選び方ぶろぐ

年間50泊キャンプに行っています

キャンプでテントのインナーマットの敷き方!年間50泊キャンプに行く我が家が詳しくブログで紹介!



 

「年間50泊程、キャンプに行く我が家」

 

真夏の暑い時期や真冬の寒い季節まで、春夏秋冬キャンプを楽しんでいます。

 

 

 

 

「夏以外の季節、春・秋・冬キャンプを快適にするには、寒さ対策に気をつけなければいけません」

 

 

 

 

「我が家は、テント内を暖めるに石油ストーブを使用しています」

 

石油ストーブがあれば、真冬のキャンプでも幕内を暖められます。

 

寒い季節、幕内を石油ストーブなどの暖房器具で暖めるだけでは、快適には過ごせまん。

 



 

「寒くなると必ず発生するのが、地面からの冷気」

 

テントの床部分からも、冷気が発生します。

 

 

 

 

「我が家は、テントの床から発生する冷気対策として極厚の銀マットを使用」

 

極厚の銀マットがあれば、地面からの冷気を完全に遮断してくれます。

 

 

 

 

今回は、テントに敷くインナーマットについて、年間50泊キャンプに行く我が家が、詳しくブログで紹介したいと思います。

 

 

 

 

*タイトル
キャンプでテントのインナーマットの敷き方

 

 

 

 

「春・秋・冬キャンプをされる方は、地面からの冷気対策に気をつけて下さい」

 

春や秋は、昼間は暑くても朝晩は気温が下がります。

 

冬場は、一日を通して冷え込みます。

 

 

 

 

「気温が下がると必ず発生するのが、地面からの冷気」

 

地面を手で触ると冷たいのが冷気で、テントの床部分からも冷気が発生します。

 

そのままマットを敷かず寝転がると、冷たさを感じてしまいます。

 

 

 

 

「テントの下に敷くマットは、地面の冷気対策に必ず必要」

 

後、マットを敷くと、クッション性がアップします。

 

 

 

 

「マットは、高価なものや安いものまで、いろいろとあります」

 

我が家のおすすめは、極厚の銀マット。

 



 

 

極厚の銀マット
 

 

「極厚の銀マットは、地面からの冷気を完全に遮断するので、敷くと暖かいです」

 

2枚敷くと、クッション性が、よりアップ。

 

 

 

 

「極厚の銀マットは、地面からの冷気を完全に遮断するので暖かく、クッション性もアップします」

 

テント内をお座敷スタイルにされるなら、極厚の銀マットがあると、かなり重宝します。

 

 

 


 

 

 

 

 

 エルパソブランケット
 

 

「極厚の銀マットの上には、エルパソブランケット」

 

 

 

 

「エルパソブランケットは、昔から今も人気のあるロングヒット商品」

 



 

「エルパソブランドの人気がある理由は、おしゃれな柄とメキシカンな雰囲気」

 

敷いているだけで、テント内がかなりおしゃれになります。

 

 

 

 

「素材は思っているいるより分厚く、丈夫なつくり」

 

しっかりとした織りと硬めの素材が使われており、キャンプで使用しても痛むことなく長く使えます。

 

 

 

 

「1970年創業のエルパソサドルブランケット社は、50年以上を超える歴史があり、本国アメリカでもとても人気があります」

 

本国アメリカでは、ヨガマットとしても大人気。

 

サイズは、225×150cmあるので、2人用のテントだとちょうどいい大きさ。4人用のテントだと、エルパソブランケットを2枚敷いて下さい。

 

 

 

 

「エルパソブランケットを敷くと、テント内がおしゃれに変身」

 

生地は分厚くしっかりとしているので、痛むことなく長く使えるのもエルパソブランケットの良い所。

 

 

 

 


 

 

 

 

 

WAQのインフレーダブルマット
 

 

「我が家は就寝する時、シュラフの下にWAQのインフレーダブルマットを敷いています」

 

 

 

 

「WAQのインフレーダブルマットは、楽天のアウトドア寝具ランキングで、常に上位で人気があり売れている商品」

 

WAQのインフレーダブルマットの人気があり売れている理由は、使い勝手が良く寝心地のいいマットだから。

 

 

 

 

「弾力性に優れた、ひし形ウレタンフォームを採用」

 

マットの真ん中部分をひし形に打ち抜くことで、程よい沈み込みを実現。

 

エアーベッドのように体が浮く感じや、低反発マットのように体が沈み込むこともありません。

 



 

「8cmの厚みがあるので、地面が砂利や土のサイトでも、快適に就寝できます」

 

 

 

 

「特大バルブが2個搭載されているので、3分程で膨らみます」

 

バルブを開くだけで設置ができるので、とても簡単。

 

 

 

 

 

 

「裏面は、マットがずれない用に滑り止め加工がされておりとても便利」

 

 

 

 

「収納は、マットを開いて空気を抜きながら巻いていきます」

 

空気が抜き終わったらバルブを閉じて、収納袋に入れたら完了。

 

設置も収納も、WAQのインフレーダブルマットだととても簡単。

 

 

 

 

 

 

「サイズは、縦190×幅が65cmあるので、大柄の男性でも大丈夫」

 

175cmの体重65kgで、下記のような感じ。

 

 

 

 

「WAQのインフレーダブルマットは、年間50泊行くキャンプのほとんどに使用していて、毎回快適に就寝しています」

 

 

 

 

「WAQのインフレーダブルマットは、年間50泊キャンプに行く我が家が絶対おすすめするインフレターマット」

 

値段もそれ程高くないので、選んで損はないと思います。

 

 

 


 

 

 

 

 

まとめ

 

 

 

 

テントにマットは必要なので、必ず用意して下さい。

 

春や秋は、朝晩が冷え込みます。

 

冬場は、一日を通して寒いです。 気温が下がり冷え込むと、地面から冷気が発生します。

 

テントの床部分からも冷気が発生するので、冷気対策にマットは必要です。

 

マットを敷くことで、クッション性もアップします。

 

我が家は、テントのマットに極厚の銀マットを使用。

 

極厚の銀マットは、地面からの冷気を遮断しクッション性もアップするのでおすすめ。

 

値段も安く手軽に購入できる極厚の銀マットは、年間50泊キャンプに行く我が家がおすすめするキャンプアイテム。

 

以上、「キャンプでテントのインナーマットの敷き方!年間50泊キャンプに行く我が家が詳しくブログで紹介!」でした。

 

 

 

 

キャンプ用品セール:ナチュラムCheck! 

 
 

 

 

 

 

 

 

 

キャンプ用品セール(Amazon)Check! 

 
 

 

 

 

 

 

キャンプ用品セール(楽天)Check!