選び方ぶろぐ

年間50泊キャンプを楽しんでいます

レビュー!黒い焚き火シートを徹底比較!最強+おしゃれ



 

「年間50泊程、キャンプをする我が家」

 

真夏の暑い時期や真冬の寒い季節まで、春夏秋冬キャンプを楽しんでいます。

 

 

 

 

「キャンプの楽しみは、皆さん人それぞれいろいろとあると思います」

 

我が家のキャンプの楽しみは、ゆったりと過ごすこと。

 

夫婦でお酒を飲みながら、キャンプでゆったりと過ごしています。

 

 

 

 

 

「キャンプで美味しくお酒をいただくには、シチュエーションもすごく大事」

 

焚き火をしながら飲むお酒は、最高の贅沢。

 

 

 

 

 

「最近は焚き火をするのに、焚き火シートを敷く方がかなり増えてきました」

 

我が家はも焚き火をする時は、必ず焚き火シートを敷いています。

 



 

「焚き火シートは、地面を保護する為にとても重要で、最近は敷くのがマナー化しています」

 

 

 

 

「キャンプ人気に伴い、いろいろなブランドから焚き火シートが発売されています」

 

いろいろある焚き火シートの中で今人気のあるのが、黒い焚き火シート。

 

黒い焚き火シートは、見た目がよくかっこいいのが特徴。

 



 

今回は、我が家がおすすめする黒くておしゃれな最強の焚き火シートを、詳しくブログで紹介したいと思います。

 

 

 

 

*タイトル
レビュー!黒い焚き火シートを徹底比較!最強+おしゃれ

 

 

ZEN Campsの焚き火シート

 

 

 

 

「焚き火シートで、一番人気があり売れているのがZEN Campsの焚き火シート」

 

我が家もZEN Campsの焚き火シートを使用しています。

 

ZEN Campsの焚き火シートは、高耐熱性ガラス繊維を使用し、シリコンコーティングすることで、耐久性と耐熱性を高めた焚き火シート。

 

 

 

 

「シリコンコーティングしている為、手触りが滑らかで、ガラス繊維特有のチクチク感がありません」

 



 

「見た目やZEN Campsのロゴがとてもおしゃれ」

 

 

 

 

「ZEN Campsの焚き火シートは、水洗いをすることができます」

 

サッと水洗いをし拭くだけで、汚れが取れます。

 

 

 

 

「厚みがありしっかりとつくられているので、痛むことがなく長く使用できます」

 

 

 

 

「ZEN Campsの焚き火シートには、3種類のサイズがあります」

 

 

 

 

 

50×50cmサイズ
 

 

「50×50cmサイズは、ソロ用の焚き火台やウッドストーブを使っておられる方におすすめ」

 

荷物を軽量化したい方に重宝します。

 



 

 

 

 

 

 

95×60cmサイズ
 

 

「95×60cmは3種類の中で、一番人気があるサイズ」

 

焚き火台を置いて、余ったスペースに火ばさみや薪を置くことが可能。

 

我が家も95×60cmを使用しておりおすすめです。

 



 

 

 

 

 

 

95×95cmサイズ
 

 

「95×95cmサイズは、焚き火台の周辺を全てカバーできるので、薪が爆ぜたり風が吹いて灰が散らばっても、サイズが大きいので芝まで行くことがありません」

 

焚き火台を置いて余るスペースが広いので、薪の管理がしやすいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CARBABY焚き火シート

 



 

「CARBABY焚き火シートは、Amazonで人気の焚き火シート」

 

焚き火をすると温度が、700〜800℃まで上昇します。

 

耐熱温度が700℃・瞬間耐熱温度が1500度あるCARBABY焚き火シートは、地面に伝わる熱や火の粉を完全に遮断します。

 

 

 

 

「焚き火シートの両面にシリコン加工がされているので、手触りが滑らかでチクチク感もありません」

 

CARBABY焚き火シートは、シリカコートされている為、親水と撥水効果があり、水で汚れを取ることが可能。

 

 

 

 

 

50×50cmサイズ
 

 

「50×50cmサイズは、ソロ用の小さな焚き火台やウッドストーブを使用している方におすすめ」

 

サイズが小さいので、持ち運びに便利。

 



 

 

 

 

 

 

100×50cm
 

 

「100×50cmは、ブラック色で一番人気のあるサイズ」

 

焚き火台を置いて、余ったスペースに薪や火ばさみを置けるので便利。

 

余ったスペースで、湿った薪を乾かすことも可能。

 



 

 

 

 

 

 

108×108cmサイズ
 

 

「108×108cmサイズは、焚き火シートの周りをボタンで留めることが可能」

 

ボタンで留めることで縁ができ、灰が落ちても散らばらず掃除がやりやすいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

チルキャンピング 

 



 

