく肉が均等に焼ける。

 

肉が焦げにくく、内部までじっくりと火を通すことが可能。

 



 

「肉の旨みを閉じ込めて、外がカリッと中がジューシーに焼けます」

 



 

「下記のように、肉がかなり美味しく焼けます」

 

この日は、夫婦で焼肉をたくさん食べて満足。

 



 

 

鉄プレートのサイズは10cm
 

 

「鉄プレートの焼面サイズが10cmなので、1人焼肉をするのに余裕のサイズ」

 

1人焼肉だけではなく、我が家みたいに夫婦で焼肉を楽しむこともできます。

 



 

「鉄プレートは、大振りにカットされた牛肉なら2枚、小ぶりにカットされた牛肉なら3枚のせられます」

 



 

「手羽中の半割りなら3つ焼けるので、ちょうどいいサイズ」

 

 

 

 

「椎茸なら2つ焼くことができますよ」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

100均の固形燃料
 

 

「我が家は、ダイソーの固形燃料25g×3個を使用」

 

熱源に、ダイソーの固形燃料が使えるので、とても経済的。

 

 

 

 

「ダイソーの固形燃料25gで、だいたい20分程使用できました」

 

1回焼肉をするのに、ダイソーの固形燃料2個あれば十分だと思います。

 



 

 

鉄プレートが温まりにくい
 

 

「鉄プレートの厚みが9mmもあるので、一度温めると冷めないですが、温めるのに時間がかかってしまいます」

 

固形燃料で温めると、余熱時間は3〜4分ぐらい。

 



 

「余熱に3〜4分程かかるので、我が家はカセットコンロでいつも温めます」

 

カセットコンロで温めて高温にし、丸型コンロに乗せています。

 

食べる前にカセットコンロを使って鉄プレートを温めることで、固形燃料の節約と時間の短縮をしています。

 



 

 

油はねがある
 

 

「鉄プレートがこじんまりしている為、焼肉をする時、肉が縁まできてしまいます」

 

尚且つ鉄板が高温の為、脂の多いホルモン系を焼いてしまうと油はねをしてしまいます。

 

脂の多い肉を焼く場合は、油はねをしても問題ないテーブルを使うか、ドウシシャの鉄焼プレートの下にキッチンペーパーなどを敷いて下さい。

 

 

 

 

「我が家は、サッと拭けるステンレス製のテーブルを使用しているので、油はねは全く気にならないです」

 



 

 

肉がヘルシーに焼ける
 

 

「写真では伝わらないですが、鉄プレートはゆるやかなドーム型をしています」

 

ゆるやかなドーム型をしているので、余分な油が食材に戻りません。

 

尚且つ、縁が溝になっているので、油が全て溝に溜まります。

 



 

「ゆるやかなドーム型+縁に溝があるので、鉄板ですが肉をヘルシーに食べることが可能」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

使用後の手入れ
 

 

「鉄プレートの焦げ付きや汚れは、煮沸をすると取れやすいです」

 

鉄素材の為、基本洗剤の使用はNGですが、肉の脂や汚れはなかなかきれいには取れません。

 



 

「我が家は、ドウシシャの鉄焼プレートに関しては、鉄製ですが洗剤を使って洗ってます」

 

洗剤を使うことで、鉄プレートが清潔に保てます。

 

 

 

 

「ただ、そのまま乾燥のみの保管だと、サビるリスクがあります」

 

薄くオリーブオイルを塗っておくと、鉄プレートがサビません。

 

オリーブオイルが無ければ、サラダ油でもOK。

 

 

洗剤で洗う→しっかり乾燥→オリーブオイルを薄く塗る

 

 

 

「鉄板を育てるということで、基本洗剤を使用して洗うのはNGなんですが、肉の汚れを取り清潔に保つ為、我が家は洗剤を使用して洗っています」

 

洗剤を使わない場合は、フライパンなどに水を張り、煮沸で汚れを取って下さい。

 

 

 

 

 

実際に使用してレビュー

 



 

「キャンプで頻繁に使用しているドウシシャの鉄焼プレート」

 

今回は、牛肉・手羽中・椎茸を焼いて、夫婦でゆったりと焼肉を楽しみました。

 

