選び方ぶろぐ

日本酒を300日&年間50泊キャンプを楽しんでいます

ヤブ蚊バリアは犬が触れても大丈夫?実際に問い合わせてみた

 

 

 

「年間50泊ほど、キャンプをする我が家」

 

真夏の暑い時期や真冬の寒い季節まで、春夏秋冬キャンプを楽しんでいます。

 

 

 

 

「我が家はアウトドアが趣味で、自宅にはこじんまりした庭があります」

 

庭には、グランドカバーにクローバーを植えています。

 

グランドカバーとしているクローバーは、成長スピードが早く、あっという間に伸びてしまいます。

 

 

 

 

「草丈が伸びてくると蚊が潜むのによい環境で、夏場など庭に行くだけですぐに蚊に刺されることがあります」

 

 

 

 

「我が家はよく庭でバーベキューをしたり、イスを出してくつろぐことが多いです」

 

 

 

 

「庭で過ごすのに、やっかいなのが蚊の存在」

 

蚊の対策に、我が家はヤブ蚊バリアを使用しています。

 

 

 

 

今回は、頻繁にヤブ蚊バリアを使用している我が家が、ヤブ蚊バリアは犬に害がないのか?など、詳しくブログで紹介したいと思います。

 

 

 


 

 
*タイトル
ヤブ蚊バリアは犬が触れても大丈夫?実際に問い合わせてみた

 

 

 

 

「フマキラーは1874年に創業した、東京都千代田区に本社を置くブランド」

 

殺虫剤などの衛生薬品の製造販売を行っています。

 

フマキラーは、国内トップクラスの販売数を誇る殺虫剤メーカーで、ベープ蚊取りやヤブ蚊バリアなどが有名。

 

フマキラー

 

 

トランスフルトリンを配合
 

 

「ヤブ蚊バリアは、トランスフルトリンを配合しています」

 

 

 

 

「トランスフルトリンは、バイエルが開発した即効性のピレスロイド系殺虫剤」

 

人や哺乳動物に対する安全性が高いものとされています。

 

人間には害がなく体で分解することができ、粒子が小さいので空気中で拡散します。

 

 

 

 

「草木などに付着して常温で蒸散し虫除け効果を発揮」

 

トランスフルトリンは、水に溶ける水溶性になっています。

 

 

 

 

ヤブ蚊バリアは犬に大丈夫なのか?

 

 

 

 

「ホームページの中のあるよくある質問の中で、ペットがいる方に対して記載されています」

 

 

ペットが直接触れそうな場所への噴霧は避け、周囲を取り囲むように用法用量通り処理してください

 

噴霧直接は薬剤が空間に漂いますので、気になる場合は5分程度経過後に遊ばせるようにしてください

 

 

 

「ヤブ蚊バリアは、犬が触れて問題はないのか?よくある質問の中で記載されていなかったので、実際にフマキラーにメールで質問してみました」

 

メールで問い合わせてみた結果、下記の答えをいただきました。

 

 

 

 

「ペットの犬が遊ぶ前にヤブ蚊バリアを噴霧する場合、噴霧した液が乾けば犬が触れても問題ないそうです」

 

 

ヤブ蚊バリアは、犬が触れても問題はないのか?

噴霧した液が乾けば犬が触れても問題はない

 

 

 

「よくある質問事項と今回メールで問い合わせた結果をまとめてみると、犬が直接触れそうな場所への噴霧はできるだけ避け、周囲を取り囲むように噴霧」

 

犬が遊ぶ前に噴霧させる場合は、液が乾くまで待ってから犬を遊ばせるようにすると安全です。

 

 

 


 

 

 

 

 

芝生で使用しても問題はないの?

 

 

 

 

「芝生がある場所で、犬を遊ばせることもあります」

 

 

 

 

「製品情報には、ヤブ蚊バリアは薬害を起こしにくい水性タイプになっており、草木を痛める心配はありませんと記載されています」

 

本当にヤブ蚊バリアは、芝生に使用しても問題はないのか?メールで問い合わせてみました。

 

 

 

 

「ヤブ蚊バリアは、基本的に芝生で使用しても大丈夫な製品」

 

但し噴霧する場合に、気をつける必要があります。

 

 

 

 

「ヤブ蚊バリアを芝生に散布する際、連続して噴射すると、噴射された部分が急激に温度が下がる為、芝が枯れる場合があります」

 

噴射時はよく振って、1-2秒ずつ断続的に噴射をし、一部分に大量にかからないように注意して下さい。

 

 

 


 

 

 

 

 

ヤブ蚊バリア

 

 

 

 

「我が家は自宅の庭でバーベキューをする時や、庭にイスを広げてのんびりくつろぎたい時なと、ヤブ蚊バリアを使っています」

 

 

 

 

「ヤブ蚊バリアは地面に噴射するだけで、付着した薬剤が再蒸散することで、蚊に刺されないバリア空間をつくります」

 

パワフルなジェット噴射なので、草木が伸びていてもしっかりと薬剤が届きます。

 

 

 

 

「ヤブ蚊バリアは蚊だけではなく、マダニやハエにも効果があります」

 

地面にスプレーをするだけで、蚊の侵入を防げるのでおすすめ。

 

 

 


 

 

 

 

 

ヤブ蚊バリアの口コミと評判

 

 

 

 

「ヤブ蚊バリアの口コミと評判は、下記のような感じ」

 

 

●飼い主も刺されないし、犬がフィラリア感染する心配も軽減されるのでお勧めです。別のメーカーの物も試しましたが、この製品の方が我が家では効き目がありました。
 
●草むしりをする30分前くらいに撒いておくと全くさされませんでした。助かってます。
 
●庭で使っています。このスプレーを撒いて蚊取り線香を付けると蚊が寄ってこないですね。
 
●効果はありと思います。庭の草刈り前にまいてつかっています。
 
●蚊取り線香だけでは頼りないため、庭に出る時にまくと、確かに刺されにくい気がします。
 
●朝スプレーしておくと夕方までずっと効果があります。
 
●文字通りバリアしているようで蚊は寄ってきません。庭のBBQには欠かせません。
 
●庭仕事の前に噴霧してますが確かに蚊に刺されなくなります。
 
●夏の必需品です。効きますね。
 
●庭仕事用。蚊取り線香だと、かいくぐってくるのか刺されることがありますが、このスプレーは本当に効きます。

 

 


 

 

 

 

 

まとめ

 

 

 

 

よくある質問事項と今回メールで問い合わせた結果をまとめてみると、犬が直接触れそうな場所への噴霧は避け、周囲を取り囲むように噴霧。

 

犬が遊ぶ前に噴霧させる場合は、液が乾くまで待ってから犬を遊ばせるようにすると安全です。

 

ヤブ蚊バリアは、基本的に芝生で使用しても大丈夫な製品。

 

但し噴霧する場合に、気をつける必要があります。

 

ヤブ蚊バリアを噴霧する際、連続して噴射すると、噴射された部分が急激に温度が下がる為、芝が枯れる場合があります。

 

噴射時はよく振って、1-2秒ずつ断続的に噴射をし、一部分に大量にかからないように注意して下さい。

 

以上、「ヤブ蚊バリアは犬が触れても大丈夫?実際に問い合わせてみた」でした。

 

 

 

 

 

 

 

 累計50万本の大ヒット

【光武酒造場】