「チルキャンピングから発売されている焚き火シートは、立体変形焚き火シート」

 

縁がある為、灰が飛ばす片付けがかなり楽。

 



 

「チルキャンピングの焚き火シートは、耐熱ガラス繊維を使用し、シリコンコーティングされている為、チクタクした手触りはありません」

 

シリコンコーティングされている為、汚れたら水洗いをすることができます。

 



 

「チルキャンピングの焚き火シートは、ヘキサゴン型の形になっていて、シートにはおしゃれなデザインがされている為、とても見た目が良いです」

 



 

「外周にあるスナップボタンを留めることで、平面シートでは防ぐことができない灰の拡散をガードします」

 

灰が拡散しないので、後片付けがとても楽。

 

 

 

 

「サイズは横縦60cmのMサイズと、横縦100cmの Lサイズの2種類があります」

 

2種類は柄の違いがあり、Aタイプは中央にイラスト入り。

 

Bタイプは、縁にロゴが入っています。

 



 

 

Mサイズ
 

 

「Mサイズは60×60cmで、ソロで使う小さな焚き火台やウッドストーブを使用されている方におすすめ」

 

メッシュの焚き火台やユニフレームなどの焚き火台などを使用されている方は Lサイズが良いと思います。

 

 

 

 




 

 

Lサイズ
 

 

「 Lサイズは100×100cmで焚き火台を置いて、余ったスペースに火バサミや薪が置けるのでとても便利」

 

薪が爆ぜたり、燃えカスや火の粉が飛び散っても、サイズが大きいと安心。

 

Mサイズより Lサイズの方が人気があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フィールドア

 



 

「フィールドアの焚き火シートは、焚き火シートと火消し袋が一体化したつくり」

 

火の粉や灰から地面を守るシートと、火消し袋の両方が一体になっているので使い勝手が良いです。

 

焚き火シートを広げると、焚き火台を設置できるエリアと炭入れポケットに別れています。

 



 

「焚き火から灰処理までスムーズにできるので、とても便利」

 

 

 

 

「焚き火エリアは、耐熱性と耐久性に優れたグラスファイバーを使用」

 

袋の外側は、防水生地を採用しており、雨が降っても中の炭が濡れることがありません。

 

表面は、ガラス繊維が付着しており、手袋を装着して作業をおこなう必要があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

我が家はZEN Campsの焚き火シートを使用

 

 

 

 

「我が家はZEN Campsの焚き火シートを使用しています」

 

ZEN Campsの焚き火シートは、高耐熱性ガラス繊維を使用し、シリコンコーティングすることで、耐久性と耐熱性を高めた焚き火シート。

 



 

「シリコンコーティングしている為、手触りが滑らかで、ガラス繊維特有のチクチク感がありません」

 



 

 

50×50cmサイズ
 

 

「50×50cmサイズは、ソロ用の焚き火台やウッドストーブを使っておられる方におすすめ」

 



 

 

 

 

 

 

95×60cmサイズ
 

 

「95×60cmサイズは、焚き火台を置いて余ったスペースに火ばさみや薪を置くことが可能」

 



 

 

 

 

 

 

95×95cmサイズ
 

 

「95×95cmサイズは、焚き火台を置いて余るスペースが広いので、薪の管理がしやすいです」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まとめ

 



 

今回は、焚き火をする時に必要な黒い焚き火シートを紹介しました。

 

焚き火が長時間続くと輻射熱が蓄熱され、芝に焦げが発生します。

 

特に紅葉樹の長時間の焚き火は高温になる為、より芝にダメージを与えてしまいます。

 

一度焦げた芝は、再生するまでに1〜2ヶ月程かかってしまいます。

 

地面を保護する為に、焚き火をする時はシートが必要になってきます。

 

焚き火シートは、黒色が見た目よくかっこいいと思います。

 

焚き火シートが黒いと、火の粉や灰の落ちた所が分かるので片付けがやりやすいです。

 

その反面、色が黒いので、使うたびに灰で白くなり掃除が割と大変。

 

黒い焚き火シートを選ばれる場合は、水洗いのできるものを選択して下さい。

 

水洗いのできる焚き火シートを選ぶと、汚れたらサッと水をかけ拭くだけで取れるのでかなり便利。

 

我が家も汚れが酷くなると、焚き火シートを水洗いして汚れをとっています。

 

ZEN Campsの焚き火シートを我が家は使用。

 

見た目がかっこよく、使い勝手が良いのでおすすめします。

 

以上、「レビュー!黒い焚き火シートを徹底比較!最強+おしゃれ」でした。

 

 

キャンプ用品セール:ナチュラムCheck! 

 
 

 

 

 

 

 

 

キャンプ用品セール(Amazon)Check! 

 
 

 

 

 

 

キャンプ用品セール(楽天)Check!