年間50泊キャンプ

年間50泊キャンプに行っています

レビュー!ソロキャンプのポータブル電源の容量はどのくらい?おすすめポータブル電源も詳しくブログで紹介。



 

「年間50泊程、キャンプをする我が家」

 

真夏の暑い時期や真冬の寒い季節まで、春夏秋冬キャンプを楽しんでいます。

 

 

 

 

「最近は、キャンプ人口が増えたこともあり、いろいろなスタイルでキャンプをされる方が増えました」

 

一昔前は、ファミリーでキャンプをされている方が多く、ソロキャンプに行くと、何となく居心地の悪さが感じられました。

 

 

 

 

「我が家もソロでキャンプもしますが、最近はソロキャンプをしていても全く居心地の悪さはありません」

 

ソロキャンプ系YouTuberが増えたことや、ソロキャンプ人口がかなり増えたこともあり、ソロでキャンプをする認知度が上がりました。

 

 

 

 

「我が家は、年間50泊キャンプに行っていることもあり、週末はほぼキャンプ」

 

キャンプに行く回数が増えてくると、出来るだけキャンプでは快適に過ごしたいといつも思います。

 

キャンプを快適に過ごせるたくさんのアイテムの中のひとつに、ポータブル電源があります。

 

 

 

 

「ポータブル電源があると、キャンプでいろいろなことが役に立ちます」

 

例えば、LEDライト・ポータブル冷蔵庫・扇風機・ゲーム・電気毛布・プロジェクターなど、充電&使用ができます。

 

ポータブル電気があると、キャンプでたくさんのことができるので、キャンプではなくてはならないものになっています。

 



 

「ソロキャンプは無骨な雰囲気で、不便を楽しむものと思われがちですが、そんなことはなく、ポータブル電源があれば本当に便利」

 

 

 

 

今回は、ソロキャンプでポータブル電源の容量は、どのくらい必要なのか、詳しくブログで紹介したいまと思います。

 

 

 

 

*タイトル
レビュー!ソロキャンプのポータブル電源の容量はどのくらい?おすすめポータブル電源も詳しくブログで紹介

 

 

 

 

「キャンプで、ポータブル電源の使い道は、以外にたくさんあります」

 

例えば、LEDライト・ポータブル冷蔵庫・扇風機・ゲーム・電気毛布・プロジェクターなど、充電&使用ができます。

 

他にも、キャンプでポータブル電源の使い道はいろいろとあります。

 

 

 

 

「いろいろある中で、ポータブル電源の一番の使い道は電気毛布だと我が家は思います」

 

実際に我が家も、電源がないサイトで電気毛布を使う為に、ポータブル電源を購入しました。

 

 

 

 

「春や秋キャンプは、寒暖差が厳しく朝晩が冷え込みます」

 

冬キャンプは、1日を通して気温が下がったまま。

 

寒くなると電気毛布が活躍します。

 

 

 

 

「夏キャンプを除く、春・秋・冬キャンプに電気毛布は必要です」

 

電気毛布があれば寒い季節、キャンプで快適に過ごすことができます。

 

 

 

 

 

扇風機
 

 

「我が家がポータブル電源を購入したひとつに、夏場扇風機が使えるという理由があります」

 

 

 

 

「1年を通して過ごしにくいのが、夏のキャンプ」

 

平地だと昼間は高温になり、夜は熱帯夜になることもあります。

 

夏場に扇風機を使うことで、少しは快適に過ごせます。

 

 

 

 

「我が家は夏のキャンプに、自宅で使用している扇風機を持っていきます」

 

自宅で使用している大きな扇風機を使うと、とても涼しく、ほんと快適なんです。

 

 

 

 

「扇風機には、ACモーターと DCモーターの2種類があります」

 

 

 

ACモーター扇風機は、昔から使われている扇風機で、一般的によく使われているもの。

DCモーター扇風機は、直流の電流によって羽を動作させるもの。

ACモーター扇風機と違って消費電力が小さい為、キャンプでは DCモーター扇風機がおすすめ。

 

 

 

「扇風機の消費電力は、メーカーによってもさまざま」

 

下記が一般的な扇風機の消費電力。

 

 

 

ACモーター扇風機の消費電力は25w〜50w

DCモーター扇風機の消費電力は15w〜20w

 

 

 

「キャンプで長時間使用されるなら DCモーター扇風機がおすすめ」

 

 DCモーター扇風機を、強で20時間使用する計算でいくと、消費電力は400wh。

 

楽天市場

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「ポータブル扇風機とポータブル電源の組み合わせは、長時間扇風機を使うことが可能」

 



 

「我が家は、ルーメナーの扇風機を使用」

 

ルーメナーの扇風機は、コンパクトながらも風が強いのでとても涼しいです。

 

8wしかないので、消費電力がかなり低いのも良い所。

 

 

 

 