 

 



 

 

ドウシシャの鉄焼プレートをセット
 

 

①土台に丸型コンロを乗せます。

 

 

 



 

②鉄プレートが厚さ9mmということで、食べる前に鉄プレートのみをカセットコンロで温めます。

 



 

③温まった鉄プレートを、丸型コンロに乗せます。

 

 

土台→丸型コンロ→鉄プレート

 

 

 

 

固形燃料をセット
 

 

「ダイソーで購入した固形燃料に、スライドガストーチで火をつけます」

 

 



 

「我が家は、SOTOのスライドガストーチを使用」

 

スライドガストーチは、炎温度が1300℃もある強力耐風バーナー。

 

ターボ状に炎が出るので、風の強い日でも着火できます。

 

 

 

 

「燃料は、ライターガスやカセットボンベから補充することが可能」

 

使い捨てではないので、とても経済的。

 

 

 

 

 

 

 

 

「レザーカバーを付けると、よりおしゃれになります」

 

 

 

 

 

 

 

 

オリーブオイルorサラダ油
 

 

「鉄プレートに、オリーブオイルorサラダ油を塗ります」

 

我が家は、オリーブオイルを塗りましたが、サラダ油でもOK。

 



 

 

食材を焼く
 

 

「今回は、牛肉・手羽中・椎茸を焼いていきます」

 

大振りな牛肉なら2枚、小ぶりなら3枚焼くことが可能。

 



 

「手羽中の半割りなら3つ焼けます」

 

 

 

 

「鉄プレートの厚みが9mmもあるので、鉄プレートの温度が下がりにくく、内部までじっくりと焼けます」

 

肉の旨みを閉じ込めて、外はカリッと中がジューシーに焼けるのが良い所。

 

鉄プレートの厚みが9mmもあるので、どんな食材でも美味しく焼くことが可能。

 

 

 

 

「牛肉も手羽中も写真で伝わらないのが残念ですが、ちょうどいい具合に焼けています」

 

どちら共に、外はカリッと中はとてもジューシー。

 

 

 

 

 

「椎茸は、2つ焼くことができます」

 



 

「焼き上がりに醤油を垂らすと最高」

 

 

 

 

 

「今回は、牛肉・手羽中・椎茸をドウシシャの鉄焼プレートで焼きましたが、どれもすごく満足」

 

9mmの分厚い鉄板で、どんな食材でも美味しく焼くことができます。

 



 

「ドウシシャから、固形燃料で使って作れる鉄鍋も発売されています」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「固形燃料でたこ焼きが出来る、たこ焼きプレートもドウシシャから発売」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「今回のキャンプは奥さんと2人で、ドウシシャの鉄焼プレートを使用して焼肉を楽しみました」

 

ドウシシャの鉄焼プレートがあれは、1人〜2人焼肉が楽しめます。

 

固形燃料を使用しているので、手軽に焼肉を食べることが可能。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まとめ

 

 

 

 

今回は、固形燃料が使える卓上コンロ+鉄板を紹介しました。

 

鉄プレートの焼面が10cmあるので、1人焼肉だとゆったり。

 

我が家は、夫婦でドウシシャの鉄焼プレートを使用しています。

 

流石に3人での使用は難しいですが、1人〜2人で焼肉をするのにベスト。

 

ドウシシャの鉄焼プレートの大きな特徴は、鉄プレートの厚みが9mmもあること。

 

鉄プレートの厚みが9mmもあるので、肉が美味しくなるメリットがたくさんあります。

 

鉄板が分厚い為、一度温めるとなかなか冷めない。

 

熱が安定し、熱ムラがなく肉が均等に焼ける。

 

肉が焦げにくく、内部までじっくりと火を通すことが可能。

 

肉の旨みを閉じ込めて、外がカリッと中がジューシーに焼けます。

 

以上、「レビュー!固形燃料が使える卓上コンロ +鉄板!1人用で便利」でした

 

 

 

 

キャンプ用品セール:ナチュラムCheck! 

 
 

 

 

 

 

 

 

キャンプ用品セール(Amazon)Check! 

 
 

 

 

 

 

キャンプ用品セール(楽天)Check!