「小さな容量のポータブル電源でも、ルーメナーの扇風機が使えれば、長時間の強い風を確保できます」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「クレイモアの扇風機は、キャンプで使うポータブル扇風機で大人気」

 

吊るすこともできるので、とても便利。

 

 

CLAYMORE

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

電気毛布の消費電力
 

 

「電気毛布毛布の消費電力は、メーカー・気温・強さなどで変わってきます」

 

一般的な電気毛布の消費電力は、下記の通り

 

 

 

 

弱15wh・中30wh・強50wh

 

 

 

「電気毛布を中の暖かさで7時間使用すると、30w×7時間で210whの消費電力が必要になります」

 

210whは1泊2日のキャンプで、電気毛布を使うのに、最低限必要な消費電力。

 

電気毛布や携帯などを充電&使用するということで、ソロキャンプだと1泊2日で300wh程の消費電力が必要。

 



 

 

おすすめポータブル電源

 



 

オーキーのポータブル電源
 

 

「我が家はソロキャンプで使用するのに、オーキーのポータブル電源を使っています」

 

オーキーのポータブル電源のおすすめな所は、値段の安さと見た目のおしゃれさ。

 

バッテリー容量が297whと、それ程高くない代わりに、3万円と手軽に購入できる値段設定になっています。

 

 

 

 

「ソロキャンプなので、300wh程のバッテリー容量で十分だと思い、我が家は購入しました」

 

 

 

 

「オーキーのポータブル電源は、コロンとしていてレトロな雰囲気」

 

見た目がおしゃれなので、置いておくだけでインテリアにもなります。

 

革のハンドルも、とてもおしゃれですよ。

 



 

「ポータブル電源のイメージによくあるゴツゴツ感は、全くありません」

 

 

 

 

「購入してから2年間の保証があるので、安心して使用できます」

 

 

 

 

「本体にはライトが付いていて、灯りが必要な時にも便利」

 

 

 

 

「ディスプレイが見やすいので、初めて使用する時も簡単で操作がわかりやすいです」

 

 

 

 

「USBが4つ・ACコンセントが2つなど、最大9台を同時に充電することが可能」

 

 

 

 

「充電は、ACアダプター・シガーソケット・ソーラーパネル・USBなどから可能」

 

付属のACアダプターで、フル充電が5時間。 

 

 

 



 

「A4にすっぽり収まり、手のひらサイズの大きさでコンパクト」

 

 

 

 

 

「重さが3.7kgしかないないので、他のポータブル電源より軽く持ち運びに便利」

 

 

 

 

「オーキーのポータブル電源は、見た目がレトロでおしゃれなのが特徴」

 

手頃な値段で販売されているのも、オーキーのポータブル電源の良さ。

 



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ジャグリのポータブル電源
 

 

「ジャグリのポータブル電源は、キャンプで使うポータブル電源で一番売れている商品」

 

世界累計販売台数が、200万台を突破した販売実績。

 

サポートもしっかりしているので、安心して選ぶことができます。

 

Jackery

 

 

「いろいろあるジャグリのバッテリー容量の中からおすすめは、ジャグリのポータブル電源400」

 

ジャグリのポータブル電源400は、バッテリー容量が400whあるので、ソロキャンプで十分。

 

23×15.3×16.7cmと、他のポータブル電源よりコンパクト。重さも4.1kgとなっていて、持ち運びに便利。

 

Jackery

 

 

「見た目がおしゃれなのも、ジャグリのポータブル電源の良さ」

 

せっかく購入されるなら、販売実績がありサポート体制もしっかりとした、安心できるジャグリのポータブル電源が良いと思います。

 

ジャグリのポータブル電源400は、バッテリー容量が400whあるので、ソロキャンプで使用するのに十分。

 

Jackery

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まとめ

 

 

 

 

今回は、ソロキャンプで使うポータブル電源で、必要だと思うバッテリー容量を記事にしました。

 

ソロキャンプでポータブル電源を使用されるなら、300wh〜400whのぐらい容量がベスト。

 

それ以上バッテリー容量が高くなると、サイズが大きくなって重くなります。

 

値段も上がるの、バッテリー容量が300wh〜400whぐらいが、一番使いやすいと我が家は思います。

 

我が家は電源がないサイトで、電気毛布を使用したいと思いポータブル電源を購入しました。

 

暑い時期は、扇風機も使えます。

 

ポータブル電源があれば、キャンプでいろいろなことに使用できるのでおすすめです。

 

以上、「レビュー!ソロキャンプのポータブル電源の容量はどのくらい?おすすめポータブル電源も詳しくブログで紹介」でした。

 

 

 

 

 

キャンプ用品セール:ナチュラムCheck! 

 
 

 

 

 

 

 

 

 

キャンプ用品セール(Amazon)Check! 

 
 

 

 

 

 

 

キャンプ用品セール(楽天)Check!